ディズニー データベース

コグスワース

最終更新:

wrtb

- view
管理者のみ編集可

コグスワース

名前:Cogsworth
デビュー:「美女と野獣」(1991年)

概要

野獣に使える召使い。呪いで置き時計に姿を変えられた執事。王子を甘やかして育てた罰として、他の召使いと同様に魔女に呪いをかけられている。

プライドが高く生真面目であり、野獣の機嫌を損ねないように気を使っている。召使いたちの仕切り役であるが、偉そうに見えることから人望はあまりなく、ポット夫人に負けてしまうこともしばしば。ルミエールとはライバルのような関係だが、親友でもある。老後は早く引退して海辺でのんびりお茶を楽しむのが夢。

野獣の城*のことはなんでも知っており、細かく解説するのが得意。


エピソード

美女と野獣

ある晩、城をモーリスという老人が訪ねてくる。よそ者に用心しろというコグスワースの心配をよそに、ルミエールはモーリスを歓迎する。しかし、野獣はこのことに激怒し、モーリスを牢屋の中に閉じ込めてしまう。翌日、モーリスの娘ベルが城を訪れ、体調の優れないモーリスの代わりに自分を身代わりとするように交渉、身柄の交換が成立する。

ベルは野獣から城のどこへ行ってもいいが西の外れの塔にだけは行くなと忠告される。ベルはルミエールやコグスワースの忠告を無視して西の塔へ行き、野獣の怒りを買う。もうここには居られないと感じたベルは愛馬フィリップと共に城を飛び出す。そこに現れたオオカミの群れから彼女を守ったのは野獣だった。

ベルは野獣の手当てをし、二人の距離は縮まっていく。コグスワースたちのフォローの甲斐もあって二人は食事やダンスを楽しむ。その晩、ベルは野獣に頼み、魔法の鏡*で父の姿を見せてもらう。病に苦しむ父の姿を見て動揺するベルを見て、野獣は彼女を自由の身にする。

もう呪いが解けることはないと絶望するコグスワースたちのもとに、野獣の話を聞きつけたガストン率いる村人たちがやってくる。ル・フウに溶かされそうになっているルミエールの様子を見たコグスワースはル・フウのお尻を一突きにし、親友のピンチを救う。

ガストンに勝利した野獣は深い傷を負い、彼に駆け寄ったベルは彼に初めて愛の告白をする。すると空から光が降り注ぎ、魔女の呪いは解けて野獣はハンサムな人間の王子の姿へと戻る。コグスワースたちも元の人間の姿に戻り、ベルと王子はみんなの祝福を受けて結婚する。

美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント

人間に戻ったルミエール、コグスワース、ポット夫人、チップ、アンジェリーク、そしてベルの父モーリスはクリスマス*の準備をしながら、一年前のクリスマスを回想していた。

「美女と野獣」で野獣がベルをオオカミから救って打ち解け始めた頃、城にクリスマスが訪れる。ベルはルミエール、コグスワース、ポット夫人、チップにクリスマスのお祝いをしようと提案するが、野獣は呪いにかけられたのがクリスマスだったため、クリスマスを祝うことを禁じていた。ベルは野獣にクリスマスを楽しんでもらうため、パーティーを決行する。コグスワースは反対するがクリスマスの大好物の話に乗せられて許可を出す。

準備中にベルが行方不明になり、ルミエールとコグスワースは彼女の足跡を追って黒い森*へと向かった。ベルはクリスマスツリーに使う立派な木を探しに来ていたのだが、助けに来た野獣に逃亡したと思われ、地下牢に
閉じ込められてしまう。使用人たちがベルのもとを訪れて悲しいクリスマスを祝っていると、そこへベルの本を読んだ野獣が謝罪に訪れ、クリスマスを祝うことが許可される。

ベルと野獣は和解したが、二人の喧嘩の原因を作ったのは、パイプオルガンの宮廷音楽家フォルテだった。彼は呪いを歓迎しており、ベルと野獣の仲を引き裂こうとしていたが、二人の和解を知ると力づくで彼らを亡き者にしようとする。野獣はフォルテの鍵盤を破壊し、ベルと仲間たちを守り抜く。

回想シーンが終わると、人間に戻った王子とベルが現れてクリスマスのお祝いが始まる。


美女と野獣 ベルのファンタジーワールド

野獣が人間に戻る前にベルと暮らしていた頃のエピソード。

第1話「大切な言葉」では、ベルと野獣、ルミエールとシャンデリエラがそれぞれ喧嘩を始める。野獣がベルに謝罪の手紙を送ったことで二人は仲直りする。しかし、コグスワースが手紙を褒めたことで手紙の送り主が野獣でないことが判明する。野獣は手紙を偽造した罪でラ・プルームウェブスタークレインを城から追放する。三人を保護したベルの本心を陰で聞いていた野獣はベルと仲直りし、コグスワースの薦めでルミエールとシャンデリエラも仲直りする。

第2話「フィフィとルミエールの記念日」では、ベルがルミエールを誘惑していると勘違いしたフィフィはルミエールを妬かせるためにコグスワースにアプローチする。喜ぶコグスワースだが、効果がないとわかるとフィフィはどこかへ行ってしまう。

第3話「傷ついた小鳥」では、ルミエールや城の使用人たちがマイペースなため、執事長のコグスワースは威圧感で仲間たちを押さえつけようとする。ポット夫人から優しく言えば大丈夫とアドバイスされるが、コグスワースのプライドがそれを許さない。コグスワースが城の屋根から落ちそうになり反省の言葉を叫ぶと、下で待ち構えていたルミエールと仲間たちに無事に救出される。

スペシャル・エディションでは、第2話の後に「ベルの友情物語*」用に制作された追加エピソード「ポット夫人のパーティー」が挿入されている。

ベルの友情物語*

新規エピソード「ポット夫人のパーティー」に登場する。

悪い天気が続いて塞ぎ込んだポット夫人を元気づけようと、ベルはパーティーを企画する。コグスワースはプレゼントに百合、ケーキにエンゼルクリームを提案してルミエールと喧嘩する。ベルの仲裁で2層のケーキを作ることになりその場は収まったが、ルミエールがコグスワースの作曲した楽譜を誤って燃やしてしまったことで争いは決定的なものとなる。コグスワースはクリーム派のトレーを唆し、クリームケーキの比率を大きくすることを提案する。ルミエールとショーも同じことを企んでおり、オーブンは容量オーバーで爆発。シェフ・ブーシュは激怒する。

仲間たちの喧嘩に気付いたポット夫人はさらにしょんぼりしてしまう。ベルが彼女を励ましていると、反省したルミエールとコグスワースたちがケーキを完成させてポット夫人のもとを訪れる。ポット夫人は彼らの仲の良い様子を見て元気を取り戻す。


登場作品

1990年代

1991年
美女と野獣






2000年代


2002年
キングダム ハーツ(カメオ出演)
Disney Princess



2010年代








2018年
LINE: ディズニー ツムツム(ツム) ※1月追加




実写

ミュージカル版「美女と野獣*」では、ジョナサン・フリーマンが演じた。