ときめきメモリアル大辞典

休養

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
Rest
休養【きゅうよう】

コマンドの一つ。
体調を上げ、ストレスを下げる効果を持つ。

このコマンドの使いどころを掴める様になると、ときメモシリーズの攻略法もだいぶ分かる様になっているはず。
また、このコマンドは男性向けでは雑学容姿が大幅に下がり、GSシリーズではランダムに全ての能力が下がる。
特に部活動所属だと、体育系は体調が、文科系ではストレスが各々かなり増減するので、必然的にお世話になるコマンドである。
コマンド失敗も無いので、休日にも実行すると効率性が上がる。

『2』と『3』では、一定以上の体調で平日に休養コマンドを実行すると、其々赤井ほむら神条芹華が登場してしまう。
登場人数を抑えたい場合は注意しよう。

『2』のDisc3以後では、赤井が友好以上の状態で休養を実行すると彼女がベッドに添い寝(?)をしてくる事がある。
食う寝る遊ぶが趣味だという彼女らしいが、なかなか和む光景ではある。
ランダムかと思われるが、この時にはげましイベントが発生する事がある。

『3』では休養コマンドの他に体調(体力)回復アイテムがある。
上記の通り、休養コマンドを選び続けていると神条が登場する上に、回復アイテムを使う方が休養コマンドを実行するよりも遥かに効率が良いので、割を喰った感は否めないだろう。
(回復)アイテムの初登場もあり、シリーズで一番お世話にならなかったであろうと思われる。

『4』では、平日に休養コマンドを実行すると、何故かモラルが下がってしまう。
モラルが低いと皐月優が登場しないが、基本的に他の活動を真面目にしていれば、多少休養をしたところでいずれ皐月の登場条件を満たす程度のモラルにはなる。
登場させたくない時は他にモラルが下がる行動を多く取ろう。
また、入手できる経験が多いコマンドであり失敗もしないので、特技の習得を最優先したいときにも有用である。
そのため、周回プレイを意識したテクニックとして、『3年間ひたすら寝続けて片っ端から特技を習得し、次回以降のプレイで最初から上位特技を使えるようにする』というものもある。
(ついでにビターエンドや非効率プレイが必要なイベントも回収出来ればなお良い)

『1』ではこのコマンドで登場するキャラはいない
虹野沙希根性さえ一定値に達していれば、例え休養中でも出てくる)
登場人数を最小限に抑える為に大事なコマンドであると同時に、3年目に主人公を一気に育成する為にたっぷり体調をチャージしておこう。
藤崎詩織を最小登場人数で攻略したい場合、全体の半分以上は休養になると思われるが、その場合かなり味気ないプレイになるのは避けられないだろう。
下校イベント等の頻発を避けて快適に攻略したいならそれもやむを得ないだろうが。

『4』で生徒会に所属して皐月を攻略する場合の星川真希対策として、2年目までにパラメータを十分上げておいたうえで3年目の平日はひたすら休養という、『1』とは逆の行動を取る作戦がある。平日に休養以外のコマンドを実行しなければ、自動的に生徒会活動も出来なくなるので、星川だけの友好度が上がり続ける事態は回避出来るという訳である。
その時点で不足しているパラメータがあれば、休日や長期休暇を使って上げよう。

ちなみに、『2』と『3』は保健室(休日は自宅)、『4』は布団をかぶって休むが、『1』は青春ドラマっぽく木陰で寝る(幹が細いので恐らく伝説の樹ではない)。
だが、休日でもわざわざ何処かの木陰まで出かけていって寝る。『1』では、イベント以外は天気の概念は無いとはいえ、悪天候の日はどうしたのか気になるところではある。
尤も、『2』でも保健室で寝るくらいなら、まっすぐ家に帰るべきだと思うのだが。
平日は毎日昼寝して、体調パラメータがいくら高くとも放課後には「今日は疲れた……」と言うが、普段はいったいどれほど疲れているのだろうか?それとも休養では疲れが取れないのだろうか?
現実でも寝過ぎたら疲れやすいので、その影響と言うことにしておこう。

関連項目

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

目安箱バナー