初プレイを終えた人へ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初プレイお疲れ様でござるwwwwwwwwww

フルクーガーⅠ型でしかも使える武器が制限されてたでござるかwwwwwwww
無双できなくて悔しいのうwwwwwwww悔しいのうwwwwwwwww
ハイスピードバトルじゃなくて這いスピードバトルだったでござるかwwwwwwwwww
んんんwwwww継続プレイ以外ありえないwwwwwwwwww

このゲームでは最初は強襲兵装の主武器と副武器しか使うことが出来ません。

なぜかって?
Cランクになるまでチュートリアルだからさ。
ICカードを使い、継続プレイをしていくと徐々に使える武器や兵装がアンロックされていきます。
Cランク半ばまでに無料で様々なパーツが支給されていきます。
また、プレイ時間が増えれば徐々に購入できる武器や機体パーツが増えていきます。



兵装の紹介

ここで徐々にアンロックされる兵装を紹介していきましょう。
また、アセンブルのヒントになるように一般的に特に必要とされる代表的なパラメータを書いておきます。

強襲兵装

このゲームの主役
機動力に特化した兵装。
主武器 :瞬間火力に優れた主武器
副武器 :手榴弾やグレネードなど使い勝手の良い便利で強力な爆発物が多い
補助武器:格闘戦を行うための近接武器
特別兵装:一瞬で爆発的な速度を出せるアサルトチャージャー
必要とされるパレメータ
コア攻撃重視:ブースト容量、ダッシュ
コア防衛重視:SP供給、ダッシュ

重火力兵装

どちらかというと火力支援兵装。武装が非常に重いが強襲兵装にない特徴がある。
戦線を維持することを長けている兵装。
主武器 :継続戦闘能力の高い主武器
副武器 :威力が強力なロケットランチャーなど
補助武器:相手の画面自体をジャミングするECMなど
特別兵装:唯一ノーリスクで相手に攻撃できる榴弾砲、もしくは攻撃を無効化するバリアユニット
必要とされるパラメータ
反動吸収、武器変更、ブースト容量

狙撃兵装

どちらかというと奇襲、工作兵装。
クセのある武装満載。主に奇襲攻撃、または遠距離からの単発高威力に特化している。
主武器 :唯一ロックオンできない主武器である狙撃銃
副武器 :護身用のマシンピストル、または地雷
補助武器:自動で攻撃してくれるセントリーガン、もしくはナイフ
特別兵装:姿を完全に消すことが出来る光学迷彩など
必要とされるパラメータ
射撃補正、リロード

支援兵装

唯一ロックオン以外での索敵が可能な兵装。
戦線の維持、早期警戒を行う兵装。強襲と支援だけがいればゲームが成り立つ、と言われるほど大事。
主武器 :接近戦では無類の強さを誇るショットガン
副武器 :威力3万以上掠っただけで死ぬか瀕死の爆弾・地雷
補助武器:唯一味方のミニマップに敵を表示させることが出来る索敵装備
特別兵装:唯一味方の耐久力をその場で回復させ、行動不能状態の見方をたたき起こせるリペア装備
必要とされるパラメータ
武器変更、SP供給



さいつよ教えろks

このゲームでの最強は強襲兵装です。
しかし、最強といっても広義な意味での最強であり、タイマンの撃ち合いが最強というわけではありません。

なぜ強襲が最強なのか

ハイスピードロボットバトルと銘打っている様に、強襲兵装が主役兵装だからです。
全兵装随一の瞬間火力と、強力な爆発物アサルトチャージャーを使用した機動力により、他の兵装と一線を画するポテンシャルを秘めています。
攻勢に出るための機動力があり、またその機動力を利用した防衛力も高いです。
コア防衛に関しては攻めてくるのが強襲兵装である以上、機動力のない他の兵装では追いつくことが出来ないというという理由もあります。
全ての場面で活躍できる兵装であり、基本の兵装かつ最強の兵装といえるでしょう。
プレイヤーは強襲と他の兵装どれか1つの2兵装を乗りこなせるようになると良いです。


無償支給されるパーツについて

現在のバージョン3.5ではC1ランクまでにそれぞれいくつかのパーツが自動的に支給されます。
  • 機体パーツ
D4到達 へヴィガードⅠ型、シュライクⅠ型、ツェーブラ38
B5到達 エンフォーサーⅠ型、ネレイド45

  • 武器
ヴォルペ突撃銃 強襲 D3到達
GAXガトリングガン 重火力 D2到達
ネイルガン 支援 D1到達
イーグルアイV44 狙撃 C5到達
グレネードランチャー 強襲 C4到達
ロングスピア 強襲 C4到達
プラズマカノン 重火力 C3到達
アームパイク 重火力 C3到達
リモートボム 支援 C2到達
索敵センサー 支援 C2到達
ジャンプマイン 狙撃 C1到達
高振動ブレード 狙撃 C1到達


次のページではそれぞれの兵装について説明する。
さいつよへの道