与鍾大理書 その3

最終更新:

3000aa

- view
だれでも歓迎! 編集

 1

:: ・。゜.. . . . . . . . . :.:。::.:.・:....゚:.:.:.。:: ::::: ::: :: :.゜。 ゜・。゜゜. : : :: : ゜・。:: ::: :。゜.:.:.:.:::・:.:.。:.:::.::..:.。:::...
:: :: :.゜。 ゜・。゜゜. : : :: ::: :: :.゜。 ゜・。゜゜. : : :: : : :: ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜.. . . . . . . .:: :・。゜:: :: :. ゚ ・::.:.:.:.:.:.:.:
: : :: ::: :: :.゜..::: :. ゚ ・::.:.:.:.:.:.:.: : : :: : : :: ::.゜ . . . .        .:: :: :. ゚ ・::.:.゛:: ::.: / ̄ ̄\: : ..:.
:: ・。゜.. . . . . . . . . :.:。::.:.・:....゚:.:.:.。:: ::::: ::: :: :.゜。 ゜・。゜゜. : : :: : ゜・。:: ::: :。゜.:⊂二⊃     :|: :.. . ::
:: :: :.゜。 ゜・。゜゜. : : :: ::: :: :.゜。 ゜・。゜゜. : : :: : : :: ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜.. . . . . . . .:::.:. :::\_⊂二⊃: ::.::
:: ・。゜.. . . . . . . . . :.:。::.:.・:....゚:.:.:.。:: ::::: ::: :: :.゜。 ゜・。゜゜. : : :: : ゜・。:: ::: :。゜.:.:.:.:::・:.:.。:.:::.::..:.。:::...
ニ)ニ)ニ)ニ)ニ)ニ)ニ)ニ)ニ)ニ)ニ)コi  
ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ゝ     
_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ゝ    
ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ゝ          彡、ミ /ミ   
_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ゝ       _彡\ミミ/    ミ、 
ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ゝ      彡   彡\|ミ 彡、ミ /ミ  
二二二二二二二二二二二二二二二二二二)        彡――\ 彡\ミミ/、ソ
            |├┼┼|├┼┼┼┤|:| |::             彡 川 \ シヽ  リ シ
            |├┼┼|├┼┼┼┤|:| |::         彡\ミ り ミ 彡 \ 彡\ミミ/ ,ィ
            |├┼┼|├┼┼┼┤|:| |::           彡\|ミ彡'  ミ/ 彡リ 川  ミ

 2


   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡≡≡≡|::::|
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
  /                                      ヽ(,,__r‐ュ
                       丕               ノハヾヽハ 
                    \(*`Д´)/      植     (Д`;ぅハゝ
                ,,     (  )    +.   ('A(#)       ,へ `l
        . .:.       |/      ┘┘     Ωー( )、    <_ノ-|
   . . :.:.:.:.:.:/(__)/二二l~[_]~\   ノノノ          | |       |___ゝ
   .. .:.:.:.:::'┳━━━━━━┳`                ┌ヘ ─────────────┐
             _|\l\l\l\∧∧/l/l/l/|_   |  兄さん                     |
            `\  おお、でかしたぞっ!!  /゙  |  鍾繇から玉玦を貰ってきたよ。  |
.             /  二人ともよくやった!!  \  └────────────―─┘
               ̄|/l/l/l/∨∨\l\l\l\| ̄

 3

ああ、なんと美しい…、
このような美玉は見たことがない。
噂に紛うことなき美しさよ。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

                                           ヽ(,,__r‐ュ
                         x  * ,            ノハヾヽハ 
                        丕 Ω  ☆     植      (ヮ`,,ぅハゝ ヨカッタネ
                ,,    (*`Д´)/  +      ('A` )       ,へ `l
        . .:.       |/      <(  )  キラキラ    ,( )、    <_ノ-|
   . . :.:.:.:.:.:/(__)/二二l~[_]~\.     | |            | |       |___ゝ
   .. .:.:.:.:::'┳━━━━━━┳`  

 4


   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡≡≡≡|::::|
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
  /  ,.,                 
     | /        丕     ┌─────────────┐  
    「[__]' ̄ヽ   (Д´ )    │ よし、早速                |
    l l ̄ ゙̄、 \φ( )    <  鍾繇にお礼の手紙を書こう.。 |
    |.  ̄ ̄~Ω+.\, 二).     └─────────────┘
    '┳━━━━┳`          玉玦ハ シバラク 机ノ上ニ 飾ッテ オクカ…

 5


   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡≡≡≡|::::|
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
  /  ,.,                 r'⌒~'⌒~'⌒~⌒~'⌒'⌒ヽ 
     | /        丕         (,  うーむ、どの角度から   ,)
    「[__]' ̄ヽ   (Д´ )     o  O (,  覗いてみても美しい…。  ,)   
    l l ̄ ゙̄、 \φ( )  カキカキ… ゝ_,、_,、_,、_,、_,、_,、_,ノ  
    |.  ̄ ̄~Ω+.\, 二).    
    '┳━━━━┳`      

 6


   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l    ..。:::::| 。i     
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l    《g◎ g》   
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡c〈《”0”》〉》-っ
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄~゙《::∀::::州リ~  ∬
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          <◇::::《^ヽ::::::::::::::..
  /  ,.,                                 /::|::::⊂〈 〉::〉::::::::::::::.. 
     | /        丕                       し'|∽∽と;/::::::::::::::..∫  
    「[__]' ̄ヽ   (Д´ )                         ト::;:::§)::::::::::::::.. 
    l l ̄ ゙̄、 \φ( )  カキカキ                  |:::::::;r〈::::::::::::::..ゆら~り…
    |.  ̄ ̄~Ω+.\, 二).                        彡|);:;/=;|::::::::::::::...
    '┳━━━━┳`                           |__ヽ__〉::::::::::::::..

 7


   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l    ..。:::::| 。i       | あら…。
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l    《g◎ g》       | 大層、綺麗な
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡c〈《”0”》〉》-っ .     | 宝石を手に入れた
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄~゙《::∀::::州リ~  ∬ ∠ みたいじゃない…。
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         <◇::::《^ヽ::::::::::::::.. `────────
  /  ,.,                                 /::|::::⊂〈 〉::〉::::::::::::::.. 
     | /        丕   て                      し'|∽∽と;/::::::::::::::..∫  
    「[__]' ̄ヽ   (Д´;)   そ                      ト::;:::§)::::::::::::::.. 
    l l ̄ ゙̄、 \φ( )                 ┣¨       |:::::::;r〈::::::::::::::.. ┣¨
    |.  ̄ ̄~Ω+.\, 二).  ビクッ!                 ┣¨  彡|);:;/=;|::::::::::::::...     ┣¨
    '┳━━━━┳`               ┣¨          .|__ヽ__〉::::::::::┣¨
                                ┣¨               ┣¨
               ゚ o ( 殺気ヲ カンジル…)

 8


   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l    ..。:::::| 。i     
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l    《g◎ g》   
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡c〈《”0”》〉》-っ
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄~゙《::∀::::州リ~  ∬
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          <◇::::《^ヽ::::::::::::::..
  /  ,.,                                 /::|::::⊂〈 〉::〉::::::::::::::..  ホラ!
     | /        丕                       し'|∽∽と;/::::ヽ(,,__r‐ュ アソコニアル  
    「[__]' ̄ヽ   (#`Д´)                        ト::;:::§):::::::ノハヾヽハ  × アレダヨ、アレ♪
    l l ̄ ゙̄、 \φ( )Q                       |:::::::;r〈:::::::::(´ヮ`,,ぅハゝ +
    |.  ̄ ̄~Ω+.\, 二).                        彡|);:;/=;|::`fl ̄l y /ヘ__  ナ
    '┳━━━━┳`                           |__ヽ__〉:: `ー| ̄ヽ_ノ
             \ | l | l | l | l | l | l l | l | l | l l | l | l /               |___,ゝ
            三 ま、まさか茶筅のやつ。      三
            三 カアチャンにバラしたなっ…!! 三
             / | l | l | l | l | l | l l | l | l | l l | l | l \
                           センデモイイコトヲ…!!

 9


   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l    ..。:::::| 。i     
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l    《g◎ g》   
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡c〈《”0”》〉》-っ
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄~゙《::∀::::州リ~  ∬
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ,<◇::::《^ヽ::::::::::::::..
  /  ,.,                                 /::|::::⊂〈 〉::〉::::::::::::::.. 
     | /             丕                 ((  と二::/|∽∽と;/::::ヽ(,,__r‐ュ  
    「[__]' ̄ヽ        (#`Д´) = 3               ト::;:::§):::::::ノハヾヽハ
    l l ̄ ゙̄、 \      ( l l             スッ…    |:::::::;r〈:::::::::(´ー`,,ぅハゝ
    |.  ̄ ̄~Ω+.\,(二).   ハ                   彡|);:;/=;|:::::::::..rl y /ヘ__ 
    '┳━━━━┳`                           |__ヽ__〉::::::: `| ̄ヽ_ノ
               __|\N\∧/\∧ノl/\∧//l__,          |___,ゝ
               \  なっ、なんだその手は!? ./
               ≧  や、やらんぞ!        ≦
               /  絶対にやらないからなっ!!\
               ⌒゙i/`/W ̄|/ ̄\N ̄∨l/\i´ ̄` 

10

,. -─────────────-,
|  ひとあし早い               |
|  母の日プレゼント ありがとう 。 |
|  茶筅♪                    |
`ー─────────、  r──'゙ 
          。  。  レ'              
         ,r《g◎g》   'x 'x       ヽ,(,,__r‐ュ   |||||||||  
.母ハ     c-巛《”0”》〉-っ  キキ      ノハヾヽハ  ||||||||  
. ウレシイワ ♪ ~ルリ:::∀∩~~     | |   (((  (゚Д゚lllぅハゝ  )))|||     .r==================、
          (^ヽ`/./ > +   X X        /l y/,へ__、       |::::::::::::::::::::::::::|
         ハ、´_/ニト、_Ω ピカピカ    ,r'´ ̄く___ノ         |::::::::::::::::::::::::::|
       ・   /ノ /∽∽|、__,) ・        ゙──‐'~゙          |::::::::::::::::::::::::::|
.  ・  (.゙  ((. (`ヾ§|   (   ・                      |::::┓:┏┓:::::::::::::::|
  (    ).   ,)' ゙、ノ .: |.    )  (     l二二二二二二二二二|::::┃:┃┃╋:::::::::::::|>       △
.   )       /´ .::;イ         )                      |::::┻:┗┛┗:::::::::::::|      ( ;Д;)
         彡彡、;/.|                            |::::::::::::::::::::::::::|      (J J
         (_,/ l__,|                      ,,    |::::::::::::::::::::::::::|    、, _ノ´
                         . .:.         |/     |::::::::::::::::::::::::::| 丕 ´゚`   
                     . . :.:.:.:.:.:/(__)/二二l~[_]~\.   `===============_r‐(:::Д::)_
                     .. .:.:.:.:::'┳━━━━━━┳`                 `    きゅう …

11


  丕より申し上げます。
  そもそも美しい宝玉は君子の美徳に比べられ、珪や璋の美玉は詩人に褒め称えられます。
  その価値は万金以上のものであり、その貴重なことは一都市以上のものとされています。
  それゆえ、昔から貴ばれ、将来にも名声を保ち続けているのです。
  (略)ひそかに玉の専門書を見たところでは、美玉というものは
  その白は脂肪を断ち切ったごとくであり、その黒は混じり気の無い漆のごとくであり、
  その赤は鶏の鶏冠のごとくであり、その黄は蒸した栗のごとくである、と述べられています。
  ただ、これらは噂として伝え聞いてはおれども、いまだ実物を見たことはありません。
  これを求めて徒らに年月を過ごして参りましたが、やはり真の美玉にめぐり会うことはなく
  心中の願望は果たされることなく、私の飢え渇きは癒されずにおりました。

  近頃、南陽の宗惠叔が、貴方がかつて立派な玦をお持ちであったと申しておりました。
  これを聞いて私は驚き、喜び、笑いを抑えきれず、我知れずに手を叩きました。
  自ら書面にて申し上げるべきでありましたが、気持ちが十分に伝えられぬのではないかと
  心配し、そこで舎弟の子建に命じ、荀仲茂どのを介して、私の意向をお伝えしたのであります。
  意外にも粗略に扱われることなく、丁重なお返事をいただくことができました。
  かくして鄴からの使いがやって参りまして 宝玦が初めて私の手元に届きました。
  箱を手に取り、ひざまずいて開けようとすると全身が震えました。
  紐を取り払い、箱を開くと、燦然と輝く光が眼に満ちあふれるようです。
  私のようなつまらぬものが世にも稀なる宝をついに、見ることが出来たのです。

  素晴らしい贈り物とご厚意に、心から感謝せずにはおれません。
  賦一篇を献上し、美玉の様子を讚揚 致しました。
                                                   丕 より。

     ,.,               … ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     | /            
    「[__]' ̄ヽ                                 ξξ    
    l l ̄ ゙̄、 \                         ∧_|,. -、
    |.  ̄ ̄~.  \二).                         |;;;;:::; ::::├〉|
    '┳━━━━┳`                   #   ∨ ̄|`-゙   







記事メニュー