イーパーリーズー【いーぱーりーずー】

大人の業界用語。

いい意味で!【いいいみで】

浅野真澄の口癖。どんなコメントもプラスの意味に変える魔法の言葉。
悪口じゃありません。
  • (英語訳)in a good sense!
  • (中国語訳)好意思!
  • (独逸語訳)Ich meine nicht so!

委員長【いいんちょう】

「人は変わる」といういい例である。
同義語に「学級委員」もある。

遺影【いえい】

福圓美里の写真。

イエス!アスミス【いえすあすみす】

「ひだまりラジオ」で松来未祐が何となく発した一言。そのまま阿澄佳奈のあいさつに定着した。
最近仕分けされて役目を終えた。

イカ【いか】

迂闊にモノマネするもんじゃない。
炙って評価されたいもの。
黒崎真音の大好物。

生き涼【いきりょう】

「長嶋はるか×広橋涼×悠りょう」で広橋涼がいない時に現れる。

イグツォーネ【いぐつぉーね】

明坂聡美が命名した井口裕香の愛称。

石【いし】

明坂聡美を見かけても石を投げないでください。投石はやめてください。
物理攻撃だけは本当に勘弁な!!

伊集院華子【いじゅういんはなこ】

明坂聡美の別名。本人によると理想の名前らしい。
あけちゃんのネーミングセンスって…

一眼レフ【いちがんれふ】

カメラが一個ってこと。

いちゃいちゃ【いちゃいちゃ】

  1. 「花澤香菜のひとりでできるかな」の花澤香菜と作家の坂本君。
  2. 「明坂聡美の超ラジ!Girls」の明坂聡美と作家の松。
  3. 「Radio 4Gamer」→「Radio 4Gamer Tap(仮)」の岡本信彦とマフィア梶田。
  4. 「れい&ゆいの文化放送ホームランラジオ!」の松嵜麗と渡部優衣。
パーソナリティと作家や同性のパーソナリティ同士は、長い間ペアを組むことによってしだいに仲良くなっていき、やがて番組中でもいちゃいちゃするようになる。
もともと親しかった4の2人は、本番中にいちゃいちゃしすぎて、ゲストで来ていた優木かなに「(そういうのは)家でやれ!」と一喝されたことも。

イチャイチャしやがって!【いちゃいちゃしやがって!】

番組内で目に余るいちゃいちゃが見られるとこう書き込まれる。
元ネタは某ラジオでの(o・∇・o)の発言。

胃痛タイム【いつうたいむ】

  1. 「久保ユリカが1人しゃべりなんて胃が痛い」のこと。
  2. 「TrySailのTRYangle harmony」(別名:夏川椎菜がお子ちゃまお姉さん2人のお世話で胃が痛い。)のこと。

一ヶ月読みません【いっかげつよみません】

何らかの理由で明坂聡美とリスナーの間に結ばれる約束。ネタかと思いきや、本当に名前しか読まれない。
実況板では「出禁」「謹慎」などと呼ばれる。罰でなくご褒美との見方もある。

一週間を生き抜くための30分【いっしゅうかんをいきぬくためのさんじゅっぷん】

丹下桜のRadio・A・La・Modeのこと。
かつては日曜の夜(21:30→21:00*1)の放送であったことから。

一発ギャグ【いっぱつぎゃぐ】

映像があっても火傷しがちなのに音声だけじゃ大火傷確定である。

イナゴ【いなご】

直翅目バッタ亜目イナゴ科に属するバッタ類の総称。
昔、交通が発達していなかった頃の内陸部の地方では貴重なタンパク質の源として食用に供されていた虫であり、現在でも長野県などでは佃煮にされて食べられている。
「A&G NEXT BREAKS FIVE STARS」火曜日では、パーソナリティの深川芹亜が事あるごとにイナゴの佃煮を食べさせられていた。

違法アップロード【いほうあっぷろーど】

番組の著作権者以外がインターネット上に番組をアップロードする行為。
YouTubeやニコニコなどの動画投稿サイトが台頭し始めた2000年代から、各放送局が頭を悩ませている問題である。
言うまでもなく犯罪であり、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金またはその両方が科される(著作権法119条1項)。また、アップロードされた動画や音声を違法なものと知りながらダウンロードすることも、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金またはその両方が科される(著作権法119条3項)。
勿論、放送局側から損害賠償を求められる行為であり、大きな代償を払う羽目になるので、いかなる理由があろうと絶対に行ってはならない。
「エジソン」初代パーソナリティの花江夏樹・日高里菜がナレーションを務める違法アップロード防止啓発のCMが2017年~18年に流れていたことがあった。さらにその後「エジソン」では2019年3月16日放送の「未来ソケット」コーナーにおいて、弁護士の深澤諭史氏を招き、違法アップロードに関するガイダンス特集を行ったものの、その後この放送自体がアップロードされていた、というなんともな事態が起こっていた。
無論、公式がアップロードしている場合は違法ではない。
近年は、タイムシフトを含むRadikoプレミアムや超!A&G+を録音・録画できるフリーソフトもあるが、くれぐれも楽しむのは録音者だけにすること。また録音・録画で楽しむことは自分のみであっても、あくまでもリアルタイムでの視聴・聴取を念頭に置いている放送局側からすれば喜ばしくない行為であることも肝に銘じておきたい。

幻想殺し【イマジンブレイカー】

井口裕香が使える技。

癒し【いやし】

超!A&G+においては探しに探してようやく見つかるもの。
例:木曜26:30・土曜(15:30→)14:30・日曜21:00
かつて火曜25:30に「癒し枠」扱いされた番組があったが、相対的にそう見えてるだけであった。

イワオ【いわお】

ポケモン赤緑で最初に戦うジムリーダー。
ヒトカゲだと苦戦する。

岩崎さん【いわさきさん】

天才CMプランナー。
練馬区在住。

岩手県【いわてけん】

上のほうにある。

インコ【いんこ】

  1. 高森奈津美が、愛して止まない桜咲千依を呼ぶ時の呼び声。「チヨチャン!!」
  2. 三宅麻理恵が叫ぶ(ex.マタワタシノコトバカニシテー!!)時の様子。
いずれも裏声に近い甲高い声で発言し、文字で表現する際は半角カナ文字とする。
そして遂に、鳥(インコその1)が鳥(ホンモノ)を鳥(インコその2)と誤認する事件が勃発。当然のことながらシンデレラ一門、プロデューサー陣から総ツッコミを受けることに。

飲酒【いんしゅ】


インターネットラジオ【いんたーねっとらじお】

インターネットで配信されているラジオ番組のこと。通称ネットラジオ。
大きく分けて、タイムテーブルに沿って時間通りに放送されるものと、ネットクラウド上にファイルがアップされて好みの時間に聴けるものがあり、超!A&G+は前者(他サービス例としてニコニコ生放送・YouTube Liveなど。)に、AG-ON Premiumは後者(他サービス例として音泉・響など。一般的に多いのはこちらのタイプ。)に該当する。

超!A&G+は定時の放送のほかに一部番組でリピート放送を行っているが、さらに一部の番組ではファイルアップ方式での配信を行っている(権利の都合上、本放送では流された一部の楽曲がカットされる場合がある一方、逆におまけ要素が付加される場合もある。)。ネットで地上波ラジオを聴取できる「radiko」では、プレミアム会員となることで過去1週間の放送をリピート聴取することが可能となり、実質的に地上波の「乙女心♡症候群」「スマギャン」などのネット配信となる。
2019年10月現在、
  • 「ラジオどっとあい」「MAN TWO MONTH RADIO」「おはなしNOTE」「おざなり」などはAG-ON Premium
  • 「あいのなか」「K-WAVE Radio」などはYouTubeのチャンネル内
  • 「洲崎西」「あどりぶ」などシーサイド・コミュニケーションズ制作番組はニコニコ動画内のシーサイドチャンネル
  • 「晴レルヤ」「トラハモ」などセカンドショット制作番組はニコニコ動画内のセカンドショットチャンネル
  • 「ホムラジ」はニコニコ動画内のあみあみチャンネル
で配信されている。
また、AG-ON Premiumでは「本気!アニラブ」「おはなししません?」などのおまけ放送が配信されている(詳しくは他媒体での配信がある番組で。)。
マリン・エンタテインメント制作番組では「天才軍師」「Mラジ」がサイトでの配信を従来から行っていたが、2016年12月からは新たに「ドリシア」「だのラジ」「みかっしょ」「ガルハイ」「ゆのみ」がニコニコでの配信を開始した*2

インテンション【いんてんしょん】

鈴村健一が、2014年5月1日にマネージャーとアーツビジョンから独立して立ち上げた事務所。
少数精鋭の事務所であり、所属タレントは代表取締役社長である鈴村を含めて5人(2018年1月現在)。
+所属のA&Gパーソナリティ。過去含む
  • 東山奈央(2014.04.01までアーツビジョン、1か月のフリー期間を経て、設立日の2014.05.01から所属)
  • 櫻井孝宏(2014.07.20から)
  • 鈴村健一

イン・・・さん【いんなんとかさん】

『とある魔術の禁書目録』に登場するモブキャラ(CV:井口裕香)。
実況スレではこのキャラのAAをもって井口の発言とすることが多い。
ジェネオン・ユニバーサル公式である。

インフルエンザ【いんふるえんざ】

毎年秋から翌年春先にかけて流行する、インフルエンザウイルスを病原とする急性の呼吸器感染症。
声が仕事であるA&Gのパーソナリティにも毎年のように罹患者は出てしまい、生放送に代理パーソナリティが呼ばれたり、複数いる番組では欠席状態での収録となったりする。
優木かなは「ホムラジ」の出演予定を2度もインフルエンザで吹き飛ばしたことがあり、番組Twitterでネタにされたことまである。
スタッフの誰かが罹患したりすると、他番組のスタッフが応援に駆り出されることになり、発症のタイミングによっては総入れ替えという事態にもなる場合もある。
基本的には、空気が乾燥し抵抗力の落ちる冬季に流行する病気であるが、ウイルス自体は一年中存在しており、夏季でも罹る人はいる。

淫夢【いんむ】

エッチな夢のこと。
黒沢ともよが2019年の春になってから毎週のようにFS内でネタにしていた。しかし、実況板(というかネット界隈全般)では、専ら、言わずと知れた有名なホモビデオの事を指すため、黒沢が発言するたびに「彼女もソッチの事に興味があるのか」と曲解する実況民が続出していた。
月曜FS最終回では、放送開始直後にあふたーとーく用のメールテーマとして「リスナーが最近見た淫夢」を募集することが発表され、最終回の悲しみに対して身構えていた実況民に大きな衝撃を与えた。
ともよ「スタッフ正気か?」
井口裕香も、昔の「む~~~ん」内で「女性声優とエッチな事をする夢を見た」と爆弾告白し、実況スレでは「相手が誰なのか」と推測合戦になったが、今となっては真相は闇の中である。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。