プクリン

No.040 タイプ:ノーマル/フェアリー
特性:メロメロボディ(接触技を受けると30%の確率で相手をメロメロ状態にさせる)
   かちき(能力を下げられると特攻が上がる)
夢特性:おみとおし(相手の持ち物がわかる)
体重:12.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
入手可能ソフト:RSE/FRLG/DPt/BW2
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
プクリン 140 70 45 85 50 45
ゴクリン 70 43 53 43 53 40
ピクシー 95 70 73 95 90 60
  • 第五世代まではC種族値が75だった

ポケセンお手伝い HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
初代 250 5 5 35 105 50
2代目 103 60 86 60 86 50
3代目 140 70 45 85 50 45
プロ 255 10 10 75 135 55


3時のおやつ HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
プリン 115 45 20 45 25 20
ソフトクリーム 71 95 85 110 95 79
グミキャンディー 110 65 75 125 85 30
こんぺいとう 65 90 120 85 70 60
わたあめ 82 80 86 85 75 72

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) どく/はがね
いまひとつ(1/2) むし/あく
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ゴースト/ドラゴン

プリンにフェアリータイプ(ドラゴンに抜群)が追加されることになりました
ドラゴンとゴーストが無効になって悪虫が半減、格闘は等倍に収まって弱点は鋼と毒
実質増えてしまったが、今までメジャーだった格闘の弱点を克服したのは嬉しい
また似たようなピクシー系統もフェアリーが追加されて結局はプクリンの居場所がなくなるのではないかと恐れられたが、
そんなことはなくピクシーはノーマルからフェアリーへと完全にタイプを変えた。
その為、プクリン系統はルリリを除けば唯一のノーマル/フェアリーという個性を手に入れたのであった。
↑ランダムで使ってるんだけど、こいつのタイプが認知されていなさすぎる。
(ギルガルドの事例ばっかりだが)妖精単だと思って影打ちやシャドボ打ってきたり、、無単だと思って(鋼技持ってるのに)聖なる剣打たれたり…
↑あと特性追加も認知されてなさすぎる。かちきの可能性があるのに普通に威嚇もち(主にクチート)を後出しされたり。

またXYから、プクリンの通常第二特性として「かちき」が追加された。
まけんきの特攻版。この特性はゴチルゼルも同様に手に入れている。
さらに特攻種族値が75から85に上がった。
↑図鑑であれだけ毛皮についてアピールされてるし、個人的にはファーコート追加ってのもありだったと思う。
……仮に実現していたら物理耐久がとんでもないことになりそうだが
↑弱点が物理に多い属性(毒・鋼)だから、かなり有用だとは思う。ドラゴンの逆鱗なんかを読んで出てきて、嫌がらせを仕込むことは出来そうだね
また、努力値もファーコトに防御面を任せつつ、特防にも幾らか振れるメリットが生まれたところだろう。
勝ち気やお見通しも、勿論実用性がある特性だとは思うけどね。

ピッピが同じ厨特性「フレンドガード」を得た。
単純な耐久面では再生回復やコスモ、さらに素の耐久でも負けているという完敗状態だが、
ピッピは滅びの歌を覚えない。技一つでポケモンの有用性が決まってくる非常に良い例である。

ポケナガではオイチのベストリンクポケであり、初期メンの一匹である。
しかしぶっちゃけただの体力バカであり、火力もいどうも高くない。
月の石さえ手に入ればプクリンとなり、大分戦いやすくはなるが…
手に入る前に他のポケモンに乗り換えてしまった人も多いだろう
↑弱すぎて早急にプクリンに進化させたところプリンのおまもり逃した。
まあ進化させても微妙だったけど。負けないで!

アニポケ新シリーズにてラッキー、ハピナス、タブンネに次ぎ、カロス地方のジョーイさんの相棒に抜擢されたのがまさかのコイツ。
フェアリー追加や種族値変更などの追い風を受けての抜擢だろうが、今までパッとしなかっただけあって、何とも言えない違和感を覚える。

素晴らしい特性を貰いました!!!・・・・・・・・・・・プリンがorz
進化したらおみとおしって・・・それはギャグでやっているのかと
↑だがしかし、XYで竜無効化のフェアリーが追加されたから、にほぼ安全に持ち物検査が出来るという長所を得た
交換を読まれて毒突きやアイアンヘッドをぶち込まされるリスクはあるにせよ、相手にとっては厄介だろう。多分。

目立たなかった彼だがポケダンで
いい役をもらう事ができた。この実力が本家にもあれば・・・・
「ぼくは あくのだいまおう♪」
↑いつの間にかいなくなった落書きプリンとかハーリーの極悪プクリンがいたから、
目立たなかったことはないと思うのだが。え、ゲームの話だって?
↑プリンとプクリンって憎めない悪役なんだな。まぁ、ポケダンは違うか。
↑↑↑久し振りにポケスタ金銀やってたら、裏チャレンジカップ6戦目のイタコのウメが「たあー!」と言いながらププリンを繰り出してきた
これはまさか……!?

HPの高さを生かした耐久型が使いやすいだろう、半減できるタイプがないため受けは厳しい
↑半減無い上に、同じく抵抗力の少ないハピナスやパルシェンみたいにどっちかの防御面がバカ高いわけでもないしな。
ホエルオーと防御特防ほとんど同じだから耐久は結局防御特防に振って並程度・・・
ちなみにHPに振るより防御特防に分けて振ったほうがだいぶ硬い。全部振って一番硬くなる配分も防御特防252。
↑でも、実際使う場合防御特防252って振り方微妙じゃね?
耐久振るならHP252で防御か特防252の方が使いやすい
HP防御252だと、意地っ張りグロスのコメパンを食べ残し込みで2発、陽気ゴウカザルのインファイトを1発、耐える
まぁまぁの耐久力
↑しかし対であるピクシーは防御特化で意地っ張りグロスのコメパンを食べ残し無しで確3、意地っ張り猿のインファを確2と上回る
しかもあっちのほうが素の特殊耐久が上という
↑プクリンも同じ確定数じゃね?
ピクシーが簡易習得できるつきのひかりすらないのに、場合によってはたまごうみまで使われてしまう
プクリンは防御特化すると特防がかなり紙だし、やはりコイツで受けをするのは・・・
できなくないけどコイツでやる意味も薄い

そんなことより、プクリンの白い模様が口の上までかかっているせいで、どうしても髭面にしか見えないんだが…
↑遠近法(?)で眼の大きさが違く見えるせいでゾンビみたいに見える初代グラよりかはましだろう

こいつの進化前は、だいぶ前まではアニメで結構な頻度で登場していた書き逃げ常習犯だったということを何人の人が覚えているだろうか・・・
↑懐かしいなぁ。カラクリ大王の回以降とんと姿を見かけなくなって昔からアニメを見ていた俺は少し寂しくなった。

ちなみにあまり知られていないがこいつの進化前のプリンのHP種族値は意外にも115もある
エンテイ、ドサイドンと一緒でマンムー以上
風船ポケモンは基本的にHPが高めなのか…ハリーセン?だれだっけ?

ちなみにこいつ、初代では ななしのどうくつ(3・4世代で言うハナダのどうくつ)に野生で出る。
多分他の石進化ポケモンも出るはず
↑青版ピッピ「僕は何故採用されなかったんだッピ」
↑↑初代攻略本にも「ハナダのどうくつ」ってあったからななしのどうくつという名称があることを今知った…
ちなみに石進化ポケモンは、初代にのみライチュウが出るな
↑BWの揺れる草むらでプクリン出現。FLですらボツにされたのにここに来て復活。
その他ピクシー、ニョロボン、ムシャーナ、チラチーノ、エルフーン、ドレディアも出現。
図鑑埋めのためだけに貴重な石を消費する機会が減った。
↑最上 初代ではプリンに月の石を使うと月の石で進化するポケモンをそろえられなくなる
プクリン、ピクシー、ニドクイン、ニドキングと、月の石で進化するポケモンは4種類いるのに、
月の石は1カートリッジにつき3個しか手に入らない
↑お月見山とポケモン屋敷のドロップで5個じゃなかったか?

BWでの夢特性は『おみとおし』。こだわり系アイテムを見通せれば、後手でかなしばりすることで相手の交換を強制させられる。
かなしばりの命中が100%になったのも嬉しいところか。
↑この特性の登場により、ポケダンのプクリンらしさが更にUPしたんだぜ!

BWのグラフィックはどう見ても飛び跳ねすぎである。
↑ぽんぽんぽよ~んって感じで飛び跳ねてるのは、寧ろ可愛いすら思う

声優は小林ゆうらしい
↑ちなみに進化前のプリンはかないみか。…あれ?これなんてデジャブ?
↑かいりき/ねがいごと/じこあんじ/かわらわり@ふといホネのプクリン♂を作るしかないな。
↑全 調べて解った。時報がいるアニメのことか。
↑全 画伯「呼ばれた気がした」

こいつのギルドってよく考えると結構なホワイト企業だよな
弟子として修行中は寝床を提供してくれる上に食事まで出る。新人が先輩や親方にタメ口きいても大丈夫。修行中はもちろん卒業後も仕事を手配してくれる。ビッパのスペシャルエピソードを見るあたりどんなに使えない弟子にも最低限の仕事を用意してくれる。
正直ここまでしてくれるところってそうそうないんじゃないか?
さすがともだちともだちと連呼するだけある
↑なのでお返しとして今日もダンジョンに赴く俺がいる。
↑攻略サイトの「簡単」という言葉に騙されてゼロ島へ行き、散々な目に遭い続けているが、
やっぱり何回でも挑戦して何回もやられては今日も愚痴る俺がいる。
↑↑↑どこがだよ (衣?)食住はあれど基本休み無し、 親方(社長)至上主義、一番弟子(副社長)は傲慢、報酬の9/10は無条件でギルドに献上(卒業後でも変わらず)
ギルド入団時の探検キット以外の支給物は全て現地調達、探検失敗してもギルドからの保険は無し、任務失敗したら飯抜き、毎朝怒鳴り声で無理やり起こされる
卒業試験はギルド所属メンバー全員からのリンチ、脱走したらお仕置きだぞ? ブラック企業臭がプンプンするぜー!
…まぁペラップ以外のギルドメンバーが救いあるポケモン達ばかりなのが唯一の救いか。

ダブルトリプルでは夢特性によりプクリンではなくまさかのプリン強化という、
斜め上すぎる方向で強化がなされた。プリンはガチポケ&プクリンは埋葬などという
DPまでの退化扱いのような役になってしまった
↑よくわからないが防御か特防に特化してしんかのきせきを持たせて味方をサポートってことなのかな?集中攻撃されてすぐやられそうな気がするが・・・
↑↑進化前活躍中「ナカーマ」…進化の輝石って本当複雑な気分になる強化だなぁ;
はまだ実戦レベルだけどこいつは・・・ひどすぎるだろ
↑↑↑このゆびとまれと相性がいいかも。で、プリンはほろびの歌とか・・・。ナンスがいればさらにいい。
少なくともプクリンなんかより断然使えるはず。
↑↑↑↑フレンドガードが味方ダメージ3割減のチート特性。プクリンは知ってのとおり。輝石とか抜きに考えてもプリンの方が強いレベル
↑プリン自身にはフレンドガードの効果がないので、実質ダブル専用じゃなかったっけ?
シングルではフレンドガードはハズレ特性なので、プリンの方が強いってのは流石にないと思う。
↑夢特性はダブル・トリプルの強化シングルは普通の特性だったらプリンのほうが強いということじゃないか?
↑↑シングルだとなかなか使う意義を見出せない趣味ポケだけど、ダブルトリプルでは一転進化前のプリンを使う意味が十分にあるってのはなぁw
シングルで1や2勝ってもダブルトリプルで10、20負けてるから結局…
↑トリプルでは普通にレート上位陣の滅びPTにプリン入ってる、対策してないと絶対勝てないレベルの強さを誇るぜ
昔ポケモンカードGBというゲームがあってそのゲーム内の水のジム(?)にコイツを主軸に据えたデッキのやつがいた。
控えのポケモンを増やしまくってプクリンの技「ともだちのわ」で攻撃する、という戦法だったが型にはまると恐ろしくやっかいでぶっちゃけジムリーダーよりコイツのが強く感じた。普通のポケモンゲームでのプクリンの強さが微妙だったのも相まって当時はかなり驚いた。
↑つバリヤード バリヤーで「ともだちのわ」0ダメージだぜ。
敵だと厄介だったが兄のおかげで、進化させずにそのまま殴ることにたどりついた。
↑↑その割にはトリプルwikiにプリンのページがない罠(もちろんプクリンもない)
↑wikiそのものが放置されてるだけでプリンのパーティー自体はかなり有名。ダブルはプクリンが雑魚扱いされプリンの話しか乗ってないほど
↑↑http://www.nicovideo.jp/watch/sm14242588
トリプルのプリンとフレンドガードの外道さはこれみれば分かる。未対策だとこんなガチパですら手も足も出ずに完封される
↑こういうの見るといっつも思うけどほんとシングルとダブル(トリプル)って別ゲーだよな。
有力技とかメジャーポケとか色んなところがシングルと違う。同じポケでも全く違う技、努力値構成にすることもあるし。
故にシングルだけやる人にとって敷居が高かったりするんだけど…(その逆も然りかな?)
↑ここでする話でもない気がするが、マイナー好きな自分としてはダブルはシングルと違って
しっかりと戦略練らないと厨ポケに力で押されて負けてしまう為、ダブルスはシングルよりもかなりやり辛い。
↑戦略がしっかりしていればグラエナが600属を4タテするとか進化前がガチパに何連勝もするなんて光景になるがな
↑羨ましいです。何か戦略を立てる際のコツとかありますか?自分はアーケオスやらヤミカラスやらを使わないと
勝ち抜けなくて、少し悔しいです。

実はBD振り輝石プリンよりBD振りプクリンの方が0.5%~1%ほど固い
しかしプクリンでは素早さ45以下のポケモンにかなしばりできないしフレンドガードもないのでやはり…ちなみにおみとおしはトリプルでも1体しか見破れない。ガッカリ

アニポケでは落書きプリンが一番印象に残っている人もいるはず
またポケモン検定試験で驚かされた人もいるだろう
↑↑あの落書きプリンがBWのED「みてみて☆こっちっち」で復活の模様

微妙に実用性ある型をポケ録に移転


親方型(別名悪の大魔王)

性別:♂(確定)
NN:おやかたorだいまおう
性格:陽気or無邪気
努力値:シラネ。とりあえずHPには全振りしとこう
持ち物:ヒメリのみ(ちっちゃいセカイイチ)たべのこし(セカイイチの)
必須技:ハイパーボイス(言うまでも無い) ねむる(言うまでも無い) 
選択:うそなき(ほんとに泣いてるけど) (セカイイチを)ほしがる (滝つぼの洞窟で)ころがる おうふくビンタ(ガチ) (にらめっこでドクローズと)まねっこ・ものまね

ポケダンではザコクラスのボス、ヨノワールさん以下の能力でありながら
数多の探検隊を撲殺してきた悪の大魔王。タイプ一致おうふくビンタ全段HITの威力は
あのぐきゅぐばーの時の咆哮やぱるぱるぅ!の亜空切断を軽く上回るぞ!
更にはうたうで眠らせて子分とともにリンチにしてくるという残虐極まりない事もやってくれたりする。
恐るべし悪の大魔王・・・・・
二流以下扱いされた盗賊団も集団リンチにされてたなwwww
まぁアレは弟弟子がフルボッコにされた報復だから仕方ないが
↑↑「ともだち(笑)」だなw

技ねえよ・・・
↑悪の大魔王戦でのおうふくビンタには参ったぜ
↑ポケダンのおうふくビンタは最早チートに近いからな。こいつとか

候補技にフラッシュは?

親方って本物はうたう・まるくなる・かなしばり・おうふくビンタで固定だけどな。ついでに♂

個性を「いねむりがおおい」や「ひるねをよくする」にできれば完璧…かも

そういえば森で出てきたときは「プクリン」ではなく「だいまおう」だった。
他のやつは「こぶん」統一www

…持ち物は食べ残しで良いんじゃない?
ちょっと形が悪いけど、イメージと合っている筈。

今までプクリンはメスのイメージが強かったけど、
でも親方様が登場したお陰でオスのプクリンでも全然違和感はないんだぜ。

持ち物にむしのジュエル(まもりのオーブ)、技にふるいたてる(仲間を)はどうでしょうか。

スマブラ型【プリン】

性格:適当
技:ころがる/うたう/はたく/ねむる

今更だが作ってみた
最新作スマブラXにも参戦決定。
↑DXではイベント51のギガクッパを狩る時に重宝したよな?残りの二人が辛すぎるが
実際に育ててみた。わんぱく、防御特防に全振りしてなんとか1発耐えて、フォーカスレンズ持たせてうたう→ころがるでなんとかなる、こともある。HP種族値は115もあるから意外と耐える。うたう外すけど。
↑激重だからはたくでハメ放題、デカいからねむる当て放題で楽勝だったなw
DXからずっと使ってる、というよりこいつの空中制動良すぎて他のキャラが使い辛く感じてしまっているw

ちなみにダッシュ攻撃は「ダイビング」、横強攻撃は「まわしげり」、上スマッシュは「ずつき」と言う技名であり
実際に存在するポケモンの技と同名であるが実際に習得できるのはずつきのみ
ダイビングに至っては水中に飛び込む技ではなく相手に飛び込む技である

なつかしのポケモンカード型(GB)

性格:お好み
努力値:なにそれ?
Lv:36
持ち物:かいのカセキ、こうらのカセキ、ひみつのコハク、ピッピにんぎょう
確定技:うたう(こもりうた)、まねっこorものまね(ともだちのわ)
選択技:すてみタックル(プリンLv12)、まるくなる(プリンLv13)、はたく(プリンLv14)

ふくろだたきをものまねして祝!復活! 「ともだちのわ」!!
初代ポケモンカードGBで誰もがお世話になった(?)あいつ。
ピッピ系統より断然プリン系統のほうが使いやすいぜ!
しかもプリンはプロモーションカード入れて計3種類もあるという優遇っぷり。
なにかの化石やピッピ人形でもプクリンにかかれば立派な「おともだち」!

イメージ崩壊型

性別:♂
性格:ゆうかん
特性:メロメロボディ。ウホッ(ry
持ち物:いいおとこと被らないように
確定技:あなをほる ゆうわく メロメロ 
選択技:こらえる どくどく ほしがる

可愛いプクリンのイメージを破壊した型。
いいおとことかいいおとこと一緒に出せば効果倍増・・・なのか?

鉢巻型

性格:意地っ張り
持ち物:こだわり鉢巻
技:おんがえし/三色パンチ/かわらわり等

シンプルに鉢巻を巻く物理アタッカー型。
こいつの物理型は最早どのノーマルの劣化かもわからないくらい劣化まっしぐらである。
単純にアタッカーにしたオニドリルみたいなものか?

4コママンガ型【プリン】

性格:むじゃき
努力値:HP252 攻撃252あたり
技:うたう すてみタックル かなしばり はたく

エニックスの4コマ漫画劇場において、月の石を探したいと言いながらピカチュウを散々振り回していたプリンの型
はたくで滝を割っていたある意味すごい奴である。

ピカチュウ「滝が…割れた…」

別の漫画家のネタにもはたくでライバル(チャンピオン時)のサイドンを吹き飛ばすプリンとかがいたな。
「進化させるのが嫌でさ、これでレベル最高」
何故かあのころの漫画のプリンは異様に強いのが多かった。
↑「邪魔だな。どけろ。」「イエッサー」
↑カビゴンのやつか。懐かしいな。

プクリンは♀だろjk型

性別:♀
持ち物:あかいいと
技:メロメロ ゆうわく のしかかり ちきゅうなげ

ポケダンの親方はボクっ娘の姐御だと思う自分は異端か・・・・・・型名がケンカ売ってるとか言っちゃヤダヨ。メロメロやゆうわくを使っても相手が納得してくれなかったら、その他の技で密着して「あててんのよ」しましょう。
↑残念、ププリン時代にアーマルドに「ぼうず」と言われていたので♂です

まるころ型

性格:ようきorいじっぱり
努力値:攻撃255、素早さ255
持ち物:メトロノーム/たべのこし/オボンのみ/こうかくレンズ
確定技:うたう/まるくなる/ころがる/てんしのキッスorメロメロ

うたう→まるくなる→ころがる→勝利!

いたプレ型

性格:特防↑
努力値:B252D252
持ち物:こなとか
確定技:いたみわけ/プレゼント
その他:でんじは/だいもんじorきあいだま/シャドーボール/あまえる

板プレって二重じゃんとかそういう意味ではないです。
ギザみみピチューにしか出来ないと思われていたら、一致でプレゼントを使えることをついさっき知った。
ちょうど特防補正↑耐久全振りで理想耐久比にも近くなる。
いたみわけ使う型には絶対H振りはしないというポリシーという元に

ちなみにこれの何がコンボなのかと言うとプレゼントの回復してしまうという特有の性質をフォロー出来る点。
とはいえ不特定の敵に1/4回復では強い効果は期待できず、あくまでデメリットをフォロー出来うる最低限の手段。
ネタですよ。

ラニュイ型(シングルバトル時)

特性、性別:ランダム?
性格、努力値:不明
持ち物:かいがらのすず
技構成:チャームボイス/10まんボルト/きあいだま/りんしょう

バトルシャトレーヌ四姉妹の末っ子であるラニュイが所持するプクリン
彼女の所持するポケモンは三匹とも特殊型であるため直前に特殊受けのポケモンを連れてくると優位に戦えるか

ちなみにスーパーシングルではコピペロスを使用してくる

プクリンの歴史

第1世代

月の石で進化するポケモンの1体として登場。
特殊技のレパートリーは広めだったが当時は特攻が50しかなくあまり利点とはいえなかった。
HPは当時3位とはいえ低い防御と特防に加え素早さもないため落とされやすく、
他に強力なノーマルがたくさんいたためお呼びがかかることはなかった。
ポケスタ2の99カップでは難易度を問わず初戦の敵パーティにいるが
「毎回初戦の相手」という事が弱さを引き立たせていた・・・のかもしれない?
また、進化前のプリンの倒れ方は衝撃的だった。

「ニンテンドーオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ」ではプリンが隠しキャラとして登場。
攻撃力が低い、リーチが短い、軽いので吹っ飛ばされやすい、シールドが破壊されると風船のごとく吹っ飛んでしまうなど
意図的に弱く設定されているが、抜群の空中能力、ハイリスクハイリターンの「ねむる」があるため他のキャラにはない強さを持つ。

第2世代

特攻が75に上昇し、シャドーボールの獲得で一応ゴーストに有効打を与えられるようにはなったが
そのシャドーボールはほとんどのノーマルタイプが習得可能であったためあまり意味がなく、
強化されたピクシー、カビゴン、ガルーラや新顔のポリゴン2、ミルタンクなどがいたため
相変わらず影に埋もれていた。滅びの歌もムウマという適役がいたせいで出番はなかった。

「大乱闘スマッシュブラザーズDX」でもプリンが再び隠しキャラとして登場。
相変わらず軽くて吹っ飛びやすいが、この頃は「ねむる」を中心に火力が強化され、最弱の座はピチューが引き継ぐことに。
最弱キャラどころか理論上の2強にまで躍り出た。

第3世代

手に入れた特性は「メロメロボディ」という微妙なものだった。
同特性のピクシーがこの指とまれでダブルでのサポートという役割を得たのに対し、
プクリンはファンシー系ノーマルの中で唯一タマゴ産みを獲得できずじまい・・・。

第4世代

ハイパーボイス特殊化により使いやすい一致特殊を得たものの、バクオングという壁により結局目立たない。
同じ特性だったピクシーが「マジックガード」という凶悪な特性を獲得、
ハピナスが甘える習得により更に凶悪化、トゲチックが進化というファンシー仲間の厚遇に対しこいつには何もなし。
親方として畏怖されるポケダンでの扱いも、かえって初代から万年不遇な本編との温度差を際立たせてしまっている。
この状況を打開するにはよほど強力な専用特性の追加か強力な技の追加がなければ困難と思われる。
プラチナではピクシーが取って置きを覚えたためにまた一つ差別点が減ってしまった。

「大乱闘スマッシュブラザーズX」でもプリンが再び隠しキャラとして登場し皆勤賞を果たす。
最後の切り札「おおきくなる」は巨大化した後、突風を起こし相手を吹き飛ばすワザ。
コナミからゲスト参戦を果たした「メタルギアシリーズ」のスネーク曰く、「大きな目玉」。
「ねむる」も含め総合的な調整で威力が弱体化して平均的な威力になってしまった。
前作ではキャラクター次第では0%がら撃墜もできたが、今作は「スターフォックスシリーズ」のフォックスですら50%でギリギリ撃墜可能かどうか、というくらいに落ち着いている。
「ゼルダの伝説シリーズ」のガノンドロフと公式で一緒にネタスナップに出されるなど、出番(?)は多い。

第5世代

プクリン自体には目立った強化は無い。
滅びの歌ステルスロックなどプクリンならではの戦略をうまく生かして差別化する事が求められる。

夢特性はおみとおし。強化されたかなしばりと相性が良く、素の特性メロメロボディが微妙なので採用の余地はある。
BW2の教え技で、おみとおしとステルスロックが両立できるようになった。

一方進化前のプリンは特性フレンドガードの登場でダブルバトルにおいて大出世、ほろびのうたと進化の輝石をひっさげて環境の最前線を走っている

ポケモン+ノブナガの野望ではプリンがオイチのパートナーとして登場している。

個体値測定法

ププリンLv.11 がんばりやで測定
以下の数値ならV
()内はドーピングの数

HP:46(7)
攻撃:15(0)
防御:13(5)
特攻:19(7)
特防:13(1)
素早:13(5)

簡易判定 以下の数値でU/V
Lv.10 ププリン
HP:41(0)
攻撃:14(0)
防御:11(0)
特攻:16(0)
特防:12(0)
素早:11(0)

覚える技

レベルアップ

ププリン
GBA
プリン
GBA
ププリン
DS/BW
プリン
DS
プリン
BW
プクリン タイプ 分類 PP
1 1 1 1 1 1 うたう - 55 ノーマル 変化 15
1 - 1 - - - あまえる - 100 ノーマル 変化 20
4 4 5 5 5 1 まるくなる - - ノーマル 変化 40
9 9 9 9 9 - はたく 40 100 ノーマル 物理 35
14 - 13 - - - てんしのキッス - 75 ノーマル 変化 10
- 14 - 13 13 1 かなしばり - 80 ノーマル 変化 20
- - - - 17 - りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
- - 17 - - - まねっこ - - ノーマル 変化 20
- 19 - 17 21 - ころがる 30 90 いわ 物理 20
- 24 - 21 25 1 おうふくビンタ 15 85 ノーマル 物理 10
- 29 - 25 29 - ねむる - - エスパー 変化 10
- 34 - 29 33 - のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15
- - - 33 37 - ジャイロボール - 100 はがね 物理 5
- - - 37 41 - めざましビンタ 60 100 かくとう 物理 10
- 39 - 41 45 - ものまね - - ノーマル 変化 10
- 44 - 45 49 - ハイパーボイス 90 100 ノーマル 特殊 10
- 49 - 49 53 - すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技13 れいとうビーム 95 100 こおり 特殊 10
技14 ふぶき 120 70 こおり 特殊 5
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技20 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技22 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10
技24 10まんボルト 95 100 でんき 特殊 15
技25 かみなり 120 70 でんき 特殊 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技28 あなをほる 80 100 じめん 物理 10
技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10
技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15
技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技33 リフレクター - - エスパー 変化 20
技35 かえんほうしゃ 95 100 ほのお 特殊 15
技38 だいもんじ 120 85 ほのお 特殊 5
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技49 エコーボイス 40 100 ノーマル 特殊 15
技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5
技56 なげつける - 100 あく 物理 10
技57 チャージビーム 50 90 でんき 特殊 10
技59 やきつくす 30 100 ほのお 特殊 15
技67 かたきうち 70 100 ノーマル 物理 5
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技70 フラッシュ - 100 ノーマル 変化 20
技73 でんじは - 100 でんき 変化 20
技74 ジャイロボール - 100 はがね 物理 5
技77 じこあんじ - - ノーマル 変化 10
技83 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30
技85 ゆめくい 100 100 エスパー 特殊 15
技86 くさむすび - 100 くさ 特殊 20
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技93 ワイルドボルト 90 100 でんき 物理 15
秘04 かいりき 80 100 ノーマル 物理 15
※以下は第4世代までの技マシン 5th
技01 きあいパンチ 150 100 かくとう 物理 20 ×
技03 みずのはどう 60 100 みず 特殊 20 ×
技34 でんげきは 60 - でんき 特殊 20 ×
技43 ひみつのちから 70 100 ノーマル 物理 20 ×
技49 よこどり - - あく 変化 10 教え
技58 こらえる - - ノーマル 変化 10 ×
技60 ドレインパンチ 75 100 かくとう 物理 10 教え
技67 リサイクル - - ノーマル 変化 10 教え
技76 ステルスロック - - いわ 変化 20 教え
技78 ゆうわく - 100 ノーマル 変化 20 タマゴ
技82 ねごと - - ノーマル 変化 10 教え/タマゴ
技83 しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15 ×

タマゴ技

GBA HS 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考
ほろびのうた - - ノーマル 変化 5
プレゼント - 90 ノーマル 物理 15
だましうち 60 - あく 物理 20
ねがいごと - - ノーマル 変化 10
うそなき - 100 あく 変化 20
× とっておき 140 100 ノーマル 物理 5
× ほしがる 60 100 ノーマル 物理 40
× じゅうりょく - - エスパー 変化 5
× × ねごと - - ノーマル 変化 10
× × ゆうわく - 100 ノーマル 変化 20
× × おしおき - 100 あく 物理 5
同時遺伝不可
ほろびのうた&ねがいごと

教え技

FL Em XD Pt HS BW2 タイプ 分類 PP 5th
メガトンパンチ 80 85 ノーマル 物理 20 ×
メガトンキック 120 75 ノーマル 物理 5 ×
のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15 プリン:Lv.
すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15 プリン:Lv.
カウンター - 100 かくとう 物理 20 ×
ちきゅうなげ - 100 かくとう 物理 20 ×
ものまね - 100 ノーマル 変化 10 プリン:Lv.
ゆめくい 100 100 エスパー 特殊 15 技85
でんじは - 100 でんき 変化 20 技73
みがわり - - ノーマル 変化 10 技90
ばくれつパンチ 100 50 かくとう 物理 5 ×
ころがる 30 90 いわ 物理 20 プリン:Lv.
じこあんじ - - ノーマル 変化 10 技77
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
こごえるかぜ 55 95 こおり 特殊 15※
こらえる - - ノーマル 変化 10 ×
どろかけ 20 100 じめん 特殊 10 ×
れいとうパンチ 75 100 こおり 物理 15
いばる - 90 ノーマル 変化 15 技87
ねごと - - ノーマル 変化 10 (タマゴ)
まるくなる - - ノーマル 変化 40 Lv.
かみなりパンチ 75 100 でんき 物理 15
ほのおのパンチ 75 100 ほのお 物理 15
あくむ - 100 ゴースト 変化 15 ×
はたきおとす 20 100 あく 物理 20
てだすけ - - ノーマル 変化 10 (PDW)
とっておき 140 100 ノーマル 物理 5 (タマゴ)
とびはねる 85 85 ひこう 物理 5
がむしゃら - 100 ノーマル 物理 5
さわぐ 50 100 ノーマル 特殊 10※
いたみわけ - - ノーマル 変化 20
じゅうりょく - - エスパー 変化 5 (タマゴ)
マジックコート - - エスパー 変化 15
なりきり - - エスパー 変化 10
いやしのすず - - ノーマル 変化 5
ずつき 70 100 ノーマル 物理 15 ×
ステルスロック - - いわ 変化 20
ドレインパンチ 75 100 かくとう 物理 10
ハイパーボイス 90 100 ノーマル 特殊 10
ほしがる 60 100 ノーマル 物理 40 (タマゴ)
マジックルーム - - エスパー 変化 10
よこどり - - あく 変化 10
リサイクル - - ノーマル 変化 10
※Em、XDの「こごえるかぜ」はププリンの時のみ習得可能
※「さわぐ」はププリンの時のみ習得可能

その他

タイプ 分類 PP 詳細
くすぐる - 100 ノーマル 変化 20 配布(愛・地球博)
うそなき - 100 あく 変化 20 PDW
てだすけ - - ノーマル 変化 10 PDW

遺伝

タマゴグループ 妖精
タマゴグループ
(ププリン時)
タマゴ未発見
孵化歩数 2560歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で----歩)
性別 ♂:♀=1:3
備考 生まれたばかりの未進化形態ではタマゴを産みません。注意。
備考2 なつきどが220以上の状態でレベルを上げる事で、ププリンから進化する。

遺伝経路

ほろびのうた : ニョロトノ(Lv1)orラプラス(Lv27)⇒マリル(卵)
ねがいごと : トゲチック(Lv29)

外部リンク