イギリスの映像作家クリス・カニンガム氏が2005年に発表した映像作品。音楽はイギリスの音楽家エイフェックス・ツイン氏が担当している。

突然変異で生まれた奇形児Rubber Johnny(ラバー・ジョニー)が、隔離されている地下室で車椅子に乗りながは身体を変幻させて踊るというもの。全編暗視カメラの映像で見せているため、とても閉鎖的な不気味さを醸し出している。

ちなみにこの作品が収録されているDVD「Rubber Johnny」は現在も入手できる。

分類:ホラー、病気、畸形
危険度:2

コメント

  • なんか解説の文章がおかしくないですか?^^; -- 名無し (2018-08-29 16:10:28)
  • 最初の方は気持ち悪かったのに後から普通にキモかっこよくなってて草 -- ゆうていみやおうきむこう (2018-08-31 08:02:51)
  • AFX×クリス・カニンガムの曲×映像として有名ですね!この二人の他のPVもおすすめです -- 名無しさん (2018-09-08 21:34:35)
  • こんなん草生える -- 名無しさん (2018-11-18 14:54:31)
  • これもそうだけどcome to daddyも狂気じみてるので皆も検索して観ろ(曲はかっこいい) -- 名無しさん (2019-04-03 21:33:47)
  • リ チ ャ ー ド お じ さ ん 平 常 運 転 -- 名無しさん (2019-11-03 03:32:58)
  • 説明が不適切。分類としてはジョークにも入るだろ。 -- 名無しさん (2020-03-15 11:12:32)
名前:
コメント: