※医者が友好無視を持っていて友好Cが2つ以上ある場合のケースは省略
※大物が登場するケースは省略


・脚本家能力フェイズ

不安Cがキャラクターに置かれた!
 →同一エリアにミスリーダーがいる
 →そのキャラクターがパラノイア

暗躍Cがキャラクターに置かれた!
 →同一エリアにクロマクがいる
 →そのキャラクターがパラノイア

暗躍Cがボードに置かれた!
 →同一エリアにクロマクがいる

不安Cがキャラクターから取り除かれた!
 →同一エリアにセラピストがいる


・事件フェイズ

該当エリアに不安臨界のキャラがいないのに事件が発生した!
 →犯人と同一エリアにメイタインテイがいる(Exが0)
 →ゼッタイシャがいる
 →対角線上のボードに不安臨界のツインがいる
 →その事件が前兆で、不安臨界ー1の不安Cが置かれたキャラがいる
 →その事件が自殺か連続殺人で、ルールYがストリキニーネの雫
※これらが複合して起きているケースもあり


・ターン終了フェイズ

キャラクターが死亡した!
 →同一エリアにシリアルキラーがいる
 →同一エリアにドリッパーがいる(Exが2になった日)
 →同一エリアにキラーがいて死亡したのがキーパーソン

主人公が死亡した!
 →キラーがいる
 →ドリッパーがいる(Exが4になった日)


・ループ終了時

主人公が敗北した!!
 →Exが3以上(組み重なり事件キルト)
 →Exが1以下(タイトロープ上の計画)
 →生存しているキャラクターに置かれた不安Cが合計12個以上(火薬の香り)
 →フレンドが死亡している(潜む殺人鬼、私は名探偵、愚者のダンス)
 →今が第1ループ(黒の学園)
 →学校に暗躍Cがループ数‐1個以上(黒の学園)