ここが変だよPSO2 > 宇野のシナリオ(EP6)

もくじ


編集心得

編集される方へ……間違いや問題が多いのは確かですが、
おかしくない可能性を検証せずにすぐに「おかしい!」と捉えたり、
ねつ造などはしないようにしてください。(クーナの「大したことが無い」発言など)
某ミストさんの「総士くんがいなくなってしまったからな……」のように、無い罪をねつ造して叩くようなまねはご法度です。

悪意ではなく善意による指摘をお願いします。
「粗を探そう」と思っていると色眼鏡で見てしまい、間違っていないのに間違っていると早とちりしがちです。
「考察した結果、おかしいとしか言えない」というのが大事です。
「キチガイアンチがあることないこと言って騒いでいるだけ」と言われてしまわないようにしましょう。

編集をする前に時間を置くなどして気分を落ち着きましょう。

ここは「誰が見ても論理的におかしい」という事だけを書き込んで下さい。それ以外は議論ページで。 - 名無しさん 2013-07-28 19:43:25


メインシナリオ

  • EP6はストーリー上は「フォトナー編」の第2部という位置づけになっている。
    そのためEP6の開始はEP5のオールクリアが前提であり、ストーリーもそれに沿ったものとなっている。

序章:終に抗う術

  • 全体的にEP5を踏まえて設定の解説。
  • フォトナーは生身の肉体に執着しなくなっており、人工的に作り出した「入れ物」があれば何でもよかった。
    • 様々な手法で「入れ物」を作り出していたが、そのひとつの過程で生み出されたのが「キャスト」の始まり。リサはそのプロトタイプ。
  • ルーサーはそれとは別に人造生命を生み出した。人造生命は心を持ち、魂を持つようになった。これがハリエット。
  • 【深遠なる闇】はハリエットの入れ物に詰め込まれて亜空間に封印された。このとき「もともと入れ物のなかにあった意識」がハリエット。【深遠なる闇】を詰め込まれて変異したものが終の女神シバ。
    • 消滅するはずだったハリエットは全知存在(≒シオン)に入れ物を授かる。これが創世器の始まり。
  • フォトナーはアークスより技術的に優位に立っているため、アークス側は受け身にならざるを得ない。
    直接マザーシップ中枢部に乗り込まれるまでシャオですら気が付かないくらい圧倒的な差がある。

問題点・疑問点

  • アークス緊急司令会議開催。EP4で総司令になっていたウルク、ここで初登場。
    地球のときはまだ音声のみでも登場していたが、惑星オメガとブラックホール、ダークファルス・ペルソナという全宇宙的な驚異を前に一切姿を現さなかった無責任者。他に優先することがなにかあったのだろうか?全宇宙の驚異よりも。
    彼女の実績といえば自分と彼氏の衣装を新しくしたくらい。無能。
    結局「各部署に任せる」以外の方針を示さず。無能。
    • といっても宇野氏の作品ではこうした指導者、意思決定を行う責任者はことごとく無能なので今更といったところか。
    • しかし、これに関しては担当声優の伊瀬茉莉也さんが休業していた頃とEP5の開発が時期的にバッティングすることからそういった事情で出せなかったのではないか、という事情もうかがえるので、シナリオライターが全責任が追うべきものかというと。
      だが、それならそれで何らかの形で責任者が行動しているという描写を書かなければならない。組織は「この場にいないなら何もしていない」というたぐいのものではない。声なし演出でも「総司令」としての仕事をしている展開には充分にできるはず。その点に関してはシナリオライターの怠慢という誹りは免れない。あるいは「書きたいものしか書けない」と言われるのも当然。
  • ハリエットが「皆さんの言うフォトナーです」と自称する。フォトナーではなく、ロボットかアンドロイドの類のはず。直後に「人造存在です」とも述べており、支離滅裂。
    《補足・考察》:フォトナーと呼ばれた人々ではないが、その技術によって生み出された「フォトナーに分類されるもの」という意図だと思われる。このあとでリサやハリエットがどういうものなのかの解説があるため、支離滅裂とまでは言いにくい。
    リサは(いまだ確定したものはないが)フォトナーの手で生まれたであろうことは疑いないし、ハリエットも紆余曲折はあったものの、ルーサーによって生み出されたという意味では「フォトナーの落とし子」であることは事実。若干言葉選びに語弊がある、程度で済ませてもよいのではないか。
  • 抜き出されたハリエットの魂は不安定となり消え去るところだったが、それを哀れんだ全知存在(シオン)がその魂を彼女の海に縫い止め、創世器を魂の入れ物として与えた。これが最初の創世器「星銃ハリエット」である。
    《疑問点》:「魂を彼女の海に縫い止める」とは?まさか惑星シオンに鎖で繋いでいるわけでもないだろうし、「知識として留める」という意味かとも思われるが、全知存在であるはずのシオンがわざわざ覚え直すのも意味不明。シオン消滅時に何の影響もなかったのも不可解。
    また、魂は星銃ハリエット内にあり、縫い止められているはずがない。適当な器ができるまで仮置きしたという意味か?
    《疑問点》:創世器は、フォトナーの魂を入れた武器のはず。ハリエットの魂が抜き出された前後で全フォトナーはフォトン能力を失っているはずで、そんな魂を入れられてもフォトン武器としての能力は高くならないのでは。
    《考察》:ハリエットの魂が抜かれてから【深遠なる闇】封印までかなり期間があった可能性がある。フォトナーと【深遠なる闇】との数百年の抗争期間中にハリエット魂遊離、星銃ハリエット制作、「男神と女神」の活躍、創世器の制作~と出来事があってもおかしくない。全知存在にも並ぶと言われたハリエットの魂をさっさと抜いてしまう動機があまり無いが……全知存在を作ったつもりのシオンコピーが【深遠なる闇】となったのでビビったか?
    《問題なし》:シオンの海に魂を縫い止め、創世器としての体を与えたというのは、単にシオンの海の一部を切り離してハリエットの魂を包み込み、創世器に変えたということだろう。疑問点は無い。
  • 終の女神シバに攻撃が通じないのはフォトナーとアークスの技術力の差と【深遠なる闇】を飲み込むほどのフォトンの容量を持った彼女自身の特性によるもの。これに対しアークス側が提示した対応策は「質量攻撃」。
    《疑問点》:フォトンの反重力作用や亜空間格納といった「質量をゼロにする」技術がすでにアークスでも用いられている。「質量攻撃」に高い効果が望めるのだろうか?
    《問題なし》:PSO2における「反重力」の明確な設定が無いが、一般的なSFでは「反重力」はその名のとおり「重力と反対方向に作用する力=重力下で物体を浮かせる力」であり、「質量(not重量)をゼロにする力」ではない。大質量の物体の運動量を打ち消す、といった用法はできない。
    また、アークス用語としてフォトンを用いない攻撃のことを「質量攻撃」と呼ぶのかもしれない。ガンダムシリーズでの「ビーム兵器⇔実弾兵器」の類。
    《問題なし》:質量攻撃など提案されていない、提案されたのは物質攻撃(フォトンを使わず物理で殴れ)である
  • リサはフォトナーの実験体であり、キャスト化の過程で現在のような性格になってしまった模様。創世器のハリエットと一緒になることでリサは精神を、ハリエットは肉体を安定させていた。
    《疑問点》:キャスト化したからといってリサのような性格になるものだろうか?リサは変人ではあるが情緒は安定しており、常識も(知識としては)わきまえている。「魂が不安定」であるなら幻覚や妄想に悩まされたり、二重人格であるような性格の方が相応しいのでは。 リサは初期から全てお見通しといった口振りであり、今更どうしようもないというのは分かるが……。
    《疑問点》:「魂が不安定なリサと器が不安定なハリエット」と言っているが、どちらも元々の器から魂を抜き出して機械に乗せ換えたもの。なぜ弱点部分が異なるのか。
    《考察・疑問》:リサはキャストのことを「機械生命」と言っている。この単語は「生物として発生した意識を移植したロボット」ではなく「最初から100%ロボット」というニュアンスが強いように思われる。
    技術基盤の確立していたロボット技術に、魂を人工的に生み出す新技術を組み合わせて作りだしたのがキャスト、であるとすれば、「魂の不安定なリサ」も新技術故に人工魂が不安定だったと考えれば辻褄が合う。また、「魂を制作する新技術」はハリエットが魂を得たことをきっかけに開発されたと考えられ、時期的にもそういった実験が行われて然るべきである。
    ただ、これまでの「肉体がフォトンの才能に耐えられない者がキャストになる」という説明とは真っ向から矛盾する。魂が人工なのはリサのみか?
    《疑問点》:体が弱い天才→体は補強したが精神が弱い→肉体がない創世器と一緒にすれば精神が安定、という不安定に不安定を重ねる理解しがたい補強。
    《疑問点》:深淵なる闇およびフォトナーの全フォトンと深くかかわる創世器と、その安定に重要な始祖キャストがバラバラになっているのに誰も気にしない。リサ、ハリエットの重要性と作中での扱われ方が見合っていない。
    《疑問点》:リサの制作時期が不可解。ハリエットと同時期に「器」として作られたと思われるが、ダーカーの脅威がまだ低い時期に作られたのになぜ中身がフォトナーでないのか疑問。また、フォトナーでなくともフォトンが扱えるのならそのフォトンは封印されているべきであるはず。また、星銃ハリエットの制作時期によっては不安定なままのリサを(シオンコピーすら不安定だとポイ捨てする)フォトナーが捨てなかったのはなぜか、という疑問も生じる。
  • フォトナーは肉体に執着しなくなり、フォトンの才能だけがすべてになっていた。
    《疑問点》:「フォトンの才能」とは?文脈からは「魂」がそれなのかと思われるが、そもそも「魂」自体が何なのかよく分からない。
    人格と「魂」と「フォトンの才能」との関係が不明だし、「肉体を失う」「つなぎ止める」「消滅する」とはどういう現象なのかよく分からない。
    また、「キャストは機械の体なのでフォトンの扱いが苦手」ということは「フォトンの才能」を(機械の体に)移し替えると劣化するということである。であれば肉体に執着しないはずが無い。
    ちなみに龍族も「魂」信仰を持っているほか、武器でもナールクレセントやソウルイーターなど「魂(タマシイ)」がらみの物がいくつかあるのだが、おそらく考慮に入っていない。
  • 終の女神シバが目覚めたのはEP5の顛末を受け、ハリエットが救われる形で目覚めてしまったため。
    《疑問点》:EP5自体メチャクチャで意味不明なのでなぜハリエットが起きると終の女神シバも起きるのか、なぜ亜空間に封印されていたものが戻ってこれるかなどは保留。
    《補足》:サブクエスト『ルーサーの告白』で「魂のない生命体を作ったら自我が芽生えた。魂のないものから魂が生まれたのはシオンの成り立ちと同じ。もしかしたらシオンを再現できるかも。」「ハリエットの肉体から魂を抜き、フォトンを流し込んで【深遠なる闇】のエサにした。」「【深遠なる闇】はエサに食いついたが肉体に縛られることになった。」「フォトンの塊でしかなかった【深遠なる闇】がヒトを理解して『終の女神シバ』になった。」という旨の発言がある。
    EP5のアルマが「フォトンに話しかけていたら人格を持ってクラリスクレイスになった」という発言もあることから、PSO2世界では『魂』の概念が確立されているようだが、そもそも魂のあり方に関しての記述がないのでフォトンとの関連性も非常にあいまい。魂とフォトンの関連性、魂と肉体の関連性、肉体とフォトンの関連性がほとんど明らかになっていない。現実世界でも確立していないものを説明しろというのは無茶な話かもしれないが、それを物語の要素に使うのであればある程度の定義が固まっていなければ用いること自体が不適切。
  • リサ(およびハリエット)はフォトナーの末期から現在までアークスを見守っていたが、アークスがフォトナーと同じ道を進むのではないかと危惧し、こうした事実を秘匿していた。
    《疑問点》:リサはアークスとして登録され、絶対令アビスの影響下にあったことからも、アークスの手で改造を加えられていることは確定。おそらくは擬装されていたのだろうが、なんの異常も発見されていなかったというのは不自然ではないだろうか。
    《疑問点》:EP5のサブシナリオでアルマがレギアスやマリアを「そろそろ危ない」と茶化していたことからキャストにも寿命はあると考えられる。フォトナーと【深遠なる闇】の関係は1000年前からであり、リサはその初期に生まれたことを考えればフォトナー絶滅後数百年以上生きていることになる。であればリサが生きていることが不自然ではないだろうか。
    《問題なし》:リサのイレギュラー度合いの高さから言って寿命云々のツッコミは無意味ではないか。また、茶化しは茶化しであり、アークス(特にキャスト)に寿命の概念があるかの根拠にはならないのでは。実際、年だ年だと言う割には加齢によって死亡や引退した事例が一切登場せず、アークスの寿命がどれくらいなのかは不明。
    《反論》:イレギュラーだからいい、という理屈では物語として破綻している。キャストに寿命がないならアルマの発言はおかしいし、マリアはレギアスに「あたしたちもそろそろ引退じゃないのか」と身の引き際を示唆する発言をしている。そもそも寿命の話が出てこなかったためにキャストの年齢に関する設定が曖昧であったこともあるが、寿命がないのなら「数百年生きているキャスト」が他にいなければリサの存在はやはり際立って異常。事実最高齢アークスは73歳のレギアス(生放送)。リサは隠していたので問題ないとして、キャストに「年齢」の概念があることは事実(ただし、”アークス”という活動を行っているキャストでは最高齢だが、”キャスト”の最高齢ではないと思われるので100歳くらいのキャストがいてもおかしくはない)。であればやはり寿命という概念は多少幅はあるとしても100年200年あるというのは考えがたい。また、シナリオライターの宇野氏は(特に主要人物の)「死」の描写を極端に嫌うため、はっきりとした明確な表現をしない傾向にある。それはこれまでの「キャラクターの使い回しと再登場」から見ても明らかだが、そうした事情から年齢・寿命の情報が極端に少ないことが理由と思われる。
    《疑問点》:上記2点を踏まえて、管理社会のアークスにおいて黎明期からずっと居続けているリサの特異性に誰も気づいていなかったというのはあまりにも不自然。
  • ハリエットとリサがこれらの事実を明かしたのは、安藤が「誰かのために」戦い続けたことで信頼を勝ち得たから。
    • だが実際はすべてシエラの操作で行われたこと。安藤はただのラジコン。
      そもそもダークファルス達の出現、【深遠なる闇】の復活という全宇宙の危機を前にして「フォトナーと同じ過ちを犯さないかを注意深く見守っていた」というのは詭弁。
      もし安藤達が信用できないと判断したのであれば、EP3で深遠なる闇に対して立ち向かった安藤や全アークスに対し、自身はやる気を出さずに手を抜いていたということになる。これほどの裏切りがあるだろうか。こんな人物が信用に値するだろうか。こんな人物に信用されたところで何だというのだろう。安藤達が信用する理由がない。
      《考察》:しかしハリエットが目覚めたのはEP5の結末を受けてのことで、それまでのリサはずっと一歩引いたポジションで冷笑的に振る舞っていたことを考えると、リサ自身は「別にアークスがどうなってもいい」と思っていたが(実際にそう発言している)、目覚めたハリエットに説得されて協力することにした……と補足すると不自然さは和らぐ。しかしそれでもリサが安藤たちを見殺しにしようとしていたという不信感は拭えないだろう。
  • 終の女神シバ「演算するまでもありません。何事も頭を潰せば終わりです。」その「潰すまで」を「演算」するのが大事なのでは……。
    • これはシナリオライターの戦略・戦術の理解が著しく欠けていることの証左。
      「アークスを倒そう」→「どうすれば倒せる?」→「マザーシップを落とせば終わりじゃね?」で終わってしまっているが、通常であれば「どうすればマザーシップを落とせる?」と、目的達成のための問いかけは続く。それが目的達成のための「演算」であるはず。「頭を潰せば終わりだから終わるんです」「潰せるから潰せるんです」という宇野式思考術である。
      《問題なし》:終の女神シバは圧倒的なフォトナーの技術力を根拠に「直接乗り込んで攻撃できる」から「(それ以上)演算するまでもない」と言っている。

第1章:終のもたらす絶望

  • 直接マザーシップ内に現れた終の女神一行。駆け付けたアークスを一蹴した一行は、アークスをどれだけ排除できるか競争をしよう、と遊興にふけつつ移動を始める。
  • 偽の女神ミトラは「触れた相手をコピーする」能力。
  • サラがシバに挑むも歯が立たず大ピンチ、サラをかばってシャオが退場。
  • アークスはマザーシップ:シャオを放棄して撤退。
  • 惑星アムドゥスキアにシャオの秘策あり、ということが判明し終了。

問題点・疑問点

  • 珍しく出てきた一般アークスに対するモブ厳。
    • 駆け付けた一般アークス達がシバに挑み当然のように蹴散らされる、見てる側も勝てるとは思ってないとは思うが、あまりにもあんまりな扱い。
    • 終の女神ご一行は守護輝士はおろか六芒均衡の創世器でさえ太刀打ちできなかった相手である事は既に分かっているはず。そんな相手に一般アークスをぶつけるのはあまりにも厳しいのだがオペレーターも止めたりしないのだろうか…これでは捨て駒扱いである。
    • とはいえ敵わないからといって放置して良いかと言われればNoなのでこの辺は仕方ない所も。出落ちレベルで即退場してしまったのは哀愁漂うが。
  • アークス狩り競争でポイントが負けているという偽の女神ミトラだが、肝心のアークス狩り競争の描写が皆無。
    「歴戦のアークスを『競争』という遊びレベルで倒してしまうフォトナーはなんてすごいんだ!」という意図なのは疑いないが、PSO2ではこのような「実力を見せる」シーンがなく、大体が「強いから強いんです」「凄いから凄いんです」という設定ありきになっている。
    別に残酷なシーンを描写しろというわけではないのだが、ヴァルナ側の描写もなく、「ポイントが負けてるから大物を倒してボーナスゲット」という理屈も分からない。
    結局「強大な敵が自分たちを蹂躙していくシーン」を描きたかっただけで、その前後のつながりは全く考えていなかったと思われる。
  • 転移に失敗、アークス防衛戦力の投入と2つも想定外の事態が起きていながらアークス狩り競争。全力で破壊にかかったら物語が終わってしまうので仕方がないことだが、いつもの手抜き、手加減のボス。
    宇野氏の作品に登場する「驚異」は大体自分自身で手を抜いてやられるパターンになっている。その余裕が緊張感や焦燥感を削いでいることに気付かないのだろうか?手加減をしてもらったおかげで間に合うような展開でハラハラするのだろうか?そのうえで勝利する主人公たちを見てカタルシスを感じるのだろうか?
  • ゼノを救出に現れたリサ「ドンピシャ」。しかしゼノは瀕死の重傷を負ったうえに戒剣ナナキを折られた状態。ドンピシャではない。だがこれはかつてのゼノが全く間に合っていないにもかかわらず「ドンピシャ」と言っていたことのセルフパロディと見るべきか。
    • このシーンでは安藤の武器はコートエッジで気弾を撃つ描写があることからヒーロー前提で描かれている。
  • サラはフォトンを持たないためフォトナーに対抗できる戦闘技術を身に着けているが、フォトンがないのならフォトンアーツは使えないはず。NPCとして参戦する場合のサラは普通にフォトンアーツを使っている。
    といってもこれはゲーム的なものなので「非フォトンの体術を磨いてフォトンアーツレベルまで昇華した」でも何ら問題はない。武装に関してはフォトンリアクターによるものなので本人のフォトン才能は関係ない。
    • 《問題あり》:今更感はあるが、サラはEP2で安藤が明確に歴史を書き換えた「ゼノ救出作戦」の折に多数のダーカーがひしめく惑星ナベリウス遺跡エリアに同行している。それ以外にも多くの場面でダーカーやそれに類するエネミーと交戦を行っている。
      まず、アークスにフォトンの才能を要求されるのは「ダーカーを倒すため」に必要だからであり、また同時に「ダーカー因子から身を護るため」に必要だからである。これはEP1の序盤でアルマからも解説があるため「フォトンがなければダーカーとは戦えない」ことは確定。
      「サラはアークスではないからOK」では説明がつかない。ダーカーに対抗するためにフォトンの才能が必要なのであって、フォトンの才能があればアークスであるかどうかは問題ではない。問題なのはフォトンの才能がない≒ダーカーに対抗できないサラが戦っていることである。ここへ来て絶対の大前提が覆されている。
      その上で「対フォトナーの切り札」とするのはいかにも不自然。
    • 《補足》:サラのフォトン能力に関してはEP2で「フォトンを扱う能力の大半を喪失」とされているため、完全にゼロになったわけではない模様。劇中の表現では「フォトンに頼った戦い方をしていない」という意味では問題はない。ただし「フォトンのないあたしには~」というセリフに関しては若干の違和感は残る。
  • 封印されたはずの絶対令アビスがしれっと復活。アビスの問題点はここが変だよPSO2/六芒均衡を参照。
    • 緊急事態とはいえ「絶対令封印解除」とコマンドするだけで封印が解除され使用可能。封印とは何だったのか。
    • そんなディストピア一直線の虎の子を起こしてまでやったことは総員撤退。…そんなに言うことを聞かないのかアークスって。
      • 絶対令アビスはEP2時点ではコマンドがあれば映像でも構わないことが確定しており、実際にその場にいる必要はない。映像で見えてないのなら他のアークス達は強制転移できない。ルールがいつのまにか変更されている。封印したといっておいて使いやすく改善されているとしたらさすがに問題と言わざるを得ない。
    • アビスを使うためかは知らないが非戦闘員であるアークス総司令殿がAISで最前線に突撃。無能で戦えもしない総司令が特攻、副司令のテオドールは待機という意味不明の行動。考えなしにも程がある。どうせ役立たずなのでいなくても全く問題はないのだが。単に「リーダー自ら最前線に!」が書きたかっただけか。
      • ちなみに姉妹作品であるファンタシースターノヴァでもその場で一番偉い艦長が意気揚々と最前線に突撃してぽっくり死亡していたりするので、あの世界のスペース蛮族としては責任者はみんな突っ込むのが当たり前なのかもしれない。責任者を何だと思ってるんだ。
  • シャオが消滅してヘコんでいたサラ、「シャオはあなたのなかにいるよ」とアルマに励まされ即復活。EP5のハリエットと同じ。鋼のメンタル。
    「密接な関係にあった相棒を失い意気消沈→復活」はゼノとエコーから、もっと言えば『伊月の戦争』からずっと続いている宇野氏鉄板の展開だが、引っ張ることもなければどれも違う展開にもならない「書きたいものしか書けない」いつものパターン。

第2章:一縷の望み

  • 安藤、サラ、マトイにクーナ(EP6)を加えて惑星アムドゥスキア浮遊大陸(龍祭壇)でロ・カミツと会う。
    • ロ・カミツはもともとは惑星シオン模倣体で、模倣体開発中期に作られ、惑星シオンに比べると処理能力に劣る失敗作だった。同時期に作られた兄弟は逆に演算能力に劣る、こちらも失敗作だった。
      そこでフォトナーは「(ピコーン!)両方を合体させればいいんじゃね?」と考えて合体させたのが惑星アムドゥスキア。しかしこれは(当然)失敗してしまい、相方となったものは意識が破壊されてしまい、ロ・カミツだけが残っているのが現状。龍族の伝承「天国龍テリオトーと磁獄龍カッシーナ」の話はこれが変化したもの。
    • シャオはこの破壊されて「眠りについている」相方に自身を転送し、ロ・カミツと同調することで惑星シオンと同等≒【深遠なる闇】である終の女神シバに対抗しようとした。これが1章で出てきたシャオの切り札。
    • ロ・カミツやシャオがそこまでして人間(アークス)に肩入れするのは「人が自分たちを越えていく姿を見たいから」。
  • カッシーナのコアルームに到着するがフォトナーの追撃、義の男神(おがみ)ヴァルナも登場。
  • アークス側もクラリスクレイス(イリス)が参戦して混沌とした状況の中でシャオ復活。
  • マザーシップシャオでは対応できなかったフォトナーの処理能力にシャオ+ロ・カミツとなったことで同等になり、反撃開始。

問題点・疑問点

  • 天国龍テリオトー、磁獄龍カッシーナはEP1からちょっとだけ出ていたのでここで突然出てきたわけではないのだが、「テリオトーとカッシーナが云々」という伝承は例によって設定資料集のもの。
    ゲーム内のみの情報ではかなり薄く「設定があっただけのものが突然重要な情報に」となるのはEP5の伝承の英雄まわりと同じ。
    • EP4のエーテルとフォトン、リサとハリエットも同じだが「2つを足したら強い1つに!」という理屈が謎。確かに上手く行けば「強い1になる」のだが、逆に「演算能力も処理能力も劣る」ものも当然生まれうるわけだが、PSO2ではそれがない。
    • 2つのシオン模倣体をぶつけてアムドゥスキアが生まれた、という顛末がテリオトーとカッシーナの伝承に変わっていったという話は全く不自然なものではないのだが、そもそもそれを聞く機会がなさすぎるのが問題。
      そもそもアウロラが登場してからずっと、フォトナーの神々設定もそうだが、事前にもっと設定を深堀りしておけば唐突とまでは行かなかったのではないだろうか。
  • テリオトー=ロ・カミツ、カッシーナ=ロ・カミツの相方と言うことは確定なのだが、明確に確定させることを避けるように曖昧な表現に終始。
  • カッシーナの入れものへの道のりで出会う龍族は「カッシーナの影響で狂乱状態にあるので敵味方関係なく襲ってくる」とのことだが実際はアークスのみを徹底して狙ってくる。
    後半では閃機種も登場するがこちらは一応閃機種と龍族で交戦は行う。しかしプレイヤーを認識するとプレイヤーのみを狙ってくる。これはゲーム的なものなので仕方ないのだが、それにしてもアークス嫌われすぎでは……。
    • 実はゲーム的にも「シールドを張っている閃機種」に対して他の敵に気を取られて頭部や背面のコアが露出している部分が狙い目になる」という攻略に関わるヒント(対閃機種チュートリアル)にもなっているので、どうでも良い要素ではないのだがこれはシナリオライターの責任ではまったくない。
  • コアルーム前で義の男神との対戦でおそらくPSO2史上初?の「安藤が強敵を足止めして他のキャラクターを先に行かせる」シーンが現実のものとなった。そんなに難しいことか?これ。
  • キーパーソンとしてサラがクローズアップされているが……。
    • 目の前で目的のものを破壊されて「そんな…(ガックリ)」を2連発。
    • 唐突な「本質は心にある!」
      ただしこれは「龍族は魂があれば死なない」という伝承の言い換えなので問題かどうかと言われると微妙なところ。「心」や「魂」はEP6のキーワードであるが、唐突であることは否めない。
    • 「どう言語化していいのか」
      シャオに語りかけるシーンで妙に形式ばった言い回し。「どう言葉にしていいのか」でいいのでは。
    • サラの精神世界でシャオに語りかけるが、この時シャオは水晶のようなものの中に閉じ込められて眠っているような状態。別に彼は封印されたわけではないはずなのだが…
      解釈違いでなければシャオと縁者は魂でつながっているような状態のはず。といってもこれはどうとでも解釈でき、水がないので休眠状態になり、何らかの土壌に蒔かれれば芽を出す植物のようなものと解釈すればそれほどおかしくはないか。多少補足は必要だとは思われるが。
  • カッシーナのコアそのものは破壊されてしまったが、龍結晶にシャオの意識を転送してシャオ復活。
    ハッキリいって意味がわからないので議論・考察が必要
    シャオの入れ物としてカッシーナのコアが必要だが、龍結晶がコアの代わりになるのはなぜ?龍結晶の設定自体もゲームの中では語られていないので設定資料待ちか?
    同じことができる龍族はシオン模倣体の可能性…?
    • いずれにせよ惑星ナベリウス、惑星アムドゥスキア、惑星リリーパ、別宇宙の地球はすべてもともとフォトナーの影響下にあったことが明らかになった。全宇宙を舞台にした物語にしては狭すぎでは・・・?
  • もう見飽きたと思われるが今回も安藤が「プレイヤーの思い描く姿」を無視したファントム前提で、見たこともない武器を振るっている。
    どうしても戦闘シーンを描写したいのであればシナリオ側で共通武器を使わせるか、打撃・射撃・法撃武器の3種類に収まるようにするか、システム的に持っていることにするなどの対処がなされないのであれば、プレイヤーキャラクターの私物化と言われるのは避けられない。
  • とにかく駆け足。シャオの退場から復活が非常に短い1イベントでやってしまっているため全然盛り上がらない。
    サラ含めクライリスクレイス関連3人が登場して宇野氏の推しを持ち上げ、「大事なのはカタチじゃない、心だ!」というイベントがやりたかっただけで終わっている。
    サラがシャオを失って逡巡する姿もほとんど描写されず、不利な状況で追い詰められていく緊迫感も「アークス艦隊がフォトナー艦隊をおびき寄せている」という状況をセリフだけで説明してしまい、描写されることもない。
  • EP5では情報の開示・更新が遅く「ちょっと出した情報を延々と引っ張って出し惜しみをしている」と評されていることもあるが、「出し惜しみ」が問題なのではなく、読み手にあれこれと想像を促す情報の出し方をせず、単に思わせぶりなだけに終始していることが良くない。
    一方では惜しむどころかタメすらもなくすぐクライマックスを持ってきてしまう堪え性のなさもあり、どちらかに極端に寄っているのが問題。「描きたいものしか描けない」という彼の実力の正当な評価なのかもしれない。
  • 三代目クライリスクレイスはEP5のサブシナリオで「イリス」という名を持ったはず。そして六芒均衡は解体されているため「クラリスクレイス」という呼称自体もう必要ないのではないだろうか。
    三代目クラリスクレイスは自身の出自と向き合い、ヒューイの「お前はお前」という肯定によって「クラリスクレイス」という枷から解き放たれ、イリスという名を得て「イリス」となったのではないだろうか。
    シナリオライターがクラリスクレイスの呪縛に囚われているのではないだろうか?いい加減送還卒業しろよ。
  • クーナのモデルが変更。「ツインテールは優遇されるの法則」の影響か。このままではツインテールで溢れかえってしまうであろうことは容易に想像がつく。煽りを食らったのか、バッサリとボブカットに。

第3章1節:反撃の一手

  • シャオを中心に反撃開始。
    • シャオの本体(意識体)はアムドゥスキアのカッシーナだったものの入れ物にあるので、しばらくのあいだはアムドゥスキアが本拠地として防衛する必要がある。
    • アークスシップに直接攻撃してきたフォトナーを撃退、アークスシップに潜入してきた偽の女神ミトラも擬態を見破られて撤退。
      さらに転移の痕跡を辿って終の女神シバの拠点(乗っ取られたマザーシップ)へ攻撃を仕掛ける。しかし返り討ちに。
      演算能力ではシオンと同等の能力を得たが、フォトナーとの戦力差は圧倒的。
  • 終の女神シバの能力を封じる手段を得るために惑星ハルコタンへ。

問題点

  • シャオが復活するまで逃げ回っているような描写だったが、結局既存エリア内で小規模な追っかけっこになっていただけの模様。
    • マイペースなシャオに無能司令ウルクがビンタ。「心配させたのに謝りもせず茶化すような態度だから」。お前そんなこといえる立場じゃないだろ。
    • ウルク「よし、こっちも動こう!」座ってろ。
  • アークスシップに潜入してきた偽の女神ミトラだが、普通に転移で拠点に帰還している。潜入するときも同じように転移で入ってくればいいのでは・・・と思わなくもないが、これはアークスの不和を図るための工作のため。
    安藤に化けて暴れまわればダークブラストの能力を持つ安藤に対する恐怖心や敵対心を植え付けることもできたことを考えると、今後の展開に大きな影響を与えかねない面白さがあった。だがここまでにこの擬態に引っかかったのはゼノだけ。せっかくの工作が1回で使い物にならなくなるのは少々勿体ない。
    • また、よりにもよって安藤に化けているが、パラメータも完璧に偽装できるのであれば、「ダーカー喰い」の能力を持ち、【深遠なる闇】の素養も持つうえに時間遡行が可能ということになりうる。絡め手でなくとも正面切って普通に戦えるのでは……。
      ダークブラストに関してはシャオとシエラから「パラメータに変化がない」と明言されているので、ダークブラストは使用不可能のはず。逆に使えたらEP5の発言とバッティングする。
    • ここでもレギアスは駆けつけるだけで活躍の場面なし。六芒均衡の一、二が雁首並べてお見送り。
  • シャオ&ロ・カミツの演算能力でフォトナーの攻撃を撃退したことに終の女神シバが言及しているが、認識がおかしい。「私達フォトナーの作ったもの」と言っているが彼女(シバ及びハリエット)はフォトナーではなくフォトナーに作られたもので、アークスもまたフォトナーに作られたもの。
    終の女神シバ達がアークスを生み出したわけではないので明確に誤り。また、直後のシーンで反撃に転じてきたアークスのA.I.S.に対して「すぐ調子に乗るところが彼ら(フォトナー)と同じ」とも言っており、「自分はフォトナーではない」と示唆しているのでシナリオライターの中でフォトナーの定義がメチャクチャになっているか、終の女神シバの思考が支離滅裂になっている。
    終の女神シバ自身も第1章で調子に乗ってアークスに足元を掬われて恥をかいたという意味ではすぐフォトナーと同じとも言えるのだが、これは皮肉が過ぎるだろう。
    • アークスの切り札、改良型A.I.S.があっさりと倒されている。初登場から活躍していたA.I.S.をあっという間にやっつけてしまうことで終の女神シバの圧倒的な戦闘力が伺い知れるシーン。
      これ自体はA.I.S.の登場するコンテンツが多数あったことで積み重ねがあり、直近の「終の艦隊迎撃戦」でも主力となっているだけにインパクトとして充分。本来敵の持ち上げ方はこうやってするものなのだが…。
      また、終の女神シバにやられてしまったとはいえ、依然として対ダーカーや対マガツ、対大和などでは主力。単に相手が悪かったと言うだけでA.I.S.の価値が下がったわけではないところがポイント。
      六芒均衡はこうした積み重ねがないまま「設定で強い」に縛られているために負け役もできずに聖域化しているのが問題。
  • 終の女神シバの戦闘力は全アークスのフォトン量と同等という分析がある。これは【深遠なる闇】が全フォトナーが自身のフォトンを切り離し、フォトナーが有していた全フォトンに喰らいついたまま亜空間に封印されたという設定からなので問題は無いだろう。
    しかし、かつては栄華を極めたとされたフォトナーが、たかだかスペース蛮族のアークスと同等というのはいかにも不自然。人口の面でも技術の面でも、もっともっと圧倒的な開きがあっても別段問題はない。むしろ「全アークスと相打ちでも勝ち目がない」ほどであってもおかしくはないだろう。
    あるいは「実はフォトナーはアークスの肉体を乗っ取るのが狙いで、自分たちと同等のフォトンを手に入れるのを待っていた」というPSPo2iと同じ展開を狙っている可能性も充分に考えられる。
  • 結灰陣は「【深遠なる闇】となったマトイを縛り付けていた」という説明になっている。ライブ放送で「マトイが【深遠なる闇】にならないようにしていた」という解説があったので「縛り付けていた=変異しないように押し留めていた」という意味になるので問題はないだろう。
    しかしやはりEP3での「【深遠なる闇】を現界させておく」という発言があったこととは整合性が取れない。
  • サブイベント
    • キョクヤは今回も「俺は厨二」「お前の正義を棄てろ」「あいつ」の同じ内容の繰り返し。勿体つけるにしてもやりようがある。
    • ストラトスと口論しているところに出くわすが、キョクヤの意見にに賛同できない
      • 口論の原因は「アムドゥスキアのエネミーにヒーローらしく正々堂々と向かっていったら味方が不意打ちを受けて重症を負った」「ピンチにキョクヤが救出した」というもの。
        突然現れる意志の疎通もできない敵を相手に正々堂々と戦うのがヒーローという意味不明のモットーを通すストラトスが異常なだけ。キョクヤの行動はアークスとして至極当然。
        亡霊云々は抜きにしても「手段を選ばない」ことは「手段を選ばない敵」を相手にしている以上、真っ当この上ない意見。しかも状況的に重傷者を救出しつつ敵を一人で撃退しているというヒーローもかくやの活躍である。
        一方、ストラトスはファントムマーカーで撃退したことが気に入らないとキョクヤに食ってかかっている。どっちがヒーローなんだ。
        個人のこだわりで戦術の幅を狭め、同行者に重傷を負わせるなどはもはやギャグの域。どう考えてもキョクヤの味方をするシーンではないだろうか。
      • そしてストラトス自身が勘違いしているがPSO2のヒーローは正々堂々と戦う正義のクラスではない。打・射・法を一つのクラスで使いこなすオールマイティな「とてもカッコイイ(ストラトス談)」クラスであり、ヒーローの名称もストラトスが理想とする「あの自分を助けてくれたアークス」のように誰かのピンチを救うような「ヒーロー」としてそうありたい、そうあるべきという願いと使命感からつけられたものである。
        つまり正々堂々や正義はヒーローの本懐ではなく、むしろそれにこだわって味方を救うどころか危機に陥れるなどはストラトスの信念や新クラス設立のために奔走した意図が完全に逆転しているということになる。シナリオライターの中で設定が変わったのか、あるいは今後のために「いつの間にかヒーローの道を見失っていた」とするつもりなのかはこの時点では不明。
      • 話題になっているファントムマーカーの何が良くない(=正義でない、正々堂々としていない)のかの理屈が全く不明。ストラトスは「自分が気に入らないから正義じゃない」という理屈。これにはアザナミもニッコリ。
        なお、直前のサブイベントでは多数の敵をファントムマーカーからの起爆で一掃しているが、これはゲーム的に不可能な仕様(ファントムクラスの提唱者なのでこのくらい特別な能力があっても別に構わないかもしれないが)。
    • リュミドラのサブイベントは特に内容なし。
    • 安藤の内面でダークファルス達の話。いつまで居候してるの?
    • 割と具体的な内容を語っているが、これはコミカライズ版「EPISODE0」の内容に即している。読んでいる人からは「あのシーン」と認識を共有できるのだが、読んでない人にとっては「あのときは大変だったね、お前には教えてやらないけど」になってしまいかねない。
      とはいえこれ自体はゲッテムハルトと【双子】との間にある深い因縁を感じさせ、それでもなお乗り越えて変わろうとするゲッテムハルトやフロー&フラウの変化を描写しているのは良い。安藤が知らなくても「それほど彼らにしかわからない深い事情があるんだ」という認識で全然問題はない。
      しかし依然としてゲッテムハルト(=宇野の持ちキャラ)の贔屓がすごい。EP5も終わり、別のストーリーラインが展開されているというのに未だにこれ。ごめんなさい云々ならEPISODE0で同じタイミングで【若人】も食べられているのでこちらも話題に出さなければ不平等このうえない。オバサンキャラは嫌いなのか、成年マルガレータは何かと扱いが悪い。これでは「ゲッテム贔屓」と取られるのは仕方ない。
  • サブイベントで絶対令(アビス)がさも当然のように話題に出てくる。結局封印はされていなかったというのが知れ渡っているようだ。アリバイ作りにしても雑すぎでは?
    しかも非常に気軽に絶対令を用いるかのような話しぶりである。これほどの非人道的人体改造・恣意的洗脳をされていながら他人事。お気楽なお話である。
  • サマナーペット紹介。キヨヒメ。
    • 相変わらずペットからの扱いが厳しいピエトロ。毎回ピエトロがやられて終わりと内容が同じで何の違いもない。
      コメディリリーフにケチをつけるのはナンセンスだが、アークスシップ内での戦闘行為は禁止されている。にもかかわらず(本体に向けてとはいえ)キヨヒメが明確に攻撃を行っているのはまずいのでは。
  • 全体的にメインストーリーを補足するものでもなく、大半が雑談。このあたりは宇野氏の代表作『アトラ・シンドローム』でも同様で、メインストーリーと全く絡んでこない「今その話いる?」という分流を作ってしまうことで物語のポイントを分散させてしまっている。結果、メインストーリーの流れに勢いをつけるわけでもなく、かと言ってその話自体はなにか意味があるものでもない。

第3章2節:白と黒の領域を侵すもの

  • ハルコタンがフォトナーの襲撃を受ける。
    • スクナヒメは「幽世」という隔離エリアに白の民を避難させたがかなり犠牲が出たらしい。
  • 安藤とマトイを囮にしてフォトナーをおびき寄せ、マガツで殲滅する作戦。
  • 無事マガツの封印が解け、スクナヒメとマガツが合体。スクツ?マガナヒメ?
    しかし即座にやられて退場。といってもこれは罠で、相手の力を受けて倒されることで結灰陣の発動が可能になる(?)
  • 倒したと思ったシバは実はミトラの替え玉。ミトラ退場。
  • 本物のシバの本気モードで安藤、マトイ、スクナヒメ、コトシロが戦闘不能。ファレグ登場。
  • 離脱した黒の領域(?)でシャオから「フォトナーがとんでもない物量作戦を仕掛けてきた」と連絡が入りto be continued...
  • サブイベント関連
    • ヒューイとクラリスクレイス(イリス)が「艦隊の指揮をしている」旨が語られる。
    • キョクヤとストラトスの幼馴染の話。(先取りになるが12月18日実装の後継クラス「エトワール」のクラスNPC)

問題点

  • 安藤がファントムとして登場している。1章ではヒーローとして描かれているので安藤をどのように扱いたいのかが謎。
    • 相変わらず未実装武器を扱っているが、カタナだったりライフルだったり「安藤のあるべき姿」を強制している点は変わらず問題。いいかげんにしろ。
  • マガツと合体したスクナヒメ関連で「スクナヒメとマガツは星の意志を二分したようなもの」「マガツは悪神といえども自身を貶める存在を許さない」といった発言がある。
    • 新設定は今更だが合体して戦ったり「自身を貶める存在云々」なら【双子】のときにやらなかったのはなぜだろうか。このあたりは今後明らかにされていくことが望まれるが、やはり後出しで設定を補足する「実は○○だったのさ!」で物語を構築するのはワンパターン。
  • マガナヒメ(仮)はあっさりやられてしまうが結灰陣で終の女神シバの能力を封じる→終の女神シバはやられたと思わせて実は替え玉→逆転され安藤ピンチ→ダークファルス勢揃いで登場、のどんでん返しは良かったが、そのオチが悪手。
    • 安藤達の作戦はおそらくうまく行かないであろうことは大体予想されており、偽の女神ミトラを使ってくるだろうことは当然予測できたが、それでもムービーでざっくりカットではなくきちんと戦闘を挟むことで強さを印象づけてから種明かししたのは展開として非常に良かった。
      しかし偽の女神ミトラは結局擬態能力を搦手に使うことなくただの身代わり、ダークファルス達は出てくるなりいいとこなしで即退場のモブ厳扱い。
      そのうえ息詰まるシーソーゲームのトリは脈絡なくファレグが登場して救出というご都合主義的展開。もうお前が守護輝士でいいだろ。
    • ダークファルス達が次々と倒され、最後に安藤が【仮面】に変身するも特に何をするでもなくやられる。
      • 確かに安藤は【仮面】と同一人物だがイコールではない。少なくともここまでのストーリーで「安藤が【仮面】に変身できる」という要素はなかった(ソロ虚影未クリアなので200回撃破者の情報求む)。
        確かに安藤は【仮面】であり、EP5のクライマックスから結末にかけて、かなり投げっぱなし気味ではあるが安藤の内面に【仮面】が宿っている描写はある。だがここで突然【仮面】になれると明かしても唐突であるし、変身したからといって特になにかできるわけでもない
        そもそも変身したからといってできることが何なのかが判明していない以上、前後の脈絡のない無意味なサプライズで終わってしまっている。
        これが後々に何らかの布石になることは伺えるが、この布石自体が唐突なものである以上、どこでどう使ったところで唐突なものにしかならない。
    • 扱いきれなかったのか、案の定偽の女神ミトラは捨て石で退場。完全ではないと思われるがが終の女神シバもコピーできることが明らかになった。といっても退場してしまったので今更。
  • サブイベント
    • キョクヤとストラトスの幼馴染、3人目の「ルコ」の存在が明らかになった。
      ルコ(ルコット)は後継クラスエトワールの教官NPCであることが明らかになっている。要するに「仲良し三人組がセットで後継クラスのNPC」というくくりにしたかっただけの模様。
      • キョクヤの過去話で色々聞けるが、散々勿体つけた挙げ句名前、種族、性格、人間関係などがここで一気に出してくる。EP5のハリエットでやったことをそのまま。しかも肝心のルコは人物像が見えた途端に直後のアップデートで登場することが明らかになっている。情報の出し方が偏りすぎているのは別媒体の作品でも語られている。
    • ヒューイとクラリスクレイス(イリス)が艦隊の指揮を執っている旨が語られる。
      • 作戦そのものはカスラが、現場の指揮をヒューイとイリスが行い、安藤達主力をサポートしているといった話。終の艦隊実装時に「アークスの艦船や部隊の編制、組織の体系が全くわからないのに艦隊戦なんてできるのか」といった疑問が持ち上がったが、一応フォローはしている。
        別に必要ないとは思われるが、艦隊戦の模様が描写されるとより臨場感が増すのではないだろうか。こうしたゲームプレイとは直接関係しないが重要な舞台装置としての演出の薄さはシナリオライターのミリタリー知識、組織の理解の少なさが原因だろうか?
    • ダークファルス達が自由に安藤から出入りできることはEP5から明らかだったが、これに関しては誰も言及していない。安藤の内面にダークファルスが存在することはシャオも知らないことで、「面倒なことになるから」秘密にしていたはず。ゲームプレイ上いつでも使えるという仕様上、いずれかの時点で明らかにはなっているのだろうが、これに関しては誰も触れようとさえしていないのはやはり不自然。
    • ダークファルス作戦会議では珍しく大人数でのトークイベント。といっても内容は無いようで「終の女神シバ=【深遠なる闇】はダークファルスの根源だから自分たちではどうしようもない」という話。
    • パティ&ティア「アークスとA.I.S.のフル稼働で戦線は維持できている」
      • そもそもどのように展開して戦っているのかもわからないので戦線もへったくれもない。これまでにわかっている情報では(直前のメインストーリーでも終の女神シバが言っているように)「鬼ごっこ」に終始しており、つまるところアークスはひたすら逃げているだけのはず。
        第2章でアムドゥスキアにシャオの本体があることや、シャオ・カミツ(仮)の演算能力でフォトナーに対抗できるようになったので「アムドゥスキアを中心とした防衛線を構築している」のであれば自然だが、そのように言及していなければわかりようもない(ただし、その場合は終の女神シバの「鬼ごっこは飽きた」発言と齟齬が生じてしまうので、依然として逃げている状況であることは確実のはず)。
      • EP5で「~は○○した」の繰り返しで「なんか戦争してる感だけ」と酷評をうけたが、それすらもないために戦局がどのように拮抗しているかなどの情報が一切わからなくなってしまっている。
  • 全体的にコアなコミュニティでまとまっているという印象のぬぐえない人間関係だけが浮き彫りに。


サブシナリオ・サブキャラクター

  • キョクヤ
    • 自称「黒き狼」。ファントムの提唱者。独特のセンスと大仰で難解な言い回しを好む。ストラトス、ルコの幼馴染。
    • 力量を見るためにいきなり襲いかかってくるなど非常識ではあるが、後述する理由も関係しているため表面上の言動と真意とが大きく乖離している誤解されやすい性格付けをされている。
    • 何かにつけては「正義」を否定してくる。彼からのCOでも「お前の正義を棄てろ」とかやたら言ってくる。「正義」を巡ってストラトスと衝突したりするのは別に構わないのだが、キョクヤとしては安藤はストラトスの肩を持つ側として認識しているようなくだりがある。これも後述する理由もあるので一概には言えないものの、そうとしたい意図が過剰気味。要するに露骨に誤解させたいように仕向けてる。もう何度目かは知らないが安藤の性格や考え方を勝手に決めつけるという悪癖は未だに治らないようだ
    • 《考察》:彼はストラトスを始め周囲の人達のために汚れ役などもやっているらしい。そのためあえて誤解されるような言動で人を遠ざけているフシがある。しかしセリフの端々には彼らを気遣うような部分もあるため、根はいいヤツのようだ。
      • 彼は言葉が足りず、行動で語るタイプ。彼の言う「正義を捨てろ」というのは「今までのような人を気遣うような戦い方は(フォトナー相手には)命取りになる」という忠告であることや、安藤にいきなり襲いかかってきたのは「安藤を本気で戦わせるためにも問答無用で襲いかかる必要があったいから」という事情が一応あるので、人格的に問題があるかといわれると一概には言えないかもしれない(もちろん非常識ではあるのだが)。
    • 意味のない「詠唱」をしてみたり愉快なキャラクターではあるが、結局のところネット界隈やオンゲー界隈で時々いる「イタい人」のテンプレを持ってきただけ、という印象は拭えない。
    • 《疑惑》:言葉が足りず誤解されやすい人物像、言動の表面と真意にギャップがあるが本質的に思いやりがあり善良、たてがみのような銀髪、切れ長で鋭い眼差し、胸元を大きく開いた黒を基調とした衣装、などから、宇野氏の作品で度々影響が見られるFateシリーズの登場人物「カルナ」との類似点が見られる。しかし、高潔で徹頭徹尾自身を顧みないカルナと比べると、キョクヤは過去の出来事に強い疑念を持っていたり、ストラトスやルコとは目線が同じなので人間くささはある。また、カルナの物言いは誤解はされるが言葉自体は難解なものではない。一方キョクヤは翻訳機を通さなければ真意が分からないタイプの言葉遣いなので、その意味では似ていない。そのため似ていると言われれば似ていなくもないが、似ていないと言われると似ているとも言えない。ただしこれは『伊月の戦争』や『アトラ/シンドローム』でも語られている「中高生のコアなコミュニティ」と同様の描写しかされていない。その点を考えるとシナリオライターの技量とも無関係ではないかもしれない
    • 《反論》:カルナとの共通点は中二スタイルのテンプレートであり、釣り目銀髪黒コートを見てカルナを連想するのはFateをパクっているという先入観ありきのものである。あえてFateと関連付けるなら、ジャンヌ・オルタ(バーサーカー)に近いが、彼女もキョクヤと同じく中二テンプレのパロディキャラである。
  • ルコ(ルコット)
    • 元人間(種族不明)のキャスト。エトワールの提唱者。ストラトス、キョクヤ・ストラトスとは幼馴染。おもてなし大好きメイドロボ。
    • 急性フォトン増進という病気にかかり、幼年学校でキャスト化。キョクヤ達とは誤解が積み重なって疎遠になっていたが解消。虚空期間(ボイド)の悪さだったことが判明した。便利な部署だ。
      • 3人の仲違いは誤解と予期せぬアクシデントによるものだが、これらの時系列が整理されておらず、思うままに語りだすため、個々の関係が「なかよし三人組」という言葉ありきで極めて希薄。登場してすぐ長年の誤解が解けてしまい、キョクヤがこれまでくどくどと同じことを繰り返してきた誤解もルコ側の積み上げが足りないため「戦うことで真意を問いただす」展開もイマイチ盛り上がらず。長年行方不明だった事情は語られたものの、ルコが必死に隠そうとした理由もルコに感情移入するイベントに乏しいため説得力に欠ける。
  • リュミドラ関連
    • A.I.S.の研究者。宇宙空間での戦闘を可能にするプランや設計をしている。シャオ曰く「天才」。イレギュラーばっかり。
    • 興味のあるもの以外は一切目に入らない研究者のテンプレ。アキと同タイプ。キャラクターの引き出しが少なすぎる。
    • 第2章でリュミドラもハイキャストであることが判明。虚空機関(ボイド)解体に伴って人員は離散してしまったが、彼らの残したデータを集めて処理する人員が必要になったので作られた。
      しかしこれも唐突で別に次につながらない情報で、シエラの時同様に「誰かの姪孫」というネタを再利用したいだけなのだろう。やたらと勿体つける割にその先が出てこないいつものパターン。髪色からシャオ関係かとも思えるが、シエラとシオンは髪の色に共通点がないのでこの線は薄いかもしれない。
  • 偽の女神ミトラ関連
    • 触れたものの姿をコピーする能力を持っている。かなり精巧で身体能力なども同等にできるらしい。曰く「完璧(フラグ)」。
    • マリアに擬態してゼノに不意打ちを仕掛けるなど能力そのものは非常に厄介極まりないのだが、今のところ擬態を活かした例はそれだけで戦法はもっぱら「正面切って殴り合う」である。
      • ただし今のところ活躍が1・2シーンのみ、どちらも擬態が必要ない場面であることについては考察する必要があり、今後の活躍次第で問題になったりならなかったりする。
    • 身体能力なども同等に出来るのであればシバ様をコピーすればアークスは普通に滅びるのでは…?
      そんな事言ってたら実際にシバ様に変身してそれなり大暴れしました。
      • ちなみに終の女神シバの強さの本質は内包するフォトンが膨大であることなので、身体能力をコピーできてもフォトン込みの能力では及ばないということと思われる。それであの強さとなると、本体との対決でどのように腰砕けするのかに期待が高まる。
    • 流石にまともに扱うのは厄介な能力だと判断されたか早々に対策され早々に退場という形に。若干駆け足気味とはいえ色々と求められるノルマ(化けて不意打ち・やったと思ったら偽物)はこなした。ボロが出る前に退場できて良かったね

その他

人物関連

  • EP6でシャオが退場することになったが、EP5の緊急クエストでは依然としてシャオがアナウンスを行っている。お前は誰だ……。
    • ゲーム的に仕方のないことではあるがエピソードの選択によってロビーが一部変更される仕様がある以上、このあたりはしっかりとシステム側との整合性をとって欲しいところ。
      今まさに感動的な別れになったシーンの直後にその本人からアナウンスが入ったのでは興ざめ。シナリオ側なりシステム側なりでこのギャップを認識していなかったのだろうか?
    • 穿った見方をすれば「シャオは復活するので変更する必要がない」とも考えられる。宇野の推しキャラだろうしどうせ脈絡なく復活でしょ。
  • ……と思ったら案の定退場即復活。EP5のハリエットのようにひたすらくどくどと勿体つけたと思ったら今度はこれ。なぜ両極端にしかできないのだろうか。
  • 総司令ウルクの命令や指揮は「みんな頑張ってねー!」程度のものでしかなく、存在意義がない。
    • サブイベントでウルクが体調を崩し、テオドールから「ウルクは働きすぎてる」「君を支えるために僕も頑張る」と決意表明されるイベントがあるのだが、そもそもウルクは全く仕事をしていない
      たまに出てきてやることといえば「頑張れ」と声をかけるだけ。よくある「無能な重役」のテンプレートだが、これで働きすぎなら安藤はどうなるのだろうか?ウルク数億人分以上働いていると思うのだが……。
      フォトナーとの戦いはまだ始まったばかりであり、そんな序盤も序盤にもう力尽きそうな司令官でこの先戦って行けるのだろうか?確かにこの手のイベントは危機感を煽るし、組織の長が追い詰められているというピンチに、みんなで踏みとどまろう!という連帯感を生むためによく用いられる手法である。だが、その積み重ねがないままでは「ウルク頑張ってます!」「君を……守りたいから」とやったところで単にイチャイチャする二人を見せつけられるだけという白けるイベントにしかなっていない。こういうイベントをやりたかっただけ、描きたいものを描きたいだけで終わってしまっている。
    • そもそもシナリオライターが組織を全く理解していないため、現状のアークスは現場の労働者以外は「何もしない上層部」「復唱と実況しかしないナビゲーター」という組織とも言えないずさんなものになっている。そんな状況で「最も酷使されている下っ端」である安藤を尻目に「ウルクは働きすぎだよ」とやっても覚めた目で見られるだけ。
  • 「真の主人公」ことサイコパスピーピングロボ・シエラが自己主張をしなくなった。
    • 一方で何かとツッコミや賑やかしとして機能している部分もあったため、ただ驚くだけ、ただアナウンスするだけで存在意義が薄れている面も指摘される。
      これは解説役であるアルマが登場したことで彼女の役割が変わってしまい、EP5では解説役から主人公になってしまったことからも概ね推察できる。
      さじ加減が難しいところではあるが、何もかもシエラが出てきて決めてしまったり、何かに付けて口出ししては話の腰を折るような「推しキャラのゴリ押し依怙贔屓」よりはマシ。
    • 閃機種の解説を行ってくれるが、PSO2のこれまでのエネミーと異なった特殊な性質を持っているこれらに対し「ダメージが通りやすい」などのゲームシステム的なメタ発言に終始している。下手に言葉を置き換えてわかりづらくなるよりは良いし、世界観を逸脱しているとまでは行かないが、やはり「ゲーム的セリフ」になっている違和感は否めない。
  • アルマがセミリタイア
    • EP5であまりにも万能すぎる便利装置として大活躍。シエラを押しのけ解説担当にもなっていたが「無理しすぎた」という理由で戦線離脱して置物化。
    • 彼女はフォトンそのものに宿る意識体なので「無理をした」「消滅する」という説明にも違和感しかない。休めば治るという理屈も謎。そもそも彼女は不滅の存在ではないのか?
    • 結局、宇野氏の推しである「クラリスクレイス」の片割れということもあって『やりすぎた』と指摘でもあったのだろう。宇野が自制できるわけないし、EP6でもクラリスアルマ推ししようとしたら止められたんじゃないの?
    • 彼女自体が「何ができて何ができないのか」という明確なルールのないブラックボックスである以上、EP6をまとめるために「ラスボス目前のピンチで突然アルマ復活→先代六芒均衡勢揃い→安藤ちゃん!任せたよ!」という流れになってもおかしくない。
      それはもう物語を紡ぐことを放棄したデウス・エクス・マキナである。宇野の話って大体最後に脈絡のない展開でシメるよね。

緊急クエスト「終の艦隊迎撃戦」

  • フォトナーとアークスの戦艦がぶつかり合う「艦隊戦」。敵味方の艦がひしめきあいビームをぶっ放し人型ロボも暴れまわると、まるでSFをテーマにした作品みたいな光景が広がる。やっとだよ
    • クエスト内容自体は艦の甲板上で閃機種とダーカーを倒すいつもの戦闘。
      大航海時代の海上戦のように、船を接舷させて乗り込んで直接叩くというのは理にかなっている。結局はマンパワーかよとか言ってはいけない。
      • なお敵の艦からはビームやら戦闘機やら攻撃がバンバン飛んでくるが、特にアークス側の艦は支援などはしてくれない。いつも通りの歩兵に全任せのスペース蛮族スタイルである。
    • どうも描写を見る限りアークスとフォトナーの戦力はおおむね互角。
      • フォトナーの技術力についてストーリー上ではスゴイスゴイと謳っている割に、蓋を開けてみれば案外どうにかなっているというのは肩透かしである。持ちあげるにしたって程ほどにしておきましょう。
      • 好意的に解釈するのであれば「数で勝るアークス」「技術で勝るフォトナー」というかたちで拮抗させているという事だろうか。
    • 大規模な艦隊戦はたしかに嬉しいのだが、【巨躯】や【深遠なる闇】の時の戦法がその辺の板orスペースイカダに歩兵を詰め込んでぶつけるといった脳筋時代とのギャップがあまりにも大きすぎる。
      • また急に落ちてくる事に定評のあるアークス側の戦闘機がやたらキレッキレな動きをするのも中々シュールな光景である。
      • この辺りはシステム上の都合もあるのでシナリオライターに責任を問うのはお門違いであることは追記しておく。ただし設定担当もだが言い訳をまったく考えなかったのは問題なので無罪とは言わないが。
    • サブイベントで「終の艦隊」に対してアークス艦隊の出撃が言及されているのだが、クラリスクレイスやヒューイが指揮している模様。といっても組織の構成や管理・権限の体系が全く描写されていないので具体的なことは判らずじまい。
      対フォトナー用に急遽建造するにしても無理があるし、これまでアークスが艦隊を保有している描写がないので「いつのまにかそうなっている」としか言いようがない。これまでにない物語展開のうえでの新要素なので、シナリオライターに全責任があるとは言えないが……。

創世器について

  • EP3の時点で生じていた「ヒトが元になったもの」「そうでないもの」に関しての話がある。内容が重複するので。
    こちらを参照。


コメント

  • キョクヤの「Fateのカルナのパクリでは?」のところ、改行に&br使ってないからレイアウトが崩れちゃってルコの項目に影響出ちゃってるので治せるひとお願いします。あと「外見がカルナだからカルナのパクリ!」ではなく、突き放すような言い回しで真意が伝わりにくく、誤解されやすいというキャラクター性にも言及されているので、反論としてはそちらに関しても言及しないと「銀髪+黒衣装は厨二テンプレだからセーフ」としては論拠に乏しいと思う(そもそも本文でも「そうといわれればそうとも見えるし、そうでもないとも見えるし」と言ってるのでパクリ断定でもない。 - 名無しさん (2020-08-15 09:24:59)
    • 空気を読まない善意が皮肉や挑発に聞こえるカルナと、単なるツンデレのキョクヤの性格は全然別物だと思うが - 名無しさん (2020-08-15 10:48:38)
      • ていうか、直接のインスパイア元はセフィロスや飛影でしょ、流行りに乗ってキャラを作ったのだとすればこの素晴の紅魔族やシュタゲの鳳凰院凶真とか。つかジャンヌオルタバーサーカーとかもいるしカルナは無いわ、色以外共通点なさすぎ - 名無しさん (2020-08-15 11:09:25)
        • 修正ついでに直してみたが、何言ってるかわからない中二病キャラで高速移動しながら黒いオーラで戦うって彼氏面こと巌窟王ってモロなキャラがいるのに、書いた奴は何でカルナ挙げたんだだろ - 名無しさん (2020-08-15 11:22:59)
          • セフィロス→髪型がロングヘアで全然違う(色だけ) 飛影→髪色が黒(ツンツン頭は近いがどちらかというとたてがみのように流しているのとは異なる)巌窟王は髪型はくせっけを下して、服装はカッチリした紳士風で色のみ。点で「カルナよりもより共通点が少ない」。このすば、シュタゲは中まで見てないのでわからないので断言はできないがおおむね「外見のみ」のこと。もう書いてあるけど一つ一つの要素だけを挙げているわけじゃないでしょ? - 名無しさん (2020-08-15 13:07:32)
            • 色とか形とかじゃなくて、中二病キャラというジャンルの話をしてるんだが - 名無しさん (2020-08-15 22:24:22)
              • すまん中二病キャラだと意味合いが変わるわ、正確には中二受けするキャラな - 名無しさん (2020-08-15 22:25:13)
              • すまん中二病キャラだと意味合いが変わるわ、正確には中二受けするキャラな - 名無しさん (2020-08-15 22:25:36)
              • 確かにそれはあるな。黒一色、銀髪、イタい言動というと伝わる - 名無しさん (2020-08-16 10:27:31)
          • あとキョクヤは「何言ってるのかわからない」のではなく「既存の言葉を独自解釈して話すから伝わらない」のであって、巌窟王の発言は「最終的な結末を全部知ったうえで逆算して事象を見ると意味が分かる」タイプなので、カルナともキョクヤとも異なっている。誤解を受けるキャラ付けという意味では巌窟王にも近いかもしれないが、彼の場合はそれが反感を買わないタイプの誤解であることは個人的にはちょっと言いたいと思う。あとかなり脊髄反射で反論してるように見受けられるけど、あくまでも本文では一例を挙げた「疑惑」どまりで、結びに「そうとも言えるしそうとも言えない」となっているので、もとがカルナと断定しているわけではない。ほかに共通点があるのであれば「〇〇にも似ているともとれる」「××により酷似している」といった例を挙げればよいだけで、それらを総まとめしたうえで「こんなに例が上がるのであればキョクヤの原点は〇〇や××ではなく、単に誤解を受けやすい人がネット界隈にいるイタい成長の仕方をしてしまった」で結論付けていいと思う。 - 名無しさん (2020-08-15 13:14:14)
            • というか、熱血系クール系みたいに、中二系というジャンルのキャラなだけなんで疑惑でもなんでもない、こんな目と口と鼻があるのは人間の影響を受けているみたいな項目要らないでしょって話 - 名無しさん (2020-08-15 22:46:27)
              • そこまで宇野のパクリ疑惑に焦燥感を見せるのはなぜだろう。本文でも断定はしてなくて、一例を上げて「~ではないか?」という指摘に対して「そんなことない」でインライン隔離なりコメントでやり取りすればいいだけなのに…「目と鼻が―!こんな項目ー!」… - 名無しさん (2020-08-16 10:30:56)
                • 逆に聞くが何故そこまでFateの影響を受けている事にしたいんだ?キョクヤに問題点があるから叩いてるんじゃなくて、宇野を叩きたいから無理やり問題点を捻り出してるだけだろ?そう言う事をすると、ライターに問題があるんじゃなくて読む側に問題があると思われるんだよ。天然キャラのカルナと中二キャラのキョクヤは全然似ていない、キョクヤの言動を見て、カルナに似ているなとか言えば、他に連想するキャラはたくさん居るのに、知識が貧困だから無理矢理カラーリングだけ似ているキャラを捻りだしたんだな、って思われるし、似ていると言ったがそれが問題点だとは書いてないっていう逃げ口上は頻発するけど、このページはシナリオ上の問題点を書く所なんですが?問題があると思ったから書いたんじゃないの?問題がないなら、ページの趣旨にそぐわないから書かないべきじゃないの? - 名無しさん (2020-08-16 12:58:44)
                  • 受けていることにしたいとは俺も思ってないし、本文にもない。一例として「見受けられるがどうか」「影響があるようにも見えるがそうでもないようにも見える」となってる。だから問題云々じゃなくて「俺はこう思うけどお前どう?」という話であって、俺も厨二ジャンルを網羅してるわけじゃないから知識に乏しいと言われたら返答できない。だから分かるやつが「いやこれは(カルナの影響が強いというが)数ある厨二キャラのパーツが組み合わさった結果でしかない」のであればそれで別にいいし、本文編集してしまえばいいと思うよ。全く異論はないよ。シナリオは登場人物があってこそのものだから、その構成員に問題があればシナリオにも影響するから書き出してるんじゃないの?シオンは登場人物で非常に問題があるけどシナリオの問題点ではないので記述しませんね!とはならんでしょ。(キョクヤがそこまでシナリオに関わってないだろうという意見に対しては虚心坦懐に受け止めるが) - 名無しさん (2020-08-16 13:42:04)
  • カルナの項の場外乱闘じゃないんだが、ジャンヌオルタはギャグ時空での話だぞ。本来の性質は1章以降出てこないからしょうがないんだけど、ものすごくいびつで人格破綻者だぞ - 名無しさん (2020-08-15 20:49:34)
    • だからわざわざバーサーカーって書いとるじゃろ - 名無しさん (2020-08-15 22:26:21)
      • そういう意味じゃなくて、バーサーカーのほうはもともとそういうギャグ用のキャラ付になってるからそれでいいんだよ。でもキョクヤってそういうキャラか?という部分なんだけどさ。確かにあの3人組はストーリーにほとんど絡まず、EP6最後の1カットに出てきただけなので「PSO2ギャグパート担当」と言われるとそういう「ネットのイタい人」でいいんだろうけど…そういうキャラじゃないような気がするんだよなぁ…。キョクヤカルナのやり取りってそこでずっと意見が食い違って見えるんだわ。 - 名無しさん (2020-08-16 10:26:00)
        • マジギレ(ルコットのクッキーを叩き落とした時)した時は中二言動無かったし、キョクヤの中二はキャラ作りでしょ、ルコットが消えてからストラトスを元気づけるために始めたみたいな話なかったっけ - 名無しさん (2020-08-16 12:38:34)
          • ルコのいる頃から変な言動はあった(ルコの二つ名とかもキョクヤが贈ったものだし)けど、その後悪化(?)したみたいなのはあったね。 - 名無しさん (2020-08-16 13:35:44)
  • てか全アークスのフォトンを安藤とマトイに集結させたら他のアークス戦えなく(フォトン使えなく)なるんじゃないの?流石に今更になって普通のアークスが実はフォトンなしでも戦えるんですとはならないだろうし - 名無しさん (2020-08-21 21:43:01)
    • まぁドラゴンボールの元気玉理論で、過剰には与えられないんでしょ。4章で出てきたシバのフォトンは全アークスと同等、だから戦えなくなるほど集中しなきゃおかしいんだけど。百歩譲って、今までフォトンが絶対不可欠だった理由は対ダーカーに必要だったからで、対フォトナーではそこまでフォトン絶対ではない…という理屈なのかもしれない。でもまぁダーカーも出てくるし、ハンターは体内のフォトンを循環させて肉体を強化してる設定だから、フォトンを失ったらまぁ戦えないけど、ここでシバを倒せなければ全滅と同じだから、どれほどの犠牲を払ってでも…という展開のつもりなんじゃない? - 名無しさん (2020-08-23 02:17:46)
    • プラスで灰のパゥワーとアムドゥパゥワー入ってる言ってたのあったしそこで補ってるのかも - 名無しさん (2020-09-01 14:35:52)
  • エピローグまで配信されて、これで名実ともに宇野のシナリオとお別れか。最後の最後までPSO2は宇野ワールドだったね・・・。①ハルコタンお茶会なし②コトシロにいい話(唐突な展開)③シエラの覗き癖はそのまま④シバやフォトナー、闇との闘いと全然関係ないストラトスやリュミドラの話(エピローグですることか?コレ)⑤マトイといい感じでフィニッシュ(カップリング強制?) ハブられるオメガ勢。 結局マジックの話、シエラの姪孫ネタは回収されず。なんだったんだこの物語・・・ - 名無しさん (2020-09-02 20:06:34)
    • カップリング強制はファンタシースターシリーズで稀によく見る光景だからいいが、何だったら【仮面】の名前も少しは出してほしかったな、一番の苦労人やぞ - 名無しさん (2020-09-03 18:14:36)
    • 何故かこのページだと一貫してリュミドラと書かれてるが、リュドミラだぞ - 名無しさん (2020-10-13 07:10:01)
  • シオンがハリエットを意識の海につなぎとめた~あたりの編集してくれた人になんだけど、本来は肉体から抜き出されて消滅するはずだったハリエットの魂は、シオンが自分自身の内面につなぎとめておいて創世器という入れ物ができるまで間借りさせていた、なので創世器・星銃ハリエットに納めてからはシオンから独立してるんじゃないかと解釈したので、シオン消滅時の影響がないのはそんなにおかしくはないと思うけど、どうかな。てかそもそもシオン消えてなかったしな・・・ - 名無しさん (2020-09-23 21:26:30)
  • そういやシオンって深遠を押し付けられて犠牲になったハリエットに同情して魂を繋ぎ止めていたのに、後にマトイ生み出して似たように深遠押し付けて犠牲にするつもりだったんだよなぁ - 名無しさん (2020-10-15 07:01:30)
    • ウノリッシュだからしょうがないといったらそれまでなんだけど、初期のマトイは心がないような状態だったから、人の心に惹かれて観測者を辞めたシオンにとって、同じ作られた存在でも、ハリエットは「心を持つもの」として価値を見出していたけど、マトイは「心を持たないもの」として価値を見出していなかったのかもしれない。でも、マトイは安藤と出会って心を得てしまった。それを知って、シオンは「(マトイを生み出して犠牲にするような)愚かな考え」と反省してたのかもしれない。まあ全知存在が聞いてあきれるけど、観測者を辞めたシオンは全知存在ではないという考察もあるので、なんtのも言えないかも。 - 名無しさん (2020-10-24 07:50:28)
  • NGSはまともなシナリオになってほしい 宇野シナリオはマジ勘弁 - 名無しさん (2020-11-10 18:28:38)
  • EP6当初はワクワクしてたよ。なのにあんなクソ手抜きのラストひどすぎる。特に明かされない真実、カタルシスが得られない、劣化ゼノブレイドだわ。 - 名無しさん (2020-11-16 23:49:17)
  • シオンと仮面にケツ拭かせる展開やりすぎやろ - 名無しさん (2020-11-25 12:45:59)
    • というか仮面は何で裏事情に詳しかったのか。あいつの人生ってEP3のバッドエンド以降の知識ないはずじゃろ - 名無しさん (2020-11-27 16:48:48)
      • 完全に自分の妄想でしかないんで聞き流してほしいんだが、仮面は安藤でもあるので、終わりのないループから断ち切られた仮面は仮面としての存在意義を失って本来消滅するはずだったんだけど、同位体である安藤がいるために消滅せず、安藤の可能性として安藤の内的宇宙でつながったままになっている。(そのためあの仮面はもともとの仮面とは別の存在。赤紫ではない、他の【深遠なる闇】復活の目的から解放されたダークファルス達と同様に青いカラーになっていることがその暗喩) なのであの仮面が事情に詳しいのは説明がつかなくもない。また、シオンと安藤(orシバ)はつながっている(EP6のバッドエンド、安藤が活きることをあきらめて時間遡行した結果原初のフォトンになった場面が根拠)ため、仮面が「始まりのフォトン」である安藤の内的宇宙からシオンを(時間遡行で)引っ張り出せばできる、という感じで解釈した。ただ、EP3で仮面とシオンはクラリッサを使って消滅してるからそこんとこどうなのって言われると困ってしまう…まあ全日本脳内妄想選手権8年連続チャンピオンの俺様の考察が一助になればと。 - 名無しさん (2020-11-29 01:33:33)
  • とりあえず大いなる光と深遠なる闇っていうワード使っとけばウケるやろ的な適当なノリで考えてるだろこれ - 名無しさん (2020-11-27 01:27:28)
    • んまあそう…結局安藤は何がやりたかったんですかね(終わらない暴見) - 名無しさん (2020-12-05 10:09:49)
      • あの安藤はもう宇野の安藤になっちゃってるから宇野に聞くしかないんじゃないんですかね…(諦観) - 名無しさん (2020-12-09 19:02:13)
最終更新:2020年11月09日 01:18