大逆罪(王に対する重大な背信行為)に適用されたイングランドで最も重い死刑についてヒットする。
その名も「首吊り・内臓抉り・四つ裂きの刑」

絞首刑・腹裂きの刑・斬首刑を合わせたような名前通りの刑罰。
以下執行の手順。
+ショッキングな内容のため注意
1.罪人は木枠に乗せられ処刑場まで曳かれていく、そして絞首縄をかけられ吊るされるが息絶える直前に縄を切断し蘇生させらせる。
2.性器を切断され、内臓を引き摺り出され、最後に心臓を抉り取られる。この時取り出した心臓は、辛うじて意識のある罪人に見せつける
3.性器や内臓を罪人の目の前で焼き棄てる。ここで罪人の首が刎ねられ、完全に絶命する。
4.残った胴体は四肢を引きちぎられ、首とともに「王に逆らうとこうなる」という見せしめのために街に吊るす。

なお、女性の大逆犯には少なくとも17世紀以降火炙りの刑が適用され、この刑を執行することはなかったらしい。
その後この刑罰は1790年に廃止となった。

有名な被刑者としてはスコットランドの叛乱首謀者ウィリアム・フォレスや1605年の政府転覆事件・火薬陰謀事件の実行責任者ガイ・フォークスなどが知られている。

分類:グロ、非常識、真実
危険度:3

コメント

  • っふーん -- 名無しさん (2018-10-04 23:21:00)
  • 因みにアノニマクスの仮面やナイスガイの言葉はガイ・フォークスが由来 -- 名無しさん (2018-10-18 07:51:27)
  • 世界史で習ったジョン・ボールをウィキで調べたら、その項目に辿り着いたよ -- れいやん (2019-01-02 14:28:48)
  • 昔の刑罰は恐ろしいですよね。 -- masaoking (2019-10-12 15:25:30)
名前:
コメント: