1940年1月29日、大阪市此花区の鉄道省西成線(現在のJRゆめ咲線)安治川口駅構内にて発生した列車脱線転覆火災事故。
「安治川口ガソリンカー事故」とも。

駅員の操作ミスにより列車が通過中にもかかわらず分岐器が切り替わってしまい列車が2対のレールに乗り上げそのまま脱線・転覆し燃料のガソリンに引火して火災が発生。
脱出困難などの悪条件が重なり189名の死者、他69名の重軽傷者が出る事態となった。

検索すると事故当時の画像がヒットするため注意。

分類:グロ、真実
危険度:2

コメント

  • この事故がきっかけでガソリンカーの製造が終了したんだな。その後ディーゼルカーの開発が進み、現在の気動車ha現在で電化区間ではパンタグラフで電気を供給し電化されていない区間では -- AKYS (2017-09-18 00:19:32)
  • この事故がきっかけでガソリンカーの製造が終了したんだな。その後ディーゼルカーの開発が進み、今日の気動車ができた。現在で電化区間ではパンタグラフで電気を供給し電化されていない区間ではリチウムイオン電池の電気を使い、パンタグラフから供給した電気でリチウムイオン電池に充電する方式の新しい方式を用いた電車が開発されている。 -- ホリ・トオル (2017-09-18 00:35:26)
  • 「ガソリンカー」 -- どんべい (2017-10-26 17:01:00)
  • だけでも事故の画像が出たよ -- どんべい (2017-10-26 17:01:28)
  • ↑事故の情報量が少ないとの理由で、「ガソリンカー」というワードには、成らなかったんです -- 名無しさん (2017-10-26 17:51:35)
  • 怖いな! -- マルチーズしょちょう (2018-11-23 20:05:32)
  • 私も怖いです。 -- おしりたんてい (2018-11-23 20:43:33)
  • 福知山線事故の前にもこんなエグい事故があったとは… -- 名無しさん (2019-01-04 21:25:07)
名前:
コメント: