9-2次車落成('77年度)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


9-2次車の一覧

形式 車号 竣工日 除籍日 除籍後の処遇
組込先編成(括弧内は所属路線。貸出等は含めない)
デハ8500形 8528 1978.05.30 現役(8628F)
8628F(新玉川→田園都市・新玉川)
8529 1978.06.21 現役(8629F)
8629F(新玉川→田園都市・新玉川)
デハ8600形 8628 1978.05.30 現役(8628F)
8628F(新玉川→田園都市・新玉川)
8629 1978.06.21 現役(8629F)
8629F(新玉川→田園都市・新玉川)
デハ8700形 8739 1978.05.30 現役(8628F)
8628F(新玉川→田園都市・新玉川)
8740 1978.05.30 2006.02.17 解体
8628F(新玉川→田園都市・新玉川)
8741 1978.06.21 現役(8629F)
8629F(新玉川→田園都市・新玉川)
8742 1978.06.21 現役(8629F)
8629F(新玉川→田園都市・新玉川)
デハ8800形 8821 1978.05.30 現役(8628F)
8628F(新玉川→田園都市・新玉川)
8822 1978.06.21 現役(8629F)
8629F(新玉川→田園都市・新玉川)
サハ8900形 8918 1978.05.30 現役(8628F)
8628F(新玉川→田園都市・新玉川)
8919 1978.06.21 現役(8629F)
8629F(新玉川→田園都市・新玉川)

解説

 9-2次車は、8500系が6両編成2本新造された。

8628F・8629F落成

 1978年8月1日に営団地下鉄半蔵門線渋谷駅-青山一丁目駅間が開業し、新玉川線との相互直通運転を開始した。当時、営団地下鉄は半蔵門線が短距離の路線であることと、自社の車両基地を確保していなかったため、東急電鉄から車両を借り受けることになった。この時、東急電鉄は営団地下鉄への貸し出し用として、8500系を2編成増備した。半蔵門線開業当初は、この2編成と、8626Fの計3本が貸し出された。営団地下鉄への貸し出しは、営団8000系電車が登場するまで続けられた。
編成 ←渋谷 つきみ野→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
M2c M1 T M2 M1 M1c
8628F 8628 8739 8918 8821 8740 8528
8629F 8629 8741 8919 8822 8742 8529

8009Fが転属

 田園都市線所属の8009F(5両編成)が、東横線へ転属した。
編成 ←渋谷 →桜木町
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車
Tc2 M1 M2 M1 Tc1
8009F 8009 8109 8205 8110 8010

最終更新:2019年02月23日 01:51