17-2次車落成('85年度)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


17-2次車の一覧

形式 車号 竣工日 除籍日 除籍後の処遇
組込先編成(括弧内は所属路線。貸出等は含めない)
デハ8500形 8535 1986.01.28 現役(8635F)
8635F(田園都市・新玉川)
8536 1986.02.07 現役(8636F)
8636F(田園都市・新玉川)
デハ8600形 8635 1986.01.28 現役(8635F)
8635F(田園都市・新玉川)
8636 1986.02.07 現役(8636F)
8636F(田園都市・新玉川)
デハ8700形 8779 1985.12.21 現役(8617F)
8617F(田園都市・新玉川)
8780 1986.01.10 2008.08.25 解体
8618F(田園都市・新玉川)
8781 1985.12.27 現役(8619F)
8619F(田園都市・新玉川)
8782 1986.01.18 2019.04.25 解体
8620F(田園都市・新玉川)
8783 1986.01.28 現役(8635F)
8635F(田園都市・新玉川)
8784 1986.01.28 現役(8635F)
8635F(田園都市・新玉川)
8785 1986.01.28 現役(8635F)
8635F(田園都市・新玉川)
8786 1986.02.07 現役(8636F)
8636F(田園都市・新玉川)
8787 1986.02.07 現役(8636F)
8636F(田園都市・新玉川)
8788 1986.02.07 現役(8636F)
8636F(田園都市・新玉川)
8789 1986.03.08 現役(8634F)
8634F(田園都市・新玉川)
8790 1986.03.08 現役(8634F)
8634F(田園都市・新玉川)
デハ8000形 8888 1986.01.28 現役(8635F)
8635F(田園都市・新玉川)
8889 1986.01.28 現役(8635F)
8635F(田園都市・新玉川)
8890 1986.01.28 現役(8635F)
8635F(田園都市・新玉川)
8891 1986.02.07 現役(8636F)
8636F(田園都市・新玉川)
8892 1986.02.07 現役(8636F)
8636F(田園都市・新玉川)
8893 1986.02.07 現役(8636F)
8636F(田園都市・新玉川)
8894 1986.03.08 現役(8634F)
8634F(田園都市・新玉川)
サハ8900形 8969 1986.01.28 現役(8635F)
8635F(田園都市・新玉川)
8970 1986.01.28 現役(8635F)
8635F(田園都市・新玉川)
8971 1986.02.07 現役(8636F)
8636F(田園都市・新玉川)
8972 1986.02.07 現役(8636F)
8636F(田園都市・新玉川)

解説

サハ8300形の電装化改造を実施

 8000系電車で8両編成を組成する場合、かつてはクハ8000形1組(2両)、デハ8100形とデハ8200形の電動車ユニットを2組(4両)、サハ8300形とデハ8400形を1両ずつの5M3Tとしていたが、電動車比率を6M2Tに高めることが決まった。この結果、両先頭車がクハ8000形のため必然的に中間車は全て電動車である必要が生じたことから、8両が在籍していたサハ8300形は全て電動車化されることになった。電装化にあたっては、付随車のためパンタグラフが無いことと、パンタグラフのある1M車のデハ8400形がやはりパンタグラフのあるデハ8100形に改造されていることから、パンタグラフのないデハ8200形へ改造されることになり、既存車両の続番のデハ8257~8264に改番された。ただし、この時点でサハ8300形の組み込まれている編成は全て7両編成であるため、改造後もデハ8100形とユニットを組むことは出来ず、付随車代用として使用された。
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車
Tc2 M2 M1 M2 M2 M1 Tc1
8009F 8009 8242 8109 8257 8205 8110 8010
8033F 8033 8243 8152 8258 8240 8153 8034
8021F 8021 8233 8121 8259 8211 8122 8022
8007F 8007 8245 8107 8260 8204 8108 8008
8037F 8037 8246 8156 8261 8247 8157 8038
8023F 8023 8234 8123 8262 8212 8124 8024
8025F 8025 8237 8125 8263 8213 8126 8026
8027F 8027 8254 8127 8264 8214 8128 8028

8617F~8620Fの編成組換と8011F~8017Fの8両編成化

 東横線所属の7両編成である8011F~8017Fを8両編成化するため、17-2次車ではM1車がバラで4両新造された。これにあたっては、8000系のデハ8100形ではなく8500系のデハ8700を新造して8500系の8617F~8620Fに組み込まれているデハ8100形を置き換え、これを8011F~8017Fに組み込む形を採った。8011F~8017Fにはユニットを組んでいないデハ8200形(付随車代用)が組み込まれており、この車両とユニットを組むことで6M2Tの8両編成を組成した。
  • 旧編成
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車
Tc2 M2 M1 M2 M2 M1 Tc1
8011F 8011 8227 8111 8220 8206 8112 8012
8013F 8013 8228 8113 8221 8207 8114 8014
8015F 8015 8229 8115 8222 8208 8116 8016
8017F 8017 8230 8117 8235 8209 8118 8018
編成 ←渋谷 中央林間→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車 9号車 10号車
M2c M1 T M2 M1 M2 M1 T M2 M1c
8617F 8617 8723 8934 8854 8752 8845 8133 8953 8817 8517
8618F 8618 8724 8935 8855 8753 8846 8134 8954 8217 8518
8619F 8619 8725 8936 8856 8754 8847 8135 8955 8818 8519
8620F 8620 8726 8937 8857 8755 8848 8136 8956 8218 8520
  • 新編成
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車
Tc2 M2 M1 M2 M1 M2 M1 Tc1
8011F 8011 8227 8111 8220 8133 8206 8112 8012
8013F 8013 8228 8113 8221 8134 8207 8114 8014
8015F 8015 8229 8115 8222 8135 8208 8116 8016
8017F 8017 8230 8117 8235 8136 8209 8118 8018
編成 ←渋谷 中央林間→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車 9号車 10号車
M2c M1 T M2 M1 M2 M1 T M2 M1c
8617F 8617 8723 8934 8854 8752 8845 8779 8953 8817 8517
8618F 8618 8724 8935 8855 8753 8846 8780 8954 8217 8518
8619F 8619 8725 8936 8856 8754 8847 8781 8955 8818 8519
8620F 8620 8726 8937 8857 8755 8848 8782 8956 8218 8520

8635F・8636Fが登場

 17-2次車では8500系2本が編成単位で新造され、田園都市・新玉川線に8635Fと8636Fが10両編成で投入された。
編成 ←渋谷 中央林間→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車 9号車 10号車
M2c M1 T M2 M1 M2 M1 T M2 M1c
8635F 8635 8783 8969 8888 8784 8889 8785 8970 8890 8535
8636F 8636 8786 8971 8891 8787 8892 8788 8972 8893 8536

8609F~8611Fが田園都市・新玉川線から東横線へ転属

 田園都市・新玉川線所属の8609F~8611F(8両編成)が、17-2次車の導入に伴って東横線へ転属した。8609Fと8611Fは8635Fと8636Fの新造による玉突き転配、8610Fは後述の8634Fとトレードする形でそれぞれ東横線所属となった。
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車
M2c M1 T M2 M1 T M2 M1c
8609F 8609 8709 8950 8830 8745 8926 8809 8509
8610F 8610 8710 8951 8831 8746 8927 8810 8510
8611F 8611 8711 8911 8832 8735 8928 8811 8511

8634Fが10両編成化して田園都市・新玉川線へ転属

 8610F(8両編成)とトレードする形で、東横線所属の8634F(7両編成)が1986年3月2日付で田園都市・新玉川線へ転属した。転属後、17-2次車で新造された中間車3両を組み込み10両編成化した。
編成 ←渋谷 中央林間→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車 9号車 10号車
M2c M1 T M2 M1 M2 M1 T M2 M1c
8634F 8634 8778 8967 8894 8789 8886 8790 8968 8887 8534

8005Fの大井町線転属と8019F・8029Fの8両編成化

 東横線所属の8005F(7両編成)が、1986年3月29日付で大井町線に転属した。大井町線では5両で運用されることになるため中間車2両(デハ8219・デハ8138)が外されることになり、デハ8100形とユニットを組んでいないデハ8200形(付随車代用)がある8019F(7両編成)と、デハ8200形とユニットを組んでいないデハ8100形がある8029F(7両編成)を8両編成化した。
  • 旧編成
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車
Tc2 M1 M2 M1 M2 M1 Tc1
8005F 8005 8105 8219 8138 8203 8106 8006
8029F 8029 8162 8255 8129 8215 8130 8029
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車
Tc2 M2 M1 M2 M2 M1 Tc1
8019F 8019 8232 8119 8236 8210 8120 8020
  • 新編成
編成 ←大井町 二子玉川園→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車
Tc2 M1 M2 M1 Tc1
8005F 8005 8105 8203 8106 8006
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車
Tc2 M2 M1 M2 M1 M2 M1 Tc1
8019F 8019 8232 8119 8236 8138 8210 8120 8020
8029F 8029 8255 8129 8219 8162 8215 8130 8029

最終更新:2019年06月22日 23:29