本編
+ 1~178
+ 新1~
+ The B関連
派生作品
+ 実況
+ リメイク

最終更新:22/03/13 若干改訂

  • 項目名横の数字は動画内での初登場時間です。
  • 時系列順はこちら
- ...

【NAOKIN QUEST 2 幻のウンコ】 作品 ツクール2 (58・01:02)

  • その58~72の作品。PRSENTED BY NAOKING*1
  • シナリオ S・MIYAZAKI氏、マップ H・SATO氏、スペシャルサンクス T・SAKAMOTO氏。
  • 原作 H.SAHO、シナリオ S・MIYAZAKI、アイテムデザイン T・SAKAMOTO、
    アホ NAOKI、スペシャルサンクス TOMOHARU.H、BEAM、TETUYA.M、NABEO
  • 『世界をすくった4人の戦士たちのアホなものがたり』(ENDより引用)。
  • 「LIGHTBRINGER」の作者BEAM氏の友人*2が「シッタカファンタジー」の前にツクったと思われる作品。
  • 制作当時のアニメやゲーム・時事ネタなどを詰め込みながら、ちゃんとツクりこまれた怪作。
  • 全編に飛び散るスカト○ネタや緩い作風から軟派な雰囲気を受けるが、
    登場キャラが男(特におっさん)だらけで女性絡みの下ネタが皆無と、妙に硬派な部分もある。

【0】 用語 (72・18:47)

  • 本作の残りエディット容量。
  • たにツク初の全部使いきった作品となった。

【ENDテロップ】 用語 (72・13:12)

  • エピローグ後、デフォルトENDロール前に流れる。
  • OPテロップにスペシャルサンクスと登場キャラ名が追加された完全版。
  • さすがに『FANTASY CAST』は無い。

【OP】 イベント (58・01:16)

  • 本編の『1000年前』。
  • ナオック星がフリーザ軍の襲撃を受け、ナオキは父と「ちきゅう」へ逃げ延びる。
  • 「おうじのさとり」や「ヒイバア」などの伏線が張られていた。

【SATOSAN(サトウ ハルヒデ)】 モンスター (62・22:00)

  • ナオキの知人。マップデザイン(H・SATO氏)の化身か。
  • 「東海大うらやす中」で戦えるが全体9999Dの呪文を使うためまず勝てない。
  • 「佐藤さん」VS「SATOSAN」は後者の圧勝に終わった。
「なんだ?ナオキ。 やろうってのか?」

【アキバの村】 地名 (58・13:38)

  • 「ナオキの小屋」の北。
  • マメ泥棒(ナオキ達)に困っているが、ナオキを一切疑わない。
  • パーンに裏切られた後、何故か村人の家で介抱されていた。

【あじ王】 モンスター (63・15:22)

  • 「あじ王コンツェルン」会長。キマイラ型。
  • ナオキに敗れてコクーンを奪われるが、代わりにコンツェルンを爆破する。
  • 元ネタは「ミスター味っ子」の味皇か。
「きさまらぜんいんみちづれだ! ふははは!うーまーいーぞー! ……ぐふっ!」

【あじ王コンツェルン】 地名 (62・18:26)

  • 「東海大ウラヤス中」の西。探索はその63以降。
  • あじ王の所持するコクーンを求めて訪れる。
  • 全10階の長丁場…と思いきや5Fから露骨にフロアが狭くなる。
  • コクーン強奪入手後、自爆装置で爆破される。

【暗闇通路】 用語 (71・17:10)

  • 「ヒイバアの魔城」4階の仕掛け。
  • 画面を真っ暗にする命令で見えなくなった通路を進む。
  • たまに雷の光(?)で短時間明るくなり、マップの形が確認できる。

【イカレ大しょうぐん(イカレロボ)】 キャラクター (65・14:17)

  • 「ぜったいむてきロボット」初号機。マツォン博士の最高傑作。
外観 かばちゃん型(69番)
内装 木目調
動力 電池
移動 陸海空すべて
修理 人間用の薬でも可
武装 こうげき(格闘)、イカレナックル、イカレミサイル、ハロゲンレーザー
  • ナオキ一行の操縦で湖の怪物を撃破した後は、格納庫に入れなくなったまま出番を終えた。
  • 名称は「忍者戦隊カクレンジャー」の隠大将軍。機体設定は「LIVEALIVE(近未来編)」のブリキ大王が元か。

【インド.ジン(JIN.INDO)】 モンスター キャラクター (59・04:24)

  • 仲間。マップ:オディ型(54番)・戦闘:少年型。
  • インドからやって来た大会の優勝候補。下馬評通り決勝の相手となり、ナオキに敗れて弟子入りする。
  • 当初はやたら強気だったがナオキに敗れてからはやたら素直になる。
  • 世界崩壊後に行方不明となった後、「スラム」で再会する。
  • ENDで恩人である「スラム」の老人の所に戻った。
「ナオキサン! ゼヒワタシヲデシニシテクダサイ!」

【うけつけの人】 モンスター (63・00:22)

  • 「あじ王コンツェルン」の門番。女性型。
  • アポなしのナオキ一行を排除しようとして返り討ちにされる。
  • そしてこれ以降、若い女性は物語に絡まない。
「いやん@そういうのはこまるのよねぇ。 死んじゃえ@」@はハートの記号

【ウンコーダイベン】 モンスター (58・18:26)

  • 「ダークノイドていこく」の将軍(事実上の最高権力者)。
  • 世界征服のためパーンをスカウトし、「コクーン」を狙って他国を襲う。
  • 「ダークノイド城」でナオキ一行に敗れ、世界に悪魔を残して息絶えた。
「やはりきたか… クソガキども…」

【エドガワのどうくつ】 地名 (60・00:31)

  • 「カルマ」の西。西の大陸に通じる地下道。

【エドヤ(KONEKO.EDOYA)】 キャラクター (64・18:03)

  • 仲間。ナオキの知人。風来人。
    後の「シッタカファンタジー」スペシャルサンクスの化身。
  • 「屋敷」でゴーストに憑かれていた所をナオキに解放され、お詫びに『下僕』となる。
  • 計略に長けており「フレーム」では帝国軍の毒殺を提案した。
  • 世界崩壊後の生死は不明(全く話題に上らない)。
  • 元ネタは江戸屋子猫氏と思われるが、共通要素が皆無なため名前だけ拝借した可能性が高い。
「ふふふ。まかしてくださいよ。ヒレツなさくせんをかんがえるのはとくいですから!」

【エドヤゴースト】 モンスター (64・15:11)

  • 「屋敷」のボス。エドヤに憑依していた亡霊。
  • ロリぞうとボギーを食べた直後、ナオキに倒されて消滅する。
「フヘヘ! やなこった!人げんのたましいは、1ばんのゴチソウだからな じゃあ、いただきまぁす!」

【おうじのさとり】 アイテム (70・15:02)

  • ナオック星に伝わる最大の秘宝。手にした者は究極のパワーを得るという。
  • …という触れ込みの割にフリーザ軍の襲撃時に使われず、フリーザ軍にも無視されて1000年間放置されていた。

【オオムそうほんぶ】 地名 (70・00:03)

  • 「ニイガタン」の近く。
  • 「FF6」の狂信者の塔と時事ネタの融合。
  • 世界崩壊前からあるが「さいごのかぎ」がないと入れない。
  • 特に理由なく訪れて奥にいたアサハラを倒す。

【カナンガワ町】 地名 (65・07:51)

  • 「屋敷」の西。
  • 湖の怪物に生贄として差し出しているため若い女性がいない。
  • 世界崩壊で消滅した。

【カルマ】 キャラクター (59・05:23)

  • 「カルマ」の女王。物語に絡む数少ない女性の1り。
  • 武道会を観覧していたが、決勝戦前から居眠りしていた。
  • 帝国の襲撃後ナオキに報酬「マメ1年分」でコクーンの防衛を依頼する。
  • 世界崩壊後の生死は不明。
「ぐごーぐごー」

【カルマ襲撃】 イベント (61・07:50)

  • 砦から脱出した後「カルマ」に戻ると発生している。
  • 帝国兵を倒しながら王の間へ行くと、コクーン強奪を済ませたウンコー達は、ナオキを相手にせず去っていく。*3

【ゴウラ.ヘンカーン(GOURA.H)】 キャラクター (60・02:49)

  • 仲間。「カルマ」の魔術士(じゃじゅつし(邪術士?)とも)。
  • 「エドガワのどうくつ」で魔物と戦っていた所をナオキに助けられたお礼に加わる。
  • 「カルマ」襲撃後、国を立て直すため離脱した。
    (ナオキはカルマ関係者の彼を『散々利用した後なぶり殺し』にするつもりだったが、すっかり忘れて好意的に別れている)
  • 世界崩壊後の生死は不明。
「やれやれ… しかし、そのためにはまココからでないとな。」

【コクーン】 アイテム

  • 『全て集めると伝説の悪魔が召喚(復活)できる』4つの石。
  • ウンコーが狙っているため、カルマ女王の依頼で「防衛」のため集める事になる。
  • …が、ナオキの性格上、奪い取っているようにしか見えない。
  • 「フレーム」で3個目を入手した直後、ウンコーに全て奪われる。
  • なお、具体的にどう使われたかはイマイチ分からない。
1. 色不明 ・・・ カルマ
2. あお ・・・ あじ王コンツェルン
3. みどり ・・・ カナンガワ町
4. あか ・・・ フレーム

【小屋】 地名 (68・17:36)

  • 世界崩壊後の孤島にある。イベントはその69以降。
  • パーンが昏睡状態のナオキを3年間介護していた。
  • 目覚めたナオキが食料の枯渇に気づき、パーンを連れて脱出する。
  • マップ名が「セリスのマネ」「セリスモドキ」とド直球。

【さいごのかぎ】 アイテム (69・09:23)

  • どんな扉でも開けられる鍵。
  • 「スラムがい」で100Gで買える。

【さくやまナオキ(NAOKI.S)】 キャラクター (58・01:24)

  • 主人公。元ナオック星の王子。少年2型(36番)。
  • OPから1000年後、同居人のパーンと近くの村から豆を盗んで暮していたが、
    パーンだけ帝国にスカウトされたのを逆恨みして、パーンと帝国将軍ウンコーを追って旅立つ。
  • ぼいけんの果てに帝国はおろか「伝説の悪魔」まで倒して(結果的に)世界を救った後、
    パーンとの「一生変わる事はないふざけた生活」を再開した。
  • 自己中で執念深く誰に対しても尊大だが、根は素直な単純バカ。
    戦闘能力は低いが、根拠のない自信に満ちた言動で人を丸め込んで使役する事で補っている。
  • 何故か1000年前から姿が変わっていない(長命や冷凍睡眠などの説明はない)。
  • また、1000年間の行動も「東海大ウラヤス中に在学」「ヨシカタなる人物と何かあった(1の話?)」以外は不明。
「けっ!くそでもめしあがれってんだ!」

【時刻スイッチ】 用語 (71・08:43)

  • 「ヒイバアの魔城」2Fの仕掛け。
  • 東西南北にレバーがあり、指定時刻「9」「3」「6」「0」順に引くと次の階に進める。
  • …ハズなのだが、何故か実際の順番は「9」「3」『0』『6』だった(佐藤さん曰く「アウェイの罠」)。

【じじい】 キャラクター (69・11:02)

  • 「スラムがい」の住人。
  • 世界崩壊後にインドを助け、現在は彼に介護されている。
  • ナオキに同行するのをためらうインドを励まし、経験値(LV+12相当)を与えて送り出す。
  • また、彼の部屋にはインドの最強装備もあった。
「うむ!がんばるれよインド!」

【しんじょうとうや(TOUYA.S)】 キャラクター (66・05:29)

  • 仲間。エターナルのリーダー。「へそだし剣士」。
  • エドヤが提案した「毒殺作戦」実行のため加わる。
  • ウンコー撃破後、悪魔復活を阻止するために残り、「FF6」のシャドウのごとく置き去りにされて死亡する。
  • 元ネタは「獣戦士ガルキーバ」の神城桃矢か。
「よし!フレームへもどろう! そして、このトリカブトで… フフフ! まってろよていこくめ! フ、フフフ!」

【スラムがい】 地名 (69・08:46)

  • 世界崩壊後「トウキョウの町」南西の山沿いにできている。
  • エディットには対になりそうな「きぼうのまち」もあった(イベント未設置)。

【世界じゅ】 地名 (60・14:32)

  • 「ていこくとりで」の東。
  • 砦に侵入するため「世界じゅのは」を求めて訪れ、奥で「せかいじゅトカゲ」を倒して入手する。

【世界崩壊】 用語 (68・15:38)

  • ウンコーを倒したナオキ一行だったが、既に復活の儀式は終了していたらしく、伝説の悪魔がよみがえってしまう。
    復活時に放たれた莫大なエネルギーは世界を焼きつくし、そして世界は破滅へと向かい始めた。
    …と「FF6」の世界崩壊そのまま(作中でも『FF6のように』とぶっちゃけている)。
  • 仕様上フィールドを変えられない中*4、「多くの町を消す」「崩壊した町やスラム街」などで崩壊後を演出している。

【ダークノイド城】 地名 (68・00:00)

  • 帝国の本拠地。フィールド南東の島の盆地にある。
  • 道中がカットされたため内部構造の大半が不明。
  • 世界崩壊後ラスダンに変化する(FF2or6的)。

【タイチョー(たいちょう)】 モンスター (67・01:45)

  • 「フレーム」占領軍の兵士隊長。ホモ1ごう型。
  • 毒殺作戦で部下を失い、自身も体調不良の所をナオキ一行に倒される。
  • モデルは「バハムートラグーン」の同名キャラか。
「それにさわるんじゃないでアリマス!」

【ていこくとりで】 地名 (60・11:46)

  • 「ヨコハマこう」の南。データ名は「ダークイドきち」。
  • 警備が厳重で入れないため、世界樹の葉で姿を消して侵入し、中にあった兵士の服を着て歩き回る。*5
  • 最上階でパーンとウンコーに一蹴されて捕まるが、牢を破って脱出する。

【天下いちぶどうかい(ぶじゅつかい)】 イベント (59・03:35)

  • 「カルマ」で4年に1度開かれる名物大会。
  • 優勝賞金を帝国への渡航費にするため参加して優勝するが、女王の居眠りのせいで無効にされて1Gも貰えない。

【東海大うらやす中(-ウラヤス中)】 地名 (62・18:36)

  • 「マイハーマ山」を登った先。
  • ナオキも在学していたらしく知り合いが多い、作中で最も『現実』に近い場所。
  • あまり探索しないまま世界崩壊で消滅したため、多くのイベントが内容不明で終わった。

【トウキョウの町】 地名 (62・01:22)

  • 西の大陸の玄関口。
  • 「アオシマとちぢ」から、コクーンをあじ王に売ったと教わる。

【トウキョウの町(崩壊後)】 地名 (69・04:36)

  • 世界崩壊後の事実上のスタート地点。
  • 「小屋」の島から脱したナオキ達が泳ぎ着く。
  • 建物が崩れ(イメージ)、墓が立ち並び、人々も活気がない。

【とっこうやく】 アイテム (59・03:01)

  • 魔薬系アイテム。『20G』。
  • 意図の読めない異様な安さで本作の低難度に拍車をかけている。*6

【ナオキ(プリンス)】 キャラクター (70・15:24)

  • 「おうじのさとり」で『ドレイ』から「プリンス」へクラスチェンジしたナオキ。*7
  • 外見が茶髪(36番)から水色髪(35番)に変わり、力以外が上昇して強力な技(呪文)も習得した。
  • 能力は仲間達に並んだ程度ながら最強呪文のおかげでようやく戦力の第一線に立てるようになった。*8
「くっくっく…! すばらしいパワーだ! これならだれにも負けんぞ!」

【ナオキのうちゅう船】 地名 (70・12:55)

  • OPでナオキが使った「携帯用脱出ポット」。
  • 砂漠に1000年放置されても完璧に動作する『ナオック驚異のメカニズム』。
  • 西大陸の南端で発見し、「おうじのさとり」を探しに「ナオック星」へ移動する。

【ナオキの小屋】 地名 (58・10:41)

  • スタート地点。
  • 森にあるナオキとパーンの家。

【ナオック星】 地名 (70・14:19)

  • 廃墟となった現在のナオック星。
  • 1000年ぶりに帰郷し、城跡で「おうじのさとり」を入手する。

【ナオック王】 キャラクター (58・04:00)

  • ナオキの父。元ナオック星の王。
  • OPで息子と脱出したのを最後に消息不明(過去作で語られた?)。
「よくぞもどったナオキ。 フリーザのぐんぜいはどこまできていた?」

【ナオビーム】 呪文 (58・13:11)

  • 消費MP2で単体15D
  • いわゆる「メラ」ポジションだが、これで鉄格子を吹き飛ばす場面もある。
  • ちなみに「ナオ」を冠する呪文にナオキ専用の物はない(必ず敵味方どちらかに使い手がいる)。

【ニイガタン】 地名 (69・21:11)

  • 北西の雪の島にある「ゆきのみやこ」。
  • 何故か「リューナイト」の登場人物がいる(イズミだけ不在)。
  • 世界崩壊前に収録外で訪れていたらしく、動画では多くのNPCと話さずに終わった。

【パーン.ミ.ラクル(PARN.M)】 キャラクター モンスター (58・10:53)

  • 仲間。ナオキの同居人。マップ:ライス型(3番)・戦闘:戦士型。
  • 「かなりの悪の力」を感じたウンコーにスカウトされ、ナオキから去ってウンコーの側近となる。
  • 帝国との決戦でナオキ一行に敗れた後、世界崩壊で昏睡状態となったナオキを3年間看病し、目覚めた彼と共に旅立つ。
  • 敵対時はナオキに劣らぬ性悪だったが敗北後は比較的おとなしくなった。
  • 1りだけスカウトされたのも納得できる味方キャラ最強の戦闘能力を持つ。
  • なお、倒した際に「止めを刺す」か聞かれ、「いいえ」だと何故かフラグが立たず画面切り替えでまた戦闘になる。*9
「お前、ヨシタカの時も おなじコトいわなかったか…?」

【バハムート】 モンスター 空の乗り物 (67・14:01)

  • 「竜のたに」に棲む飛りゃう。ドラゴン型。
  • ナオキ一行に敗れて彼らの足となる。
「そなたが、われのせなかに のるにふさわしいのかためしてやろう。」

【ハラダ.トモハル】 モンスター (71・02:03)

  • 「ヒイバアの魔城」1Fの中ボス。バンパイア型。
  • 「マップは狼男」「セリフはフランケン」「戦闘時はドラキュラ」と、「怪物くん」のお付きを1りでコンプ。
  • もう1体の中ボスのナベオを倒すと中央の扉が開いて2Fへ上がれる。
「フンガー!」

【はんらんそしきエターナル】 用語

  • 帝国から「フレーム」を解放するため戦っている組織(軍)。
  • 士気は高いが規模は小さく、街で勧誘したよそ者の新入りをいきなり頼りにするような状態。
  • 基地に入るための「合言葉」は『ビィー!(Bee!)』(「ツインビー」のラジオ番組での合言葉)。

【ヒイバア】 キャラクター (58・04:00)

  • 「ナオック城」の王の間にいた女性(ナオキとの関係は不明。曾祖母?)。
  • OPでナオキ親子に見捨てられてフリーザ軍に捕まり、ナオキに復讐を誓う。
  • 直後のテロップでは「彼女を見捨てた事がやがて死を招く」と語られたが…。
「う、うがああ! お、おのれナオキ! おぼえておいで! アタシをみすてたことを …必ずこうかいさせてやる!!」

【ヒイバア(敵)】 モンスター (72・00:35)

  • ラスボス。伝説の悪魔。
  • マップ:シスター型(46番)→猫型(9番)・戦闘:老婆型→水の精霊型。
  • OPの200年後(800年前)に自力で「ちきゅう」に来ていたが、それで力を使い果たしたため、
    自らを壷に封印して体力回復を図ったものの、解除法を忘れて出られなくなっていた。*10
  • ウンコーの儀式でよみがえってから3年間何もしないまま、殴りこんできたナオキ一行に倒された。
  • OPの「ヒイバアを見捨てた事がやがて死を招く」の答えは、彼女自身の死だったようだ。*11
  • なお、ナオキの最強技は効かないのに、同じ威力のパーンの最強技は効いた。*12
「いくぞ! 1000年ぶんのうらみ… はらしてくれる! キサマラのいのちでな!!!」

【ヒイバアの魔城】 地名 (71・00:16)

  • ラスダン。伝説の悪魔の城。
  • 旧「ダークノイド城」だが、(おそらく)構造は一変している。*13
  • 階段を上っても階数が増えない事がある不可思議空間。
  • なお、ずっと悪魔の名前を伏せていたのに、本人が登場する前に地名でネタばらしをした理由は不明。

【ビーム】 キャラクター (62・18:44)

  • ナオキの知人。「ライブリ」の作者。
  • おそらく「東海大うらやす中」の学生と思われる。
「ナオキ!? いままでガッコウさぼってなにしてたんだよ!?」

【ピラミッド(イカレ-)】 地名 (66・07:50)

  • 「フレーム」の近くにある。
  • 最上階で毒殺作戦に必要な「トリカブト」を入手する。

【飛竜のたに】 地名 (67・13:40)

  • 北の大陸の北部中央にある。
  • 「ダークノイド城」への移動手段「竜」の棲家。
  • 本来は資格ある者しか通れないが、ナオキ一行はお構いなし。

【フレーム】 地名 (66・00:35)

  • 南の大陸にある砂漠の国。町と要塞に分かれる。
  • 「あかのコクーン」があるため帝国に占領され、人々は水も奪われて苦しんでいる。
  • エドヤの計略で占領軍を倒してコクーンを入手するが、直後に現れたウンコーにすべて奪われてしまう。
  • 名前は「ロードス島戦記」のフレイム。イベントは「バハムートラグーン」のダフィラが元ネタか。*14
  • 世界崩壊後の被害は不明。

【ベンジョドラゴン】 モンスター (65・18:02)

  • 「カナンガワ町」近くの湖に棲む怪物。サーペント型。
  • 町人を脅して若い女性を月に1り生贄にしていた。
  • 何故か体内に「みどりのコクーン」があり、イカレロボで倒した際に入手する。
「グオオオー!!」

【ボギー(BOGY)】 キャラクター (62・19:50)

  • 仲間。ナオキの知人。
  • ロリぞうと一緒に加わり、やはりエドヤゴーストに食べられて死亡(?)する。*15
  • 「リューナイト」のイズミ(ガチムチ僧侶)が好きらしい。
「ひさしぶりッスね。ナオキくん。」

【マイハーマ山】 地名 (62・13:51)

  • 「トウキョウの町」の西。
  • 「東海大ウラヤス中」と「あじ王コンツェルン」への通り道。
  • 三合目の出口付近に見えない落とし穴がある。

【マツォン(→マッオン→マッツオ)】 キャラクター (65・13:55)

  • 「カナンガワ町」の科学者。
  • ナオキ一行に巨大ロボットを用いた怪物退治を依頼し、果たすと船を譲ってくれる。
  • 世界崩壊後も健在で、ナオキ一行に船を呼ぶリモコンを与える。
  • なお、項目名の通り名前が途中で2回も変わる。
「ま、まちたまえ! たのむ!きいてくれ!」

【マッツオの家】 地名 (69・19:05)

  • 旧「カナンガワ町」。
  • 博士から船のリモコンを貰える。

【魔法おうこくカルマ】 地名 (59・00:15)

  • 「アキバの村」の北。「王こく」とも。
  • 天下一武道会に参加するため訪れる。
  • 後に帝国に襲撃されて大きな被害を出す。
  • 世界崩壊後の被害は不明。

【みきそうま(SOUMA.MIKI)】 キャラクター (70・10:46)

  • 仲間。ナオキの知人。「たいまし(退魔士?)」。
  • かつて(1の話?)『うんこにへんかん(詳細不明)』されたらしいが、本作では人の姿で氷付けになっていた。
  • 総本部でご神体扱いされていた所をナオキの怪光線で解凍され、そのお礼として加わる。
  • END以降は「トウキョウの町」で盗みを働く日々を送ったとされる。
  • なお、彼のいた祭壇(?)には、空の乗り物呼びアイテムの入った宝箱もあった。
  • 元ネタは「鬼神童子ZENKI」の神酒壮真か。
「オレが たいましてやるぜっ!」

【無限999999G箱】 オブジェクト (64・00:26)

  • 「屋敷」の庭にあり、調べると何故か『999999G』手に入る。
  • 物価を完全破壊する代物がここにあった理由は不明。

【屋敷】 地名 (64・00:13)

  • 「あじ王コンツェルン」の南東。台地を降りて毒沼を越えた先。
  • コンツェルンの自爆から夢中で逃げた末に発見する(フィールドを介さず直接訪れる)。
  • 一泊しようとしたところ仲間達が次々といなくなり、ナオキ1りで内部を探索するはめになる。
  • これまでと違うホラーAVG風の展開。…というか「ミスティックアーク」の「闇の世界」そのまま。
  • 世界崩壊後も健在。

【ヨコハマこう】 地名 (60・08:28)

  • 「エドガワのどうくつ」西口の南。
  • 「カルマ」襲撃後、ここから船で「トウキョウ」へ渡る。
  • 世界崩壊後の被害は不明。

【ロリぞう(RORIZOU)】 キャラクター (62・19:45)

  • 仲間。ナオキの知人。
  • 「東海大うらやす中」でナオキに脅されて加わる。*16
  • 「エドヤの館」でエドヤゴーストに食べられて死亡(?)する。
  • 「覇王大系リューナイト」のヒロイン、パッフィーが好きらしい。
「おう。さくまじゃん。ひさしぶりだな。」




最終更新:2010年12月21日 19:35

*1 厳密にはオーとゼロを間違えた「NA0KIN(ナ“ゼロ”キン)QUEST 2」。

*2 「BEAM氏が別名義でツクった作品」という説もある。

*3 正確には相手にするのもウンザリして見逃された。

*4 離れた位置に崩壊前と後のフィールドをツクり、地図・移動呪文・海と空の乗り物などを出さなければ一応可能。

*5 葉の種類は違うが、侵入のくだりは「DQ3」のエジンベアが元ネタと思われる。

*6 これより安い回復アイテムは「マメ(回復5・5G)」「毒消し(10G)」「マヒ消し(15G)」だけ。

*7 つまり「王子の頃から『ドレイ』だった」事になる。ナオック星と地球では言葉の意味が違うのかもしれないが…。

*8 もっともこれが『究極のパワー』だとしたら、最初から同等以上の強さなパーンは究極以上だけど気にすんれよ。

*9 後半の展開を考えると「はい」を選んでも実際に手を下したかは怪しいが…。

*10 発言からは「地球に来てすぐに封印した」としか読み取れず、「伝説の悪魔」として伝わった経緯や、封印とコクーンの関係などは一切分からない。

*11 更に言えば大勢の「ちきゅう」人の死も招いているが…。

*12 復讐を誓ったナオキ対策は万全だったが、眼中になかったパーンは未対策だったのかもしれない。

*13 帝国の本拠地がラスダンに変化するのは「FF6」(及び「FF2」)と同じ。

*14 「ダフィラ」の下ネタ全カットの辺りに作者たちの硬派ぶりがうかがえる。

*15 2りとも職員室にいたため教師がモデルだった可能性もある。 作中で冷遇気味なのもそれが原因かもしれない。

*16 かつてナオキの家に住んでいた時のアレな食生活を世間にバラすと言われた。