ときめきメモリアル大辞典

遊び

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
Play
遊び【あそび】


概要

『1』『2』『GSシリーズ』にあるコマンドの一つで、主に雑学流行を上げる効果を持つ。
(GSシリーズでのコマンド名は「流行」)
期末テストで理科、社会、選択の得点に影響するので、地味に重要であり、ストレスが下がる事もあるので、かなり重宝するコマンドである。
(GSシリーズではストレスは下がらない)

攻略への関連性

特に『2』では、ストレスが25以上で赤井ほむらが登場するので、彼女を登場させたくない場合は休日に遊びコマンドを実行して、ストレスを24以下に下げる事が重要になってくる。
これを上手く使いこなすと、体調とストレスの数値が増えやすい科学部電脳部に所属していても、強制登場キャラ4人以外は誰も登場させない事も可能になる。

勉強系のパラメータは軒並み下がる(おしゃれコマンドより下がりやすい)が、運動が少し上がる。
(GSシリーズでは、運動は上がらないが芸術が少し上がる。)
逆に、根性気配りは下がってしまい、おしゃれと同様、平日に実行すると下がるパラメータが多い事から、効率という点では休日に実行した方が良いだろう。

上記の点から、『1』『2』『GS1』では根性低下を利用して虹野沙希佐倉楓子天之橋一鶴を登場させないために使われる場合もある。

コマンド実行アニメーションでは、『1』は早乙女好雄と漫才をする(ある程度評価が高いと藤崎詩織朝日奈夕子が隣で見ている場合あり)。
『2』では、誰かと机を向かい合わせて喋るアニメになっているが、相手がいないと独りではしゃいだり、落ち込んだりするだけに見えてかなり虚しい。
坂城匠穂刈純一郎と共に実行する事もあり(特に匠はよく来る)、匠は決闘になった時の回復魔法の能力が高い事から、雑学の数値も相当高い事が窺え、遊び人の面目躍如?と言えよう。
女性キャラでは、赤井が友好以上の場合に多く実行しにやって来る。これまたイメージ通りだろう。
GSシリーズでは一人で雑誌を読んでいる(評価が上がると隣で見ている男性キャラが登場する)。

『3』では、遊びの代わりとして趣味があり、色々な物を作ったり聞いたりしたものを追加デートの際に話題にすることが出来る。

GSシリーズでは、似たような名前のコマンドで友達と遊ぶがあるが、これは女友達に対応するパラメータが上下する。

関連項目

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

目安箱バナー