漫画作品『星のカービィ デデデでプププなものがたり』の作者である小学館の漫画家・ひかわ博一氏が単行本23巻の作者コメントにて、まるで遺書のような意味深で切ない言葉を残したという話がヒットする。ちなみにこの単行本が出てから一年経たないうちに漫画の連載は終了した。以降漫画家としての活動はしていない。

これに関連して、小学館の担当編集者がひかわ先生を罵倒し続け精神疾患にさせたという事件に関する噂話が存在する。
ひかわ氏の漫画作品では、24巻の最初辺りからキャラクターや背景の作画における手抜きが目立つようになっていると同時に、その手抜きがみられるようになったころと同時期に23巻で問題のコメントを残していることから、作者が編集担当からパワーハラスメントを受けていたという可能性が指摘されている。

…という話が長らく漫画家界の闇を象徴するエピソードとして語り継がれていたが、近年になって自称元アシスタントがブログにひかわ先生の精神疾患を否定する記事を書きこれがファンの間で真偽をめぐり話題になった。
そして2017年6月発売の月刊誌「ゲッサン」7月号にてひかわ先生本人の口から小学館の恫喝と精神疾患がデマであることが正式に語られた。

なので現在では「カービィ 空を見上げる」自体は別に検索してはいけない言葉でもなんでもない。しかし上記の雑誌でひかわ先生が語ったデマの真相はかなり衝撃的なものであり、彼と作品を知る人達は騒然とした。
記事の趣旨から外れると思われるのでここに詳細は記述しないが、真相を知りたい方は各々調べて欲しい。
今では真相の方が検索してはいけない言葉…に近いかもかもしれない。


分類:非常識
危険度:2

コメント

  • 谷口先生はこの騒動について何か知ってるとも思えない -- (名無しさん) 2020-10-28 16:07:09
  • デマとか言うけど鬱病で描けなくなってたことは本当だったんだよなぁ。てことは関係者による真実に嘘を混ぜた本当に悪質なデマだったか、小学館が金の力で嘘言わせたか。どちらにせよネットでファン叩きしてる本当のクズどもによる犯行だろう。前者ならファンを貶めるためにデマを広めさせた、後者なら工作員による火消し -- (名無しさん) 2020-11-12 03:24:01
  • 「ペンを入れるのも苦痛」「日々落ちていくのを実感」「真っ白な壁になってしまったような感覚」←これ典型的な鬱だろ。デマだとか短絡的に得意がってるアホに限って、ツイッターで見られるソース元さえ見てねーのかよ。本当にデマ広めてるのはお前らみたいなクズだろ -- (名無しさん) 2020-11-12 03:35:42
  • 結局、暴言もデマも集団ストーカーが流した悪質な工作なんだろうが -- (名無しさん) 2020-11-12 03:50:49
  • これは検索すべき言葉なのか・・・? -- (名無し) 2020-11-12 07:13:26
  • ただガッシュ作者のブログの直後にあの話しをまとめブログ動員しまくってバズらせたり、明らかに組織的な世論誘導が行われてたのは確か。特に大手のまとめブログなんて個人がやってる事なんてまずあり得ない、裏には確実にどっかの広告代理店がマスコミや企業から金貰って世論誘導してんだよ -- (名無しさん) 2020-11-12 18:17:44
  • 噂の出所元はそういう広告代理店が取引相手の関係者から小耳に挟んだ話しだったりする -- (名無しさん) 2020-11-12 18:21:05
  • 例のリーク話に酒の席で編集者が漫画家を使い捨て発言したってあったけど、多分いたんだろうねその席に。接待で居たのか、インフォーマーがいたのか。広告代理店っていうのは民間のCIAだって言われるけど、商売女抱きこんで情報提供者にするのは、諜報機関の典型的な手段。CIAなんて十代の娘全てにお誘いの手紙送ってるらしいし -- (名無しさん) 2020-11-12 18:34:07
  • 海賊王に俺はなる!!!! -- (ルフィ) 2021-01-09 09:53:50
  • この人今どのツラ下げてコロコロアニキで漫画描いてるんだろうな -- (名無しさん) 2021-01-10 22:21:07
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2019年10月15日 23:11