泣いた赤鬼

最終更新:

3000aa

- view
だれでも歓迎! 編集

 1


むかしむかし、京のみやこの近くに
尾張の山奥から一人の赤鬼が将軍さまを奉じて 移り住んできたときのことです

                                   \ | /    
  ⊂⌒⊃        ⊂⌒⊃               ―‐ ● ―‐  ⊂⊃
         ⊂⊃                            / | \         ⊂⊃
                       ●
                      ,、|=|,、
                      ミ  _、ミ  ~ ♪
     (__)               (   ,_ノ)
   /llllllllllll\          )、_/^ ヽv)、
     |_ロ_ロ_|        〈       フっ
   /lllllllllllllllll\        \,,___/,' '''ー- ,,                , -─- ,
.   |_ロ__ロ__ロ_|          rゝ__,ノl   ,__ミミミミ∧彡        /      \
   lXXXXXXl =彡彡ミ'´ ̄`|     ,イー'´::::::ゝ  ・ \   /~~~~\     \
    l><><><><l;;    |:::::::::::: ヽ、__ノ、      _,r`ー-(_)./      \ 林林林
w,,vjj从wⅦ彡乂Wv_,v,,ゞ :::::::::::::::   ゝ‐':::   く´ソMwvvjj,,_从wⅦ彡乂vv,_wwv,,vv,,
";;;"'";;;"';;,;'';;"''"'";;;"';;;'_l   ノ 、ー――-、    `ー、″;;;″';;″;;;"'″;;';;,;'';;″'''";;″';;;'    
. __            {  〃┘ /      > 〉`7 /      ──         =
    ─―: 二二  ─| /ー‐'゙    ┌‐'  / く__/  ポッコ ポッコ …  __
              |___>       ゙ー‐'
─― -    __      ̄ ―     ―__―      ̄ ̄  ――   ̄― ニ __

 2



赤鬼は近くに住んでいる人間たちと仲良くしたいと考えて、
自分の家の前に、
「心のやさしい鬼のおウチです。どなたでもおいでください。
 おいしいお菓子がございます。お茶も沸かしてございます。」
.と書いた、立て札を立てました。

.                     ●     
.                   ,、|=|,、    
                   ミ. _、_ミ      ♪          __
                   ( ,_ノ` )   ♪              |  |
                  _rー^、ヽl ト、         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
              rー'    `〇〇          | 矢 銭 徴 収      |
          ((   \, ゝ__,_l_l     ))     |                  |
                r‐ゝ__ ,ハ)           |    足 軽 徴 兵   |
             r‐l         ゙i          |_________|
             し'i___/   |                |  |
   赤鬼.ほか         \__ノ                   |  |
   異名 多数 →        ヽ_)       ,_从wⅦ彡乂vv,_从wⅦ彡乂vv从wⅦ_、、

 3


けれども、人間たちは疑って、誰一人遊びにきません。
町の人たちはみんな、
赤鬼くんの傲慢で身勝手で苛烈で残忍な性格のことを知っていたからです

                 l===================l
                 | l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l |
               /| l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l |\
             /l l.| l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l |.l l.\
             ====|^l|[ lニニニニニニニニニニニニニニニニニl.]| |====
                |il |      | |;;;l;;;l;;.l;; ;l; ;l;;;l;;;l ;l;;;l;;;l;;;l;;;| | __,,, |il |
                |il |      | |;;;l;;;l;;.l;; ;l; ;l;;;l;;;l ;l;;;l;;;l;;;l;;;| | |:赤 || |il |
                |il |      | |;;;l;;;l;;.l;; ;l; @=@ ;l;;;l;;;l;;;l;;;| | |:鬼 || |il |
                |il |      | |;;;l;;;l;;.l;; ;l; ;l;;;l;;;l ;l;;;l;;;l;;;l;;;| | |:宅 || |il |
.           ●      |il |    __| |;;;l;;;l;;.l;; ;l; ;l;;;l;;;l ;l;;;l;;;l;;;l;;;| |_.. ̄~~ |il |   
v,| | | | | | |乂 ,、|=|,、 wv从干干干干|_|三三三三三三三三三三三|_|干干干干Mwvvjj,,_从wⅦ
 | | | | | | |  ミ    ミ      
 | | | | | | | (三   )                      ミ ャ ー           ミ ャ ー 
 | | | | | |  .,r'~ ̄~ゝ    ;           ∧∧             ∧∧   
 | | | | | ,_ノ     ト            (゚Д゚,,) ̄ ̄ ~       (゚Д゚,,) ̄ ̄ ~    
 | | | | | ヽ     ィ_~〉             U U  ̄UU         U U  ̄UU
 | | | | | ("`ーー~´゙⌒)
 | | | | | `────‐~

 4


赤鬼くんは ふかく悲しみ、町の人に信用してもらえないことをくやしがり、
しまいには 腹を立てて、せっかく 作った 立て札までをも 引き抜いてしまいました。


                     ∵    \∧∧∧∧∧∧/    kj
         __                  <::::::::::::>        ∵
   [ 三 ]/::::\       rッ      /\  <::&::::::::>三}
    |:::/::::::::::::::::\          /    \,<:::::::∬ ※> ̄'  .
   /::::::::::::::::::::::::::::\       く       \∨∨∨∨∨∨\      。         
 /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\     . \       \~`ミ. _、,_ミ´ ̄〉  <j         ┃   ┃┃┃
   |    □ □     |        <\      / (# Д ) ノ            ┃   . ┃
   |    □ □     |          ゙'^\ /  〉  \l ゝ/                ┛    ┗
  ][][][]______|_             `'   ./   | @/l,'       
'""'' _||_          _||_└i'             ノ.    |   ⌒ヽ           ━╋━
                           ヽ___ノ ゙___,ゝ        ━╋━
                            /       |_(               ┃       ・・/ 

 5


そんなある日のこと、先年、赤鬼くんに服従を誓って
おともだちになったばかりの青鬼くんが訪ねて参りました。


" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ヾ,                       ((              ))    
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ                       , ヘ二二二二二二二二二ヽ    
" ;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ ""                     //^ヽ7777777777777 ヽ  
ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ "                        // 二 ヽ7777777777777ヽ  
゛ ヾ;i;;ii ;iiメソ ヾ; ;ゞ "                           /, || 二 ||ヽ=========ヽ
 ""|l!|| ll|ソ  ""                           .|| 二 ||      │ ̄│     ||. 
   li(~):|l|   ヒャ ー‐ !!           ,イ ,イ             .|| 二 ||      │_│     ||:.: 
   |:l||l |l|   オヨビダシ ダ    モミモミモミ    っ         .|| 二 巾=========巾.
   |ill|| lll               青青青青 っ   っ .≡=- .|| 二 |:| 〒│〒│〒│〒│〒|:| 
i.从 llil|l l!| ,,j,ii,.,wvv,,. iiwji.从 (^ー^,,ぅ)   っ ≡=- ,,j,ii,.,wvv,,∧.イⅦ彡乂vviiwji.从 ijjiwijjトMiiwj 
、.,.ノiiノ:l|| !ヽ、.,.,,  イソゲ イソゲ └(〓 )┐   っ ≡=-
 "" ^~"" ^~ " "           < └     ≡=-
                       ↑ 丹波の青鬼

wvv,,∧.イⅦ彡乂vviiwji.从 ijjiwijjトMiiwj wvv,,∧.イⅦ彡乂vviiwji.从 ijjiwijjトMiiwj wvv,,∧.イⅦ彡乂vvii

 6


   |__|__|__|__||__|__|__|__||__|__|__|__||‐||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||__|__|__|_
   |__|__|__|__||__|__|__|__||__|__|__|__||‐||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||__|__|__|_
   |__|__|__|__||__|__|__|__||__|__|__|__||‐||:::::::::::: ,i.  l、:::::::::::::::::||__|__|__|_
   |__|__|__|__||__|__|__|__||__|__|__|__||‐||___,モミモミモミ、____||__|__|__|_
.              ||            ||            ||゙;||///青青青青///(::::::)
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;||;;;;;;;;;;;;● ;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||三三 (+Д+,,ぅ)三 ゼイハア;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
               ,、|=|,、              (:::)    ノノ )     ゼイハア
               ミ  _、ミ                   く く   (:::)
              (    ) ー 3
               ,r' ,へ  
.              /     ヽ_ 
.     / ̄ ̄ ̄ ̄ト-'゙    ト、_/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/'l       
    /       ゝ,___,ィ'__〉   ┳┳   / /
.   /     彡※ ※ ※ ※ ※ミ       ./ /

 7


青鬼くんは、わけを聞いて、
赤鬼くんのために次のようなことを考えてやりました。

__________________________________
_|_|_|_|_||_|_|_|_|_|_|_||_|_|_|_|_|_|_||_|_|_|_|_|_|_||
_|_|_|_|_||_|_|_|_|_|_|_||_|_|_|_|_|_|_||_|_|_|_|_|_|_||
_|_|_|_|_||_|_●_l_|_|_|_||_|_|_|_|_|_|_||_|_|_|_|_|_|_||
_|_|_|_|_||_|_,、|=|,、___|_|_|_||_|_|_|_|_|_|_||_|_|_|_|_|_|_||
            ||.  ミ. _、,_ミ       ||              ||              || 
            ||. (  Д)       .||              ||              || 
            || ,r'^ ヽヽl ゝ、_,     .||            ,i.  l、               || 
,_______/  ∩@ ト、 __ゝ___||_┏━┓__モミモミモミ、_________.||
         ゝ,_(ヲdィ´ ̄し'         ┏┛   青青青青  
     ((    ノ   ,r'    /        ロ    (^ー^,,ぅ)  ナンデショ?
         7ー‐'  、__ノ                ,(〓 )、    
         <__/ ソ__^)                 」 .」   

 8


「 青鬼くんが人間の村へ出かけて大暴れをする。
 そこへ赤鬼くんが出てきて、青鬼くんをこらしめる。
 そうすれば、人間たちにも、赤鬼くんがやさしい鬼だということがわかるだろう。」
──────────────┐   ,r─────────────────
                     │ /           ・
                     |/      >  ,ヘノ
                      ~         
.                  ●       ∧ ∧   ギギギギギ…
                  ,、|=|,、    r'青青青○ ; :
.                ミ. _、,_ミ   ○+ぅノリナリ0 : ;  ー´ ̄ ‘
        デ、アルナ? (# Д )_,´ `,イ〓)、: ; : : 
               ,rへ\l ゝ  _ノく く ; : ; :  ぶくぶくぶく
             /   | @/ r─'゙              .
            ノ.    |   ⌒ヽ〃  <   >  \,ヘ,_ノ
            ヽ__ノ ゙___ゝ.  ノ   ゝ
             /       |_(

 9


計画は成功しました。
但馬の国を襲った 青鬼くんと その仲間の鬼たちを
赤鬼くんは軍隊を率いて、ことごとく 討ち滅ぼしたのです。

           ●                                  ワ ー ッ
          ,、|=|,、                                      A  A           l  l  ギャ ーッ
          ミ. _、,_ミ            ヽノしl、/   パン!       ー c    荒木荒木  c    ,モミモミモミ
          (  ,Д )__,,___,_____ ∴て              c   (^^)ぃ @ @ G     青青青青
      )、_,r^ ヽv)゙ぅァ━ソ-━' ̄ ̄ ̄ ̄    <~             =  c ヽ ヽWWW)ノ     \(c;^ー^)ノ
      \,  、   _ソ             ^~゙ `     パン!       A  Aゝ,,  ・ x ・)  c    ' ( 〓)
      r―ゝ__ ,ハ          /成ヽ              c ‐.  赤赤赤赤|〓〓〓〓|      ミ6二。三゚0彡
     イ     、   ヽ       (,,  ∀)__,,___, ヽノし  c = ,__ (^^)ぃ @ @ GVWWV ノ ,  
.,iwjjwiV ヽ、__/     |    /利ヽぅァー∩-─' ̄ ̄  ∴て     _ヽ ヽWWW)ノ三二o三゚0彡   ムネタカ   キャー ッ
       (__/. \___ノ    (,,  ∀)__,,___, ヽノし  /   ℃= , ゝ,,  ・ x ・)  ヒィー ッ       ( ; ^^)
                  ( ぅァー∩-─' ̄ ̄ ̄ ∴て   c ‐c =.-  |〓〓〓〓|.   -≡≡   | ̄ ̄'J ̄ ̄|
                  /  -'⌒)                    c .  、.WVWWV ノ ,  -≡≡  │ 丹 波 鬼 :|
                  し- (_)       パン!        ミo直正直正0゚彡.  -≡≡  ◎───‐◎

10


村の人たちは赤鬼くんの真のやさしさに触れて 感動したのでしょう。
われ先に、われ先に と毎日のように 赤鬼くんのところへ
たくさんのおみやげをたずさえて 遊びにくるようになりました。


                             ,r'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒⌒ヽ
                 __ __    (,  ヘタに 難癖をつけられて     .,)
                ,ィミ川彡三ヾ三\  (,  殺されたりしては たまらん…。 ,)      ●
                {三{※}三}三ll三 }  `~ー~ー ~ ー ○ー~ ‐ ー ~ー'゙       ,、|=|,、
              _ヽ彡川ミノ三レ勿/__          O                 ミ._、_ ミ    デ、アルカ♪
            ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\        o                 (<_,` )
   ウンショ     {三{※}三{三{※}三}三ll 三}                .         r' レ r'^ー、ノ、
          __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/___.  <´  ̄ ̄`l  っ              〇〇´      .フ    .
    ●    ,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\ |___|   っ っ     ((    LL,__ノ、/   ))
  ∧((∧  {三{※}三{/ ,二二、\{※}三}三ll三} ゝd;´ハ`)  っ             (ハ, __ゝ―、
  ( ;・∀・) ヽ彡川ミノ/ /\ | /ヘ ヽll.ミノ三レ勿/ ,rヘ 、Vrヘ    ヨイショ         /          |フ
  r'´f]つ!つI二二二二| |―‐((_))―| |二二二二二I二 い===い二j              |    l___ノ
 く__/=∞l〉       ヘヽ/ | \,/ /        'ノ_|∞|_ゝ   八公二民…      ゙ 、___/
  (__j,ノ         \二二二/          (_/ |_)                 (/

11


こうして赤鬼くんは村でいちばんの人気者になったのです。


                         , --冊、 ,r‐‐8^'、 っ   ,´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`、
                        (ィノリノィリ〉<lー‐、 .j'、 キ  |  これは 我々 村衆からの       |
 ;: |iii |        |iii|          o l、゚ヮ゚;リソ (゚ヮ゚;*リ   ナ   |  ささやかな 気持ちにござりまする。 |
 ;: |iii |        |iii|   ● ♪ ♪(_)t(y,ハ,リ ,(y/,ヘ、      ゝ_________  ______,ノ
. /゙|iii |        |iii|  ,、|=|,、   、、::<__ヽ__リ <__ヽ__ス:::::::::::::::::::::、                レ'         ∧_∧ っ
 ;; |iii |        |iii|/ミ   _、ミ  キキ   __   / |   wVw      wVw  :::    wVw ● (・∀・; ) っ
 :; |iii |        /  (  ,_ノ)  ナナ _    _/|lii;;|            :     l´ ̄ ̄r~>  ∧))∧ ∧∧
  ;;|iii |       /_.  ,r' へ.   _ 0 _0 _ / [_;;^~]wVw  / ̄ ̄ ̄\   |___|   (・∀・; )(゚Д゚;) )) っ っ
. /゙|iii |     /___ /     ヽ_,  (_)(_) / | wVw      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   (ハ`;ぅノ    r|y/ ∧_∧  っ
 ;: |iii |    /   ト-'゙    ト、_/ _,,,,_∬  r'|lii;;|     / ̄ ̄ ̄\:矢::::銭:::::|    ,rヘ、    (_OO(´Д`;) ))   っ っ
  ;;|iii |  /──  ゝ,___,ィ'__〉.ゝ三/ r' [_;;^~]wVw..|~ ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄ ̄ ̄   /   `ー、      r|y/∧∧=,っ
 ;; |iii | /_  __彡※※※※※ミ .  / wVw      |::::矢::::銭::/ ̄ ̄ ̄\    〈ヽ___ノ      (_O(Д` ;)  ● っ
;;  | /___   __  _ _ _/ll;|            ̄ ̄ ̄ ̄|~ ̄ ̄ ̄ ̄~|    "~"           .y,ヘ_  ∧))∧っ
  ,/__   ____    .__/ノしwVw                |::::::矢::::銭:::::|   wVw    wVw   〈___,ゝ(┓` ; )

12


めでたし、めでたし。

                                               \ | /    
========l                                   ―‐ ● ―‐ 
l l l l l l l l l |                               ⊂⊃      / | \    ⊂⌒⊃
l l l l l l l l l |\
l l l l l l l l l |.l l.\
ニニニニニニニl.]| |=== ,rーー‐、. r────┬,        r────┬,
;;;l;;;l;;;l;;;| | __,,, |il |  / 丹 祝./゙ |  丹   ||        |  荒   ||      A  A
;;;l;;;l;;;l;;;| | |:赤 || |il |  / 波 !!!/  |  波   ||        |  木   ||    赤赤赤赤、
;;;l;;;l;;;l;;;| | |:鬼 || |il | / 平  /  |  鬼   ||        |  鬼   ||     r@ @ ぅイ 
;;;l;;;l;;;l;;;| | |:宅 || |il | / 定  /..  |  之   ||        |  之   ||    (WWWV)'
;;;l;;;l;;;l;;;| |  ̄~~ |il |/~~~'   |  墓   ||        |  墓   ||       . ┃
;;;l;;;l;;;l;;;| |__...   |il |MwvVjj,,从, __,|       | [] _.    __,|       | []_,,wⅦ彡乂┃wM Ⅶ乂vjj,.,V
三三三三|_|干干干干干干| ; ; ;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |     ┃
   Mwvvjj,,_从wⅦ彡乂vvllM.|              | |  |              | |     ┃
                   .l二二二二二二二lニl  l二二二二二二二lニl    ⌒⌒⌒        r´ ̄~ヽ 
                                                  南 ~~     (^∀^ぅj
                                                    無 ~~♪ ,8,∩_8、 

13


ニ===|:; ;il| ニニニニニニニニニニニニニ________ ニ:ニ:ニ:ニニニ|:; ;il|
' ̄ ̄ ̄||:; ;il| ┏━┯┯━┓┏━┯┯━┓||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||┏━┯┯━┓|:; ;il|
     |:; ;il| ┠─┼┼─┨┠─┼┼─┨||              ||┠─┼┼─┨|:; ;il|
     |:; ;il| ┠─┼┼─┨┠─┼┼─┨||              ||┠─┼┼─┨|:; ;il|
  , ゙   |:; ;il| ┠─┼┼─┨┠─┼┼─┨||              ||┠─┼┼─┨|:; ;il|
     |:; ;il| ┠─┼┼─┨┠─┼┼─┨||              ||┠─┼┼─┨|:; ;il|
    '゙  |:; ;il| ┣━┷┷━┫┣━┷┷━┫||              ||┣━┷┷━┫|:; ;il|
     ..|:; ;il| ┃        ┃┃        ┃||―――――――||┃      |┃|:; ;il|
     |:; ;il| ┃'  彡 '´ ̄ `ヽ.       ┃||三三三三三三三||┃      |┃|:; ;il|
     / ̄ ¨7━━i  ,巛⌒》〉 ‐━━━┸'======= `┻━ __,,,ィュ.┻==
   / /二/ji    ゝc,,・ー・)                        〃ハハゝヾ 
. ,.∠___/      r^ヽy/ヽ                       (∀`;ぅノゝ| | | | | ,
´ || ̄ ̄ ̄||'      〈__]tl__ゝ                        ∬  _,へ、.  | | | | | |
              〈__,l_)、__,,〉  ヽ⌒ヽ^' ,              旦 (ヽ_ゝ | | | | | '
                     "⌒''⌒

14


ニ===|:; ;il| ニニニニニニニニニニニニニ________ニ:ニ:ニ:ニニニ|:; ;il|
' ̄ ̄ ̄||:; ;il| ┏━┯┯━┓┏━┯┯━┓||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||┏━┯┯━┓|:; ;il|
     |:; ;il| ┠─┼┼─┨┠─┼┼─┨||      r───────────‐ 、
     |:; ;r────────────‐、.     |   メデタシ、 メデタシ、って …。  :|
  , ゙   |:; ;|  落城のときに青鬼くん     :|      |   あれ?.青鬼くんからの  |
     |:; ;|  もろとも 燃え果てました。  |      |   手紙は どうなったの ?  |
    '゙  |:; ;`──────v─────一'゙     `────────y─タシカ ソウイウ
     ..|:; ;il| ┃        ┃┃        ┃||―――――――||┃      |┃スジガキ ガ アッタハズ…
     |:; ;il| ┃'  彡 '´ ̄ `ヽ.       ┃||三三三三三三三||┃      |┃|:; ;il|
     / ̄ ¨7━━i  ,巛⌒》〉 ‐━━━┸'======= `┻━ __,,,ィュ.┻==
   / /二/ji    ゝc,,・ー・)                        〃ハハゝヾ
. ,.∠___/      r^ヽy/ヽ モウ、 消シ炭デス         ;   (Д`;ぅノゝ
´ || ̄ ̄ ̄||'      〈__]tl__ゝ                        ∬  _,へ、
              〈__,l_)、__,,〉  ヽ⌒ヽ^' ,              旦 (ヽ_ゝ
                     "⌒''⌒

15


ニ===|:; ;il| ニニニニニニニニニニニニニ________ ニ:ニ:ニ:ニニニ|:; ;il|
' ̄ ̄ ̄||:; ;il| ┏━┯┯━┓┏━┯┯━┓||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||┏━┯┯━┓|:; ;il|
     |:; ;il| ┠─┼┼─┨┠─┼┼─┨||        r──―──────────‐ 、
     |:; ;il| r──────────────‐、  :|  じゃ、じゃあ、赤鬼くんは     |
  , ゙   |:; ;il| | 赤鬼くんと その配下の人たちは |   |  涙をながしたり なんてことは  |
     |:; ;il| | 涙を流して 喜びました.。       |   |  しなかったわけだね 。       :|
    '゙  |:; ;il| `──────v───────一゙  `───┰───y‐┰────一゙
     ..|:; ;il| ┃        ┃┃        ┃||―――――――||┃      |┃|:; ;il|
     |:; ;il| ┃'  彡 '´ ̄ `ヽ.       ┃||三三三三三三三||┃      |┃|:; ;il|
     / ̄ ¨7━━i  ,巛⌒》〉 ‐━━━┸'======= `┻━ __,,,ィュ.┻==
   / /二/ji    ゝc,, ・ー)  領土拡張 オヨビ             〃ハハゝヾ っ っ
. ,.∠___/      r^ヽy/ヽ   多大ナ 褒賞getデ。         (Д`;ぅノゝ っ
´ || ̄ ̄ ̄||'      〈__]tl__ゝ                        ∬  _,へ、 
              〈__,l_)、__,,〉  ヽ⌒ヽ^' ,              旦 (ヽ_ゝ
                     "⌒''⌒

16


ニ===|:; ;il| ニニニニニニニニニニニニニ________ ニ:ニ:ニ:ニニニ|:; ;il|
' ̄ ̄ ̄||:; ;il| ┏━┯┯━┓┏━┯┯━┓||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||┏━┯┯━┓|:; ;il|
     |:; ;il| ┠─┼┼─┨┠─┼┼─┨||       r───────────‐、
     |:; ;r────────────‐、      |   ほんとうに これで       |
  , ゙   |:; ;|   乱世を渡り歩く とは     :|      |  良かったのかなあ…?  |
     |:; ;|   こういうこと なのです。   |      `────────v──一'゙
    '゙  |:; ;`──────v─────一'゙             ||┣━┷┷━┫|:; ;il|
     ..|:; ;il| ┃        ┃┃        ┃||―――――――||┃      |┃|:; ;il|
     |:; ;il| ┃'  彡 '´ ̄ `ヽ.       ┃||三三三三三三三||┃      |┃|:; ;il|
     / ̄ ¨7━━i  ,巛⌒》〉 ‐━━━┸'======= `┻━ __,,,ィュ.┻==
   / /二/ji    ゝc,,・ー・)  綺麗ゴトダケデ               〃ハハゝヾ 
. ,.∠___/      r^ヽy/ヽ      天下ハ トレマセヌ ゾ      (( (Д`;ぅノゝ ))
´ || ̄ ̄ ̄||'      〈__]tl__ゝ                        ∬ t、,へ、
              〈__,l_)、__,,〉  ヽ⌒ヽ^' ,              旦 (ヽ_ゝ  '
                     "⌒''⌒







記事メニュー