ときめきメモリアル大辞典

佐倉 楓子

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
Kaedeko Sakura
佐倉 楓子【さくら かえでこ】

ときめきメモリアル2』に登場する攻略ヒロインの1人。
苗字がさくらなのは、八重の友人であるからか。


プロフィール

誕生日 1983年11月14日 好きな物 野球、爬虫類
星座 蠍座
血液型 O型 嫌いな物 体重計、毛虫
身長 154cm
体重 46kg 特技 裁縫
3サイズ B83 W64 H84cm (1年目) 奥義 怪我の功名
B85 W62 H85cm (2年目) 電話番号 ○×□-××○△ ※
B86 W60 H86cm (3年目) □□△-××△-○△□○ ※
趣味 ポストカード収集、手芸全般 テーマ曲 NEVER MIND!
所属部 野球部[1] 声優 前田千亜紀(現:前田ちあき)
※7桁(ひびきの市)の電話番号は、2000年8月27日以降使えなくなる。
10桁(大門)の番号を最も早く入手できるのは、修学旅行直後の2000年9月23日。
基本的には、坂城匠に再度情報を聞く必要がある。
修学旅行で行き先に北海道を選択せず、再会イベントを発生させなかった時には佐倉側から電話が掛かってくる事があり、この時は自動的に電話番号を入手出来るので、匠に聞く必要は無くなる(ときめき状態である事が条件)。

人物紹介

ドジっ子で動物好きな野球部マネージャー
シリーズ中遠距離恋愛をテーマにした唯一のキャラであり、転校後はほとんど電話のみの登場となる。
意外にも爬虫類が好きという一面も持っている。

また、少々太めの体型を気にしている。
八重花桜梨と仲が良い彼女だが、八重のスタイルの良さには相当憧れている模様。
八重には裏表のない人と思われているようである。

その「太っている」という意識のためか、制服の大きさはゆったりめで、彼女の両腕は常に上半身をガードしている。
1年目こそウエスト64cmと少々太めだが、3年目にもなると身長の低さを除けば八重とほぼ同じスリーサイズとなる。
体重が変わらずウエストが細くなった代わりに、バストやヒップは逆に増えているため、ダイエットに成功したというより、幼児体型から大人の女性へと脱皮したと考えるのが妥当である。
ただ、他のキャラが美少女ゲームお約束の設定により、痩せ過ぎなのであって佐倉が太っている訳ではなく、現実の女性と比べるとこれでもスリムな方である。
公式ガイドブックにも「これで太っているように見えるなら眼科に行く必要あり」と書かれている。

しかしながら、夏合宿において合宿所で合宿を行うクラブに所属している女性キャラでは、唯一入浴シーンを覗く事が出来ない。
夏場に、それも運動部所属の女の子が入浴をしないというのは考えにくいので、みんなが寝静まった時間を見計らって隠密裡に入浴をしているのだろう。
それだけ自分では体型を気にしているのだろうが、男性プレイヤーからすると極めて残念な事である。

体型にコンプレックスを持っている半面、デート時の服装には定評があり、ときメモヒロインの中では私服のデザインがかなり良い部類に入る。
設定上はともかく、ビジュアル的なファッションセンスは高い。

『2』のデートは、一般常識の範囲で選択肢を判断すると悪印象になってしまう事も少なくないが、彼女に関しては常識的な選択肢を選べばほぼ問題無い。
変人タイプが多い作中にあって少数派(?)のまともな性格の持ち主である。

転校してしまえばもう一安心、と思いきや依然として爆弾の影響は続いており、また主人公の活躍ぶりを把握しているなど、ひびきの高校に太いパイプを持ち続けている。
マネージャー活動で幅広い人脈を得た、ということなのだろう。

攻略への関連性

彼女の存在が最大のネックになるのは、登場自体を封印したい時である。
登場条件である根性が低い数値で設定されているので、
運動部所属のキャラを攻略中や文化系でも根性が上がりやすいクラブで活動する限り、彼女の登場を防ぐ術は無い。

勿論、登場を阻止する方法はあるが、他の場面で縛りが生じてくる。
一つは、おしゃれ遊びなどで根性を下げる事。
ただし、平日にこれらのコマンドを実行し続けると、当然ながら寿美幸の登場につながるので、休養とローテーションしながら実行するのが良いだろう。
ただそれでも、学力系キャラ攻略への影響は避けられない。
もう一つは、あえて野球部に入部して、佐倉が転校するまで平日(1年目4月、2年目の伊集院メイ登場週と長期休暇除く)に部活を行わない事である。
野球部に所属していると、佐倉は根性が規定値に達しても出て来なくなる為である。
この場合、学力系や容姿などのコマンドを気兼ね無く実行できるが、言うまでも無く他のクラブ所属の本命キャラと同じ部活には入れないし、彼女の転校後に本命キャラのクラブに入部しても、部活経験値が足りずクラブマスターにはなれない。
使いどころがあるとすれば、帰宅部の一文字茜または白雪真帆狙いの時だが、前者は番長戦を考えると体調面に不安が残る。後者は真帆の参照パラメータである容姿雑学、特に前者との兼ね合いも考慮しないといけない。

とはいえ、匠の本命と自分の本命がバッティングしないと分かれば、3年目の行動の自由度が上がる。
戦闘能力も本命の参照パラメータも中途半端になるリスクを負うくらいなら、何をしてでも彼女を出さない方向で動くのも一手だろう。
また、2年目になってから出した場合は純の本命になる事は無いので、可能な状況であれば1年目だけ耐えるのも手である。

匠の本命が分からないと困るのは、水無月以外だと、寿・美帆・真帆または光狙いの時であろう。
ただし、美帆・真帆狙いの時は根性を必要とするプレイは要求されないので、比較的楽に1年目をやり過ごせる。
寿狙いの時は、容姿コマンドなどで、ノーリスクで根性を下げてやり過ごす方法もあり、仮にテニス部の活動で佐倉の登場条件を満たしても、彼女の機嫌を取ればなんとかなる。陸上部で活動する事で佐倉の登場が不可避になる光狙いの場合も、やはり佐倉の機嫌を取れば良いので、これらの子を自分が狙う時は頭に入れておこう。

逆に、回避の必要がない、またはその必要性が低いのは以下が本命のとき。
  • 八重、メイ、華澄、野咲、九段下:そもそも匠に狙われることが無い
  • 一文字・赤井:自然と戦闘マシーンに育つので、たとえ匠に狙われても返り討ちにできる
  • 佐倉:回避以前に、佐倉自身が本命の時はまず同じクラスにならない。たとえ匠とバッティングしても、一応は分かるようになっている。ただし、注意点あり(後述)。

純の本命が在学中にもかかわらず3年目5月の匠の本命が確定するイベント(男3人で廊下で会話をする)が発生しないのであれば、匠の本命が佐倉であるという事になる。
ただし、このことはある出来事が起こらないことがサインなので、意識していないと気付かない点は要注意。
自分の本命が佐倉の時に、匠の本命に気づかないままゲームを進めて、いざ2月になって奇襲を受けることがないよう、このイベントの有無には注意を払おう。

匠は修学旅行や3年の文化祭での選択次第では主人公が佐倉と再会出来るように粋な計らいをしてくれるが、決闘を回避するか敗れると容赦なく奪われるので、バッティングした時は割り切って倒すしかないが、匠の戦闘能力は可哀想になるくらい低いため、主人公が野球部所属なら、体調さえ整えておけばほぼ確実に勝てるはずなので、恐れる事はないだろう。

匠と佐倉が結ばれた場合は直接的な描写は無いが、主人公の前に登場済みで匠から電話番号を聞いていた場合、3年目の2月24日に電話をしようとしても電話帳から抹消されており、匠に電話して評価や情報を聞いても彼女の欄は抹消されているので、そこで判明する。
未登場の場合は、エンディングのテロップが出るまで成否は判らない(関連情報は伝説の鐘を参照)。

他のキャラと違って例外的にDISC2のうちにときめく仕様になっているので、ひびきの高校に在学している間は下校イベントにも頻繁に登場する(特に登場キャラを少な目に絞っている場合)。
何度も一緒に下校して好感度を上げてしまうと、転校後に大門の地から爆弾を仕掛けてくる危険性が増す。
本命で無い場合は、構わずにいればほとんど爆弾は発生しないキャラなので、良い方にも悪い方にも刺激を与えないようにしたい。

その他

ときめきメモリアル対戦ぱずるだま』では大門高校野球部のマネージャーとして登場し、VS麻生華澄戦では本編で見られなかった佐倉と華澄の絡みが見られる。
本編では入れ違いになるこの両者だが、匠の情報によると「仲が良いらしい」となっている事が多い。
(どちらか1人が友好以下の場合は確実に仲が良くなる)
どこでどうやって知り合ったのかは大きな謎である。

脚注

  1. ^2年目の秋から大門高校に転校し、そこの野球部マネージャーになる。

関連項目

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

目安箱バナー