新妻【にいづま】

こむちゃでキーワードが必要になると出現する。
井口裕香の笑いの取りどころ腕の見せどころ。

二階からつぶやきシロー【にかいからつぶやきしろー】

思うように聞き取れなくてもどかしいこと。
二階でぼそぼそつぶやく声はなかなか聞こえづらい、という様をさす。

ニコミチュウ【にこみちゅう】

「水原薫の今夜もパプリオーン!」の番組内で作られた煮込んだピ◯チュウ。
間違っても任天堂に通報してはいけない。

西家の恥ずかしい事を喋るラジオ【にしけのはずかしいことをしゃべるらじお】

洲崎西」及び「西明日香のデリケートゾーン!」のこと。
常識的に考えれば、親戚になど到底紹介出来ないレベルの内容なのだが、正月につみくん(西家の父)自ら「明日香がソロラジオやってんでー」と公式チャンネルの動画を見せびらかし、親戚はコメントひとつひとつを音読しながら見ていた。

にしのふぇ【にしのふぇ】

寺に生まれた打ち止めの子が初めて喋った言葉。

日曜日【にちようび】

週末曜日であり、多くの放送局は月曜日を起点日と、この曜日を末日として番組を編成している。多くの場合、放送機器・設備のメンテナンス作業時間がこの曜日の深夜に充てられていることから、基本24時間放送である地上波でも放送が休止される。超A&G+は他の曜日より1時間早い27:00(以前は26:00)で放送終了となる。
超!A&G+においては、かつては他の曜日と同じくレギュラー番組の開始時間は16:00であり、06:00~16:00は主に平日の番組のリピート放送が編成されていた。また、「アニスパ」や「こむちゃ」のリピートが組まれていた時期もあった。
2016年4月には初の週末帯番組の「A&G GIRLS BEAT♪ Queenty」が始まり、これ以降、16:00以前の時間帯にもレギュラー番組が徐々に組まれていき、リピート放送の割合は改編期を迎えるごとに減少していった。
2017年4月からは、初の昼時間帯の地上波サイマル生放送番組「阿澄佳奈のキミまち!」が開始(2019年4月に土曜夜へ移動)。
2019年4月時点では、9:30以降はすべてレギュラー番組が編成されている*1。22:30以降はすべて男性パーソナリティの番組で占められており、水曜日、金曜日と並んで女性リスナー向けの編成となっている。
「ラジアラ」が日曜の時代は、多くの実況民にとって22:00で終わる曜日であった。

2020年4月改編で18時30分から21時30分まで実に3時間に及ぶ「平原の時間」が誕生してしまった。

日刊スポーツ【にっかんすぽーつ】

「ムラカミ記者のアニメ!!パンチ」のパーソナリティ、村上幸将が所属する新聞社。
アニメ記事に力を入れており、超!A&G+のパーソナリティの日替わりコラムや「A&G NEXT GENERATION Lady Go!!」パーソナリティのインタビュー記事が掲載されたりしていた。
また、アダルト面にもアダルトゲームの紹介記事が掲載されることも。

日本コロムビア【にっぽんころむびあ】

戦前より続く老舗音楽レーベル。アニソンや声優アーティストに強みを持つ。
超!A&G+的には「A&G ARTIST ZONE 2h」水曜日、「THE IDOLM@STER STATION!!+」、「村川梨衣の a りえしょんぷり~ず♡」や「伊藤美来 まるっとまとめ!」のスポンサー(一部は終了)として知られる。
「Lady Go!!」関連楽曲もここから出ている。
余談だが日本コロムビアの楽曲は某所の生放送でも流せるため、「コロムビア様を讃えよ!!」「サンキューコッロ」などとコメントされる。他の会社にも見習ってほしいものである。

煮干し【にぼし】

東山奈央の好物。
毎年2月14日は煮干しの日(語呂から)である。断じて男が恋人からチョコレートを貰う日ではない。

煮ポテト【にぽてと】

明坂聡美作の料理「デスバーグ」のお供え物で、水を入れすぎて制作の過程で溺れている。
食べるとりんごのような音がする。

日本【にほん】

県の数が16だったり都道府県の数が48だったりワープゾーンがあったり東京と大阪の間に空白があったりする。
A&Gパーソナリティに日本地図の都道府県穴埋めをやらせると、大抵は悲惨なことになるのでやらせてはいけない。
地理

日本一ちょろい声優【にほんいちちょろいせいゆう】

洲崎綾の事。
文化放送内で見ず知らずのおっさんに助けられただけで好きになる(洲崎西第91回より)。
スケベ爆発中のぺっちゃんだからそうなるのも頷ける。

入館証【にゅうかんしょう】

関係者以外立入禁止の区域に入るために必要な証書。多くの場合、カード大のものを首から下げて携帯する。
これが無いと文化放送の社屋に入れず、警備員に止められる。
財布から出すのが面倒だからと、高田純次の後ろについて行こうとしても追っかけに間違われるだけ。
基本的に番組のレギュラーになると発行され、レギュラーから外れると返却しなくてはならない。他番組へのゲリラ的ゲスト参加を生きがいにしている者にとっては、必死に死守したいアイテムである。
鷲崎健はスタッフとして作ったため、顔写真入りのものを所有している。
田村ゆかりは2017年のファンクラブイベントで「文化放送に必ず戻ってくるという決心から入館証を返していない」と語っていたが、本来は前述通りレギュラー番組が無くなったら返さなければならない物である。

ニューギン【にゅーぎん】

パチンコ・パチスロメーカー。文化放送番組内ではパチンコ・パチスロは基本ネタにならない。
「井澤・立花 ノルカソルカ」「M・A・Oと鈴木~傾いて候」「ニューギングループpresents 義風堂々!!〜音語り〜」の旧スポンサー企業。
2017年3月末で番組スポンサーからは撤退し、それまでに「ノルソル」以外の番組が終了。その後「ノルソル」はAG-ON Premiumで番組予算を確保しようと動いていたが、こちらも2020年1月で番組が終了した。

人間掛け算【にんげんかけざん】

所謂「カップリング」のこと。
出典は「本気!アニラブ」での立花理香の発言。
使用例:人間掛け算が捗る

人間鳥【にんげんどり】

「超!CUE!&A」水曜日第21回放送で宮原颯希が変貌してしまった(という体の)姿。


最終更新:2020年05月10日 19:48
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。