13次車落成('81年度)


13次車の一覧

形式 車号 竣工日 除籍日 除籍後の処遇
組込先編成(括弧内は所属路線。貸出等は含めない)
サハ8200形 8252 1982.03.17 2004.05.14 解体
8043F(東横)
8253 1982.03.17 2004.05.14 解体
8043F(東横)
サハ8300形 8306 1982.03.17 2005.05.24 解体
8043F(東横)→8023F(東横) ※改造:デハ8262(1985年7月6日付)
8307 1982.03.17 2005.11.21 PT.Kereta Apiへ譲渡
8045F(東横)→8025F(東横) ※改造:デハ8263(1985年6月9日付)
8308 1982.03.31 2003.08.01 解体
8047F(東横)→8027F(東横) ※改造:デハ8264(1985年8月2日付)
デハ8400形 8401 1982.03.31 2004.03.23 解体
8033F(東横)→8029F(東横) ※改造:デハ8162(1984年8月28日付)
8402 1982.03.31 2004.03.23 解体
8035F(東横) ※改造:デハ8163(1984年8月17日付)
8403 1982.03.31 2007.08.31 PT.Kereta Apiへ譲渡
8039F(東横) ※改造:デハ8164(1984年11月5日付)
8404 1982.03.31 2004.03.23 解体
8041F(東横)→8033F(東横) ※改造:デハ8165(1984年8月17日付)
8405 1982.03.31 2004.03.23 解体
8043F(東横)→8037F(東横) ※改造:デハ8166(1984年7月20日付)
8406 1982.03.31 2003.08.01 解体
8045F(東横→大井町) ※改造:デハ8167(1985年5月30日付)
8407 1982.03.31 2003.02.26 解体
8047F(東横→大井町) ※改造:デハ8168(1985年6月5日付)
8408 1982.02.11 2008.05.19 解体
8049F(大井町)→8005F(大井町)
8409 1982.03.07 2008.05.19 解体
8051F(大井町)→8001F(大井町)
デハ8800形 8841 1981.12.20 2009.03.18 長野電鉄へ譲渡(デハ8516)
8624F(田園都市・新玉川)
8842 1981.12.16 2020.04.14 解体
8625F(田園都市・新玉川)
8843 1982.01.20 現役(8626F)
8626F(田園都市・新玉川)
サハ8900形 8947 1982.01.26 現役(8606F)
8606F(田園都市・新玉川)
8948 1982.02.05 2007.06.14 PT.Kereta Apiへ譲渡
8607F(田園都市・新玉川→東横→田園都市・新玉川)
8949 1981.12.02 2006.06.30 PT.Kereta Apiへ譲渡
8608F(田園都市・新玉川→東横→田園都市・新玉川)
8950 1981.11.26 2008.12.11 秩父鉄道へ譲渡(サハ7101)
8609F(田園都市・新玉川→東横→田園都市・新玉川)
8951 1981.12.25 2007.08.21 PT.Kereta Apiへ譲渡
8610F(田園都市・新玉川→東横→田園都市・新玉川)
クハ8090形 8093 1982.02.19 2011.09.27 秩父鉄道へ譲渡(デハ7504)
8093F(東横→大井町)
8094 1982.02.19 2011.09.27 秩父鉄道へ譲渡(クハ7704)
8093F(東横→大井町)
8095 1982.03.31 2012.01.24 秩父鉄道へ譲渡(デハ7506)
8095F(東横→大井町)
8096 1982.03.31 2012.01.24 秩父鉄道へ譲渡(クハ7706)
8095F(東横→大井町)
デハ8190形 8193 1982.02.19 2015.07.17 解体
8093F(東横)→8691F(東横→大井町)
8194 1982.02.19 2011.09.27 秩父鉄道へ譲渡(デハ7604)
8093F(東横→大井町)
8195 1982.03.31 2019.03.08 解体
8095F(東横)→8692F(東横)→8694F(田園都市)
8196 1982.03.31 2012.01.24 秩父鉄道へ譲渡(デハ7606)
8095F(東横→大井町)
デハ8290形 8293 1982.02.19 2014.06.10 解体
8093F(東横)→8691F(東横→大井町)
8294 1982.02.19 2010.11.09 解体
8093F(東横→大井町)
8295 1982.03.31 2019.03.08 解体
8095F(東横)→8692F(東横)→8694F(田園都市)
8296 1982.03.31 2011.10.13 解体
8095F(東横→大井町)
サハ8390形 8392 1982.02.19 2014.06.10 解体
8093F(東横)→8691F(東横→大井町)
8393 1982.03.31 2007.03.26 解体
8095F(東横)→8692F(東横)→緊急予備車(大井町)
デハ8490形 8492 1982.02.19 2010.11.09 解体
8093F(東横→大井町)
8493 1982.03.31 2011.10.13 解体
8095F(東横→大井町)

解説

8500系6次車サハ組み換え

 サハ8900形は6次車(サハ8901~8910)と7-2次車以降(サハ8911~)で搭載している静止型インバータが変更されている(7-1次車ではサハ8900形は製造されなかった)。このため、6次車のサハ8900形と7-2次車以降のサハ8900形が編成内で混結されないよう、8606F~8610Fに組み込まれているサハ8606~8610を13次車として新造されたサハ8947~8951と差し替えて、サハ8606~8610は、サハ8601~8605が組み込まれている8601F~8605Fに組み込んだ。これにより、8601F~8605Fに組み込まれていたクハ8043・8044・サハ8920~8922が編成から外された。
  • 旧編成
編成 ←渋谷 つきみ野→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車
M2c M1 T M2 M1 M2 M1c
8601F 8601 8701 8901 8823 8143 8043 8801 8501
8602F 8602 8702 8902 8222 8717 8044 8802 8502
8603F 8603 8703 8903 8824 8718 8920 8803 8503
8604F 8604 8704 8904 8825 8719 8921 8804 8504
8605F 8605 8705 8905 8826 8720 8922 8805 8505
8606F 8606 8706 8906 8827 8721 8923 8806 8506
8607F 8607 8707 8907 8828 8743 8924 8807 8507
8608F 8608 8708 8908 8829 8744 8925 8808 8508
8609F 8609 8709 8909 8830 8745 8926 8809 8509
8610F 8610 8710 8910 8831 8746 8927 8810 8510
※6号車は、8601FがTc2、8602FがTc1、8603F~8610FがT。
  • 新編成
編成 ←渋谷 つきみ野→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車
M2c M1 T M2 M1 T M2 M1c
8601F 8601 8701 8901 8823 8143 8906 8801 8501
8602F 8602 8702 8902 8222 8717 8907 8802 8502
8603F 8603 8703 8903 8824 8718 8908 8803 8503
8604F 8604 8704 8904 8825 8719 8909 8804 8504
8605F 8605 8705 8905 8826 8720 8910 8805 8505
8606F 8606 8706 8947 8827 8721 8923 8806 8506
8607F 8607 8707 8948 8828 8743 8924 8807 8507
8608F 8608 8708 8949 8829 8744 8925 8808 8508
8609F 8609 8709 8950 8830 8745 8926 8809 8509
8610F 8610 8710 8951 8831 8746 8927 8810 8510

8624F~8626Fを8両編成化

 田園都市・新玉川線所属の6両編成である8624F~8626Fを、輸送力増強のため8両編成化した。増結する車両には、13次車として新造されたデハ8841~8843と、先述した組み換えで余剰となったサハ8920~8922を使用した。
編成 ←渋谷 つきみ野→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車
M2c M1 T M2 M1 T M2 M1c
8624F 8624 8730 8944 8841 8140 8920 8220 8524
8625F 8625 8731 8945 8842 8141 8921 8236 8525
8626F 8626 8732 8946 8843 8142 8922 8221 8526

8000系に初の8両編成が登場、8000系シリーズで初の1M車も登場

 東横線の輸送力増強のため、8000系シリーズの8両編成が7本登場した。当時、8両編成は急行列車に限定して充当されていた。
 8両編成になった8000系は、7両編成だった8033Fと8035F、6両編成だった8045Fと8047F、復活した8043Fの5本である。これにより7両編成の配置数が2本減るため、6両編成の8039Fと8041Fを7両編成化した。この7編成には、新登場となる1M車のデハ8400形が組み込まれ、6両編成から8両編成になった8045Fと8047Fにはサハ8300形も組み込まれた。復活した8043Fには中間車が無いため、デハ8100形とデハ8200形を2両ずつ用意する必要があったが、このうちデハ8100形については、大井町線所属の8000系にデハ8200形とユニットを組んでいないデハ8100形があるため、このうち2両を1M車のデハ8400形と交換し、抜き取られたデハ8100形が組み込まれた。なお、従来は軽量ステンレス試作車にデハ8400形(デハ8401・デハ8402)が付番されていたが、デハ8200形に編入された上で80番台に区分し、デハ8281・デハ8282に改番された(改番は2両とも1981年8月22日付)。
 さらに、8090系も8両編成2本が編成単位で新造された。こちらも初めての8両編成登場となり、1M車のデハ8490形が製造された。将来8091Fを8両編成化することも想定し、デハ8491は欠番とされた。
  • 旧編成
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車
Tc2 M2 M1 T M2 M1 Tc1
8033F 8033 8243 8152 8302 8240 8153 8034
8035F 8035 8244 8154 8303 8241 8155 8036
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
Tc2 M2 M1 M2 M1 Tc1
8039F 8039 8248 8158 8249 8159 8040
8041F 8041 8250 8160 8251 8161 8042
8043F 8043 田園都市・新玉川線から復帰 8044
8045F 8045 8238 8148 8223 8144 8046
8047F 8047 8239 8149 8224 8145 8048
編成 ←大井町 二子玉川園→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車
Tc2 M1 M2 M1 Tc1
8049F 8049 8150 8225 8146 8050
8051F 8051 8151 8226 8147 8052
  • 新編成
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車
Tc2 M M2 M1 T M2 M1 Tc1
8033F 8033 8401 8243 8152 8302 8240 8153 8034
8035F 8035 8402 8244 8154 8303 8241 8155 8036
8043F 8043 8405 8252 8150 8306 8253 8151 8044
8045F 8045 8406 8238 8148 8307 8223 8144 8046
8047F 8047 8407 8239 8149 8308 8224 8145 8048
8093F 8093 8492 8293 8193 8392 8294 8194 8094
8095F 8095 8493 8295 8195 8393 8296 8196 8096
編成 ←渋谷 桜木町→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車
Tc2 M M2 M1 M2 M1 Tc1
8039F 8039 8403 8248 8158 8249 8159 8040
8041F 8041 8404 8250 8160 8251 8161 8042
編成 ←大井町 二子玉川園→
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車
Tc2 M M2 M1 Tc1
8049F 8049 8408 8225 8146 8050
8051F 8051 8409 8226 8147 8052