最終更新:

3000aa

- view
だれでも歓迎! 編集

 1


ニ===|:; ;il| ニニニニニニニニニニニニニ________ニニニニニニニ|:; ;il|
' ̄ ̄ ̄||:; ;il| ┏━┯┯━┓┏━┯┯━┓||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||┏━┯┯━┓|:; ;il|
     |:; ;il| ┠─┼┼─┨┠─┼┼─┨||              ||┠─┼┼─┨|:; ;il|
     |:; ;il| ┠─┼┼─┨┠─┼┼─┨||              ||┠─┼┼─┨|:; ;il|
  , ゙   |:; ;il| ┠─┼┼─┨┠─┼┼─┨||              ||┠─┼┼─┨|:; ;il|
     |:; ;il| ┠─┼┼─┨┠─┼┼─┨||              ||┠─┼┼─┨|:; ;il|
    '゙  |:; ;il| ┣━┷┷━┫┣━┷┷━┫||              ||┣━┷┷━┫|:; ;il|
     ..|:; ;il| ┃|      ┃┃        ┃||―――――――||┃      |┃|:; ;il|
     |:; ;il| 植   .  ┃┃        ┃||三三三三三三三||┃      |┃|:; ;il|
     / ̄~('A` ).ー━━┸┸━━━━┸'======== ┸━━━━┸==
   / /二/φ;)ji          n nr‐ュ_,,)ノ                     
. ,.∠___/ 'ニニニ'         / ̄/レ'ノハヽ      ,.-───────-.,
´ || ̄ ̄ ̄||'             ヽ_/ハc´~`)      |  世説新語の    |
                      ゝ,7っzノ      ∠  尤悔篇が元ネタ |   
                       ヽ⌒ヽ^' ,     `───────一゙ 
                        "⌒''⌒

 2


魏文帝曹丕は弟の任城王曹彰の存在がおもしろくない。
任城王が武勇をもってして 王位を脅かすのではないかという
疑念があったからである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・

            ____     ....::::::::::::.       |
              ,イヽ        ....::::::::::::.       _|_ 彰
             / | ヽ     ....::::::::::::.    __ミ∧゚(´ー` )
            ──┴──      ....::::::::::::.  (_・ |__ナ ,)    兵  兵   兵
    ,                、   ....::::::::::::.    |     `j~~   (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)
  /三三   \          \   ....::::::::::::.  `||¨ ̄`||     (_) (_) .(_)
 /三三三         ト-------イ   !     ...:::::::::::::::::.........
 |:三三三        |        |  |       .. ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.........
 |:三三三        |       |  | 
 \.三三       ノ      |  / 
   ヽ三三     ´~ ̄ ̄ ̄ ̄~`,."

 3


ある日、二人は母である卞太后の居間で、
棗をつまみに碁をしていた。

   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡≡≡≡|::::|
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    

               彰          丕 
              ( ´ー)  ._____  (Д´ )
              ( ヽ /.l二二二l\ ノ )
              (二.).┳┳━━┳┳゙(二)
.                     ̄      ̄

 4


すると 任城王曹彰
突然 苦しみ出し、とうとう死んでしまった。

   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡≡≡≡|::::|
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    

                           丕 
                   ._____  (Д´ )
                  /.l二二二l\ ノ )
       彰  l    (二)゙┳┳━━┳┳゙ (二)
      __(゚∀。_) )┘.     ̄      ̄

 5


任城王の存在を危ぶんでいた魏文帝が
あらかじめ、いくつかの棗に毒を仕込んでおいたのである。

   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡≡≡≡|::::|
      |::::|   △ .゙|::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    / ̄ ̄ (´ー` ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
          uu )
         ソ             ┼  丕   
         (          _____  (Д::: )
     ☆⊂ ⊃☆      /l二二二l\. ( ):::::
       彰  l     (二)゙┳┳━━┳┳ _| |_:::::
      __(゚∀。_) )┘.      ̄      ̄

 6


     ,. -─────────────────-.,
     | ふう、毒殺とはいえ兄弟を殺したんだ 。   .|
     | やはり、精神的にまいるところがあるな。  |
     `─────────y────────一゙

                丕 ||||||||||
              (`Д´;) |||||||
               (  )  ||||||    
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
          /   ゝ##フ ./

 7


       ,. -──────────-.,
       |  どれ 、               |
       |  栄養補給でもするか。  |
       `───────y───一゙

                丕 
            ●(`Д´ )
             `(  )    
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
          /   ゝ##フ ./

 8



                丕 
              (゙~ ゙ )  モグモグ…
               (- -)    
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
          /   ゝ##フ ./

 9


魏文帝は死んだ

   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡≡≡≡|::::|
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    

                          
                   ._____ 
                  /.l二二二l\             ξξ
       彰  l    (二)゙┳┳━━┳┳゙ (二)  ∧_|,. -、
      __(゚∀。_) )┘.     ̄      ̄       |;;;;:::; ::::├〉|
                              #   ∨ ̄|`-゙   

10


魏文帝曹丕は弟の任城王曹彰の存在がおもしろくない。
任城王が武勇をもってして 王位を脅かすのではないかという
疑念があったからである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・

            ____     ....::::::::::::.       |
              ,イヽ        ....::::::::::::.       _|_ 彰
             / | ヽ     ....::::::::::::.    __ミ∧゚(´ー` )
            ──┴──      ....::::::::::::.  (_・ |__ナ ,)    兵  兵   兵
    ,                、   ....::::::::::::.    |     `j~~   (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)
  /三三   \          \   ....::::::::::::.  `||¨ ̄`||     (_) (_) .(_)
 /三三三         ト-------イ   !     ...:::::::::::::::::.........
 |:三三三        |        |  |       .. ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.........
 |:三三三        |       |  | 
 \.三三       ノ      |  / 
   ヽ三三     ´~ ̄ ̄ ̄ ̄~`,."

11


ある日、二人は母である卞太后の居間で、
棗をつまみに碁をしていた。

   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡≡≡≡|::::|
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    

               彰          丕 
              ( ´ー)  ._____  (Д´ )
              ( ヽ /.l二二二l\ ノ )
              (二.).┳┳━━┳┳゙(二)
.                     ̄      ̄

12


   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\゙ jj  .||  |::::l     ...::::|::::|
|  まさか 兄さん、この棗に            |==.||  |::::|≡≡≡≡|::::|
|  毒を盛っていたりなんかは しないよね? . |   Q.||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
\__________   _______/ ̄ ̄    
                |_ノ
               彰          丕  X, X,
              ( ´ー)  ._____  (Д´ )  ++
              ( ヽ /.l二二二l\ ノ )  ++
              (二.).┳┳━━┳┳゙(二)
.                     ̄      ̄        |ヽ
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   | おいおい子文、血を分けた兄弟である俺様が  |
                   | そんなことするわけがないだろう w         |
                   \___________________/

13


   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      |::::|     |::::|l======l| お前が不審だと思うなら、どれ   |
      |::::|     |::::|| Q        .|| 俺様から先に食べてみせよう♪ |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \____  ________/
                              レ゙
               彰        ●  丕 
              ( ´ー)  ._____ヽ(Д´ )
              ( ヽ /.l二二二l\. ノ )
              (二.).┳┳━━┳┳゙(二)
.                     ̄      ̄

14


魏文帝、躊躇することなく棗を食してみせる。
あらかじめ、手のものに毒入りの棗と
そうでない棗とに仕分けさせていたのである。

   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡≡≡≡|::::|
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    

               彰          丕  X, X,   ,.´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ,
              ( ´ー)  ._____  (Д´ )  ++ <  な、安全だろ? |
       ソウダネ   ( ヽ /.l二二二l\ ノ )  ++   ゝ,_______ノ
              (二.).┳┳━━┳┳゙(二)   ペラペラ
.                     ̄      ̄

15


すると魏文帝、突然もがき苦しみだす

   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡≡≡≡|::::|
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    

               彰  ?               ゲホ!   
              ( ´ー)  ._____ 
              ( ヽ /.l二二二l\         :.::::.::   丕 ::.:::  ゴホ!
              (二.).┳┳━━┳┳゙(二)    .:::.::,ー(;゙ Д゙)ノ :::
.                     ̄      ̄       ::: ┘┘ヽ :::.:::: ::.:
                              ぅ ぅ ぅ ぅ ぅ 、、、

16


                               ,--------------------------.,
                                 ¦  ううううう…っ . 俺様の     ¦
                                 ¦  計画は完璧だったはず…。¦
   ,.-───────────────、   ¦  一体なぜ…?        ¦
   |  どれに毒をいれたのだか       |   ゙------------y-------------゙ 
   |  忘れてしまったので           |          
   |  確実に殺そうと、とりあえず     .|      丕     ぐぬぬぬ…
   |  全部に毒を仕込んで おきました 。 .|    ヽ(゙Д ゙;)ー, 
   ゙'ー──────────y───一'゙       ノ└└
                                、  彰  ̄ ̄ ̄~|
             ∧∧                 -   (ー` )     |
             (*゚A゚)                  ノノ )  ̄ ̄ヒl
             ( y l                   (二.)

17


魏文帝は死んだ

   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡≡≡≡|::::|
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    

               彰         
              ( ´ー)  ._____ 
              ( ヽ /.l二二二l\            ξξ
              (二.).┳┳━━┳┳゙(二).   ∧_|,. -、
.                     ̄      ̄         |;;;;:::; ::::├〉|
                                   #   ∨ ̄|`-゙   

18


魏文帝曹丕は弟の任城王曹彰の存在がおもしろくない。
任城王が武勇をもってして 王位を脅かすのではないかという
疑念があったからである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・

            ____     ....::::::::::::.       |
              ,イヽ        ....::::::::::::.       _|_ 彰
             / | ヽ     ....::::::::::::.    __ミ∧゚(´ー` )
            ──┴──      ....::::::::::::.  (_・ |__ナ ,)    兵  兵   兵
    ,                、   ....::::::::::::.    |     `j~~   (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)
  /三三   \          \   ....::::::::::::.  `||¨ ̄`||     (_) (_) .(_)
 /三三三         ト-------イ   !     ...:::::::::::::::::.........
 |:三三三        |        |  |       .. ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.........
 |:三三三        |       |  | 
 \.三三       ノ      |  / 
   ヽ三三     ´~ ̄ ̄ ̄ ̄~`,."

19


ある日、二人は母である卞太后の居間で、
棗をつまみに碁をしていた。

   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡≡≡≡|::::|
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    

               彰          丕 
              ( ´ー)  ._____  (Д´ )
              ( ヽ /.l二二二l\ ノ )
              (二.).┳┳━━┳┳゙(二)
.                     ̄      ̄

20


   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\゙ jj  .||  |::::l     ...::::|::::|
|  まさか 兄さん、この棗に            |==.||  |::::|≡≡≡≡|::::|
|  毒を盛っていたりなんかは しないよね? . |   Q.||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
\__________   _______/ ̄ ̄    
                |_ノ
               彰          丕  X, X,
              ( ´ー)  ._____  (Д´ )  ++
              ( ヽ /.l二二二l\ ノ )  ++
              (二.).┳┳━━┳┳゙(二)
.                     ̄      ̄        |ヽ
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   | おいおい子文、血を分けた兄弟である俺様が  |
                   | そんなことするわけがないだろう w         |
                   \___________________/

21


   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      |::::|     |::::|l======l| お前が不審だと思うなら、どれ  |
      |::::|     |::::|| Q        .|| 俺様から先に食してみせよう♪  |
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \____  ________/
                              レ゙
               彰        ●  丕 
        アリガト  ( ´ー)  ._____ヽ(Д´ )
              ( ヽ /.l二二二l\. ノ )
              (二.).┳┳━━┳┳゙(二)
.                     ̄      ̄ 

22


   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡≡≡≡|::::|
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
                        、           
               彰    , ; ,,  丕    ∧∧∧∧
           Z  ( ゚Д)  .__∵; ・ (Д゙lll)  Z ゲホ! Z
              ( ヽ /.l二二二l\ ノ )   ∨∨∨∨
              (二.).┳┳━━┳┳゙(二)
.                     ̄      ̄

23


すると魏文帝、突然もがき苦しみだす

   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~ \∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
      |::::|     |::::|l======ll::===<  ううっ        >
      |::::|     |::::|| Q        .||...      ,》 心臓が何かに  ≧
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<  突き刺された   >
                               <  ように痛いっ…!≧
               彰  ?          /∨∨∨∨∨∨∨∨\
              ( ´ー)  ._____                   \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
              ( ヽ /.l二二二l\         :.::::.::   丕 ::.:::  < なぜだっ…!!         て
              (二.).┳┳━━┳┳゙(二)    .:::.::,ー(;゙ Д゙)ノ :::. ≪ この前の給仕は        《
.                     ̄      ̄       ::: ┘┘ヽ :::.:::: ::.: < クビにしたはずなのに!! >
              \,、_,.人、_,.人、_,.人、_,.人、_,.人、_,.人/       /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
              < というか、この痛み…      >
              ≪ 毒ではないっ!もっと     ≫
              < ちがう、別のなにかだっ!! .>
              ⌒Y⌒W⌒Y⌒Y⌒W⌒Y⌒Y⌒WY⌒

24

                           ヾ;ヾ;ヾ;ヾ;ヾ;ヾ;ゞヾゞ;ゞヾゞ;ヾゞ;ヾ;ヾ;ヾ   
                           ヾ;ヾ;ヾ;ヾ;ヾ;ヾ;ゞヾゞ;ゞヾゞ;ヾゞ;ヾ;ヾ;ヾ   
                           ヾ;ヾ;ヾ;ヾ;ヾ;ヾ;ヾゞヾゞ;ゞ ゞ;ゞ iiゞ     
   コーン!!           怨        ヾ;ヾ;ヾ;ゞヾゞ;ゞ ii;;:   ゙|;: ゞゞ/ゞ:   
     コーン!!   怨               ヾ;ゞゞヾ;ゞゞii.    |ゞ/:/ゞ:    
|||                    、 ┌┐          .\|ii;     |,/       
(((彡\从/             ='( !=|  |= 中  ()  ()   |iii     |         
||| 、─・       ,   ,  , / /.  └┘  ┃  §△§   |i;.     |
ゞ( ヽ/W\    (o) (o) (o)/        ○  ノリノハ)   .|i.      |  カツーン!
ヾ、、 \       | |, ‐| |‐| |、           | ̄ヽ.i!ii.゚ー゚ノ  ...|iii;.((,,,)  | 
 ヾ\ \      (==== !\       |   | |lVl| ̄ ̄ア      | 
    \ \ _,-、_丿7 `!6 ヽ、\  怨  \_/ || || ,,_/!.;;     |     カツーン!!
     \_ヽ ヽ  ̄ ̄  ヽ )           | ,,==ロ/..  |ii;:     |
       ヽ_ノ  \     \.             .|   │  |i;;i;::.    | 
  怨    \  \  \    怨         .|__/MM|iMii;;;,;   |;wwWiMMMMw

25

    いてそミそミシミそミkミシミrりいノつシ彡巛ミゞ;ゞ:i.;;i;;i;:i.lミィシソてミゝゝf彡彡f;彡ィシそミミいソハそ
      `ミミィシソハてミゝゝ彡彡x;彡ィシソィシソr|:川:;;;i;:i.;;i;;i;:i.;lrへ ィ彡彡シミそミシミそミミシミいノミシ
         イシ   ゝシミそミミいミてミミ彡そ;|i il!i゙:;:;lil.::;ili:: :;|彡巛ミミミィシソハてミノミりシてrこそ
                   呪     呪   |i;x;;:l.i;i:i.;;i;;i;:.;; i|
.   ━┛  ┗━     呪               |;ii;;i;:i.:i,;;i;:i.;; ィり|    \││││││││││││││││/
.                 ┏━┓.。   。     |l i;;ii;:;i;;i;:i.;;i;:川:i|    = あの野郎‥。皇帝になった途端に  =
.   ━┓  ┏━ .呪     ~|:|~゙r《g ◎g》   |lii::.li:li l::,-──┴- ., 三  お義父様の側室たちを大量に自分の 三
                {{  lヲd 巛《”0”》〉-っ゙|.殺::;li:;/  丕     .| = 愛妾にしやがって……!!!     =
     ・       呪      |. |~州::::∀::》~~  |.:● <  (`Д´ )  |  /││││││││││││││││\
.  ・    )   ・     {{   ゝ,二》 ゙ ◇ >二二ア ]::;!:;.ゞ,____ノ
  )  (    )     呪   {{.   jli⊃   |   |. | |::ii;;ii :ii;;i ;:ii;;ii |  カツーン…!!  ィ彡三ミヽ    ,ィ彡三ミシ=・
  (   ,)  (              .i/'∽∽| 彡 |i;;i;::.,,じ,.lil,;:.jl:ii;;ii iI|                  ゝ彡三シ
  )      )   ・   ・    リヾ §|   イノノノノノノノノノノノイシミ    カツーン…!!
               )    )    |ノ  / |  .◇◇冊◇冊◇冊◇◇        ィ彡三ミヽ    ,ィ彡三ミシ=ー・
            (    (     ノ)_リ=〈   ◆◆卅◆卅◆.卅.◆◆             ゝ彡三シ
  ,彡乂vv从wⅦw ijjiwijjトMiiwj  |_,/ |,_| MM|iMii;;;,:;  :; 乂vv,_从|;从wⅦ彡乂vv,_从wト,__,,,,,,........____,彡乂vv从wⅦw

26


魏文帝は死んだ

   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡≡≡≡|::::|
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~       △
                                   (;`Д) 例 ノ 桐人形 カヨ
               彰                    r u u       カアチャン…
              ( ´ー)  ._____            ._ノ'゙     
              ( ヽ /.l二二二l\             ξξ
              (二.).┳┳━━┳┳゙(二).   ∧_|,. -、
.                     ̄      ̄         |;;;;:::; ::::├〉|
                                   #   ∨ ̄|`-゙