11-1次車落成('79年度)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


11-1次車の一覧

形式 車号 竣工日 除籍日 除籍後の処遇
組込先編成(括弧内は所属路線。貸出等は含めない)
デハ8100形 8152 1980.04.01 2004.03.23 解体
8033F(東横)
8153 1980.04.01 2005.10.06 伊豆急行へ譲渡(モハ8204)
8033F(東横)
8154 1980.02.16 2002.12.03 解体
8035F(東横)→8041F(東横)
8155 1980.02.16 2004.12.15 伊豆急行へ譲渡(クモハ8151)
8035F(東横)
デハ8200形 8240 1980.04.01 2004.03.23 解体
8033F(東横)
8241 1980.02.16 2004.03.23 解体
8035F(東横)
デハ8800形 8838 1980.03.05 2020.07.16 解体
8614F(田園都市・新玉川)
8839 1980.03.09 2006.07.31 解体
8627F(田園都市・新玉川)
8840 1980.03.07 2006.02.17 解体
8628F(田園都市・新玉川)
サハ8900形 8934 1980.02.21 現役(8617F)
8617F(田園都市・新玉川)
8935 1980.03.26 2008.06.26 PT.Kereta Apiへ譲渡
8618F(田園都市・新玉川)
8936 1980.02.04 現役(8619F)
8619F(田園都市・新玉川)
8937 1980.02.05 2019.05.10 解体
8620F(田園都市・新玉川)
8938 1980.03.05 2020.07.03 解体
8614F(田園都市・新玉川)
8939 1980.03.09 2020.12.18 解体
8627F(田園都市・新玉川)
8940 1980.03.07 現役(8628F)
8628F(田園都市・新玉川)

解説

8033F・8035Fの復活

 11-1次車では編成単位での新造は行われなかったが、田園都市・新玉川線所属の8500系の中間に組み込まれているクハ8000形を新造のサハ8900形で置き換えることで、8000系が2編成増加(復活)した。
 新造されたサハ8900形は8617F~8620Fに組み込まれて、同編成からクハ8033号~8036号を抜き取った。これに新造の8000系中間車を組み込んで5両編成2本を組成し、東横線に配置した。
  • 旧編成
編成 ←渋谷 つきみ野→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
M2c M1 Tc2/Tc1 M2 M1 M1c
8617F 8617 8723 8033 8817 8133 8517
8618F 8618 8724 8034 8217 8134 8518
8619F 8619 8725 8035 8818 8135 8519
8620F 8620 8726 8036 8218 8136 8520
  • 新編成
編成 ←渋谷 つきみ野→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
M2c M1 T M2 M1 M1c
8617F 8617 8723 8934 8817 8133 8517
8618F 8618 8724 8935 8217 8134 8518
8619F 8619 8725 8936 8818 8135 8519
8620F 8620 8726 8937 8218 8136 8520
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車
Tc2 M1 M2 M1 Tc1
8033F 8033 8152 8240 8153 8034
8035F 8035 8154 8241 8155 8036

8614F・8627F・8628Fが8両編成化

 田園都市・新玉川線の輸送力増強を目的として、8614F・8627F・8628F(全て6両編成)に11-1次車で新造された中間車を組み込み、8両編成化を実施した。
編成 ←渋谷 つきみ野→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車
M2c M1 T M2 M1 T M2 M1c
8614F 8614 8714 8914 8838 8738 8938 8814 8514
8627F 8627 8733 8917 8839 8734 8939 8820 8527
8628F 8628 8739 8918 8840 8740 8940 8821 8528

最終更新:2021年03月15日 15:04