まるくて浮いてて黒いやつ


名前: レプリカ (CV田中秀幸)
大きさ: 炊飯器くらい
重さ: 空の炊飯器(三合炊き)くらい
動力: トリオン
所属: ボーダー玉狛支部
階級: 特別顧問
肩書き: 自律トリオン兵

「それを決めるのは私ではない ユーマ自身だ」



レプリカ先生 ワールドトリガー3大マスコット 超高性能多目的炊飯器

空閑有吾によって息子・空閑遊真のお目付け役兼友だちとして作られた、まるくて浮いてて黒い自律型トリオン兵
トリオン兵ではあるが人間と同等以上の高度な知能を持ち、遊真をサポートするための多様な機能を備えている。

常に空閑遊真に付き従う。
普段は遊真の左手や襟に隠れていて必要な場面では「にゅー」という効果音と共に現れる。
姿を見せる相手や場面を選んでいるらしく多数の人間の前に積極的に出て行くことは無い。
遊真を見守り彼のことを一番に考えているが有事の際は遊真本人の判断を重視し
彼が決断したことに関しては彼自身に不利益になることであっても尊重する。
親父が死んでからはずっと一人だったユーマを支え続けてきた「相棒」である。

デザインのモデルは作者の家の炊飯器らしい。
その関係からかアニメでは実際に炊飯器と間違われたシーンも。
普段から冷静で感情を露わにすることは無いが、
前述のアニメのシーンではちょっとムッとしたような気まずいような珍しい表情(?)を見せた。

"多目的"の肩書は伊達ではなく、非常に多様な機能を備えている。

ユーゴが遺した膨大な旅の記録を所持しており、
近界(ネイバーフッド)の情報に非常に精通している。
各国の黒(ブラック)トリガー所持数や、アフトクラトルの軍事機密であるトリガー角(ホーン)の存在を知っていたほど。

また、高度なデータ解析機能も備えており、
とくにトリオンに由来するトリガーやトリオン兵などの技術ならば瞬時に解析・分解・複製を行える。
個人のトリオン量の測定もでき、
時間こそかかるが玄界(ミデン)のテクノロジーも解析出来る。

戦闘においても高い解析能力と有吾から授けられた知識によって、冷静かつ的確なオペレーションが可能。
解析したトリオン兵の複製を作り出し戦力にすることもできる。
更には遊真の黒(ブラック)トリガーと同じを使用することができるため、
随伴するトリガー使いの直接的なサポート、あるいは単騎での戦闘さえこなせる。
解析や多重印などの本体とほぼ同じ能力の一部を使用できる子機(通称豆粒ちびレプリカ)を200体以上複製でき、
雷の羽(ケリードーン)と匹敵するといわれるほどの速度で大距離の移動が可能な後背部のロケットブースターを使って
戦場のあらゆる箇所での活躍を期待できる。

基本はサポート役に徹するため派手な機能こそ無いが、
トリオンに関することなら出来ないことは無いと言ってもいいほどの多様な機能を備える便利すぎる先生で、
「トロポイの自律トリオン兵」と呼ばれる場面があるが詳細は未だに不明の謎の炊飯器。

メインキャラであるにも関わらず謎が多い故かジャンプフェスタ2015の声優による質問コーナーでは
声優陣4人のうち2人がレプリカ先生に関する質問をしていた。
ちなみにそれによるとスリープ機能や毒味をする機能もついているらしい。ご飯が炊けるかは不明。

そんなレプリカ先生だが現在はオサムチカを守るために真っ二つにされ、アフトクラトルに連れ去られてしまった。
果たしてユーマたちはレプリカと再会を果たすことが出来るのだろうか…

ワールドトリガー三大マスコットの一翼を担う愛嬌のある姿と、落ち着きのある言動とのギャップも相まって人気のあるキャラクターで、
作品内だけではなく、グッズ展開などでも活躍している。
ファン投票で行われた読者ランク戦の隊長候補ランキングでは10位(複数投票板では3位)にランクインした。
スマボでは黒ラービットを引き連れて単体で参戦中。
有吾に作られた関係からか、アニメでは有吾と同じ田中秀幸氏が声優をつとめており、
本編終了後のおまけコーナー「100倍楽しむ講座」ではお茶目なボケ役として活躍。
ちなみにアフトに連行され退場した回の最後のオチは「どこでもウィンドウ」だった。こんな最後はあんまりだー!

「…………オサム  お別れだ ユーマを頼む」



  • いつなったのか不明だが玉狛支部の特別顧問に就任している。 -- 名無しさん (2016-05-18 16:38:48)
  • アニオリでは炊飯器の隣に着地していたために間違えられて(炊飯器を開けるスイッチを押す動きで)額をつんつんされる姿がw -- 名無しさん (2016-06-15 12:47:00)
  • 作中で誰も言及してないけど、攫われたのはレプリカの左半身だけで、右半身は基地の近くにあるんだよね?今は玉狛に保管されてるんだろうか? -- 名無しさん (2016-07-07 05:40:18)
  • 遊真が探したけどなかったみたいな描写なかった? -- 名無しさん (2017-02-21 12:35:05)
  • レプリカ本体のもう半分は10巻82話で迅と遊真が探しに行ったと烏丸が言ってる 見つけられたかは不明 なんにせよこっちの世界のどこかに間違いなくある 修が拾ってアフトの船に投げられたのは半分だけだし -- 名無しさん (2017-02-21 20:53:08)
  • 葦原先生ならあえてこっちの半分レプリカの存在伏せといてここぞというときに使うようなことがあるかもなぁ。生きて喋ったりはできないだろうけどエネドラの角と同じで情報とか機能を引き出したりはできるかもしれないし -- 名無しさん (2020-04-10 17:10:38)
  • レプリカ先生はアフトに乗っ取られて敵として立ちはだかると予想。 -- 名無しさん (2020-06-17 18:38:01)
  • 親父の複製みたいなネーミングだったりするのかな? -- 名無しさん (2020-06-21 19:43:41)
  • 声優が同じだし親父のレプリカ的な意味は近いかもね。それを決めるのは~ってのも「親の言うことが正しいとは思うな」っていう有吾の教えに近いし -- 名無しさん (2020-06-22 16:17:21)
  • ラービットを作れるくらいにトリオン注ぎ込まれてる割にミラの一撃でやられる脆さなのは、トリオン結構消費した後だったからか? -- 名無しさん (2022-02-01 20:54:42)
  • 素の硬度にトリオン振ってないだけじゃねえの、黒鳥だろうがラービットだろうが弱点やられたら終わりがワートリじゃん。むしろ一撃で全停止しないレプリカが異様 -- 名無しさん (2022-02-02 01:47:18)
  • ミラのトリガーだって黒トリガーだし...... -- 名無しさん (2022-02-02 07:03:11)
  • アフトクラトルはC級隊員よりもレプリカ手に入ったのが大きいかもね -- 名無しさん (2022-03-11 13:30:48)
名前:
コメント:
最終更新:2022年03月11日 13:30