「みつどもえ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

みつどもえ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 &font(#6495ED){登録日}:2009/11/30(月) 22:53:00
 &font(#6495ED){更新日}:&update(format=Y/m/d D H:i:s) &new3(time=24,show=NEW!,color=red)
 &font(#6495ED){所要時間}:約 6 分で読めます
 
 ----
 &link_anchor(メニュー){▽}タグ一覧
 &tags()
 ----
 
 [[週刊少年チャンピオン]]から別冊少年チャンピオンに移籍した桜井のりおによる漫画。
 日本一似てない三つ子の小学6年生、丸井三姉妹を中心とした人々を描くギャグ漫画である。話数は「〇〇卵生」。全19巻まで刊行した。
-下ネタ要素は『ロロッロ!』に、ラブコメ要素は『僕の心のヤバいやつ』に引き継がれる事になった。
+下ネタ要素は『ロロッロ!』に、ラブコメ要素は『[[僕の心のヤバイやつ]]』に引き継がれる事になった。
 
 内容は一言で言えば変態。作者の桜井のりおが変態なので仕方ない。尤も読者も変態ばかりなので無問題。当然、登場人物も総変態。
 初期は浦安鉄筋家族風な絵柄だが、2巻半ばあたりからムチムチしたたまらん肉感に変わっていった。
 浦安風の絵が苦手なら3巻あたりから読むのも良いだろう。
 
 
 【登場人物】
 
 丸井家
 
 ・[[丸井みつば]](CV.[[高垣彩陽]])
 三姉妹の長女。
 性格はドS…なのだがドSになりきれない一番の弄られキャラ。つまりドM。
 ある回から急激に食べ物への執着心を燃やすようになり、順調に腹部が成長している。通称、雌豚。
 重度の運動オンチながら相撲であればふたばをも負かす。
 公式体重は92キロ。
 
 ・[[丸井ふたば]](CV.[[明坂聡美]])
 三姉妹の次女。
 頭は弱いが力は最強。
 同雑誌に連載中の漫画に登場するオーガや原始人に匹敵すると思われる。
 絵が得意だが、みんな巨乳になる。ちなみに乳首丸出し。
 おっぱい星人であり特技はカップを当てる事。自身も巨乳である。
 因みに14卵生以降年中下着姿。
 
 ・[[丸井ひとは]](CV.[[戸松遥]])
 三姉妹の三女。
 性格は根暗。友達0。戦隊ヲタ。いたずら好き。そしてエロス。
 下腹部に固いモノがある。
 本人は静かに暮らしたいのに、周りが濃すぎるので巻き込まれる…と言うが十分本人も変態である。
 貧乳だがほっぺにおっぱいを持つ。
 ひとはのほっぺと雌豚の腹が、肉感の要因と筆者は踏んでいる。
  
 ・[[丸井草次郎]](CV.天田益男)
 三姉妹の父親。
 見た目犯罪者なので、よく職質される。
 若い頃はイケメンだった。月日は残酷である。
 
 
 【三姉妹の同級生】
 
 ・[[杉崎みく]](CV.[[斎藤千和]])
 セレブなピョンピョン女。
 みつばにライバル心を抱いている…が、いつの間にか仲良し。
 みつばの盗撮に情熱を燃やす変態。直にパンツを観ようとした事も。最早ライフワーク。
 
 ・[[吉岡ゆき]](CV.[[豊崎愛生]])
 眉毛な腐女子。
 知り合いを勝手にカップリングする。性別や年齢は関係ない。愛の形は人それぞれだよね!
 眉毛を剃ると15分間ふたばになる。
 不器用なりに歩み寄ろうとしたした結果がこれだよ!
 
 ・[[宮なんとかさん>宮下(みつどもえ)]](CV.大原桃子)
 うっとうしいチェホン・ウーマン。
 ひとはの下半身をまさぐる、男子のズボンを強奪するなどの変態。
 ディフェンスに定評のある宮本。
 そよっ
  
 ・[[松岡咲子]](CV.葉山いくみ)
 オカルト大好きおかしな子。
 特技は供養。全身経文。
 如何なる展開も供養エンドに持っていく。
 距離を置かれがちだが、意外と淋しがり屋だったり。
 
 ・[[佐藤信也>佐藤信也(みつどもえ)]](CV.三瓶由布子)
 ふたばの嫁であり影のヒロイン。
 パンツを被り息を荒げる複乳好き。
 エロ本を堂々と机に置き、セーラー服からスパッツやスカート&ニーソックスまでもを使い分け、親友の母親に手を出すなど常軌を逸した変態。
 常に貞操を狙われている。
 
 ・[[千葉雄大>千葉雄大(みつどもえ)]](CV.山本和臣)
 漢の中の漢。エロスの求道者。
 女子の下品な行いに悩む佐藤に対し、「それがいいんだろ」と答えた漢。
 
 
 【佐藤が好きでしょうがない隊】
 ・[[緒方愛梨]](CV.[[茅原実里]])
 恋する暴走機関車。通称おがちん。
 パンツはいてない。
 その行動はまさに変態だが、一途で可愛い。
 また兄に関わる時は本当に可愛い。
 繰り返すがパンツはいてない。
  
 ・[[伊藤詩織]](CV.[[井口裕香]])
 恋する腹黒お嬢さん。
 一番の危険人物。
 こちらも一途だが怖い。そこが可愛い。
 佐藤くんに近づく奴はぶっ殺しちゃうもん!
 
 ・加藤真由美(CV.内田彩)
 特にありません。
 2年生時、誰よりも先に独自にストーカーをしていた。
 おがちんの下半身が気になってしょうがない隊。
 
 
 【先生・家族など】
 
 ・[[矢部智]](CV.[[下野紘]])
 6年3組の担任。通称やべっち。
 生徒の胸を触る、生徒に顔を埋める、生徒に陰部を見せる、生徒のブルマを脱がす、女子生徒達と風呂に入ろうとするなど変態問題教師。
 よく机の下にひとはがいる。ひとはの心を落ち着かせるやべっちの下半身である。
 生徒に一刻も早く死ぬべきと言われた哀れな男。
 
 ・杉崎麻理奈(CV.[[井上喜久子]])
 杉崎家の母。変なモノ好きのセレブ。
 みつばのファンで、みつばがむしゃむしゃするのが可愛いのでよく家に呼ぶ。みくも便乗して家に呼ぶ。
 変態だが美人で巨乳なので問題無い。6巻のおまけ絵はご褒美以外の何物でもない。
  
 ・杉崎龍太(CV.高山ゆうこ)
 みくの弟。小学1年生。
 戦隊好きでひとはと意気投合する。
 ひとはとは肌着を見せあう仲。
 ふたばとみつばに貞操を狙われた。
 
 ・チクビ(CV.斎藤桃子)
 作中で連呼され弄ばれ愛撫される。
 ひとははチクビ大好きである。
 
 ・ネコ
 拾ってきた捨て猫。
 最初はネコと呼ばれ名前が無かったが、後にチブサと名付けられた。
  
 ・緒方一郎太(CV.[[梶裕貴]])
 おがちんの兄。警察官。
 全力でシスコンだよ。
 
 ・吉岡紗江子(CV.南央美)
 吉岡ゆきの母親。PTA会長。
 夫に近づく女は誰であろうと(5才児だろうと)許さない。
 風紀に厳しいが本当は熟れた体を持て余す団地妻。
 
 ・吉岡純次(CV.志村知幸)
 吉岡ゆきの父親。ジゴロ。
 昼間から家で酒を飲むダンディー。太ましい眉毛は娘に継がれた。
 職業はジゴロではなく絵本作家。でもゆきちゃんには内緒だよ!
  
 ・佐藤あかり(CV.三瓶由布子)
 佐藤信也の母親。なぜかレイプ目。
 
 ・佐藤絵理
 佐藤信也の姉。弟のファンの方。
 
 ・千葉和美(CV.山本和臣)
 千葉氏の母親。
 息子のエロ技を見守り、サポートする母親。息子がそのまま成長したような人。
 あかりちゃんと同じ女子校に通ってた先輩。
 
 ・栗山愛子(CV.斎藤桃子)
 保健医。ドジっ子ってレベルじゃねーぞ!
 ヒロインの予定だったが色々無理でした。
 
 ・[[海江田先生]](CV.寺田はるひ)
 6年1組担任。三十路(一本手前)。
 必死。色々必死。
 だがそこがいい。ババァ結婚してくれ!
 高校時代はかなりの美少女だった。
 
 ・桜井のりお
 作者。女性。前述の通り変態。
 かつて赤塚賞を受賞しながらチャンピオンに来た猛者。
 しかしチャンピオンで開花した…というかチャンピオンでしか開花できなかった作風なので正解だったのだろう。
 パンツへのこだわりは熱い。
 一人で描いているらしい。
  
 ブログもやっているので覗いてみて欲しい。
 
 
 余談だが、他作品タイトルをパロッたサブタイが多い。
 
 例
 ・神の三十路る世界
 ・賭博主婦録 買い時
 ・さよなら鉄棒先生
 など
 
 
 
 6月10日からWebラジオ「3ちゃんねる」も始まった。
 パーソナリティは丸井三姉妹と矢部っち。矢部っちが毎回窮地。
 ついでに言うと分割2クールだっ
 
 アニメ第二期「みつどもえ増量中!」が8話((ただし、一話がガチレンジャーである為、実質7話))で無事最終回を迎えたが、特別編が放送されるとのこと。
 
 1期のEDである『夢色の恋』は本編とうって変わって浄化ソングである。
 2期のEDである『ランドセリング』は本編と世界観に合った電波ソングである((最終話のEDでは、最後に出てくるチクビが、6-3のクラスに変わっている))
 他にも、1期9話で流れた「美しく青きドナウ」、2期4話でひとはが溺死ry&bold(){ひとは「死んだようなエンディングやめて…!」}…した際に流れた「NEARER MY GOD TO THEE〜三つ子edition〜」。
 2期7話で、流れた『「アルルの女」第2組曲より〜ファランドール〜(終演部)』などがある。
 
 追記・修正して私にプリンをよこしなさいよねっ!!
 追記・修正してほしいっス!
 追記・修正なんて無意味だし不必要だよ…
 
 #include(テンプレ2)
 #right(){この項目が面白かったなら……\ポチッと/
 #vote3(time=600,1)
 }
 #include(テンプレ3)
 
 #openclose(show=▷ コメント欄){
 #areaedit()
 - 加藤ちゃんは恋愛より友情を選ぶほどのいい娘だろ!  -- 名無しさん  (2014-10-08 02:16:13)
 - これ作者女だったのかよ…内容が内容だけに男かと…  -- 名無しさん  (2016-01-25 21:28:19)
 #comment
 #areaedit(end)
 }