8次車落成('76年度)


8次車の一覧

形式 車号 竣工日 除籍日 除籍後の処遇
組込先編成(括弧内は所属路線。貸出等は含めない)
デハ8500形 8518 1976.10.22 2008.06.26 PT.Kereta Apiへ譲渡
8618F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8519 1976.10.05 現役(8619F)
8619F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8520 1976.10.23 2019.04.16 解体
8620F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8521 1976.12.03 2020.02.13 解体
8621F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8522 1976.12.18 現役(8622F)
8622F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8523 1976.11.18 2020.03.12 解体
8623F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8524 1976.11.19 2009.03.18 長野電鉄へ譲渡(デハ8505)
8624F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8525 1976.12.29 2020.04.08 解体
8625F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8526 1976.12.30 緊急予備車
8626F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
デハ8600形 8618 1976.10.22 2008.06.26 PT.Kereta Apiへ譲渡
8618F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8619 1976.10.05 現役(8619F)
8619F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8620 1976.10.23 2019.05.09 解体
8620F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8621 1976.12.03 2020.03.03 解体
8621F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8622 1976.12.18 現役(8622F)
8622F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8623 1976.11.18 2020.04.03 解体
8623F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8624 1976.11.19 2009.03.18 長野電鉄へ譲渡(デハ8515)
8624F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8625 1976.12.29 2020.04.23 解体
8625F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8626 1976.12.30 緊急予備車
8626F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
デハ8700形 8725 1976.10.05 現役(8619F)
8619F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8726 1976.10.23 2004.01.12 解体
8620F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8727 1976.12.03 2020.03.03 解体
8621F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8728 1976.12.18 現役(8622F)
8622F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8729 1976.11.18 2020.04.03 解体
8623F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8730 1976.11.19 2009.03.18 長野電鉄へ譲渡(デハ8506)
8624F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8731 1976.12.29 2020.04.23 解体
8625F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8732 1976.12.30 緊急予備車
8626F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
デハ8800形 8817 1976.07.14 現役(8617F)
8009F(田園都市<東横貸出中>)→8033F(田園都市<東横貸出中>)→8617F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8818 1976.10.05 現役(8619F)
8619F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
8819 1976.12.03 2020.02.13 解体
8621F(田園都市→新玉川→田園都市・新玉川)
サハ8900形 8914 1976.07.09 現役(8614F)
8614F(田園都市→東横→田園都市・新玉川)
8915 1976.07.10 現役(8615F)
8615F(田園都市→田園都市・新玉川)
8916 1976.07.14 現役(8616F)
8616F(田園都市)→8626F(田園都市→新玉川)→8616F(新玉川→田園都市・新玉川)

解説

 8次車は、8500系が編成単位では9本新造された他、バラの中間車も新造され、8000系も含めた編成組換を実施した。

サハ8900形3両の新造と、8614F・8615F・8616F・8023Fの組換

 田園都市線所属で、オール電動車の5両編成を組成している8614Fと8615Fに、新造のサハ8900形を組み込んで6両編成化を実施した。6両編成化後は東横線へ貸し出された。また、オール電動車の6両編成を組成し、田園都市線所属ながら東横線へ貸出中の8616Fは、デハ8717号を新造のサハ8900形と差し替えて、8614F・8615Fと同じ5M1Tの6両編成を組成した。8616Fから抜き取られたデハ8717号は、田園都市線所属のまま東横線所属の8023F(5両編成)に組み込まれた。
  • 新編成
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
M2c M1 T M2 M1 M1c
8614F 8614 8714 8914 8814 8724 8514
8615F 8615 8715 8915 8815 8723 8515
8616F 8616 8716 8916 8816 8722 8516
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
Tc2 M1 M2 M1 M1 Tc1
8023F 8023 8123 8212 8124 8717 8024

デハ8817号の新造と8000系への組み込み

 8次車ではデハ8817号も製造され、田園都市線配置とされたが、暫定的に8000系に組み込まれて運用されることになった。組み込み先は当初8009F(5両編成)、その後8033Fに変更された。8033Fの2号車にはデハ8232号が組み込まれていたが、同車は8019Fへ組み込まれた。
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
Tc2 M2 M1 M2 M1 Tc1
8009F 8009 8817 8109 8205 8110 8010
8033F 8033 8133 8217 8134 8034
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
Tc2 M2 M1 M2 M1 Tc1
8019F 8019 8232 8119 8210 8120 8020

8500系8618F~8626F新造とそれに関連した編成組換の動き

 8次車では8618F~8626Fの9本が編成単位で落成した。中間には8000系8033F~8041Fを組み込むことになった。一連の動きは、1976年10月15日の田園都市線すずかけ台駅-つきみ野駅間延伸開業と、1977年4月7日の新玉川線開業に伴うものである。

8043Fの田園都市線復帰

 8043Fは8617Fの中間に組み込まれているが、8023Fのデハ8717号を組み込んだ5両編成として独立し、田園都市線へ返却されることになった。デハ8717号を供出した8023Fは元の5両編成に戻り、中間車を全て失った8617Fは、後述する編成組換の対象車となった。
  • 旧編成
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
M2c M1 Tc1 Tc2 M2 M1c
8617F 8617 8143 8044 8043 8222 8517
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
Tc2 M1 M2 M1 M1 Tc1
8023F 8023 8123 8212 8124 8717 8024
  • 新編成
編成 ←渋谷/大井町 桜木町/つきみ野→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車
Tc2 M1 M2 M1 Tc1
8023F 8023 8123 8212 8124 8024
8043F 8043 8143 8222 8717 8044

8614F・8615Fの田園都市線復帰と、新玉川線開業に備えた8616F~8626Fの組成

 8次車として編成単位で新造されたのは8618F~8626Fの9本である。これに先の組み換えで中間車を全て失った8617Fを加えた10編成には、8033F~8041F(いずれも6両編成)を3両ずつ組み込むことになった。しかし、8035Fのデハ8233号と8037Fのデハ8234号は、それぞれ8021Fと8023Fへ組み込まれたため、8619Fと8621Fにはデハ8233号とデハ8234号の代わりに新造のデハ8818号とデハ8819号を組み込んだ。新造された編成は、中間に8000系を組み込むため、デハ8600形、デハ8700形、デハ8500形の3両で(8619Fと8621Fはデハ8800形を加えた4両で)落成したが、田園都市線所属で東横線へ貸出中の8615F(6両編成)を5両編成に短縮して田園都市線の運用へ復帰させる際に編成から外されるデハ8700形のデハ8724号を組み込むため、8618Fはデハ8600形とデハ8500形の2両だけが新造された。8617Fにも同様に、8614Fから外されたデハ8723号が組み込まれた。
 ところが、新玉川線開業時に運転される祝賀列車の充当車両が当時一番新しい編成だった8626Fに決まると、中間に新車ではない8000系を3両組み込んでいることが問題視されることになった。このため、8626Fに組み込まれるはずであった元・8041Fのクハ8042号・デハ8221号・デハ8142号は、6両編成で唯一全車両が8500系に統一されていた8616Fに組み込まれ、同編成のサハ8916号・デハ8816号・デハ8722号を8626Fへ組み込むことになった。この組み換えは8626Fが竣工した当初より実施され、正規編成に戻されるのは新玉川線が開業し、祝賀列車が運転された後になった。
 なお、8000系の新玉川線乗入改造は、8033Fが1976年8月19日(当時組み込まれていたデハ8232号は東横線残留の為改造対象外)、8035Fが1976年9月19日(デハ8233号は東横線残留の為改造対象外)、8037Fが1976年11月6日(デハ8234号は東横線残留の為改造対象外)、8039Fが1976年5月31日、8041Fが1976年7月9日にそれぞれ施工されている。
  • 旧編成
編成 ←大井町 つきみ野→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車
Tc2 M1 M2 M1 Tc1
8021F 8021 8121 8211 8122 8022
8023F 8023 8123 8212 8124 8024
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
Tc2 M2 M1 M2 M1 Tc1
8033F 8033 8817 8133 8217 8134 8034
8035F 8035 8233 8135 8218 8136 8036
8037F 8037 8234 8137 8219 8138 8038
8039F 8039 8235 8139 8220 8140 8040
8041F 8041 8236 8141 8221 8142 8042
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
M2c M1 T M2 M1 M1c
8614F 8614 8714 8914 8814 8724 8514
8615F 8615 8715 8915 8815 8723 8515
8616F 8616 8716 8916 8816 8722 8516
8617F 8617 8517
  • 新編成
編成 ←大井町 つきみ野→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車
M2c M1 T M2 M1c
8614F 8614 8714 8914 8814 8514
8615F 8615 8715 8915 8815 8515
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
M2c M1 Tc2 M2 M1 M1c
8617F 8617 8723 8033 8817 8133 8517
8619F 8619 8725 8035 8818 8135 8519
8621F 8621 8727 8037 8819 8137 8521
8623F 8623 8729 8039 8235 8139 8523
8625F 8625 8731 8041 8236 8141 8525
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
M2c M1 Tc1 M2 M1 M1c
8618F 8618 8724 8034 8217 8134 8518
8620F 8620 8726 8036 8218 8136 8520
8622F 8622 8728 8038 8219 8138 8522
8624F 8624 8730 8040 8220 8140 8524
8616F 8616 8716 8042 8221 8142 8516
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
M2c M1 T M2 M1 M1c
8626F 8626 8732 8916 8816 8722 8526
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
Tc2 M2 M1 M2 M1 Tc1
8021F 8021 8233 8121 8211 8122 8022
8023F 8023 8234 8123 8212 8124 8024

新玉川線開業

 1977年4月7日に、新玉川線渋谷駅-二子玉川園駅間が開業すると、8500系の6両編成である8616F~8626Fは全て田園都市線と東横線から新玉川線へ転属した。
編成 ←渋谷 二子玉川園→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
M2c M1 M2 M1 M1c
8616F 8616 8716 8042 8221 8142 8516
8617F 8617 8723 8033 8817 8133 8517
8618F 8618 8724 8034 8217 8134 8518
8619F 8619 8725 8035 8818 8135 8519
8620F 8620 8726 8036 8218 8136 8520
8621F 8621 8727 8037 8819 8137 8521
8622F 8622 8728 8038 8219 8138 8522
8623F 8623 8729 8039 8235 8139 8523
8624F 8624 8730 8040 8220 8140 8524
8625F 8625 8731 8041 8236 8141 8525
8626F 8626 8732 8916 8816 8722 8526
※3号車は、8616F・8618F・8620F・8622F・8624FがTc1、8617F・8619F・8621F・8623F・8625FがTc2、8626FがT。

8616Fと8626Fの正規編成化

 8626Fが新玉川線開業祝賀列車としての役目を終えると、一時的に交換されていた両編成の3号車・4号車・5号車は本来の組成に戻された。
編成 ←渋谷 二子玉川園→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
M2c M1 T/Tc1 M2 M1 M1c
8616F 8616 8716 8916 8816 8722 8516
8626F 8626 8732 8042 8221 8142 8526