鼠の予言(列異伝)

最終更新:

3000aa

- view
だれでも歓迎! 編集

 1

                  ||        ヽ
       ,. -‐─‐-.、 ||          ヽ      _,,ノ
      /:::::::::::::::::::::::ヽ|           |     ├──‐┐
      |:::::::::::::::::::::::::::l|               |      l二二 二l  
      ゝ;:::::::::::::::::::::ノ|  .,.-‐-、      |     │ヽ│ヽ│、 
        `ー= =- '" ||./:::::::::::::ヽ     |      ┴ヽ┴ヽ└┘
      ,. '"´};-‐-、`ヽ,i':::::::::::::::::::::i      |
      /(゚ .) ''    ヽ:::ll:::::::::::::::::::::|    |     / ̄| ̄ヽ
  __ / ̄~`ヽ、(. ゚) /::::ii::::::::::::::::::::ノ    |     ゝノ 、_ノ
 (::::::)        <::::::ノゝ;::::::::::/     |
    丶、._,. -‐一 7/\ `''''''       |     ──┐
        `ヽ  /::|::|::::ヽ         |      ヽ-'゙
         |::|ヽ_/::::|::|::::::ヽ.           |     ̄ ̄| ̄~ノ
        |::|: : :::::|::|::::::::::|          |        __|
        |::|: : ~~|::|~~~~~|.          |
        |::|: : :::::|::|   丿、         |     ─┴─
       /~~⊃:⊂~~l─┘ l          |      二二
         l,l,l,| :  |,l,l,l |::|  |         |     | ̄ ̄|
          : |::|  |::|  |          |.      ̄ ̄~
            : |;;| .:. |;;|  |          |      /)  /)   ∧
             :{ }.:{ }  |         ゝ、  /  ⌒  ヽ  / /
          :| ) : | )  ノ           /,)| ●_ ●  |<  <
          :ー'  : ー'              ゝ(〇 ~  〇 | >  >
          :   :                    |ー--と   =|/ /

 2


魏の斉王、曹芳の時代に、
中山の王周南という男が襄邑県の知事をしていたときのこと。


\∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
< アイゴー!           >
< 知事のお仕事は大変ニダ .>
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

                 _,,,∧,,,_    っ
                〃ハレ'ル、ゞ    っ  せっ せっ
                <`Д´,,ぅリ,,  っ  
    (,)三三三)    __φ奇と) |/__      せっ せっ         \∧∧∧/
    (,)(,)三三三)  /(__)/二二l~'[_]  ,イ                     <::::::> 
   (,)(,)(,)三三三) `┳━━━━━┳'                     <::::::> 

 3


ある日とつぜんネズミが執務室にある
小さな穴から とび出してきて、声をかけた。
                               ,. -‐─‐-.、          
                              /:::::::::::::::::::::::ヽ        
                              |:::::::::::::::::::::::::::l            
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      ゝ;:::::::::::::::::::::ノ  .,.-‐-、   
  |  王周南、お前は          |        `ー= =- '"  /:::::::::::::ヽ  
  |  某月某日をもって死ぬことに  フ     ,. '"´};-‐-、`ヽ,i':::::::::::::::::::::i   
  |  なっているぞ。           |      /(゚ .) ''    ヽ:::ll:::::::::::::::::::::|  
  \______________ノ  __ / ̄~`ヽ、(. ゚) /::::ii::::::::::::::::::::ノ  
                         (::::::)        <::::::ノゝ;::::::::::/  
                            丶、._,. -‐一 、/\ `''''''    
                 _,,,∧,,,_            `ヽ  /::|::|::::|      
                〃ハレ'ル、ゞ            |::|ヽ_/::::|::|:::::|.      
                <`Д´,,ぅリ,,         (___) |:::::(___)::|
    (,)三三三)    __φ奇と) |/__           (~0~〇_~)    \∧∧∧/
    (,)(,)三三三)  /(__)/二二l~'[_]  ,イ           __|::|~~|::|     <::::::>
   (,)(,)(,)三三三) `┳━━━━━┳'            (__j  l_つ   <::::::> 

 4


しかしネズミは周南にとりあってもらえなかったので
残念そうに 穴へと帰っていった。


      _         __           〃 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~\
    /::::::::ヽ      /::::::::ヽ           |  ウリは取り込み中ニダ  |
   /:::::::::::::::::::l_,,. -,,,,‐┴、:::::::::::l          |  あとにしてニダ        .|
   l::::::::::::::::/::::/⌒ヽ-'丶_;:/          ゞ_____  _____ノ
   ヽ:::::::::/::::::::/       ヽ                   レ'
    `- /::::::::::l ノ    \_,l   ・・・。
      l::::::::::::l (●), 、(●)、l                _,,,∧,,_  ,,
      l/⌒ヽl  ,,ノ(、_, )ヽ、∠                 〃,ルレ'ハゞ |/ 
     (   ┐ /     ヽ l               リリc,,`Д>'.[_].┐
     ヽ  ヽ  `-=ニ=- '/ /                l´ つゅ''' 7 |
   ∧∧ヽ  \、 .`ニニ´//            (,)三三三)./ー─'  | 
  <::: `ヽ  ー-- ´ィ               (,)(,)三三三)┳━━┳'  
  <:::::::|    /:>               (,)(,)(,)三三三)
  <::::::::::::::::>

 5


やがて 死を予告された日になるとネズミは再度、現れた。
今回は前回と違って、冠をつけて黒い衣を着ていた。

 \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
 <   おっは ようか~~ン♪           >    ,. -‐─‐-.、
 <   周南、お前は今日の昼に          >    /:::::::::::::::::::::::ヽ
 <   死ぬことになっているんだぜぃ♪     >    |::::::|∨∨∨∨|         \ 、
 <   アヒャヒャヒャヒャヒャヒャ          >.    ゝ ::|。+ ◎ ゚ * |  .,.-‐-、     ××
 /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\      `|。o。o。o。d/:::::::::::::ヽ.     ┼┼
                                   ,. '"´};-‐-、`ヽ,i':::::::::::::::::::::i     ┼┼
                                   /(゚ .) ''    ヽ:::ll:::::::::::::::::::::|.     ┼┼
                                __ / ̄~`ヽ、(. ゚) /::::ii::::::::::::mm    .ナナ
                               (::::::)        <::::::ノゝ;:::::c、_ j    '
                            ,,,_,,_,,,_,, 丶、._,. -‐一 7/\ `''''/:/--ー 、,,、
                 _,,,∧,,,_       〃;;;;;;;;;;;;;;ヽ、   `ヽ  /:::::::::二二r´   _  ノ:ソ
                〃ハレ'ル、ゞ     l/=' ==‐ヽ;ヽ   |::|ヽ_/::::::::::::|  f,。、.'゙,.。,`';;:;;l
                <`Д´,,ぅリ,,   ,i<o>r<q,>レ┤ (___) |::::::::::::::::|   {`フ_, ` ゙ ノィj
    (,)三三三)    __φ奇と) |/__   l,ィニ'=ニゝ 6.l  l⌒ヽ(~0~〇_~) !lニニヽ `1. l⌒ヽ
    (,)(,)三三三)  /(__)/二二l~'[_]  ,イ.   ヽ l_」 ィ ~ヽ_ノ    __|::|~~|::|    ヽ`=〃,' ィ'ヽ_ノ  |
   (,)(,)(,)三三三) `┳━━━━━┳'     ` ーu'´u ,,)  . (__j  l_つ     ̄u u ,,)

 6


しかし、周南、まったくとりあわない。
ネズミはバツが悪そうにして 元きた穴へと引き返していった。

              _ _ _ _,
┃┃┃┃_┃「∨∨∨∨'|__┃┃            〃 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~\
┃┃ /:::::::゙ヽ|。+ 6 ◎ *9|:::::::ヽ ┃┃         |  これを今日中に終わらせないと   |
┃┃/::::::::::::::::: |。o。o。o。od::::::::::l ┃┃         |  民事が滞ってしまうニダ。      |
┃┃l::::::::::::::::/::::/⌒ヽ-'丶_;: / ┃┃         ゞ_____  _________ノ
┃┃ヽ:::::::::/::::::::/       ヽ.┃┃┃┃                レ'
┃┃ `- /::::::::::l ノ    \_,l┃┃┃  ぬ ーーー ん ・・・
┃┃┃ l::::::::::::l (●), 、(●)、l ┃              _,,,∧,,_  ,,
┃┃┃ l/⌒ヽl  ,,ノ(、_, )ヽ、∠                 〃,ルレ'ハゞ |/ 
┃┃┃(   ┐ /     ヽ l               リリc,,`Д>'.[_].┐
┃┃┃.゙ヽ  ヽ  `-=ニ=- '/ /                l´ つゅ''' 7 |
   ∧∧ヽ  \、 .`ニニ´//            (,)三三三)./ー─'  | 
  <::: `ヽ  ー-- ´ィ               (,)(,)三三三)┳━━┳'  
  <:::::::|    /:>               (,)(,)(,)三三三)
  <::::::::::::::::>

 7


またしばらくするとネズミが穴から飛び出してきた。

         , ─────────────── 、        、   ,        ,         , ,
       /                         : \     ,_N\∧ノl/\/|_M/Vi_/|,ヘ/\///|_,
| ̄ ̄|_/                         :  \   \  やいやい周南!             /
|   |    ..............      テポドン         :  ) }  <  お前の寿命は今日の正午までだ!  >
|__| ̄丶 :::: :::::: :::::.... ....... .....            :  /   /  ざまあみろwwwwwwwwwwwww  \
       \ :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::: /    ´⌒`/W ̄|/ ̄\N ̄\/∨ ̄l/レ¨W ̄|/⌒`
         `─(⌒つ───────⊂⌒)──‐'
           ⊂⊃       / ̄\ ⊂⊃                  ,.-────────‐- 、
            |:::|/ ̄\__|::::::::::::::| |:::|   /                |  うっさいニダよ。    |
            |:::|:::::::::::::::::::::::___|/ /::/   /.      /         |   静かにするニダ。  |
            ヽ:\_::::::::::/\, ,/| /::/       /          `────┐ r───一'゙
             \:::::::|::/ (・), 、(・)/:::/                _,,,,∧,,_      レ'
             /|::::/( |\__●::/          __  ─  〃,ルレ'ハゞ        仕事ニ
            / |:://\\ +  |::::/_               リc,,`Д´> ,,      集中デキナイ ニダ
            ̄\○   \\_|/:::::...\   (,)三三三) ___ (つ奇φ |/
          /:::/|/ ̄ ̄ \_) ̄ ̄\\ (,)(,)三三三) \(__) ヽ二二ヾ~[_]\
                              (,)(,)(,)三三三) `┳━━━━━┳'

 8


周南に突っぱねられたネズミは
寂しそうにしながら、先ほどと同じように 元きた穴へと戻っていった。

┃┃┃┃_┃┃┃┃┃┃__           
┃┃ /:::::::゙ヽ┃┃┃ /::::::::ヽ           
┃┃/:::::::::::::::::::l_,,. -,,,,‐┴、:::::::::::l         
┃┃l::::::::::::::::/::::/⌒ヽ-'丶_;:/         
┃┃ヽ:::::::::/::::::::/       ヽ                    せっせっ 
┃┃ `- /::::::::::l ノ    \_,l   ぐ す ん               せっせっ
┃┃┃ l::::::::::::l( ●), 、(●)l                  _,,,∧,,_  ,,
┃┃┃ l/⌒ヽl ,ノ、(、_, )ヽ、∠                 〃,ルレ'ハゞ |/  カキカキカキ…
┃┃┃(   ┐ (:::::)    ヽ l               リリc,,`Д>'.[_].┐
┃┃┃.゙ヽ  ヽ  `-=ニ=- '/ /                l´ つゅ''' 7 | イソガシイ
      ヽ  \、 .`ニニ´//            (,)三三三)./ー─'  |  イソガシイ
      r---、  ー-- ´ィ----、           (,)(,)三三三)┳━━┳'  
 ───UUU─────UUU──        (,)(,)(,)三三三)
     =三三三三三三三三三

 9

ネズミは無視されるたびに穴へと引っ込み、飛び出しては先ほどと
同じように台詞を吐き散らす。これを幾度となく 繰り返した。

\_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_/
<  周南!いよいよ正午だ!        >
<  お前が死ぬのは今、この瞬間だ!!>      \l∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧l/
⌒レ'⌒VWY⌒Y⌒VYV⌒YWY⌒Y⌒YVヽ.|⌒       <  周南!お前の寿命は今、   >
         「∨∨∨∨'|::::ヽ                <  まさに尽きようとしているぞ! >
   _, -::‐-.,..|。+ 6 ◎ *9|:::::ノ                 /l∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨l\
  〃:::::::::::::: :|。o。o。o。odー'゙              ,,,_,,_,,,_,,             .. --ー 、,,、
. i:::::::::::::::::::::::::'i,r´,-‐-;{`゛' .,            〃;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、       r´   _  ノ:ソ
 |:::::::::::::::::::::::::ll:::,    '' (. ゚)゙i             l/=' ==‐ヽ;ヽ      f,。、.'゙,.。,`';;:;;l
  ゝ::::::::::::::::::::ii:::゙i (゚ .) r'´~ ̄\ __       ,i<o>r<o,>レ┤       {`フ_, ` ゙ ノィj
   \:::::::::::;,.ヘ::::>        (::::::)       l,ィニ'=ニゝ 6.l l⌒ヽ  !lニニヽ `1 l⌒ヽ
     ''''''` /\ r 一‐-、_. ノ          ヽ l_」 ィ ~、_ノ   |   ヽ`=〃,' ィ'ヽ_ノ  |
       |::::|::|:::゙i  / ,∩、            ` ーu ' u ,,)           ̄u u ,,)
        .|:::::|::|:::::゙i,_/、_(JJJ )) \_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_/
       |::(___):::::|`ー─''     < 周南よ!正午は過ぎてしまったが    >
      (~_〇~0~)         Z   お前は太陽が沈むまでに どのみち   Z
        |::|~~|::|         <  死んでしまう運命にあるのだ!!    >
      と_l j_つ       ⌒レ'⌒VWY⌒Y⌒Y⌒VYV⌒Y⌒YWY⌒Yヽl⌒`

10


ネズミがそうこう 出たり入ったり叫んだりを 繰り返しているうちに
とうとう、日が暮れてしまった。
                .   
                                    カァー カァー…
                        ⌒⌒
             _,,,...:-‐‐=-.'.:,丶        ⌒⌒      
 .           ,r'";; ;;      ;;\,,.....,
          ,,r'";; ;; ;,,,     ;;; , ;;; ;;;,`'::,、           .................
        ,:r';;; ;; ,;;; ;;      ;;    ;; ;;; ,;; `':,、    ........::::::;;;;;;;;;;;;;;;:::::::.........
      ,r'";;;,, ,,;; ,,;;;, ,,,,      ;  ;;  ;; ,, ;;, ;;`';;、_:::::::::::::::;;:''      ''';;;:::::::::::::::
    ,r'";;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;; ;,,, - '''' ''';‐-,, ,,      ;;, ;;`';;、_:::;;;''        '';;- ''""
  ,r'",,,;;;;,, ,,,,,,;;;;;               " ''''‐- ,..,,,...  ′,, -‐- ,... ...--‐‐''''"
 ,r'  ,,,,;;;;;       " ''''‐   ...:;;;             /'       ̄
   "'' -‐‐‐-,..,,.,,,,;;;;;  ;"'.,      , ;,        ノ''         .,,._.
;;;;;;,,,   ,,,,;;;;;            ;::      ,, ;;,  ....゛゛;;;;;;:::;:
 ;;;;;;; ;;;,,; ;;;; ;;;;; ;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,
WWWwwwjij,,.、,iijiiywiijiiyyviiijwiijijywWwwiiyviiijwiij..,..viiijwiijijywWw,.,,.wywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','

11


すっかり 疲労困憊になってしまったネズミは
あきらめたようにこう、つぶやいた。

                                ,. -‐─‐-.、          
                               /:::::::::::::::::::::::ヽ 
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       |::::::|∨∨∨∨|      
  |  周南、お前が返事をしないなら .|.       ゝ ::|。+ ◎ ゚ * |  .,.-‐-、     
  |  俺はもう、何も言うまい。     |.         `|。o。o。o。d/:::::::::::::ヽ.  
  |  お前はお前の思うがままに    フ       ,. '"´};-‐-、`ヽ,i':::::::::::::::::::::i   
  |  生きればいいさ。           |      /(゚ .) ''    ヽ:::ll::::::::::u:::::::::|  
  \______________ノ  __ / ̄~`ヽ、(. ゚) ;::::ii::::::::::::::::::::ノ  u  
                         (::::::)        <::::::ノゝ;::::::::::/  
                            丶、._,. -‐一 7/\ `''''''    ぐ っ た り
                 _,,,∧,,,_            `ヽ  /::|::|::::|      
       カキカキカキ   〃ハレ'ル、ゞ      u      |::|ヽ_/::::|::|:::::|.  u     u
                <`Д´,,ぅリ,,         (___) |:::::(___)::|    
    (,)三三三)    __φ奇と) |/__           (~0~〇_~)    
    (,)(,)三三三)  /(__)/二二l~'[_]  ,イ     u  u   __|::|~~|::|     u   ;
   (,)(,)(,)三三三) `┳━━━━━┳'            (__j  l_つ   

12


そう 言い終わるや否や、ネズミはひっくり返って
死んでしまい、身に着けていた衣服も一緒になって消えてしまった。
周南が役人に取らせてネズミの死体を調べてみると
どこといって普通のネズミとは違うところがなかったという。

                      ・・
                  ━╋━               ・
                  ┃┃┃ ワ ワ ~ ン !!      (
                                      )
       結局、ナニヲ                      ((⌒  ;;~)        (;;;~)
        シニ 来タ ニカ?                 (⌒ ) (⌒ ;; )
                 _,,,∧,,,_         ゞ (;;´(´⌒ ;; ,(;;(;;⌒`)/      
                〃,ルレ'ハゞ         ((~ ;;       ;;; (;;;;~⌒`)  ★
                リc,,`Д´>,,    ★ そ´     r'⌒)  ;;    ;;;;))ノ
    (,)三三三)    __φ奇と) |/__    `(´ ;; ;;,  (・::x:::::::)フ  j⌒ヽ  ) ;;)   ★
    (,)(,)三三三)  /(__)/二二l~'[_]  ,イ   rソ        |::::::ヽ_  |  ノ  ;;;` 、‘
   (,)(,)(,)三三三) `┳━━━━━┳'    (~ ((´    ouu::o;;)_ノ   ;;;);; ;;)`;;)

13


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|   もしも 幽霊や妖怪のたぐいに           |
|   出会ったとしても相手にさえしなければ     |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
|   別段、どうということもないっていうお話ね 。 | . |  きっと ネズミさんは 寂しくなって   |
\___________  _______/  |  死んじゃったニダね。            |
                  |_ノ            \_____ _________/
                                         レ' 
.       ,へ, '´ヾ゙ヽ.                                カワイソウニダ 
      ( 〃, ' ⌒ヾ                           _,,,∧,,,_     、 、
       ゞヘリ,, ‐∀) n           | ̄ ̄ ̄|        〃ハレ'ル、ゞ    キキ
         _,r'^l、y,l、(E)     /~ ̄ ̄|捜神記| ̄~\    <`∀´,,ぅリ    ┼┼
         ゝ__,イ==.l_,ノ   ))  (.     |三三三)   )     _l奇,r`i    ナナ
         /J 《 》l.         `i=l===========i=l゙      (_つ.し'_,)
        ん、_》_》」        └.┘       └.┘                糸冬







記事メニュー