しんがり 中編

最終更新:

3000aa

- view
だれでも歓迎! 編集

 1


             (´⌒;;)       _|\,/\,/\/\/\/|_
            (´ ;;; ⌒`)      \  えーーいっ!      /
 ━┛ ┗━     ´´'l|!i!|i`゙`     ・  /  縄をほどけっ!!   \
                  ,へ/    ̄|,/\,/\/\/\/\| ̄
 ━┓ ┏━  ミ彡シ《,M,》ミ      
         彡 <、(`∞´)ノミミ∧彡     __|\,/\,/\/\/\/\/\/|__
        彡ゝミ_)#::::Д::)ミミ; ・ \     \   主君を”しんがり”にするとは    /
         `シミ三三三jミ  r、_)    <   おぬしら、武田家臣としての    ≫
           ミ三三三jミ   l         /  誇りは どこにもないのかっ!?  \
   ッ彡彡ミ'´ ̄`し、__)_) _l         ̄ ̄|,/\,/\/\/\/\/\/\| ̄
       l     ソL___」`l」」」ゝ  
      _l    ノ_ィ――-、  ノソ    ╋╋ ━┓
      | r'"/´r''"     | ∧ ゙、.   ┗╋ _乂_j
       | | / /       | | 〉 .〉   ┃┃ ・┃l  
      |__,>‐':::::::::::::::::::::::::::|__,>゙-'         ̄ ̄

 2


                                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  ミミ∧.彡           |  殿…、              |
                 彡ミミ; ・\          |  ここは堪らえどきですぞ。 |
                 ミミ ∧_)         \___  _______/
                彡ミ  l                     レ'
   ッ彡彡ミ'´ ̄`ーfr――='、ミ_l                            ト, ,.イ   
       l     ソL___」 `l」」」ゝ                      r|∪ |‐、
      _l    ノ_ィ――-、  ノソ   ミ彡シ《,M,》ミ       ,_,     <二二> l 
      | r'"/´r''"     | ∧ ゙、  彡 <、(;`∞)ノ     ,r'》 《`ヽ   (`ー´ Lフ 
       | | / /       | | 〉 〉 彡ゝミ_)#::::Д::)     lニニニ ゙i    < l=l ス
      |__,>‐':::::::::::::::::::::::::::|__,>゙-'   `シ:ミ三三三j     (`,、´ ゝ >   ノ_|山|__lカ
                         ミ三三三j     <__乂(t,),_ゝ  〈#,ィ_ #;〉
                         し、__)_)    と(_(_,J    ヒュl ヒュl

 3


               ┏━┓  ┏━┓
               ┣━┛  ┛  ┗┛                   _,,,∧,,_  
               ┃╋╋  ━━┓                 〃ハレ'ル、ゞ ::::::::::::::::::::::::::::::::
               ┃┻┻   \/                  ・  <`∀´,,ぅリ ::::::::::::::::::::::::::::::::
        :::::::::::::::::::::::: ┛┛┗  ー'^ー┘  (  し ん が り )   \と/奇と) ::::::::::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::::::::                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                            ト, ,.イ      , -─────────────-、
                               ,|∪ |‐ 、   . |  おれたちが なにも考えずに   |
       ミ彡シ《,M,》ミ       ,_,      <二二> l   |   たかだか わっぱ一人 の.    |
       彡 <、(;`∞)ノ      ,r'》 《`ヽ   h (`ー´ Lフ  ∠  意見を 鵜呑みに したとでも? . |
      彡ゝミ_)#´Д`)     lニニニ ゙i  (ィj_ナ:l=l ス    `─────────────一'゙
      `シ:ミ三三三j     (`,、´ ゝ >    ノ_|山|__け       ミクビッテモラッテハ コマル
        ミ三三三j     <__乂(t,),_ゝ  〈#,ィ_ #;〉           
        し、__)_)    と(_(_,J    ヒュl ヒュl
                  , -─へ───────────-、
                  |  われわれは殿のことを第一に . |
                  |  考えて、 あえて 奇妙丸殿の   |
                  |  意見に賛同したのです。     |
                  `─────────────一゙

 4


                  , -─────────────────-、
                  |   恥ずかしながら、我ら武田家臣団、   |
                  |   有象無象の豪族連合。              |
                  |   いまだ武田に 忠義 定まらぬ         |
━━━━━━━━━|   不届きものめが 数多く おわします 。   |━━━━━━━━━━
             `─────────────────一'゙


          、へ、        、へ、        、へ、         、へ、
          >__∧        >__∧        >__∧         >__∧     
          (Д‐ ,,)        (ヘ、゚ ,,ミ        (Д‐メ).         (Д゚ ,,ミ   
          ハyハ^ヽ        ハyハ^ヽ        ハyハ^ヽ        ハyハ^ヽ    
         <」う'Lヾ ヽ.     <」とL.ヾ ヽ.     <」つLヾ ヽ.      <」つLヾ ヽ.  
.         ムツとL.,,ヽ__ゝ  . ムツとL.,,ヽ__ゝ   ムツとL.,,ヽ__ゝ   ムツとL.,,ヽ__ゝ 
      旦          旦          旦          旦
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 5


ですが、この撤退戦で
誰もが忌避する”しんがり”の役目を
殿が引き受けなさるとすれば どうでしょう?
━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・                     \∧∧∧∧∧∧∧/
    ____   _|\,/\,/\/\/\/|_                ≦ うおおおおお!≧
    |::コ 掠疾 |   \  今じゃっ!        /     z`'zx─-、     /∨∨∨∨∨∨∨\
    |::l 如如 |   /     かかれーー!! \  (>=(c)===(r_)=={lコ二二>
    |::コ 火風 |    ̄|,/\,/\/\/\/\| ̄      l l,c#`Д´)゙
    |::l 不徐 |                     --  ゝ_ l l+++l |'  
    |::コ 動如 |                      =   =   く_|=∞l,ゝ   ┣¨┣¨┣¨┣¨・・・
    |::l 如林 |    ミ彡シ《,M,》ミ                t|   ィ  :|          \∧∧∧∧∧∧∧/
    |::コ 山侵 |    彡 <、(#`∞)   \ \\..   ≡≡  ゙ ̄~j_ノ  z`”z ー 、  ≦ うおおおおお!≧
    |::l.    |   彡 ゝミ_,)#´Д)     ヽ ヽ ヽ                ´゙l´ニニニl   /∨∨∨∨∨∨∨\  
    |::| ̄ ̄ ̄    t゙ジ~ ^‐ 、  rーvー.、        ┣¨┣¨┣¨┣¨     l,フ,,`Д)
    |::|        /   ト,_j^j=l======l                ─   /´ 7う」二二二フ
    |;;|       く、、___ノ ヽ  `ー^'一'゙  ./\        -----   .ノ__ノ⌒)    
   """"""       く_/て_ノ       /__\.   /\  ー─  (_/し'    (::::)
          v,.,.w,.,.,.,.,.,.v,.,,., ,,        (c ´Д)  ./__\          ┣¨┣¨┣¨┣¨・・・
  v,.,.w,.,.,.jj,.,.,.v,.,,.,,,  ゙              〃⊃━⊃━(c ´Д)━<>          
              v,.,.w,.,.,.jj,.,. ー≡≡   し丶__)   〃⊃━⊃━━<>   v,.,.w,.,.,.jj,.,., ,._

 6


”私(シ)”を犠牲にして”衆(シュウ)”を救う。
信玄公の評価は うなぎのぼり。                     
領民は元より、われら家臣一同も.、                           ____
そのすがたを見て                                      |::コ 掠疾 |
こころより、忠誠を誓うことでしょう。                  ,   ,   、    .|::l 如如 |
━━━━━━━━━━━━━━━━・・・           /1  .1    l'.,    |::コ 火風 |
                                     | l   |l,、_,、_,| |    |::l 不徐 |
                                     | l  /ゝ=ノ .Y    .|::コ 動如 |
          ●                          只 <ニニニ>┐   ::|::l 如林 |
        ∧((∧           ミ《,M,》シミ彡.     ||___(´Д` レ゙ゝ     |::コ 山侵 |
       (,, ´∀`)        <ゝ(´∞`)ノ> ミ.    {t.lL.< l!==!l^ス.    |::l.    |
       ,r'^l、y l、,         ミ(´Д` (彡 ミ.    ||  ノ_|!典i|ぃノ    .|::| ̄ ̄ ̄
       <__,/'∞∨   .rーvー.、 /|'y/  ' ヽ、ジ.     ||  〈#,ィ_ #;〉      |::|
        /__l_|__l|    l======l=く_l二「_,/ \,、   ||  ヒュl ヒュl.       |;;|
                 ゝ_,ヘ___,ノ  /    ヽ,_,,ノ
       ,.,.              ヽ___,,ゝ                   , ,
        |::l                                        /::/
\\           ぃ ̄j               ぃ ̄j       ぃ ̄j   /::/  //
.          ●    l |  ●   ●     ●.    l |  ●   l |    '    
         ∧))∧  .| │∧))∧∧))∧ .∧))∧  | │ ∧))∧ | │ ワー── ッ!
       (    )_/ ./(    )     )(    )_/ ./ (     )/ ./     ワー── ッ!  

 7


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|  うむむむ…。なるほど.、          |
|  一理あるな。                |
|  だがな。我が身の安全のために   .|
|  主君を捨て石に.                |
|  しようというのは関心しないぞ。    |
\_______  _______/
            レ'               ト, ,.イ      
                               ,|∪ |‐ 、    , -─────────────-、
       ミ彡シ《,M,》ミ       ,_,      <二二> l   |   殿。                  |
       彡 <、(;`∞)ノ      ,r'》 《`ヽ   h (`ー´ Lフ  ∠  その点は ご安心くだされ 。   |
      彡ゝミ_)#´Д`)     lニニニ ゙i  (ィj_ナ:l=l ス    `─────────────一'゙
      `シ:ミ三三三j     (`,、´ ゝ >    ノ_|山|__け   
        ミ三三三j     <__乂(t,),_ゝ  〈#,ィ_ #;〉    
        し、__)_)    と(_(_,J    ヒュl ヒュl

 8


 _|\,/\,/\/\/\/\/\/|_,
 \  わかったぞっ!           /
 <  お前たちが、命をかけてわしを  >
 /  守ってくれるわけじゃなっ!!  \
  ̄|,/\,/\/\/\,/\/\/\| ̄`
              期待しておるぞっ!! /

                                    , -─────────────-、
                 ,.              ト, ,.イ     .|  武田は合議を              | 
               /   ♪          ,|∪ |‐ 、   . |  大事にする気風ゆえ.、      |
       ミ彡シ《,M,》ミ   ___,   ,_,,       <二二> l   |  殿が いなくなったとしても    |
       彡 <、(*´∞)ノ.    ,r'》 《`ヽ     (`ー´ Lフ  ∠.  うまく 立ちゆくと思われます.。  :|
      彡ゝミ_)*´∀`)     lニニニ ゙i     < l=l ス    `─────────────一'゙
      `シ:ミ三三三j     (`,、´ ゝ >    ノ_|山|__け          ダイジョウブ !!
        ミ三三三j     <__乂(t,),_ゝ  〈#,ィ_ #;〉  
        し、__)_)    と(_(_,J    ヒュl ヒュl

                  ↑ 穴 山    ↑ 小 山 田

 9


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      |  ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。  |
       \____  _/
             レ'    白状ナ
                     ヤツラ ダ …
       ミ彡シ《,M,》ミ                    i   
       彡 <、(;^∞)ノ                    /    
      彡ゝミ_);^∀^)                  ,. 
      `シ:ミ三三三j                  /       _,彡   
        ミ三三三j               〆   
.        し、__)_)          ,.. , ー'''´               _,彡
                  ,__    ´
                <xァイ           _,彡     び ゅ う う う う う っ …
                  


NEXT