ディズニー データベース

モーリス

最終更新:

wrtb

- view
管理者のみ編集可

モーリス

名前:Maurice
デビュー:「美女と野獣」(1991年)

概要

娘のベルと馬のフィリップととある町で暮らしている父親。

発明家であり、日頃から発明に精を出している。発明は失敗続きではあるが、いつか役立つ機械を作ろうと日々励んでいる。作中では自動薪割り機を開発している。

ガストンル・フウからは変人扱いされており、「哀れな老いぼれ」として揶揄されている。町の人々にとっては害のある存在ではないが、リーダーシップのあるガストンがベルと結婚するための人質に利用しようとしたことから、変な人として非難を受けることとなってしまった。

歴史

原作のモーリスは全財産を失った商人であり、当初はアニメでもその設定が使われる予定だった。そのバージョンでは、妻の死についての言及があり、妻の形見のオルゴールを売ろうとして野獣の城*へ向かうという展開だった。

モーリスを発明家に設定したのは作詞家のハワード・アシュマン*。モーリスはフェアの帰り道に迷子になる設定で、「The Invention Convention*」(発明大会)という楽曲が使われる予定だった。

エピソード

美女と野獣

ベルが町から帰宅すると、モーリスは自動薪割り機の実験に失敗していた。落ち込むモーリスだが、ベルに励まされて発明を完成させると、愛馬のフィリップとともにフェアへと向かった。モーリスとフィリップは森で迷い、オオカミに遭遇する。フィリップは驚いて逃げ出し、ひとり残されたモーリスは森の奥の野獣の城*へと辿り着く。

モーリスは彼を不憫に思った家具の姿をした召使いたち(ルミエールコグスワースポット夫人チップ)と出会う。コグスワースの反対をよそにモーリスを泊まらせようと提案するルミエールだが、これを知った野獣は激怒しモーリスを投獄してしまう。しばらくすると、ベルが助けに来てモーリスは驚く。モーリスは一刻も早く逃げるようにベルを急かすが、ベルはモーリスの代わりに自分が身代わりになると宣言する。

ベルの代わりに自由の身となったモーリスは酒場で腕自慢のガストンに助けを求める。しかしガストンは野獣などいるはずないと真面目に取り合わず、モーリスは一人吹雪の中で助けを求めるしかなかった。モーリスは自力でベルを探し出そうと森へ向かうが、力尽きて倒れてしまう。モーリスが目を覚ますと、ベルによって助け出されて家へ帰っていた。ベルは野獣がすっかり改心し、自由にしてくれたと話す。そこへモーリスの精神状態を疑う精神科医のムッシュー・ダルクが現れる。ダルクはガストンやル・フウと手を組んでおり、ベルがガストンと結婚しなければモーリスを入院させると脅す。ベルは野獣にもらった魔法の鏡*で野獣の存在を証明すると、ガストンは野獣を殺すべきだと民衆を奮い立たせる。

自宅の地下室に閉じ込められたベルとモーリスは、チップの運転する自動薪割り機によって助け出される。ベルは野獣を助けるためにフィリップとともに城へと走る。

フィナーレでは、人間に戻ったポット夫人やチップとともに、幸せなベルと王子の様子を見守っている。

美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント

モーリスは、人間に戻ったルミエール、コグスワース、ポット夫人、チップ、アンジェリークらと一年前のクリスマス*を回想する冒頭のシーンに登場する。



登場作品

1990年代

1991年
美女と野獣





2000年代


2010年代




  • あずさ欣平(1992年)
  • ?(2004年:ハウス・オブ・マウス ミッキーとディズニーのなかまたち)