B.U.Z.

#ref error :画像URLまたは、画像ファイル名を指定してください。
Ver2.5終盤に支給されたナクシャトラ製軽量ホバー機。某ライトイヤーやハゲのガレムソンではない。
強化されたダッシュ性能で二脚と遜色ない機動性を持ち、やたらとふわふわできるおかげで通常では不可能なルートを通れることも。
射撃補正や腕の性能も良くキメラにも人気。
ただし、装甲は全てEとまさに紙。ホバーと相俟ってロングスピアでつつかれただけで吹っ飛ぶ有様。
間違っても開幕Cプラに突撃しようなどと考えてはいけない。
ちなみに、またしてもベンノからの引き抜きでホバー技術を得たのではないか、という黒い噂がまことしやかに囁かれている。
愛称はバズ、蜂。

セットボーナスは通常移動UP。
α脚にボーナス強化と歩行チップⅡで上限に達し、二脚のダッシュB+の巡航速度とほぼ同等になる。きめぇ。


B.U.Z.頭部

+B.U.Z.頭部一覧

  • B.U.Z.-α
いきなりの射撃補正A-が光る。
射撃補正がA付近のものではツェーブラ41やE.D.G.より軽く、ヤクシャ・弐より導入が楽。
だが、その平べったい頭と嘴のせいで、河童に見えるのを我慢しなくてはならない。

  • B.U.Z.-β
索敵がA+になった代わりに、ロックオンは死んだ。

  • B.U.Z.-γ
射撃補正をA+に引き上げた上に、ロックオンをBまで強化。
高射撃補正にここまでのロック距離を持つ頭部は他になく、砂から他兵装への乗り換えにも対応できる。
ご丁寧に頭に皿まで付いて、まさしく河童になってしまった。

B.U.Z.胴部

+B.U.Z.胴部一覧

  • B.U.Z.-α
胴部最軽量である以外は、ブーストよりなフツーの3秒胴。
最軽量の割に、ぽっこり出た下っ腹には何が詰まっているのだろうか。

  • B.U.Z.-β
バランス型の3.5秒胴。
薄くなったセイバーⅠ型Rな印象。

  • B.U.Z.-γ
ゆとりブーストA+に、絶望的なSP供給率Eを併せ持つ。
ひたすらふわふわしたい貴方に。

B.U.Z.腕部

+B.U.Z.腕部一覧

  • B.U.Z.-α
腕部最軽量かつ武器変更A+。
主副連携重視の、中軽量蛇なんかが積んでることもある。
シュライクⅡ型よりも細く、一体何処に関節機構が入ってるのか心配になる。

  • B.U.Z.-β
リロード、武器変更共にB+というハイエンドパーツ。
似た性能のシュライクⅡ型やヤクシャ・改と比べて、リロードを重視したいならこれ。
SAだとみんなこれ積んでる時期さえあった位の人気。

  • B.U.Z.-γ
リロードがA-まで上昇。
E.D.G.-βと比べてリロードは少し落ちるが、反動吸収が割とマシになる上軽くなる。

B.U.Z.脚部

+B.U.Z.脚部一覧

  • B.U.Z.-α
シュライクⅡ型のホバー版。ふわっと開くエアブレーキがいとおかし。
通常移動A+によりぬるぬる動き、AC最速を叩きだす。
キメラに使うには重量耐性が足りない。

  • B.U.Z.-β
重量耐性強化型。
通常移動はB+に落ちたが、色々と積めるようになった。
キメラで実用的な装甲求めるならこれ。

  • B.U.Z.-γ
高速通常ともにA-のホバー最速脚部。
オルグレンやデネブラで、奇想天外ルートでコアを荒らしまくったのはコイツ。