魔女の碑文【解答編】(うみねこ)

登録日:2010/08/27(金) 00:56:21
更新日:2019/04/15 Mon 17:21:32
所要時間:約 6 分で読めます




碑文についてはこちらへwiki.aniota.info


07Expansionうみねこのなく頃にに出てくる魔女の碑文の解答がEpisode7にて明かされた。
この項目はその解答を記載するためネタバレを避けたい人はご注意を、尚編者の文に誤解等があったならば直ちに修正を宜しくお願いします。







懐かしき、故郷を貫く鮎の川。
黄金郷を目指す者よ、これを下りて鍵を探せ。
川を下れば、やがて里あり。
その里にて二人が口にし岸を探れ。
そこに黄金郷への鍵が眠る。
鍵を手にせし者は、以下に従いて黄金郷へ旅立つべし。

第一の晩に、鍵の選びし六人を生け贄に捧げよ。
第二の晩に、残されし者は寄り添う二人を引き裂け。
第三の晩に、残されし者は誉れ高き我が名を讃えよ。
第四の晩に、頭を抉りて殺せ。
第五の晩に、胸を抉りて殺せ。
第六の晩に、腹を抉りて殺せ。
第七の晩に、膝を抉りて殺せ。
第八の晩に、足を抉りて殺せ。
第九の晩に、魔女は蘇り、誰も生き残れはしない。
第十の晩に、旅は終わり、黄金の郷に至るだろう。
魔女は賢者を讃え、四つの宝を授けるだろう。
一つは、黄金郷の全ての黄金。
一つは、全ての死者の魂を蘇らせ。
一つは、失った愛すらも蘇らせる。
一つは、魔女を永遠に眠りにつかせよう。
安らかに眠れ、我が最愛の魔女ベアトリーチェ。





まずこの碑文を説くためには金蔵の故郷がどこかが解らなければならない。
エピソード1等で戦人達が推理した小田原は間違いであり、実際の故郷は台湾である。
これを解いたクレル(一応クレルとしておく)は源次から教えられたが、
これを以前のエピソードで察するには金蔵が台湾原産のビンロウを好んでいる所から読みとるしかない。

次に故郷を貫く鮎の川。台湾には129本もの河川がある。主要な河川は、
濁水渓、高塀渓、淡水河、大甲渓、曽文渓、大吐渓
の6本である。しかしよくよく考えれば鮎は淡水魚であり、川であれば何処にでも住めるのだ。川の考えは間違えだったのか、
しかし淡水と言う言葉に関係が有るかとも思われ、淡水河を調べると淡水河は台北から港湾都市“淡水”に向かって流れていた。
しかしこれ以上調べても進展はなさそうだったので新たに視点を変えクレルは、“川から連想する何か”を考える事にする。
川のように国を貫いて流れ、上り下りもある……


それは鉄道である。
台北から淡水港までを結ぶ鉄道、淡水線。日本統治下の1901年に開通し現在も台北捷運淡水線として使用されている。駅名は

台北駅、
長安駅(旧名、大正街駅)、
双連駅、
大同公司駅、
円山駅、
剣淡駅(旧名、宮ノ下駅)、
土林駅、
石碑駅(旧名、唭哩岸駅)、



金蔵の住んでいた当時は駅名は旧名だった。

現石碑駅、旧唭哩岸駅には碑文の
“里”や更にその後の“岸”も見当たる。
また、“二人が口にし”とは其と里に口偏がついている。つまりこれが黄金郷への鍵である。


鍵は手に入ったが“第一の晩に鍵の選びし六人を生け贄に捧げよ”とある。唭哩岸では六文字ではないため、生け贄が成立しない。
クレルはこれを今までと同じく言葉遊びと確信し“別の読み方”で六文字になると考える。

実はキリガンは日本語読みであり現地の人は
Qilianと発音する。
これで六文字、鍵は完成する。


しかし何から生け贄を“殺す”のかが解らない。なので“第十の晩に、旅は終わり、黄金の郷に至るだろう”という碑文の黄金の郷に注目。
郷をキョウと読み、これを京と読み解く。(この京にたどり着く過程についてクレルは六軒島の地の利から京に思い当たる点が有るらしい)

京はケイと読み、数字の一十百千万億兆京、つまり京と読む。

第十の晩が1京ならば第一の晩には十分の一され千兆となる。

千兆の英語
Quadrillion

第5のゲームの戦人の推理通り11文字である。
六軒島礼拝堂には
“お前は千兆分の一でしか祝福されない。”
という意味の英文がレリーフに書かれていて、文字は鍵になっている。
普段は差し込まれた状態になっているが、引き抜いたり回すことが可能。
この11文字から鍵のQilianを生け贄に捧げる、つまり鍵を引き抜く。
Quadrillion

ここから“寄り添う二人を引き裂け”なので隣り合っているdrのrを右へ1つ移動し離す。
Quadirllion

次に“誉れ高き我が名を讃えよ”なので、残されし文字を並べ替える
Qlaoirldiun
残されし文字はLord u
uは右代宮の頭文字を示し、右代宮卿の意味となるので我が名を讃えたことになる。

あとは頭、胸、腹、膝、足を抉りて殺すだけ。
つまり左から順に生け贄(鍵)を抉りて(回して)殺す(引き抜く)。

全ての鍵が引き抜かれた状態になったので……
“魔女が蘇り、誰も生き残れはしない”
こうして仕掛けが作動し礼拝堂の入口二つと四隅に置かれているライオン像が向きを変え、黄金の隠し場所である礼拝堂裏の秘密の地下通路へと案内される。
地下室の扉には以下のように記されている。
第十の晩に、旅は終わり、黄金の郷に至るだろう。


これを解読したあなた、追記・修正お願いします。
黄金の魔女 ベアトリーチェ

この項目が面白かったなら……\ポチッと/