菊慈童 後編

最終更新:

3000aa

- view
だれでも歓迎! 編集

37


                       ,,-‐''"´'':、,,                ,,_,__
     _,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:--''"´`゙''ー、/ヽヾ\
     ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.-ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,~゙"'ー-:;、,"'.:
     ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;
     '' ;~ ; ::; : ;:; '',;''゚  ; ::; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; '',;'' ; ; ::; : ;:; '',;''゚ ;~'',;
     ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; ': ;:; ;~'',;'' ;~'',;''゚
     iiwji.从 ijjiwijj iiwj _,,i从,,_ iiト..,_ ijjiwij,M.ijjN  MN、ijjiw, _,i.从,,_ jj iiwjiiト..,_ ijjiwijj iiwji.
     '';;"''"'";;;"';;,;,""''' ";;;"'";;;"';;,;'';;"''"'";;'';;"''"'";;;"';;,;,""''' ";;;"'";;;"';;,;'';;"''"'";;'';;"''"'";;;"'
     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ::::::::::::::::::::::::::::::::: :: ::林林森森森森森森森
     品ロ口//;;;品呂|區旧ロ目;;;;田;;;;;; 區旧ロ目 l.l 甘目 囗田;'''';,,;'林林林森森森森森森
     ====././=====.| |========.===| |=======| |;;;呂;;;;;;;;:,;:,,:i;;;;;:::: :::林林林森森森森i森
     ∃//日田口|. |;;;;;;囗田;;日目|. |;;;;;品呂;;ヽヽ品呂゙;;; 田ヨ:,: ::::::;林林林林森森森森
 

38


                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
                    |   ただいま~  |
                   \           /  
              |::::|     ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄       |::|::::|     |
              |::::|                  |::|::::|     |
              |::::|      ヽ,(,,_r‐ュ        .|::|::::|     |
              |::::|      、 ノハヾヽハ       |::|::::|     |
              |::::|    -, (´ー`,,ぅハゝ      |::|::::|     |
              |::::|       ノl'y/l ̄`フ       |::|::::|     |
              |::::| ̄ ̄ ̄ ̄<_,l ̄~ヽ_> ̄ ̄ ̄ ̄'|::|::::|     |
              |::::|         〈___.ゝ      .|::|::::|     |
              |::::|.                     |::|::::|     |
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      植   
.     (  )    ドコニ イッテタンダ 茶筅
     ,( )、   帰リガ オソイカラ シンパイ シテタンダゾ
       ハ

39

                                            | |  \..`|| |
                                r─────────────────――‐、
                                | 山奥まで行って                        |
                                | 穆王の側で仕えていた人に会ってきたんだ。 |
                                `────────v──────────一゙
    ,.,                                    ヽ(,,__r‐ュ    \||_,,|
    | /               穆王?              ノハヾヽハ    
   「[__]' ̄ヽ         植                      (ー` ,,ぅハゝ  
   l l ̄ ゙̄、 \  .    ( 'A`)                    ノl'y/l ̄`フ         
   |.  ̄ ̄~  .\     (、 )、      .              <_,l ̄~ヽ_>  
   '┳━━━━┳`    >>                      〈___.ゝ

40

                                            | |  \..`|| |
         r────────────‐─一、.           \| |、    l.|| |
         |  穆王というと              |             \ \   l.|| |
         |  周の五代目皇帝の名前だね。  |          .   \ \..l.|| |
         `───────v──────一゙ .              \ `!|| |
    ,.,                                    ヽ(,,__r‐ュ   .\||_,,|
    | /                                  ノハヾヽハ   / ̄ ̄\ 
   「[__]' ̄ヽ         植                      (ー` ,,ぅハゝ <  周? |
   l l ̄ ゙̄、 \  .    ( 'A`)                    ノl'y/,へ__,   .\__/
   |.  ̄ ̄~  .\     (、 )、      .              ヽ| ̄ヽ_ノ
   '┳━━━━┳`     | |                      〈___.ゝ

41



 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 || B.C.2070  1600   1046      221  207  A.D.08 23    220   280 .:::||
 ||    _____________________________    ||
 ||    |      |        |        |   |    |   |      |     |   : ||
 ||    |  夏  |   殷   |   周   | 秦│前漢│新 | 後漢 │.三国. |   : ||
 ||    |      |        |        |   |    |   |      |     |   : ||
 ||    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄   ||
 ||                 ↑ココ.   。   植     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 || ・穆王                    \ ('A` )  <  えーっと                  |
 || (即位 B.C.1001 退位B.C.947)       ‐( )    |  夏、殷、周、秦、前漢、新、後漢…、.  |
 ||________________| ̄ ̄ ̄ ̄~|. |  大体、1200年も前も昔の時代だよ。  .|
                         ┴───‐.┴ \_______________/

42


   , ^,二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二丶
 // |::::|     |::::||          :||.         ||  |::::l     ...::::|::::|\丶
 /   |::::|     |::::||          .||.         ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|| O  , へ ss: ||   , へ ss: O ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::||   ,艸ノ~\jii || 艸ノ~\jj ; . ||  |::::l     ...::::|::::|
      |::::|     |::::|l======ll::===== ||  |::::|≡≡≡≡|::::|
      |::::|     |::::|| Q        .||...       Q ||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ヽ,(,,_r‐ュ    
  /  茶筅はそんな大昔の人に             ノハヾヽハ 
     会ったっていうのかい?              (Д゚llぅハゝ
                     植             ぃ,へ ヽ 
                    ( '艸`) ウプププ      <__/ーl     
                 ,     (ヘヘ              (___ゝ   
         ____ | _         \l、人人人人人人人人人人人人l,/
  . . :.:.:.:.:.:/(__)/二二l~[_]~\        >   ウソじゃないって!    <
 . . .:.:.:.:::'┳━━━━━━┳`        > 本当に会ったんだって!!<
                         /l^Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y^l\

43


 r───────────────────────────一、   .. || |  
 | 本当はその人、穆王の近習の子孫って言ってただけじゃないの?. | . \..`|| |
 | 茶筅の言うことを鵜呑みにすると                     |    l.|| |
 | その人は1200年も前の昔から生きていたことになるよ。        |\   l.|| |
 `─────────v─────────────────‐一'゙  \..l.|| |
                                         .     \ `!|| |
    ,.,                                    ヽ(,,__r‐ュ   .\||_,,|
    | /                                  ノハヾヽハ    
   「[__]' ̄ヽ         植                      (ー` ,,ぅハゝ  
   l l ̄ ゙̄、 \  .    ( 'A`)                    ノl'y/,へ__, 
   |.  ̄ ̄~  .\     (、 )、      .              ヽ| ̄ヽ_ノ
   '┳━━━━┳`     | |                      〈___.ゝ

         r─────────────────────ヘ───‐─一、
         |  だけど、慈童さん 。   .                          |
         |  つい最近の出来事のように穆王の家臣に意地悪されたとか  |
         |  自分の身の上ばなしをしていたんだよ。                .|
         `──────────────────────────一'゙

44


   r─────────────────────一、
   |  とにかく、普通の人間が1200年も生きるなんて、  |
   |  仙人にでもならない限り、あり得ないよ.。         |
   |  ムリムリムリムリ、かたつむりだね。          .|
   `───────────y──────────‐゙
                  ,   
        ____ | _   
  . . :.:.:.:.:.:/(__)/二二l~[_]~\                   
 . . .:.:.:.:::'┳━━━━━━┳`
              植
             ( 'A`)      
             人_ヘヘ     
                                ヽ(,,__r‐ュ  
.                        ・・・ 。     ノハヾヽハ .......... ..
                                 (:::: ぅ;;ノハゝ..................
                                 r´ヽ_ヽ:::::::::::::::::::::.............

45


                  ,   
        ____ | _                       
  . . :.:.:.:.:.:/(__)/二二l~[_]~\                    
 . . .:.:.:.:::'┳━━━━━━┳`
              
.                植 
          ll|| _| ̄|○ スベッタ…                   (m)
                                ヽ(,,__r‐ュ   \ 目 /
                                ノハヾヽハ 
                         はっ …  (゚Д゚,,ぅハゝ  ピコーン!
                                 ,∩y/ヽ.

46



   |                           ,r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~ヽ.
   |                           (,           _,,慈,         ,)
   |                           (,        .〃,ルリレ'ハ ,へ       ,)
   |        植                 (,     /⌒ ハc,,・∀・)',仆ヽ     ,)
   |        (::::: ) lll|ll                 (,     //ツィ ノ |lyl| ヽイバ'i      ,)
  / ̄ ̄ ̄ 只 ノ:: ).lll|ll ̄ ̄ ̄ ̄         (,     l,イハリ〈__ノ_ノ、,〉ハッリ.     ,)
             ^^::::::::::::::::............          (,     l |リ'シ(_  ノ  ) ソ      ,)
                      ヽ(,,__r‐ュ    (,     リ   (ノ ̄ ヽ)          ,)
                      ノハヾヽハ    `~ー ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー ~' 
                      (゚Д゚,,ぅハゝ
                       ,∩y/ヽ.
     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                    そういえば
         あの人、背中から翼が生えてたような気がする…。
     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

47


   |    ∥
   |    ∥
   |    植   イッテクルネ…
   |.   ( 'A`) ;
   |    ( )
   |.    | |  
  / ̄ ̄ .只 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      ヽ(,,__r‐ュ   ヨウジュツ ミタイナノモ  
                      ノハヾヽハ    タシカ ツカッテイタシ…
                      (゚Д゚,,ぅハゝ 
                       ,∩y/ヽ.   アノ 菊ノ水モ ナニカガ ヘンダッタ…
     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                     ま、まさか…、  
              慈童さんって 冗談じゃなくて本当に……。
     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

48


   |    ∥
   |    植
   |    ( 'A`)
   |    ( )_   ☆ ガッ
   |     ゝ   彡
   |           >[]
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
                      ヽ(,,__r‐ュ    
                      ノハヾヽハ  
                      (゚Д゚,,ぅハゝ
                       ,∩y/ヽ.
     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                  ┌―┐
                 ,イ  |      |      ┌┘
                    | |__|__|   _ノ\_,     o
     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

49

.                 △
   |    ∥       ( 'A`) マア、フツウノ ニンゲンデ
   |    植     '、_ノuu,      ナイコトハ タシカダロウネ
   |   ( 'A`)
   |    ( )
   |    | |                     ,r'⌒~~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒ヽ、 
   |           >[]             (, それじゃあ、本当に      ,)
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄.         (, 1200年も昔から生きて…  ,)
                      ヽ(,,__r‐ュ   ~~ O~ー ~ー ~ー'~ー~'   
                      ノハヾヽハ    ゚  
                ガクガク (((( (゚Д゚llぅハゝ)))) ブルブル
                       ,∩y/'ヽ.
                      ノ^ ̄ヽ.」:::::::::::...........
                      ゙ー'ー‐'^:::::::::::::::.:

50


太平記にいう。

周の時代、穆王の世に慈童という少年がいた。
彼は穆王の側に仕えており、王の寵愛を一心に受けていた。
あるとき、慈童は誤って王の枕の上をまたいでしまい
これが彼を快く思わない臣下の間で問題となり、
慈童は野獣が多く住むといわれている酈県の山奥へと流刑になる。
穆王は哀れに思い、釈尊から伝授された八句の偈のうちの二句を慈童に授けた。


 _,_.r,,;:;:;:'''';:,:,.:wx         ..  .. .;  ::.                       ,__)
.:〃:;:〃:,,,、;: ,  v、k                _,,慈,        : .. ;   ::. : .. . . _.___ノ
:; :;:〃 :;:〃:ゝ〃::; :ゝ〃:;)           〃,ルリレ'ハ      '   _-─── ' _._
: :〃;丿;:;,ゞ:;〃'ゝ. ;:; :;ヾ;:;)  . .: .: :.:.:.:.: .: .:ハc;;::::::::)    . . .  __,⊃     )   
::;:;: :;:;;丶;: ゝ;:;. ;:;;:〃:);:; シ . .: .: :.:.:.:.: .: .:ノ |l yl| ヽ  __, -─ ´    --─ '   -  
: 〃:;〃;':;. ;:;〃:;:;v: ;;,ゞ;:)'';;. .: .: :.:.:.:.: .: .: 〈__ノぅ__ノとj <   ⊂´ ̄ ,'´ ̄ ̄ ̄´ ノ   
 '"'""';,"   '"'""';,"  . .. .: .: :.:.:.:.: .: .: (__と7 ,)  )    )  ヽ     ヽ 
     ..   .,        _ __, -─ - ── -- - '´ =ニ二'´ -─' )´ ̄   ニ -'
-- ニー、           _`)´  )´ ̄ ニ  ̄` -- '´         __ , -─ '´    
-─‐´ ー__ , -─ー―' ̄  ノ     - ‐ --- -  = ニ-ニ ´    

51


流された慈童は悲しみに暮れながらも王に言われた通り、
授けられた偈を毎朝唱えていたが、
万が一にも忘れてしまうことがあるかもしれないと思い、菊の葉に偈を書き付けた。
その後、この菊の葉にたまった露がわずかずつ落ちていき、
川を流れる水がすべて天の甘露の霊薬となる。
慈童が喉の渇きをおぼえてこの水を飲むと大変甘く、どんな珍味にも勝っていた。

                    _,,-<">">-、-,
                  ,-<,レ< x > +>"`ヽ/ヽ,-,,
                  トーi- >。ノく。:>< >'~-- /,-,┐
                  / >:::o:/":。/< +>o:<_-,,i, ヽ
                  ~"'-""`-,< ::。:< :::。:>o:: >--'
                ,,-''"/< :::o:: >/⌒`^>ヽ"''--">>
               / .: ""'-,,,/ヽ_::o:: >::゚: /--',,,i
               < .:      /ーヽ___/:'::.: ̄  ヽ 。
              /.    _,,,/   /i:::::::  :.    i  
              '~~ '´~ ̄     i.l ヽ_,    :.  i
            +       .     |l   "---,,,,,:,__i   9 
                        i.|       
.                      ゚     |.|        ij
.                。        |.|    c      +

52


不思議なことはこれだけではなく、
やがて、慈童の元に天人が花を捧げに来たり、鬼が手をそろえて彼に仕えるようになった。
それどころか、慈童自身も背中に羽が生じて仙人となってしまった。
さらには、谷の下流の水を飲んでいた三百余軒の人々までもが
皆、病気が治り無病息災の長寿を保ったのである。
時代が移りゆき八百余年の歳月を経ても、慈童は少年の容貌で、老い衰えることがなかった。


                                        ∠二`-=-'"~<.,,,,,_
      (\,,           ,,/)                   ,,=''"~        =
  ハ   (ヽゞ\         /ハ)フ                   ,/            \
  し'  ゝイゞフ\       /ヾ)く       ___,,,,__    _____  lイ ⊂●⊃   ⊂●⊃ 'l,
     (ゝ(ゞッヽ\     /ハヾ)ノ    ノ   `ヽ=, \/~ ,/  /              `iヽ
     ゞイゝヽハヽ )   /イヾ)フ   ハ    ,,,.-`l    <,_    |    ,, .,,人, ,_  ,_    l,
     ヽ (ゞ(ゞ ヾi _,,慈,ハイノヾノ      ∠,,_       \  レ/ ー'"'"    `''' '-   N
      ノ(ゞハヽ〃,ルリレ'ハ ィハシ   ノl    /        ,l, ,/                |
      ゝハソゞフハc,,・∀・)ハノ   (フ   |   ・    ・   V /              | |
    ノ) (ノフノ と)^ |lyl| ^lつ       ,イ    -<>-    て,,/              し(
    (フ  (ノフ 〈_ノ__ノ、__ゝ       (_,,.         ┌'"|               l 
           (__,ノ  )           ゙l''、,_ .y、.,..i_,i-l゙` \,.、     ,.、  : .,、 . /
            し'~ ̄ヽ)        ハ     ! ./゛ `゛   . l }   .i'" ゙̄'';;r'゙ ''- -''''''''ゞィ''"`''i
                     (ノ     `"       ´    `゙゙`゙゙         `゙゙`゙

53


時がたち、三国時代。魏の文帝が不老の霊薬の噂を聞きつけ、勅使を派遣した。
この頃、彭祖と名を変えていた慈童は召しだされ、穆王から教わった偈を文帝に授け奉った。
これを受けて文帝は菊花の盃でもって万年の長寿への祈りを込める儀式を創始したという。
これが現在の「重陽の宴(九月九日、菊の節句)」の始まりであると言われている。


                                      ___    ホウ…
                                    fi^i^i^i^i^f   コレガ 延命ノ薬効ガ
         ハイ、                         [二二二]    アルトイウ 菊ノ盃デスカ
  r‐ュ_,,)ノ     菊ノハナ~                     (.'ハ ' ,,ぅj___ 
  /レ'ノハヽ  。*。o        鐘ヨウ、菊酒ノンデ  .   <lニコく ̄ヽ,/`ヽ,',',',','| |
 /ハc,, ´ヮ)/ヽ※゚。     丕   ナガイキ スルンダゾ    |   ||  `   .l,',',','| |   
   /´ィ´ `>__ノ。゚*°  ( `Д)               .ヽ__/ ヽ_,,,|| ̄ ̄ ̄ |     、
  / ̄|__イ          ( )                ||〈___ヽ_,,,||____|     
  く___|          .ハ           ===l二二二二二二二二二二二二l===







記事メニュー