ときめきメモリアル大辞典

文芸部

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
Literature club
文芸部【ぶんげいぶ】

クラブの1つで『1』と『4』で登場。
主に文系パラメータが上がる。


『1』

文系が多く上がること以外では、芸術が少し上がって体調が下がる。
理系雑学も少し上がるが、イメージ通り(?)に根性が下がってしまう。理系は割とよく上がるので、初詣の願掛けは定番の学業成就でなくても良いだろう。
また、この部活コマンドで登場する可能性があるキャラクターは、如月未緒。(藤崎詩織が文芸部所属になった場合、如月は演劇部所属になる。詩織が文芸部でない場合、彼女は確率で文芸部か演劇部のどちらかになる。)

『4』

『1』と違い、理系が下がる一方で芸術・運動・根性の変動は無い。
また、この部活コマンドで登場するキャラクターは、語堂つぐみ

本作では運動に手を付けずにいれば、ときめき度が上がりやすいエリサ・D・鳴瀬や、傷心度が上がりやすく恐ろしい特技を持つなど、本命以外では障害になる事が多い皐月優の登場を簡単に阻止出来る部である。
語堂が本命なら運動を上げる必要はほぼ無いので、3年間星川真希と2人だけの状態にしておくのもいいだろう。

クラブマスターになることで小説家(作家)への道が開かれる。

その他

『1』から『4』への15年の間にきらめき高校にも部活再編の波が押し寄せたのか、文化部の大半がその皺寄せを喰らって消滅する中で生き残った数少ない部活である。
他のシリーズの学校に文芸部が存在しないことや、同様に生き残った4つの部活(野球部サッカー部水泳部吹奏楽部)は、過去の実績やどんな学校でも欠かせない部活であるため消滅しにくいことから見ても、かつてのOG(如月)の功績ゆえか、それとも新聞部などの役割も兼任しているから生き残れたのかはプレイヤーの想像に任されるところである。
『1』に存在して『4』で存在しない他のクラブは、対になるキャラクターが登場しないだけで部そのものは存続しているのかもしれない。


関連項目

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

目安箱バナー