コーモンじょう(ドラえもん)

登録日:2022/12/04 Sun 10:57:42
更新日:2022/12/15 Thu 16:51:37
所要時間:約 6 分で読めます




「コーモンじょう」漫画ドラえもん』のエピソードのひとつ。
初出は小学五年生1978年6月号で、てんとう虫コミックス第18巻に掲載されている。

ペンシル・ミサイルと自動しかえしレーダー」や「石ころぼうし」と肩を並べる後味の悪いオチが特徴。

【あらすじ】


あたりを見回しながらいつもの空き地へ向かうのび太
土管の口には大小2枚のベニヤ板が立てかけてある。
のび太が名乗りながらノックすると何者かに出迎えられた。土管に入るとそこには……

おそかったな。はやく税金をはらえ。

ボロボロの帽子に眼帯という出で立ちの浮浪者のおっさんが、土管の中に住み着いていたのだ。
しかし納められた金が十円しかなく、おっさんは激怒。

毎日二十円よこせといったはずだぞ。

だ、だって、こづかいがもうないよ。

なければおふくろのさいふから盗んでこい!

慌てて逃げ出すのび太。
そこへジャイアンスネ夫もやってきた。2人も税金を取られたのだという。

あいつが来てから毎日がじごくだぜ。

ママや先生にいいつけたらころすっていうんだもの。

おっさんは純真な子供を騙して金をせしめる極悪人だった。
のび太は自宅に向かい、親の財布を持ち出そうとするが……

こら!

驚くのび太だが、声の主はドラえもんだった。
のび太は泣きながらわけを話す。

ゆるせぬ!

何かを取り出そうとするドラえもん。のび太は慌てて、

なにを出すつもりか知らないけど、ケンカはごめんだよ。
いままで百人ころしたといばってる、おっそろしいやつなんだ。

そんな奴がほっつき歩いていたら即指名手配されて御用であろうが、残念ながらのび太は疑う事を知らない純朴な男であった。
それはともかく、ドラえもんは

ケンカなんかしなくていい。
きみの名前をいうだけで、相手はにげだすよ。

と、錠剤「コーモンじょう」を取り出した。

コーモン?…………なんかばっちい感じ

ばっちいもんか。

ドラえもんは名を名乗るだけで相手がひれ伏す、『水戸黄門』の説明をする。
それと同様の効き目があるのだそうだ。
試しに飲んでみると……

オエ~~

顔を顰めるのび太。やっぱり「ばっちい感じ」の味がするんだろうか 肛門だし
のび太は心細くなるが、「男ならドンとやれ!」と背中を押される。
居間では財布を持ち出したことにママが怒っていた。
申し訳無さそうに名を名乗ると……

の、のび太さま!?

ママが平身低頭して恐れ入った。効き目は本物だ。
外に出ると、二十円取られたジャイアンとスネ夫が泣きながら現れた。
2人はニヤニヤしているのび太に掴みかかる。

やつあたりはやめな。ぼくはのび太だ。

2人もひれ伏したので、ますます自信がついたのび太。
空き地ではおっさんが待ち構えていた。
二十円を催促するおっさんに、のび太はアカンベーで返す。

このやろう!おれをばかにする気か。

のび太。

えーっ
あなたはのび太さま。
おそれいりました。

そしておっさんをこの町から追放する事に成功した……かと思われたが。

のび太だったらどうだというんだ。

おっさんは正気に戻り、のび太に向かってくる。
しかしのび太の名前を聞いたおっさんは再び彼にひれ伏した。

名前をきくとだめなんだ。
ようし!耳に綿をつめて。

その程度で聞こえなくなるのだろうか
「ガオ」と唸りながらのび太を追いかけるおっさん。
のび太も負けじと「のび太、のび太、のび太。」と連呼しながら逃げ回る。
運良くおまわりさんと出会ったものの、なんと名前を聞いたおまわりさんがのび太にひれ伏してしまった。

おそれいってないで助けて!!

陰からその様子を恐ろしい形相で眺めるおっさん。
この後のび太は一体どうなってしまうのであろうか……

【今回登場したひみつ道具】


○コーモンじょう
飲んで名を名乗ると相手がひれ伏すようになる錠剤で、表面には菊穴みたいな模様がついている。
恐らく印籠の葵のつもりだと思われるが……ケツじゃね?
前述の通りかなり苦いらしいが、効果は覿面。
犯罪への応用も容易だと思われる。
だがなぜか耳に綿を詰められただけで効果がなくなるという欠点もある。おっさんが難聴なだけとか言わない
また、ひれ伏す効果も一時しのぎのものらしく、割とすぐ正気に戻ってしまうようだ。
名前と同音の言葉でも反応するのかは不明。

【アニメ版】

浮浪者が登場する事や不穏なオチ、また下ネタ系の道具であるためか、大山版のごく初期に1回アニメ化されているのみとなっている。

◇大山版「コーモンじょう」
1980年3月18日に放映された。こちらは漫画版のオチのその後が描かれており、のび太が走って逃げだしてドラえもんと合流。おっさんはどこでもドアでアフリカのサバンナに追放されライオンに追われていた。


【余談】

第40巻収録の『あとはおまかせタッチてぶくろ』でも別の浮浪者が登場している。
こちらの浮浪者は家の前で転んだのび太を助けようとしたが偶然にもタッチてぶくろをはめている手で掴んでしまったためタッチしてしまい家で待っていたドラえもんとパパとママにお叱りを受けるハメになった。

2001年の大みそかスペシャルのショートアニメ「ドラえもんの黄門様」でもコーモンじょうが出てきており、
作中では助さんを演じていたのび太が印籠を忘れてしまうというポカをやらかした事に呆れた黄門様を演じているドラえもんが出した。
それをドラえもんが使った後には悪役を演じていたスネ夫とジャイアンのみならず、のび太自身も土下座していた。
まあこれが正しい効果なので仕方が無いのだが。因みにこのショートアニメではのび太が二人いる。どっちかは従兄弟ののび太郎説

続ドラえもん全百科』では魚に対してのび太がこれを使って釣りを行おうとしたが、魚に人間の言葉がわかるわけがないのでのび太はただ不味い薬を飲んだだけで終わった。

一方言葉が通じさえすればいいのか、『ドラえもん学習ゲームブック④21世紀宇宙大冒険』ではジャイアンが使用し「ジャイアンであるぞ!」と発言したら悪の宇宙人たち(既にドラえもん一行は翻訳こんにゃくを使用済み)が一斉にひれ伏した。


なにを出すつもりか知らないけど、追記・修正はごめんだよ。
いままで百項目荒らしたといばってる、おっそろしいやつなんだ。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年12月15日 16:51