Basic Tragety X




どんなセット?

惨劇Rooperの基本ともいえるセット。原点にして究極(?)
他のあらゆる拡張を始める前に、まずはこのセットで
プレイ感覚をつかんでおくと良いでしょう。

特徴

なし。
Basic Tragety Xを基準に特徴を語ります。

Exゲージの有無

なし


[余談] リメイク前の Basic Tragety について

BTXとの相違点は以下のとおり。

  • ルールYの変更(BT→BTX)
 『主人公殺害計画』が『未来改変プラン』に差替
 『悪霊の封印』が『封印されしモノ』に変更(アクリョウツキをカルティストに差替)

  • ルールXの変更(BT→BTX)
 『友情グループ』が『友情サークル』に変更(ミスリーダーを追加)。
 『恋愛模様』が『恋愛風景』に変更(ミスリーダーを削除)。
 『マイナス13』を削除(First Stepに移動。なおBTの場合マイナスは常に2人追加される)。
 『不定因子χ』を追加。

  • 事件の変更(BT→BTX)
 『別離』が『行方不明』に変更。
 『暴露』が『流布』に変更。
 『遠隔殺人』『蝶の羽ばたき』を追加。
※別離:犯人が任意のボードに移動する。行方不明と異なり暗躍カウンターを置く効果はない。
※暴露:犯人と同じボードの任意のキャラクターから友好カウンター2つを除去、または友好カウンター2つを配置。
 流布と異なるのは友好カウンターの分割が可能な代わりにボードに依存し、除去と配置のどちらか一方しかできない事。

  • 役職の変更(BT→BTX)
 『アクリョウツキ』が『カルティスト』に変更。
 『アンサツシャ』『マイナス』を削除。
 『タイムトラベラー』『ファクター』を追加。
※アクリョウツキ:
 カルティストと比較した場合、暗躍禁止無効化に加えて移動禁止無効化の能力も持つ。ただしどちらも強制発動。
※アンサツシャ
 同じエリアにいる、暗躍カウンターが3つ載った自分以外の任意のキャラクターを殺害できる。
 自分に暗躍カウンターが5つ以上載っている場合主人公を殺害できる。
 学校に暗躍カウンターが3つ以上載っている場合主人公を殺害できる。


コメント