妬婦津(酉陽雑爼)

最終更新:

3000aa

- view
管理者のみ編集可

 1


晋の泰始年間(265~274)のこと。
劉伯玉の妻に段氏という人がおり、すこぶる嫉妬ぶかい女性だった。
×××××××××××××××××××××××××××××××
===========! ===========! |)川|   |
|┃┏┻┓┃|! |┃┏┻┓┃|! |)川|   |
|╋╋━╋╋|! |╋╋━╋╋|! |)川|   |
|┫┣┳┫┣|! |┫┣┳┫┣|! |)川|   |
|┣┫┃┣┫|! |┣┫┃┣┫|! |)川|   |
|┫┣┻┫┣|! |┫┣┻┫┣|! |)川|   |
|╋╋━╋╋|! |╋╋━╋╋|! |)川|   |
|┃┗┳┛┃|! |┃┗┳┛┃|! |)川|   |     ___r‐‐ p          (())
===========! ===========! |)川|   |    ノ'''' ミミヽ)、     r─── 、)ノ
                      |)川| /      (`Д´ #bノ     |┌─┐(___)、
,__,__,__,_,___,_|)川レ"         (xyx,ヘ       .|└─┘==., \
                  `一''         |__l_ゝ      ゙'┳━━━━┳`

 2


夫の 伯玉は毎日のごとく、
曹植の洛神の賦を愛誦して、妻に語っていた。
××××××××××××××××××××××
                               。   。
その姿かたちの                     《g◎g 》、
翩(へん)なること驚鴻のごとく、          c〈《”0”》〉》っ    / ̄\
その婉(えん)なること 遊龍のごとし。      ~゙《‘ー‘ 州リ~ .,,,,,,,,,,| ロ ロ | ,,,,,,,*,,,,,,,,,,,......................
秋の菊よりも明るく輝き、春の松よりも       < ◇ 《^ヽ      。。‥'''' ""* * * * * * *
豊かに華やぐ。                    / | ⊂〈 〉 .〉    o ゚   ....................   ..........
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄レ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´..... .   し'|∽∽と_/   O  ......................   .................
                                    |ヾ、§)   ○....................  ....................  .....
                              |_ノ ,r〈    `(⌒)  ....................   ....................
         伯       ..................................... 彡|)__/=,|       '(⌒)'(⌒) ....................  .........
        (,,'∀`)    ................................ ...........  |__ヽ__,〉         '(⌒)'(⌒)'(⌒)'(⌒)っっ
        <( )>  ...... .........................................         ぽ わ わ わ わ ~ ~ ん
          | |               ..................................................................................
※洛神の賦→登場する洛水の女神のモデルが甄夫人だなんだといわれている、曹植の代表作。

 3


_______________
|  妻にするならば 、             |
|  洛水の女神さまのような人が   |      |  フン。あなたは その水神サマが
|  良かったなあ…w           |      |  相当お好きのようですが、わたしだって、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ノ ̄ ̄ ̄ ̄       |  神サマになれないことはないんですからね。
                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                               ___r‐‐ p   イライラ…
            伯                  ノ'''' ミミヽ)、
           (,,'∀`)  *             (`Д´ #bノ.   ━┛  ┗━
           <( )>    / ̄ ̄ ̄\     (xyx,ヘ
             | |     '┳━━━┳'     |__l_ゝ      ━┓  ┏━

 4


その晩、段氏は河に身を投げて死んだ。
××××××××××××××××××

                        (´ ;;`)         ⌒'⌒
                       (´ ;;; ⌒)           ⌒'⌒
                       ´´'l|!l!l``
                       q ‐‐、___
                 ミ      (,r'彡〃''ヾ
                      ヾd# `Д´)ノ   ムキーーーッ
                       ゝ y r"
 _,,..-―'"⌒"~ ̄"~⌒゙゙"'''ョ       し ‐‐J     ミ、
゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ
T  |   l,_,,/\ ,,/l  |
,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/
,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /___________________
_V\ ,,/\,|  ,,∧,,|_/ :::::::::::::   ::::::::  :::::::::::   ::::::::  :::::::::::  ::::::::

 5


それから七日目の夜に、彼女は夫の夢にあらわれた。
×××××××××××××××××××××××××××

________________     q ‐‐、___    、
|  あなたは水神さまが         |   (,r'彡〃''ヾ   ×
|  お好きのようですから、わたしも  フ    `d `Д´⊂   ± オホホホホ…
|  水神さまになりましたわ ♪       .|     cゝ y )" .....................
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..................................


                          Zzzzzzz,,,,,,,
                 伯 _⌒'/ヽ___
                / 、⊿/____/
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 6


伯玉は 妻が自分を河へ連れ込もうとしているのだと悟り、
その一生を終えるまで、河に近づかなかったという。
×××××××××××××××××××××××××××
                            q ‐‐、___    、
                            (,r'::::::〃::ヾ     ×
                           `d :;;:::Д:c:.、  ± ホホホホ…
                             cゝ::::::::::)"  .....................
                           .............................. :

                    伯   :::て_ノ
   なんだ、今のは…。)o o  ( ゚ Д゚)  :::<
                  _| ⊃/(____  ガ バ ッ
                / └- (____/~
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 7


以来、その河は妬婦津(とふしん)と呼ばれるようになった。
×××××××××××××××××××××××××××



;,,, - '''' ''':‐-,, ,,
:::::::::::::::::::::::::::::::" ''''‐- ,..,,,...,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::""'' ‐-;;,__
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'"''‐-、
───ーー────ー-"───ー-─’──ー──ーー─────'ー'ー─-ー--ー-─
... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... .... :::::::: ......:::::::::   ...::.:.:.:
 .....::::: .:.::.::. :::::::..        ...:::::.:.::.::.       :::::::  .....:::::.:.::.::.:::::::    :::....
 ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....         ......:::::::.....
:`":"'" ̄'"":..:"'" ̄""'''""""'''"":"'" ̄'"":..`"'';;,.:;:`"`"'':`":"'" ̄'"":..:"'" ̄""'''""""'''"":"'"

 8


ひどい名前であるが、美女が津(しん)を渡ろうとすると、
水神となった段氏が 嫉妬をし、たちまち かざ波を起こすのである。
そのため、この河を渡る女性はみな、化粧を落とさねばならなかった。
(ただし醜い女の場合は化粧をして渡っても、神が妬まないため、無事だった。)
×××××××××××××××××××××××××××××××××××
       lヽ/|/|/|/|/|/|__,
  q ‐‐、___ノ リア充          <_,
 (,r'彡〃''ヾ7   爆発しろっ!!<                  ・・
  `d #`Д´)ア レ'レ'レ'レ'レ'レ'レ'\             ╋━╋
  cゝ y )" :::::::::::::::::::::::::::   。っつっっつっつ゚       __ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    __っ゚ー==っ。つ つ。っっつ     ・・/ ┃  ┃o
              ,,r'"~  __。っつっっつつ゚っっつ。         ┛  ┗  ━┓     ━    __  __
             /    ,,r'"彡三三。ヽ っ。つ っ。つ                   ┗━━  __|  l〃 l〃
           /  //彡≡≡≡ミミ   っ。つ。っつつ            . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;●;;;;;●
         /  /////     ヾヾヾ っ。っっっ             . . . .__:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       / //////       ヾヾヾヾっっ。っ。っ     キャーッ !! . . . (ラテラリ::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /  /////////         i i i彡っっ。つ゚っ        . . . .   ,r∞リレルヽ:::::ぶくぶくぶく;;;;;
彡彡ミ/   ////////// / 彡彡ミミ===彡彡っ。。つ っ。彡彡ミミ彡彡ミミミ 。:('(><br'7o:O彡ミミ彡彡:ミ
彡 /    /////////////彡彡ミミ ≡≡≡彡。つ っ。≡≡彡彡ミミ≡彡彡ミoミ oy,、oミミc ≡彡ミ彡彡ミミ
/     /// i i i i i i i i i 彡彡ミミ彡彡ミミ⊂彡。彡ミ≡彡彡ミミ≡≡゚彡。ミミ≡≡≡彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミミ
彡彡// i i i ヽヾヾヾヾ。ヾヾヾ゚つっっ。三彡彡ミミ三三三三彡彡ミミ三三三三三彡彡ミミ三彡ミ。っつっ。:彡ミ

 9


やがて、この地方では妬婦津(とふしん)にちなんで
こんなことわざが生まれた。
××××××××××××××××××××××××××


   「よい嫁を貰おうと思ったら、妬婦津の渡し場に立っていろ。
                    渡る女のよいか醜いかは自然にわかる」

                                              . . . 、、、  、、、 . . .
    r‐っ__                   ,,,_                : : :(゚□゚ )(゚□゚ ) : : :
    て ttュr)      -ft,fr'ラ-     6=r'ッ シ     , -ー-、     : : : :(  ) (  ): : : :
     r",,__》)    r "ノノ``リゝ     〃 ___,)    〃 ノノ"))
     !c,, ゚ x ゚)    ゝ|| ・∀・)    ゝc ‘ o‘)     | c ゚ - ゚)
     rィ   〉、    .rリ、xyx〉、    r´、xyx〉、   .| r´、xyx〉、

10


________________
自分の作品が元で.           |
後世の人間が死んでしまうなんて |
お前も罪作りなやつだなあ。    |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
                     フヒヒヒヒw
                       サーセンww
                 ×   植        ヽ,(,,_r‐ュ
            丕      o(^A^ )>        ノハヾヽハ
          ( `Д´),  -- ─┴‐┴──- .、 . (` ,,ぅ,,ハ,ゝ
           ( 、、(             .)   ,r'^ヽ_
           <二l> `i=l===========i=l'゙  〈__ゝ
                └.┘       └.┘

11


______________
ま、まぁ、女神のモデルとなった  |  ________________
カアチャンの美しさがそんだけ   .|  |  でも、兄さん。女神のモデル、
すごいってことなんだけどな !   |  |  本当は兄さんだったっていう説も
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~¨   .|  昔から、あるのは知ってる?
                        ̄ ̄ ̄|ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           ´
                 +   植        ヽ,(,,_r‐ュ
             丕      ('A` )        ノハヾヽハ     / ̄ ̄\
          (*`Д´),  --─┴.┴─‐─- .、 . (` ,,ぅ,,ハ,ゝ ∠  え ? |
           ( 、、(             .)   ,r'^ヽ_      \__/
           <二l> `i=l===========i=l'゙  〈__ゝ
                └.┘       └.┘

12


      丕              ┃
    ( `Д´)  ということは…  ┃
     ( 、、                ┃ r'⌒'⌒'⌒''⌒'⌒'⌒ヽ
━━━━━━━━━━━━━━┛ (,     丕      ,)         | こういう
                          (,   r'ノリ゙ハヾ  ウッフ~ン♪    |  可能性も…。
                          (,    (`Д´*し     ,)         ̄ ̄ ̄ ̄レ' ̄ ̄
     ドゥフフフフ…              (,   ,.( ,.>       ,)  ___ヽ,(,,_r‐ュ.______
.                    o O  (,    ,ハ :::::::::::::::....,)  ┃    ノハヾヽハ
            伯           ゝ__,、__,、__ノ   ┃    (Д`;ぅ,ハゝ
           (,,'∀`) シュイン.                    ┃     /´ヽl    u
           ∧‐ll!,)へ シュイン…                ┃     |ヽ_>

13




                   , -───────‐-、
                   |   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。  |
                   `────y───一゙

                      丕
                     (´  ) : : : : : : : : : : :
                     ,へ  ) : : : : : : : : : : : . . .

14


                  ,,,r------.、   , -‐――- .,_
   __,,,,,,,,---――-、   ,r"       i、 ,/'       ゙ヽ、   ┌―、
 | ̄      _、  ゙i  ,r"         V          '、    l   │
 |,,,,,-―''''''"゙゙゙ ,i  / ,i                      i    |  │
     .| ̄~ァ ,l  /  |        ________    i   l゙  ,i
    ,i'  │ ヽ_/  | ̄| | ̄ l/ ̄ 7 |     __,,,,,,,,,,,,,|  l   i'  .!
    ,i'   ,i'      l、_从__ツ   ./ "''''"" ̄          /   ゝ--'
   ,l'   ,i'         ヽ/  ,/              ./    i´""!
   く   ,i'          l  /              /     ゝ- '
    ヽノ           ヽノ \,_          ,r''″    ヽ,(,,_r‐ュ
                      ゙'ー、,_  _,,r‐''"       ノハヾヽハ  っ
      植  ±              ''v"          (´Д`ぅハゝ  っ
     ( '艸`)   ±          、    r            0 y/0ヘ__, っ
      ( )  .±             r( 。Д。)           レ' ̄~ヽ_ノ
      > >              ,へ__ノ丕             〈__,,〉