地名

ケイオス各地のロケーションを記しています。
このカオス界は東西南北のエリアで区切られる事により、それぞれ異なった風習や環境が見られる。
陸はそれぞれ「East・C・Land」、「West・D・Land」、「South・M・Land」、「North・S・Land」、そして「Central・A・Land」と呼ばれる。
なお当ページではカオス界にある名所のみを紹介するため、それ以外の世界については下記の関連ページの項を参照。



East・C・Land

東の国。
四つの国の中で最も平和とされるが故に住居人が多い。
いつも人々が戯れているのもこの場所と察していいだろう。
真中の「C」は混沌(Chaos)を意味する。

名前 概要
寄宿舎
十六夜喫茶店
色泉
カオスホール
マイテイ国
マイテイ神殿
バルザハウス
カッチコッチな森
DDDラジオ塔
カオスラジオ局
デデデ城デデデ城(新)
カオス駅
マックリア
フレアチューバー株式会社
ソーディアンガレージ
ディーラー・アンノウンカオス
亜空軍文化新聞本社
Kハウス
Mr.ワンナップリンの愉快なアームズカンパニー
SIVA博物館
紅魔館
KGB
林檎ホーム
米沢城
俊の武器工房
レゼリア国
月見浜町
石韮探偵事務所
朧里
filet
カリレア カオスホール付近にある小さな町。
特にこれと言って大したものはないが、中央公園は憩いの場として有名である。
マイテイ人、エドメアにより壊滅。
スターフォックス農園
アルカノス魔法学校
悪魔城
鳩の国 風の国の占領下にあった小国。村や町とほぼ相違がない規模で、世界政府からは国家として認識されていない
平和の象徴、鳩をシンボルにしている
とある神に対して厚い信仰を持ち、伝統を重んじ、平和をこよなく愛する民と誇らしげに自らを語るが、
その実は閉鎖的、徹底した保守と狂信と評しても余りある程の民族主義者
その思想ゆえにマイテイ人を始めとした一部の人種、チキュウオチ、魔女などを迫害し続けた歴史を持つ
現在はとある悪魔の仇討ちがため国土は焦土と化し生存者は風の国へ移住している
ホテル『メリック』
地の国 -ティエラシア-



West・D・Land

西の国。
東とは対になる危険地帯が多く存在する。
真中の「D」は危険(Dangerous)を意味する。

名前 概要
クッパ城
悟史のテントと墓
荒れ果てた荒野 およそ500年前、この地にて大戦争が繰り広げられた伝説がある。
その出来事があった故か、不思議なことにこの地には草木が一本とも生えない。
モララーユークの決戦の場として有名にもなった場所でもある。
メルディン王国 世界政府加盟国。
西方面で最も人口密度の高い王国。首都は『アルマ』。
自然に恵まれた裕福な国で湖に囲まれている。国王は不明。
しかし新時代機関の反対デモを起こしていた為、彼らに目の敵にされ、超兵器で王国ごと崩壊。
現在跡形もなく消滅している。
森林
森閑の泉
ディア大森林 いずれの国家の領土にも属さない大森林。森林とはまた別の位置に存在する。
伝説の魔物が封印されているとされ、ディア大森林の守護神として祀られている。
魔素濃度が高く下級から上級まで様々な魔物が棲息し、未だ人類未踏の地である。
暗黒城 ダークマスターの本拠地。
ジョーカー曰く、闇の宮殿から西の方角に存在する。
城内は闇の宮殿よりも暗くて広く、当時(闇の再来編)、城内にはカイズ、エンペラー、ダークマスターの強大な力を有する三名のみがいた。
スーパーカイズと住人たちとの激闘の末、現在は廃墟と化している。
現在は誰とも分からぬ者が、この場所で佇んでいるらしいが・・・。
闇の宮殿 ダークマスターの本拠地とも言える場所だが、実は本拠地ではないことがジョーカーにより判明された。
8つのダークスターがなければ入ることができない(無論、アオたちにより解放された為、現在は普通に入ることができる)。
当時(闇の再来編))はダークマスターの部下であるランペルシニガミダスバツガルフ、ジョーカーの四名が待ち構えていた。
闇の逆襲編では、影虫率いる闇の軍団が一時的に支配していた。
宮殿内は薄暗く、沢山の部屋がある為迷いやすい。
何者かが、決まった日に決まった時間だけ最奥部に鎮座しているとの噂がある・・・。
エッグマン本拠地
ディスティーノ城
武神の墓
カレドラ王国 世界政府加盟国。
西方面では三番目に栄えた王国とされているが、七神衆ゼネアの襲撃を受け壊滅。
ビコーズ 風車の街。
西方面の環境では少し珍しくのどかな生活風景が見られる。
マイテイ人、06により壊滅。
ディクティターキャッスル
ハンター協会West・D・Land支部
火の国



South・M・Land

南の国。
一年中静かで穏やかな日々を過ごしている。
真中の「M」は穏やか(Mild)を意味する。

名前 概要
天上山 カオス界が誕生した時代から存在していたとされている世界で一番高い山。
氷山の反対の位置にあり、近くには森がある。
現在、月のようなものがここを中心に漂っているとの噂があるらしい・・・。
更に、何者かが決まった日に決まった時間を徘徊しているとの噂がある・・・。
大金像
ビッグブラックタワーアイランド
4Dカオスレーシングアイランド
崖下の洞窟
砂漠 カオス界南方面に広がっている大砂漠。
並大抵の広さではなく、目印となるものも殆どないので迷いやすい危険地帯。
さらに年中通して灼熱の暑さが砂漠全体を被っているので水分対策は必須である。
点々と人骨が放置されており、今までこの地で倒れていった者の人数は数知れない。
ある場所にピラミッド遺跡も存在しているが中は明かりが無い上危険な仕掛けが多数あり、非常に危険。
デデデの手により砂漠の一点箇所にデデデアンダーグラウンドロードへの入口が開通した。
最近破砕のグランバイダによって砂漠の一部分が巨大なクレーターだらけとなってしまった。
時計塔
海郷橋
ノット・ノット "躊躇の大橋"と地元では謳われている。
およそ500万個以上のレンガを使用され造られた大きなアーチ橋。
橋の周辺には巨大な建造物があることで有名な街があるが、マイテイ人、リュウギンにより壊滅。
キュラリア
水の国
デッドエンド



North・S・Land

北の国。
名所が極端に少なく、その環境を利用し主に大軍を引き連れる組織などが隠れ家を築いている。
真中の「S」は留まり(Stay)を意味する。

名前 概要
氷山 カオス界に聳え立つ氷山。
遠くから見るとそうではないが、間近で見るとかなりの高さ。
気温は常にマイナス50℃を下回っており、カオス界でも有数の極寒地帯。
頂上からはカオス界ほぼ全域が一望でき、その眺めは一級品。
一時期はシルヴィ軍が占領していたが、氷山にいる軍はアキナガの配下と毛利元就によって壊滅している。
最近になり、デデデの手により麓にデデデアンダーグラウンドロードへの入口が開通した。
何者かが、決まった日に決まった時間を徘徊しているとの噂がある・・・。
ポケモンリーグ 四天王とチャンピオンの5人と戦える場所。
ポケモントレーナーの頂点であり、ポケモンの最高機関である。
全てのジムバッチを集めた者だけが挑戦できる。
カオス界のポケモンリーグは北の方に位置しており、夏でも肌寒いところである。
リーグ内の施設にはフレンドリィショップやポケモンセンターなどがあり、挑戦者を家まで帰してくれるケーシィもいる。
シャルール・ブルク
マンシュテイン 大規模な広さを誇る繁華街。どちらかと言うと北東方面に位置する。
北では珍しく発展した繁華街として有名であるが、マイテイ人、ザックスにより壊滅。
風の国
雪の国 -サフェドシア- 亡国。かつては終わるこのない冬の中精霊の加護を経て生き延びて来た王国
その規模は建国当時風の国と並び、鉄壁の防御を誇る難攻不落の強国であった
代々『エデン』へ通ずる『道』を見通す魔眼を持つ王妃が国を納めていたとされ、
故にこそその王妃は紛れもなく人でありながらにして『神』同様に讃えられていた
西暦1413年。この眼の存在を恐れたとされる帝国ヴィンタニアとの150年に渡る長き戦争の末、敗れ去る
王都こそ滅び去ったが、帝国の本命であった王妃コルネリアの遺体は発見されなかったという
獅邦街区



Central・A・Land

カオス界の中央。
真中の「A」はあらゆるもの全て(All)を意味する。

名前 概要
世界政府本部『メビウス』
聖国『コスモス』 聖なる土地と謳われる大国。
5年に一度『首脳会議』が開催され、各国の王族や政府上層部が一堂に会する。
デデデアンダーグラウンドロード



Sky

空に浮かぶ名所。

名前 概要
大覇王クッパ城
天空界 地上遥か雲の上にある天空の世界。『天界』とも呼ばれる。
天空界には天空都市という大都市が存在し、主に天空人などの種族等がそこで暮らしている。地上との交流はあまりない故に、他族を非常に珍しがる。
空中庭園ヴリオニア
浮遊巨木ユグドラシル
機械の月



Core

世界の核に存在する唯一の空間。

名前 概要
カオスルーム


関連ページ

トップページへ戻る