本編
+1~178
+新1~
+The B関連
派生作品
+実況
+リメイク

最終更新:20/08/30 Part273~278追加

-...

【~と竜でんせつ~】 作品 ツクール2 (244・01:33)

  • Part244~246の作品。正しくは『屠龍』か。
  • シナリオ・マップ ゆうた氏、スペシャルサンクス -氏。
  • 悪のドラゴンを倒すためドラゴンバスターが旅立つ。
  • 「DQ」を意識した雰囲気や物イベントによる装飾の多さが特徴。
  • 全体的にデフレ気味なバランスだが敵の火力はやや高め。

【ブック】 キャラクター (244・03:04)

  • 主人公。グラ18番。
  • 伝説の竜殺しの一族『ドラゴンバスター』として、復活した悪のドラゴンの討伐に向かう。
  • 世間では竜殺しの勇者と呼ばれ、顔も名前もある程度知られている模様。
  • 初期LV3に加えて最初からLV4まで残り1Pの経験値を所持している。

【ノスタの村】 地名 (244・04:15)

  • 「ブックのいえ」の北。住民達はブックと旧知の仲。
  • 「武具は装備しろ」のセリフが聞ける「The・最初の村」。

【土のどうくつ】 地名 (244・07:58)

  • 「ノスタの村」の西。
  • 入口でドラゴンの子分ワルモーダ(ガイコツ型)を倒した後*1、奥で島外へのワープを見つける。

【ルマタール町(-の町)】 地名 (245・00:37)

  • 「土のどうくつ」の飛び先の東。
  • 「大層な宝が眠るという『北のどうくつ』」「魔物がものすごく強いらしい『かぎのどうくつ』」
    「他の大陸へのワープがあるとされる『剣のとう』」と、3つのダンジョン情報が得られる(が…)。

【ガーディアン】 モンスター (246・05:57)

  • 「剣のとう」の門番。マップ:しゃれい型(28番)・戦闘:鎧型。
  • 「通せないので帰れ」という指示を2度断わると戦闘になる。
  • HPが非常に高く、手間取るとバフの重ねがけで「痛恨=即死」になりかねない。
  • 倒すと塔の中に入れるようにはなる。
「ききわけのない かただな。では いたいめに あってもらいますよ。」


【ぼくにこのはいをけがせというのか】 作品 ツクール1 (247・01:40)

  • Part247~250の作品。作者 しみ…やす…氏。
  • 非行少年「あかほし」。教師を蹴り倒した後、校長との面談中に『ヴァレリア島の紛争』を演じだし…。
  • 内輪ネタで味付けした「タクティクスオウガ(以下TO)」のパロディ二次創作。
    (データに「FFT」の地名もあるため97/06/20以降の作品と思われる)
  • 「マップを渡り歩いて様々な人と『TO』のセリフを言い合う」という内容(CHAPTER2からセリフ後に戦闘あり)。
  • 基本的にあかほしがデニム役、相手が敵役を受け持つが、
    違うキャラ(作品)のセリフを言う事や同勢力のセリフを交互に言い合う事もあり、
    『TOファンがごっこ遊びをしている』ような印象を与えなくもない。
  • なお、題名が「TO」ではなくCHAPTER1の章題(僕にその手を汚せというのか)である理由は不明。

【あかほし】 キャラクター (247・01:48)

  • 主人公。カエル型。
  • 教師に喫煙を咎められた後、各地で兵士やヤクザらと戦いながら「TO」の朗読劇を行う。
  • 仲間はいないがMP消費0の回復・攻撃呪文を覚えるので継戦能力は高め。
  • 「カエルグラ」「喫煙」「シャブ中」「短足」「エヴァ好き」等々、作者視点でイジられている。
「ウヘヘー? たばこうめー。プはー。」

【だれもあしのみじかさでは ぼくにかなわない】 サブタイトル (247・05:32)

  • CHAPTER2。元ネタは「TO」第二章(Nルート)「誰も僕を責めることはできない」。
  • フィールド2の南大陸に放り出されて、2つの城と1つの街(全て名称不確定)を巡る。
  • 城はシンプルな構造だが、街はファイムルワープやトラップ等、マップやイベントが複雑化している。

【シャブをうちすぎて】 サブタイトル (249・04:22)

  • CHAPTER3。元ネタは「TO」の第三章(Lルート)「欺き欺かれて」。
  • 西大陸に放り出されて城(無名)を訪れる。
  • 『ノーヒントで通路の正解ルートを探す』という、難解な仕掛けを越えてバルバトスを倒すとイベントが尽きる。


【ヴォーゼ】 作品 ツクール1 (01:03)

  • Part251の作品。作者 KUBOTAKA氏。
  • 『ピエールていこく』の王となったクロエルは大臣の反対を押し切って『グローナこく』に攻め入るが…。
  • 短い中に頭文字が『ク』の名詞が3つもあった。
  • 敵データを見るに人同士の争いから魔神ヴォーゼとの戦いに移る予定だったようだ。


【なんじゃもんじゃこんじゃ!?】 作品 ツクール1

  • Part252の一本目。
  • 題名以外は「なにもないだな、これが。」


【ロード.オブ.ザ.リング】 作品 ツクール2 (01:53)

  • Part252の二本目。
  • シナリオ・マップ・スペシャルサンクス H.YAMAMOTO氏。
  • 「旅の仲間」がいないフロドの1り旅。
  • 「指輪物語」要素は人名ぐらい。


【カズマサ編】 作品 ツクール1 (00:51)

  • Part253の一本目。無題。
  • 水没系。カズマサ君が浮いていた。


【ゆうしゃのでんせつ】 作品 ツクール2 (02:34)

  • Part253の二本目。
  • シナリオ・マップ・スペシャルサンクス きたがき氏。
  • 水没系。座礁船の上にいた。
  • 呪文やアイテムは「DQ系」(素早さ系呪文なし)。


【フジナ編】 作品 ツクール1 (07:39)

  • Part253~254の作品。無題。
  • 毒ガステロで亡くした友の仇を討つためフジナが旅立つ!…終わり。


【FINAL FANTASY4 ~アウターワールド~】 作品 ツクール2 (00:51)

  • Part255の一本目。
  • シナリオ ITSUKI KUGA氏、マップ・スペシャルサンクス KUGA ITSUKI氏。
  • 「FF4TA」発表前にツクられたであろう非公式続編。
  • 年代設定が「FF4 Interlude」*2と同じく1年後だが、さすがに偶然と思われる。
  • 主人公設定を見るに他のスクウェア作品とのクロス要素もあった模様。


【スバル編】 作品 ツクール1 (05:57)

  • Part255の二本目。無題。
  • 「なにもないだな、これが」な世界を行くスバル一行。


【カイル編】 作品 ツクール2 (08:55)

  • Part255の三本目。無題。
  • 「なにもないだな、これが」な世界を行くカイル。


【ししょう編】 作品 ツクール1 (00:49)

  • Part256の作品。無題。
  • 巣を差し押さえられた「ししょう」は、家を貰うため「だいぶつ」の世界1周旅行に同行する。
  • 動画を見る限りフラグは使われていなかった。


【あらそいのないくに編】 作品 ツクール1 (00:39)

  • Part257の一本目。無題。
  • 争いのない剣と魔法の国にはイベントもなかった。


【リュカ編】 作品 ツクール1 (257・03:13)

  • Part257~259の作品。作者 あさはら しょうこう氏。
  • 特別な力を持つとされる主人公の逃避行。
  • サンプルデータの流用が多め。

【リュカ】 キャラクター (257・05:12)

  • 主人公。ふじた型(21番)。
  • 城におつかいに行ったのがきっかけで旅立つ事になる。
  • 何らかの力を秘めているようだが未完のため詳細不明。
  • 完成範囲では一言も喋らなかった。

【カール】 キャラクター モンスター (257・05:12)

  • リュカの祖父。「ファーム」最強の騎士。マップ:老人型・戦闘:マッスルオーガ型。
  • リュカに世の中を見させるため城におつかいに行かせる(拒否すると負け戦闘)。
  • 孫が城から逃げ戻ると「北にある 街へいけ」と教えて、はるか北に飛ばす。
  • その後ラークに殺されて「フェンサリルの街」に葬られた。
「おいたとはいえファームさいきょうのきし。きさまにはまけん!」

【ファーム城】 地名 (257・07:58)

  • 「リュカの家」の近く。元アスガル城(赤い悪魔は不在)。
  • 王の勧めで宿泊し、おつかいで届けた品を盗んだ直後に刺客に襲われて脱出する。
  • 何故かマップ南側に敵が配置されていた。

【ラーク】 キャラクター (257・09:43)

  • ファーム王に成りすました人物。王妃型(29番)。
  • リュカの秘めた力が黒幕の邪魔になると考えて刺客を差し向ける。
  • 逃走後に向かった「ライネス城」も先手を打って滅ぼした上、カールも手にかけた。
「きさまもじゃまだ!くたばれ!」

【クルーズ】 キャラクター (258・06:23)

  • 仲間。「きたの街」にいた男。エイティヴ型。
  • カールの知人らしく、手紙でリュカの護衛を頼まれて加わる。
  • 途中から「クラーク」と誤記されるようになる。
「ようきょうこうとっぱだ!」

【ライネス城】 地名 (259・00:31)

  • 「きたの街」の北。
  • ラークの差し金で魔物の巣窟と化している(手前の「かんりとう」で兵士の魔物化を目撃する)。
  • 3Fでファーム兵を倒し、発見したワープゾーンで帰宅して祖父の死を看取る。
  • その後に飛ばされた「フェンサリルの街」でイベントは尽きていた。


【FANTASY OF DESTENY】 作品 ツクール2 (01:22)

  • Part260の一本目。
  • 水没系。フィリアス氏が浮いていた。


【リウム編】 作品 ツクール1 (05:33)

  • Part260の二本目。無題。
  • 無限空間で助けを求めた後、幻王空間に飛ばされた少女リウム。


【百鬼夜行】 作品 サウンドノベルツクール

  • Part261の作品。
  • 三年前の殺人事件現場を訪れた記憶喪失の『ぼく』。…終わり。


【あさき編】 作品 ツクール1 (00:57)

  • Part262の一本目。無題。
  • 水没系。あさきゆめみしゑひもせす。


【ノア編】 作品 ツクール1 (02:58)

  • Part262の二本目。無題。
  • 追いつめられたがあっさり脱出したノア。


【オヒファミリー!?】 作品 ツクール2 (06:04)

  • Part262の三本目。
  • 水没系。ユキマサ氏が浮かんでいた。


【忘却の海編】 作品 サウンドノベルツクール (07:54)

  • Part262の四本目。
  • 夏の浜辺で名前だけ思い出した記憶喪失の主人公。…終わり。


【ヒ゜エール編】 作品 サウンドノベルツクール (10:14)

  • Part262の五本目。
  • Part017「エフェクト編」同様、エフェクトだけで何も「述べて」くれない作品。
  • 仮題はスタートカードのネームが元。


【Aの彼女はB!?編】 作品 サウンドノベルツクール (11:24)

  • Part262の六本目。
  • 大学生AにはBという彼女がいた。…終わり。


【やみきし レーゼン】 作品 ツクール1

  • Part263の一本目。
  • ライネス系という以外不明。


【むだむだむだむだむだむだぁむだだ】 作品 ツクール1 (263・01:37)

  • Part263~264の作品。作者 オラオラオラ氏。
  • 父の死を目撃したナーブは仲間と共に旅立った(多分)。
  • 題名や作者名の割に「ジョジョ」要素はない。

【やどや】 地名 (263・01:48)

  • スタート地点。フィールド1北西の島にある。
  • 不条理イベントしかない『かわったホテル』。
  • イベントの1つで「ひでおを探せ」と神のお告げを受ける。

【みのどうくつ】 地名 (263・08:08)

  • 「やどや」の南にある「わがや」の水飲み場から飛ばされる。
  • 骸骨とオバケと橋による不可思議空間。
  • 東側でヒデオが加わる。


【THE TOUKON】 作品 ツクール2 (03:59)

  • Part264の二本目。
  • 水没系。主人公名などから作者のプロレス好きが窺える。


【宮崎直人の事件簿編】 作品 サウンドノベルツクール (07:22)

  • Part264の三本目。
  • 推理物のごった煮パロ。…のタイトルだけ。


【SE7EN】 作品 サウンドノベルツクール (09:10)

  • Part264の四本目。
  • 同名映画をサウンドノベル化。


【リング】 作品 サウンドノベルツクール (00:42)

  • Part265の一本目。作者 沢田 貴宏氏。
  • 同名映画をサウンドノベル化。
  • たにツクに鈴木光司氏の作品が出るのは、すーさんの「ふゆうする水」以来、9年ぶり2度目。


【マロリー編】 作品 ツクール2 (10:58)

  • Part265の二本目。無題。
  • 水没系。マロリーちゃんが浮いていた。


【リチャード編】 作品 ツクール1

  • Part266~267の作品。無題。
  • 10年半前に夜勤明け実況でプレイされた作品(Part250で「貰ったのを忘れて収録しかけた」と語られていた)。
  • Part179「ニャニャ!?」と違い、内容に違いは見られない。


【スペース・コブラ編】 作品 ツクール1 (00:45)

  • Part268の一本目。無題。
  • 水没系。コブラ一行が浮かんでいた。


【NOW OR FUTURE ~ 聖人のこども ~】 作品 ツクール2 (268・04:21)

  • Part268~272の作品。
  • シナリオ オレしかいないぜ! TYS氏、マップ エヴァずき@ TYS氏、
    スペシャルサンクス オレひとりだ!バ~カ TYS氏(@はハートの記号)。
  • 双子の兄妹の理由なきぼいけん。
  • 緩いバランスや独特なセンスに目を奪われがちだが、本筋は割とまともで技術面も無難なツクり。

【リュート/エミリア】 キャラクター (268・06:00)

  • 主人公達。双子の兄妹。グラ43番/24番。
  • 母親に女手一つで育てられた後*3、理由や目的もなく旅立つ。
  • 口数が少ない兄に対し、妹はお喋りで感情が豊か。…すぎて情緒不安定ぎみ。
リ「いってこい。かあさんのところに、、、」
エ「わたしエミリア!こっちが おにいちゃんのリュート!」

【リュートのいえ】 地名 (268・05:33)

  • スタート地点。実家。
  • 冒頭で旅立った後、「ツォン」壊滅後に帰省してエミリアが母に慰められる。
  • 何故かここにだけ露骨な下ネタイベントがあった。

【ツォンの町】 地名 (268・14:50)

  • 「リュートのいえ」の北。探索はPart269以降。
  • 王様から最近騒がしいという北の洞窟の調査を頼まれ、元凶を倒すと2000G貰える。
  • 入口が4つあるため、普通にプレイするとワープ欄に複数登録されてしまう。
    (作中で「仕様」と言われるが、工夫すれば回避可能)

【ナンジャタウン】 地名 (269・10:40)

  • 「ツォン」の北西。*4
  • 宿でアディス(ライス型)、池の底でミルフィー(妖精型)が加わる。
  • 女性の霊がさまよっており、北に住む元カレの贈り物を届けると成仏する。

【ツォンII】 地名 (270・06:57)

  • 魔物の襲撃で壊滅した「ツォン」。
  • 除霊後、フィールドに現れた兵士に知らされて訪れる。
  • 激昂するエミリアが『殺してやる』を連呼する*5なか魔物を倒し、黒幕らしき「セフィロス」の存在を知る。
  • なお、墓の下に「かズしゲの村」なる謎空間が出来ている。

【ラシュターク】 地名 (271・05:45)

  • お金持ちの家。「ツォン」の南西。
  • 実家帰省後、フィールドに現れた男に橋を架けてもらって訪れる。
  • 何故か乗り物を欲しがっている事になっており、金持ちの力試しに勝つと貸して貰える。
  • …が、出口で突然セフィロス(戦士型)に襲撃され、倒すと唐突に終劇する。

【エミリアのびんた】 アイテム (272・00:36)

  • 魔法アイテム。単体5000D。使い捨て。
  • 乗り物の鍵と一緒に貰い、HP9999のセフィロス戦の短縮に使える。
  • 「掌の跡のような物」らしいが、エミリア本人が元となる呪文を覚えないのに、金持ちが持っていた理由は不明。


【ドラエフ!?】 作品 ツクール2 (01:10)

  • Part273の一本目。
  • 「ちくら町」をうろつくりょうた君達。
  • 呪文やアイテムは「DQ」や「FF」(ピリオム・ボミオスあり)。


【ひろかず編】 作品 ツクール1 (09:13)

  • Part273の二本目。無題。
  • 中州に閉じこめられたひろかず君。


【のぶながのやぼう いっこくばん】 作品 ツクール2 (274・01:26)

  • Part274~275の作品。
  • シナリオ ROICE・TETUYA氏、マップ ROICE・TUJI氏、スペシャルサンクス ROICEかぶしきがいしゃ氏。
  • 信長討伐に向かった信玄軍だったが、信長は不死身だった!


【ドラゴン キシダン】 作品 ツクール1 (07:55)

  • Part275の二本目。
  • 挨拶しかしない商店に迷い込んだラス君。
  • ドラゴン(空の乗り物)はいたが、騎士団はいなかった。


【ヴァンク編】 作品 ツクール1 (276・00:50)

  • Part276~278の作品。無題。
  • 勇者ヴァンクの大いなる災いを討つ旅。
  • 「曖昧な描写」「広すぎるマップ」「イベントミス」など、物語的にもたにツク的にも王道の作品。

【ヴァンク】 キャラクター (276・00:59)

  • 主人公。選ばれし勇者。ライネス型。
  • 王の依頼で「アという国」を悪の手から救うため旅立つ。

【アール城】 地名 (276・01:44)

  • スタート地点。「アという国」の城。
  • 王から8つの宝箱を与えられるが、3つは空、1つは調べる順番次第で取れない。

【アイーダのまち】 地名 (276・07:54)

  • 「アール城」の南。
  • 「結構強い勇者」のシーラ(ファルミア旅型)がいて、
    南の「ヴァルのほらあな」で『まじん』復活を目論む者と遭遇した後話すと加わる。*6
  • …が、出入り口にミスがあるため、一度入ると出られない上、修正した所で物語はエターなっていた。




最終更新:2020年08月30日 10:31