ヘヴィガード

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぽちょむきん
雄臭い野郎共に人気の重量パーツ。ガチムチHGの兄貴オッスオッス!
唯一無二の装甲A超え。ただ、何をするにもすっとろいし重い。
しかし、重量級を組む場合Ⅳ型の使いやすさが身にしみるのも事実。
ケーファーの方が取り回しはいいのだが、やはり固さは正義。
どう組んだらいいのか分からない?いいからフルHGⅢにしろよ!おう早くしろよ!
セットボーナスは全部位&平均装甲3%アップ。対爆発防御力の恩恵は大きい。
相性はHG、ガチムチ

へヴィガード頭部

+ヘヴィガード頭部一覧
ヘヴィガード頭部
名称 チップ
容量
重量 装甲 射撃
補正
索敵 ロック
オン
開放条件 勲章・素材 GP
ヘヴィガードⅠ型 2.2 800 A
(+22%)
E
(-24%)
E+
(135m)
C+
(80m)
クラスD4で支給 - -
ヘヴィガードⅢ型 1.9 850 A+
(+29%)
E
(-24%)
E
(105m)
B+
(100m)
ヘヴィガードⅠ型/頭所持 ニュード素子×5
ニュード群体×3
黄金片×10
100
ヘヴィガードⅣ型 2.2 800 A
(+22%)
E+
(-16%)
D
(150m)
C
(70m)
へヴィガードⅢ型/頭所持 ニュード群体×2
黄金片×10
メタモチップ×2
300
へヴィガードG型 2.0 850 A+
(+29%)
D+
(-8%)
D+
(165m)
D+
(60m)
へヴィガードⅣ型/全部位所持 マルチバスター/銅×15
ニュード素子×10
銀片×5
カロラチップ×1
500

  • へヴィガードⅠ型
ガチムチ入門頭部。四つん這いになっても射撃補正は返してもらえない。
積極的にCSを狙ってくる上位クラスほど恩恵を感じるはず。

  • へヴィガードⅢ型
これを見るだけで、サペが泣いて謝った。心臓発作を起こすヴルカンMCも。
38式狙撃銃・遠雷に耐える頭部は伊達ではない。
ロックオンも優秀で、HG頭部ならこれ一択。

  • へヴィガードⅣ型
サブカメラかっこいいね!
射撃補正が上がったが雀の涙。

  • へヴィガードG型

へヴィガード胴部

+ヘヴィガード胴部一覧
へヴィガード胴部
名称 チップ
容量
重量 装甲 ブースター SP
供給率
エリア
移動
開放条件 勲章・素材 GP
へヴィガードⅠ型 1.7 1430 A
(+22%)
C+
(100)
C
(+20%)
E
(7秒)
クラスD4で支給 - -
へヴィガードⅢ型 1.9 1550 A+
(+29%)
B
(110)
D+
(±0%)
E
(7秒)
へヴィガードⅠ型/胴所持 チタン鋼×10
ニュード胚×10
ソノチップ×1
100
へヴィガードⅣ型 2.0 1500 A
(+22%)
A-
(120)
D+
(±0%)
E
(7秒)
へヴィガードⅢ型/胴所持 隕鉄塊×5
ニュード集積体×2
銅片×15
300
へヴィガードG型 2.0 1570 A+
(+29%)
C
(95)
C+
(+35%)
E
(7秒)
へヴィガードⅣ型/全部位所持 マルチバスター/銅×15
複層重合金属×1
ニュード融素子×1
ソノチップ×5
500

  • へヴィガードⅠ型
シリーズ唯一のSP供給率Cだが、現環境では微妙なパーツ。
フルガチムチで、どうしてもSPが欲しいときに。

  • へヴィガードⅢ型
重量とエリア移動以外は実に優秀。
キメラに積むには流石に重い。

  • へヴィガードⅣ型
ハイバランスな重量型胴部。ノンケにも人気。
早い脚に積むと撃ち合いに滅法強くなる。

  • へヴィガードG型

へヴィガード腕部

+ヘヴィガード腕部一覧
へヴィガード腕部
名称 チップ
容量
重量 装甲 反動
吸収
リロード 武器
変更
開放条件 勲章・素材 GP
へヴィガードⅠ型 2.2 1000 A
(+22%)
B+
(+25%)
E+
(-20%)
D-
(-20%)
クラスD4で支給 - -
へヴィガードⅢ型 2.3 1120 A+
(+29%)
A+
(+40%)
E
(-30%)
E
(-30%)
へヴィガードⅠ型/腕所持 鉛板×15
ウーツ重鋼×3
銅片×10
100
へヴィガードⅣ型 2.0 1050 A
(+22%)
B
(+20%)
D+
(-5%)
D
(-10%)
へヴィガードⅢ型/腕所持 鉛板×15
ウーツ重鋼×3
ソノチップ×3
300
へヴィガードG型 2.0 1070 A+
(+29%)
B+
(+25%)
C-
(±0%)
D-
(-20%)
へヴィガードⅣ型/全部位所持 マルチバスター/銅×15
ウーツ重鋼×3
複層重合金属×2
メタモチップ×1
500

  • へヴィガードⅠ型
頭同様入門編と割り切るのが吉。

  • へヴィガードⅢ型
言うまでもなく、最高の装甲を誇る上に実盾付き。イケメンすぐる。
これにのめり込んで、コッチの世界に踏み込むノンケもいるとか。
主武器一本でリロードタイミングさえ間違えなければ、Ⅳ型腕よりも優秀。

  • へヴィガードⅣ型
各バランスが良く、装甲の割に取り回しやすい。
ガチャガチャ武器変する人向き。

  • へヴィガードG型

へヴィガード脚部

+ヘヴィガード脚部一覧
へヴィガード脚部
名称 チップ
容量
重量 装甲 歩行 ダッシュ 重量
耐性
開放条件 勲章・素材 GP
へヴィガードⅠ型 2.2 1200 A
(+22%)
E+
(18.792km/h)
E
(62.64km/h)
A
(6350)
クラスD4で支給 - -
へヴィガードⅢ型 2.2 1250 A+
(+29%)
E
(16.848km/h)
E
(62.64km/h)
A+
(6650)
へヴィガードⅠ型/脚所持 隕鉄塊×10
ニュード素子×5
銅片×5
100
へヴィガードⅣ型 2.5 1250 A
(+22%)
E
(16.848km/h)
D
(70.2km/h)
A
(6350)
へヴィガードⅢ型/脚所持 超剛性メタル×2
ニュード卵×10
銅片×5
300
へヴィガードG型 2.4 1230 A
(+22%)
E+
(18.792km/h)
D-
(67.5km/h)
A+
(6650)
へヴィガードⅣ型/全部位所持 マルチバスター/銅×15
複層重合金属×1
ニュード卵×25
カロラチップ×1
500

  • へヴィガードⅠ型
ガチムチ入門編シリーズ、「軽量は上から、重量は脚から。」
さっさと積載の上がる、Ⅲ型に乗り換え推奨。

  • へヴィガードⅢ型
説明不要。ACで言うガチタンポジション。

  • へヴィガードⅣ型
Ⅲ型から乗り換えると、世界がchingeする通称「動けるデブ」。
ただ、装甲重視・超過無しで重火力を組もうとすると、意外に手こずる。

  • へヴィガードG型