ときめきメモリアル大辞典

演劇部

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
Drama club
演劇部【えんげきぶ】

『1』~『3』に登場する文化系クラブの1つ。


『1』

文系が非常に上がりやすい。次いで芸術ストレスが上がりやすく、運動雑学根性も少し上がるが、体調容姿が下がりやすい。理系が伸びない代わりに芸術の伸びはかなりのものであり、クラブマスターになるのなら芸術コマンド実行はほぼ不要。

このコマンドによって登場する可能性があるキャラクターは如月未緒だが、藤崎詩織が所属した場合、如月は文芸部所属になる。

脱力漫才奥義として習得出来るが、正直バトル中に使える代物なのかは疑問である。

クラブマスターになる事で進路劇団が追加される。「オッズの魔法戦士」を演じ、全日本演劇コンクールで最優秀賞を取る(垂れ幕には「大日本演劇コンクール」とあるがどちらが正しいのかは不明)。

『2』

『1』とほぼ同様で、文系が非常に上がりやすい。次いで芸術ストレスが上がりやすく、運動雑学根性も若干上がるが、体調容姿が下がりやすい。理系は伸びないが、芸術の伸びは中々良い。

このコマンドによって登場する可能性があるキャラクターは白雪美帆だが、美帆が登場した場合は自動的に白雪真帆も登場する。

勧誘ポスターには忍者らしき人が刀を構えているが、忍者服に家紋のような物が押されている。
「コスプレ三昧」ともあるが演劇がコスプレに該当するかどうかは謎。
入部していると、某海産物一家の家長のようなカツラが部屋に置かれている。

カツ丼食うか?を奥義として習得出来るが、坂城匠戦・穂刈純一郎戦共に相手に効かないので注意。(純との対戦では画面上ダメージを与えてはいるが、その後回復しているためにトドメを刺せないだけである)
特に匠とは、美帆をめぐって決闘になる事が多いので、奥義以外の方法で勝てるように主人公を鍛えておこう。

クラブマスターになる事で進路に劇団が追加される。

『3』

芸術が上がりやすく、文系・理系・根性・ストレスもそこそこ上がるが、運動と体力は下がる傾向にある。文化系とはいえ体を使うクラブなのに、何故か運動が下がるというのは不思議である。体調が悪化してパフォーマンスが下がるからという意味合いだろうか。

このコマンドによって登場する可能性があるキャラクターは御田万里だが、演劇に一家言ある人間が顧問を務めているようで、本格的な活動をしている。
3年目冬の演劇コンクールが御田のストーリーイベントに絡むものの、文化祭の扱いはシリーズで最も小さく、それぞれ2種類の一枚絵(観客席から舞台を観たものか舞台側から観たもの)のみである。

秘技ゼニの雨を奥義として習得出来るが、本作ではバトルが無いのでまくら投げの場面で使うことになる。

クラブマスターになる事で進路に俳優が追加される。

関連項目

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

目安箱バナー