戦闘テクニック

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もしあなたがAランクに上がった、もしくはBランクに上がった時に壁に躓くことがあると思います。
戦闘が弱くて撃ち負ける、もしくは試合に勝てない、自分が役に立っている気がしない、など、理由は様々だと思います。
ここでは戦闘に役立つテクニックを幾つか紹介しておきます。
誰でも出来るものから練習が必要なもの、など様々ですが、
すべてを覚える必要はありませんが、知っておけば必ず役に立つはずです。



兵装に関わらないこと


全般


各種ログを開く

これ超大事
たとえば戦闘ログは誰が死んだか、味方のキルデス状況はどうなっているか、がわかる。
もしあなたがコア攻撃を行いたいなら、スコア画面を開き、支援の名前を覚え、その支援が死んだのを確認した隙に敵陣へ進入する、など使い方は様々だ。

マナーについて

テクニックじゃないし、書く必要もないと思うが、まあ、多少はね?
味方へのFFや死体撃ち、イライラしているからと言ってNGやNICEの連打などのチャットテロ、自爆などの行為は真面目にやっている人にとって迷惑です。
静かに左上のしいたけを押して物凄いマイナス査定を喰らい、頭を冷やしましょう。
まあ、そういう日もよくあるよ。うん、本当にね。
一度頭を冷やすと見えてくるものもあるし、スタイルをガラッと変えてプレイしてみてもいいと思う。
ちなみに、今トレンドなのがおしぼりブーメラン。
画面におしぼりを叩きつけることよって、画面も拭ける。

チャットのスラングについて

A戦以上になると大体使われるチャットを紹介しておく
  • 偵察要請→OK
開幕で支援兵装のプレイヤーからこのチャットが出た場合、「私は偵察機支援」です、のアピールだ。
  • 偵察要請→ここを防衛
偵察機アピールと対になっているこれは、「私はセンサー支援」です、のアピールだ。
  • ここを防衛→ここを防衛
意味としては「ゲージが拮抗しているため、キルデス戦を行います。絶対に前に出ないでください」ということ。
遠距離武器を多用し、絶対に無理をせずに敵を撃破していこう。支援は死にそうな味方に注視し、修理ではなく、再起を積極的に行おう。
  • 修理中にNG
意味としてはセンサーなどの補助武器が切れていたり、ベースに敵が向かっているなどの理由から再起動をやめて欲しいという意思表示。支援は素早くBボタン(右クリック)をするなどして再起動を中止しよう。
  • 弾薬要請→弾薬要請
現在は専用チャットがあるため使われることは無くなったが、「敵のセンサーを破壊した」という意味。



戦闘機動について

戦闘機動については人それぞれなので、こういう動きが最適だ!というのはありません。
ですが、ヒントはあります。

しっかりエイミングする。

相手をしっかりと照準で捕らえ、頭を積極的に狙いましょう。
こればっかりは時間がかかるので、地道にコツコツとやっていくしかありません。
また、体調や筐体のメンテナンスに非常に左右されますので、できれば筐体に座る前にマウスやグリップの点検をしましょう

とりあえず左右にステップする

これだけでも非常に変わります。一番いいのは相手の射線をみて避けることですが、まずは左右にステップする、という単純なものでよいでしょう。
ただし、ブースト量に気をつけてください。
ブーストの切れ目が命の切れ目です。

突発的な戦闘に対応する

突発的な戦闘で勝てない、という方は恐らくブーストが足りていません。
では高ブースト容量の胴体を使う? いいえ違います。
ブースト容量を常に確保して動くことが重要です。
敵陣、敵が居そうな場所に近づいたら、屈伸キャンセルの頻度を上げてください。
そうすれば常に突発的な戦闘にも対応できるブースト量が確保されるようになるでしょう。

戦闘を予測する。

ある程度プレイしてると、ここで戦闘が起きるだろう、という予測ができるようになると思います。
もし余裕が有るのならば、強襲兵装の副武器や重火力兵装のECMなど事前に使用することによって戦闘する前から有利になる装備を使ってみましょう。
相手が逃げ、戦闘を回避できればそれで良し、相手が突っ込んできたら自分が有利になっているはずなのでそれも良し、です。
武器は使わなければ意味がありません。温存したまま死んでは勿体無いです。積極的に使いましょう。

場所によって構える武器を変える。

上記にある戦闘の予測、にも繋がることですが、場所によって構えておく武器は変わります。
狭い場所などではグレネードランチャーやECMは非常に強力な武器となりますし、逆に広い場所ではオールレンジに対応できる主武器や爆発範囲が広く牽制が行える手榴弾が強いです。
場所によって最初に構える武器を変えてみましょう。
ただし、もしあなたが最上位戦に行った場合、常に構えておく武器は主武器です。(特に重火力)
戦闘スピードや状況変化が非常に早い最上位戦では全てに対応できる武器が主武器であると気付かされるはずです。
なぜ主武器が主武器なのか、という意味を理解し、他の武器の残弾が0であっても主武器一本で立ち回り、
主武器をちゃんと主武器として扱えるかどうか、が最上位で生き残る鍵とも言われています。

短期決戦を挑む

ランクが上がれば上がるほど接敵してからの戦闘時間は短くなります。
武器の瞬間火力が上がり、互いにエイミングなどが良くなるからです。
よって、Aランク上位などでは自分が死ぬ前に相手を倒せばいい、というところへ落ち着くと思います。
(最上位ではさらに無傷で相手倒せれば最強じゃねwwwwwに落ち着きます)
しかし回避動作をしながら相手を倒すのは非常に難しい物があります。
装甲がある重量級ならば回避を捨ててしゃがみ、ひたすら相手の頭を狙う漢撃ち、という手もありますが、軽量級でそれをやったら死しかありません。
というわけで、思い切って上へジャンプしてみましょう。
つまり、バッタ撃ちです。これが意外と馬鹿にできず、強いです。
空中では機動力が落ち、回避ができずに的になりますが、相手は上下にカーソルを振られます。
そしてこちらから見ると、照準の中心が相手の胴体から頭に向くようになり、頭を狙いやすくなります。
ついでに反動吸収が必要な武器が、逆にその反動を利用してヘッドショットしやすくなるでしょう。
これによって通常よりも早く決着をつけやすくなると思います。

ちなみに最上位ではこのバッタ撃ちをするよりもハフステと呼ばれる機動をしながらの撃ち合いが多くなります。
あくまで、Aランクぐらいまでに通じる技術、ということを覚えておいてください。

ハーフステップ(ハフステ)

ダッシュ1回で左右へ2回分のステップをするテクニックです。
どの兵装でも可能な技術です。
少し慣れるまで時間がかかると思います。
[やり方]
  • スティックを左右、どちらかに倒し、ダッシュボタンを押す(ステップ開始)
  • ステップ中に逆方向にスティックを倒し、ダッシュボタンを離す。
ただし、巡航ダッシュになってしまうと失敗するため、ショートダッシュでのステップ中で行う必要がある。
成功するとこんな感じ。




強襲兵装関連


上手なアサルトチャージャー(AC)の使い方

ACは非常に強力な兵装です。
使い方は人それぞれですが、もう1ランク上の使い方をしてみましょう。
  • 常にゲージ8割ほどになるようにする
いち早く戦線に着くため、ACガンガン使っていきましょう。ゲージが常に8割になるようにするのが理想的かも。
  • 少しでも早くその場から移動したいときに
敵陣に侵入中など、敵に見つかりたくない時、どうしても見つかりやりやすい場所というのは存在しますそういうときにACを使いましょう。
  • 戦闘中に使う。
ブーストが切れてしまった、武器がリロード中だ、という時、ACをを使い相手の後方へ一気に回り込みましょう。
相手はロックオンを強制的に切られ、あなたを見失うでしょう。
また、一時的に互いの射線が切れるので仕切り直しとしても使えます。

剣ダッシュ・ダッシュACキャンセル(ダッキャン)

接近武器でのダッシュ格闘(特殊格闘)を行うとブーストゲージを大幅に消費します。
実はコレ、ACで代用が可能です。
そしてACはオンオフが可能。
ついでにACはブーストが切れている時でも使用可能。
では、ACで特殊格闘を行った直後、ACをオフにするとどうなるか?
答えは

ACは一定値消費されるが、その後一切ACは消費されず、ブーストを回復させることが出来る。
さらにその間特殊格闘モーションは継続されるので、移動しながらブーストを回復させることが可能。
ちなみに上手い人は一切ACを消費せずにブーストを回復させながら移動することが可能らしい。

デュエルソード・コンボ(デ剣コンボ)

初期装備が弱いと誰が決めた?
実はこのデュエルソード(デ剣)、モーションが非常に短く、相手のノックバックが終了する前にモーションが終了する。
これを利用して、
通常格闘→特殊格闘
とすることで、通常格闘(立ち切り)威力4500,特殊格闘6000、合わせて10500のダメージを相手に叩きこむことが可能だ。
ちなみに、クーガーなど中量級以下は一発で死ぬ。

グレネードの使い方

グレネードは山なり、というか少し飛ぶと重力に引かれて落ちていくので、少し上を狙う、もしくはジャンプして撃ってみよう。
この武器にかぎらず、基本的に爆発武器の撃ち下ろしは非常に強い。

手榴弾系について

最初の内は、手榴弾つかねーとか威力低すぎーとか思うだろう
そりゃそうだ。
正直3段階目の41型強化手榴弾を買うまで手榴弾系は非常に使いにくい。というか威力が足りない。
まあ、38型は牽制や設置物破壊に使えるかな?
で、問題は41型強化手榴弾だ。
この41型強化手榴弾(通称:41)は非常に広い爆風範囲と高い攻撃力を持っている。しかし起爆までの時間3.5秒
長い、長すぎる。
プラントに投げたとしても3.5秒後に爆発するので戦闘が終わっていたり、敵に投げても避けられたりしてなんだよこのクソ武器使えねー帰ってグレランやろーぜ!と言うだろう。
だがそれは使い方が違う。
41型強化手榴弾は上に向かって投げるものなのだ。(通称:41空爆、エアバスター41)
プラントなど敵が密集している場所へ、離れた場所から上を向いて遠投してみよう。
そうすると、地上に落ちる直前に41が起爆し、広い範囲を空爆することができる。
敵からしたら、どのタイミングで起爆するかわからず、また広い爆風範囲も相まって非常に避け辛い。
設置物を巻き込んで相手を一掃することが出来るのだ。
キルデス戦ではリペアポッドを往復する戦術が非常に有効だ。

4ptシュートに関して

上記の41空爆のテクニックを応用してベース外からコアを攻撃することが可能だ。
上手く行えばコアへのダメージで4pt貰えることから4ptシュートと呼ばれている。
支援のリムペットボムなど設置物もまとめて除去できるのでベースへ進入する直前、またはコア下まで辿りつけないと判断した際に行いたい。
4ptシュートの位置はマップごとに変わるので個人演習などで確認しよう。また、手榴弾の軌道はバージョン毎に変わることがあるので、毎回確認するようにしたい。

40型軽量手榴弾のベース外攻撃について

正直、初心者向けではないし、全国対戦でもまず見ないが、クラメンから「40型はガチ」と言われたので一応。
40型軽量手榴弾はよくバウンドするのでスーパーボールと言われている。
これを利用して、ベース外からコア下の台座の窪んだところに投げ入れてバウンドさせ、コアに4ptダメージを与えるというもの。
ベース外から、体力を減らさず、安全に、かつ意表をついてコア攻撃ができる、というのが売り。
ただし、重ねて言うがこんな事してくるのは極一部のHENTAI(賞賛)だけだし、全国対戦もランクを問わずまず見ない。
敵にコイツがいたら諦めよう。



重火力兵装関連


ガトリングガン系のアイドリング

ガトリングガン系はクリックしてから実際に弾が出るまで、時間がかかる。
ECMを持っているならばECMを出会い際に投げつけ、主武器を構える、という方法もあるが、決して被弾しないわけではないので、常に弾が出ない程度にクリックして、空転させておきたい。

オーバーヒート(OH!)対策

重火力の主武器はニュード系を除いて全てマガジン火力がある代償としてオーバーヒートという制約があります。
ですが、クリックするのをやめると照準の左右にあるオーバーヒートゲージが下がるので、適時離す、クリック連打、タップ撃ちする、などして誤魔化して使っていきましょう。
OH!させるよりも一時的に攻撃しない方が遥かに良いです。

副武器を構えてはダメ

重火力の副武器は非常に強力ですが、最初からそれに頼っていては強く慣れません。
特に最初に支給されるプラズマカノンは使い勝手が良いため、ついつい頼りがちです。
ですがそこはグッと堪えて主武器を構えてください。
とくにアイドリングが必要であるガトリングガンを装備していると、副武器で相手を倒せなかった場合、主武器に持ち替えても空転完了が間に合わずに死にます。
主武器がオーバーヒートしてしまった、遠距離にいる敵に手を出したい、設置物を除去したい、死ぬ直前に相手を道連れにしたい、などの時に副武器を使いましょう。

榴弾について

榴弾は唯一射線が全く通っていない状態から遠距離への攻撃が可能な武器だ。
しかし効果的に使えないとただの重石だ。
  • 着弾時点までの時間から敵の位置を予測する。
榴弾は非常に強力ですが、撃ってから着弾まで時間がかかります。そのため予測する技術が必要です。
  • 敵の進路を塞ぐ
榴弾が目の前に降ってきたら敵は足を止めます。榴弾は撃破を狙うだけ武器ではなく、相手の足を止める武器でもあります。
ブラントだけに撃つのではなく、このような使い方をすると良いでしょう。目先のポイントよりも大局を見据えることが大事です。
  • 防衛のためだからと言って味方ベースなどへの砲撃は絶対にNG
味方が自分の榴弾でノックバックし、防衛に失敗することが多々ありますので、絶対にやめましょう。
  • プラントへのは敵陣側へ撃つ
プラント柱が遮蔽物として利用できるため、相手は自陣側に居座っている事が多いです。また、味方が自分の榴弾でノックバックするのを防ぐため、常に敵陣側へ砲撃しましょう。

榴弾を使った味方への貢献

榴弾は唯一射線が通ってない場所からの遠距離攻撃が可能ですが、これを利用してセンサーを破壊するのも仕事の一つです。
偵察機で見つけたセンサーを榴弾で破壊すれば、直接センサーを破壊しに行く手間が省け、ついでにセンサーを破壊したことを相手に気づかれない可能性もあります。
狙うならば着弾誤差が少なく、高い位置にあるものでも破壊できるT-10やT-30、総合火力が高いネフィリム榴弾などがオススメです。
センサーを破壊することができれば味方のコア攻撃を行おうとしている強襲にナイスチャットを送られるでしょう。

ECMの使い方

相手の画面にモザイクを掛け、強制的にロックオンを封じるECM。その性質から、敵支援のリペアユニットを使用した再起動を強制キャンセルすることが出来ます。
初期のECMは正直言うと遠投用です。(コレどう見ても玄人用だろjk)
素材に余裕があるならば2段階目の試験型ECMを買うことを強くオススメします。
起爆までの時間0.5秒なので接近戦に非常に強く、使い勝手が良いです。
初期型などは味方と歩調合わせ、プラントに投げ込む、もしくは榴弾の着弾場所を分からなくするための目眩まし、などで使い方を工夫しましょう。
一応、補助装備枠に接近武器が用意されている重火力兵装ですが、どう考えたってECMと下のインパクトボムの方が強いです。

インパクトボムについて

インパクトボムはどんな相手でもふっとばすことが出来る補助武器です。
どうやって使うかって?
武器変更が早い腕と、弾速早くて高い威力の副武器(プラズマカノン・ネオなど)を用意するじゃろ?
インパクトボムを投げる→相手が吹っ飛んでダウンする→直ぐに副武器をぶっ放す→相手は死ぬ。
強い(確信)

バリアの上手な使い方

最初は素材の関係で買えませんが、非常に強いバリアユニットについてです。
バリアユニットは近接属性以外のどんな攻撃(ECMなども含む)でも、対応する方向から来た攻撃であれば、例えSPゲージがミリ残りだったとしても絶対に攻撃を無効化してくれる装備です。
ですので、不意打ち対策にもってこいであり、曲がり角などは常に展開しておくようにすると良いでしょう。
また、戦闘中に後出しでバリアを展開すると大体勝てます。
戦闘中にバリアを剥がすために副武器に持ち替えたり、リロードしたりしている隙がないからです。
ロードローラーを目指すなら是非使いたい装備です。



狙撃兵装関連


弱い

迷彩を買ってくれ、話はそれからだ

主武器について

いいか、最初に言っておくが狙撃の主武器は狙撃銃じゃない、副武器と補助武器だ。
自動で攻撃してくれるセントリーガン、そして重火力の初期型ヴィーゼル機関銃よりも威力があるマーゲイ・カスタムを使うんだ。

単発威力がある主武器が買えたら

ようやく主武器が主武器になったら、今度はQS・竹槍という技術を使っていきましょう。
  • QS(クイックショット)
照準を予め敵に合わせておき、一瞬だけスコープを覗いて撃つ攻撃方法です。
射撃補正がある頭を使っていると期待値が上がります。
  • 竹槍
敵にノンスコープで接射する方法です。本当に接射というかめり込むぐらいの距離で撃たなければ当たりませんが、迷彩があれば大丈夫、きっと。

奇襲したい

セントリーガンACとジャンプマインSを装備するじゃろ?
プラントに陣地を形成するじゃろ?
敵にかかってこいをする。
相手からしたらそんなところ行きたくねーよ!
ついでに主武器を他の兵装を同じような使い方ができるバトルライフル・ムーンレイ系があると楽かも。

ベース外狙撃

ウーハイやベルスク、アドラなど極一部のMAPはベース外からコアを狙撃することが可能です。
かなり条件が限られ、中にはホバー脚のみ可能だったりもします。
ミニマップをみて、レーダーが生きているのにコアが攻撃されている場合はこれを疑いましょう。

トラ○ザム

全く実用性がないし、ただのバグだが、一応狙撃の場所に書いておく。
チップの「状態異常耐性2」を付けた状態でスロー効果Lv1の攻撃を受けると、機体が遅くなるどころか何故か速くなる。
ついでに機体の上昇高度が高くなったり色々するらしい。つまりトラ○ザム。
この条件を発動させるには敵にスロー効果Lv1の攻撃を行ってもらう、もしくは行う必要があるので実用性は全くない。
ただし、ユニオンバトルではドローンがマグネタイザーのようなものを展開して突っ込んでくるので、そういうことができる、ということは知っておこう。



支援兵装関連


ワイスマが弱い

何よりも速さが足りない。
そういう人は適正距離で撃っていない。もっと間合いを詰めてみよう。
なお、ヘヴィーガードみたいなガチムチに手を出してはいけないぞ、ノックバックしないからな!
ダッシュC+以上の速度なら一気に間合いを詰められるはず。
あとは的に飛び込む勇気。あと十分なブースト容量。
ついでにいうとワイスマは拡散率の問題から頭を狙うより胴体を狙ったほうがダメージが入りやすい。
覚えておこう。

ボム系の少し上手い使い方

リモートボム、リムペッドボムなどは攻める場合にも非常に強力ですが、上手い使い方として、逃げるときに使う、というのがあります。
耐久値が減った時に、下を向きながらボムを設置して逃げてみてください。
相手が追ってきたなら爆殺し、リペアで回復しながらプークスクスと笑うも良し、追ってこないならそのまま逃げれば良し。
逃げる支援を追ってはいけないと言われている原因はコレ。

マインの使い方

センサーなど基本的に前線にあまり出ないタイプの支援が好む武器。だが最初は全く撃破が取れないはず。
凸屋がどういうルートで来るのかわからない、という人も多いだろう。
そういう時は自分でコア凸してみるのがいいだろう。
このゲーム、実に良く出来ていて強襲で培った技術などが他の兵装にも応用ができる。
自分でコア凸するようになれば、どういうルートで凸屋が来るのか分かるようになるはずだ。
凸ルートはプラント情勢などによって逐次変化するし、それに合わせてマインの張替えなどが出来るとGood

「そんなの動画とかで確認するし、大体のルートわかってるから」とか言っていた某草動画の方で、
対抗戦で戦線が押された時に適当な場所に置き、全く撃破が取れず、凸を防ぐどころか状況によって変えないセンサー位置、SPを味方へ回す余裕が無いほど被弾する立ち回りなどをして色々やらかしてしまった人を知っている身としては、そういう状況でも対応できるように、日頃から色々なことにチャレンジして欲しい。

リペアユニットの使い方

リペアユニットの回復速度は毎秒1000ほどあります。
これは味方の装甲関係なく一定値耐久を回復させることが出来ます。
右クリックで自分以外へリペアユニットの使用を中止しさせ、自機に戻す事が可能です。
また、武器変更中も完全に修理が継続されます。
大体3、4割ほど耐久値が回復すると再起動が可能です。
リペアを開始したら、3秒数えてから武器変更を行うと調度良いタイミングで再起と武器変更が完了するはずです。
また、自分に使うSP量はゲージ半分まで、というのを意識しましょう。
そうすれば残りの半分で1機は味方を再起することが可能です。

支援の胴体の選び方

沢山SP供給があれば多くの修理が可能ですが、高SP胴はブースト容量が低い傾向にあります。
ブーストが低すぎると回避動作や前線に辿り着くまでの時間が掛かってしまいます。
自身がある人以外はブーストは最低でもC以上を目安に胴体を選びましょう。
SPはユニットβを使うならばSP供給Cほどあれば困ることは無いと思います。
また、装甲があれば被弾ダメージを抑えられ、結果として自分に使うSP量を少なくすることが可能です。
要はバランスが大事なのです。


偵察機の運用

センサー、偵察機にかかわらず索敵範囲が狭いものを使うのは絶対にやめましょう。
つまりファルコンと小型、テメーらだよ。
索敵範囲がたりなさすぎて味方に負担をかけてしまいます。
偵察機の運用方法としてはリスポン時に一発、前線で一発、などがいいでしょう。
また、味方のセンサーが破壊された場合のカバーとして使うと良いでしょう
ラークやアウルを使う際は発射する向きを考えると良いです。
偵察機を撃ち切った場合、速やかにプラントへ突撃して死んで死に補充を行い、ローテーションをしましょう。
但し、その際にある程度敵を大破させ、自分のデス分を回収するのを忘れないで下さい。

センサーの運用

絶対に死ぬな、小型は使うな、味方が戻れる位置に設置しろ
としか言えない。
主武器や修理装置は射程があるものを使い、プラントを踏む、ではなく味方の修理などを行い、瀕死の敵をハイエナする、などしてポイントを稼ぐ地味な役割ですが、いなくてはならない存在です。
現在ランクを上げるのが最も辛いスタイルだと言われています。
支援に乗っている時点で攻撃面に関しては味方任せの面が大きいししょうが無いね
デスを少なくするためキルを稼ぐ必要がなく、ある意味偵察機よりも初心者向きです。
そしてセンサー支援をやっているとミニマップを見る癖がつきます。オススメです。
センサーの感知音は設置者しか聞こえないため、音がなったら速やかにチャットで味方に知らせましょう。



ネタ

嘘ではないけど本当でもない、さらにテクニックでも何でもない、そんな感じ

チャット関連


老練専用チャット

作戦前のブリーフィングにて
コア攻撃は任せろ→援護要請
なぜか味方の士気が上がる。
使ったら有言実行してみよう

まじめ専用チャット

コア攻撃要請→砲撃開始
味方の士気が著しく下がる。
しょうが無いね

ベテラン専用チャット

コア攻撃要請→砲撃開始
俺の士気が下がる。
なんでベテランってよく重火力乗ってるんだろうね。

少女専用チャット

防衛などをしてくれた味方の前でNICEチャット→1回屈伸
極一部の士気が上がる。
かわいいは正義なんやな。

クール専用チャット

全部
大体聞こえない。

ナルシー専用チャット

コア攻撃は任せろ→コア攻撃は任せろ→ごめん
広島の天才が始めた嘘チャット、信用してはいけない。

全員

味方のコア攻撃任せろチャットに対して
NG→コア攻撃は任せろチャット
「お前に任せてられるか、俺がやる」「いいや、俺がやる」「俺が」「俺が」…
このチャットが成功した時には、きっと君は勝ち負けに関係なく楽しく充実したボーダーブレイクをすることが出来るだろう。
その気持を忘れないで欲しい。
なお、オルグレンなど勝敗とポイントが全く関係しないマップでよく見られる。


大体そんな感じ
最後におまけ→特化アセン紹介