ガウ

登場作品 機動戦士ガンダム
型式番号 ACA-01
所属 ジオン公国軍
艦長 ガルマ・ザビ
武装 格納式連装メガ粒子砲×3
対空機銃
爆撃倉

【設定】

ジオン公国軍の大気圏内用大型輸送機兼爆撃機。
地球連邦軍のガルダ級が登場するまでは、シリーズ最大の航空機だった。

初の実用核融合炉搭載航空機であり、ムサイと同級のミノフスキー型熱核融合炉2基を翼付け根に搭載し、その電力によりプラズマ過熱型熱核ジェットエンジン18基を駆動し、ほぼ無限の航続距離がある。だが、コロニー内のシミュレーションのみで設計された機体であったため、ドップと同じく揚力だけで飛行を支えるのは不可能でリフトジェットを左右の翼付け根に4発づつ備え、全速航行時でも下方ジェット噴射に全推力の三割を回していたという。離着陸時はさらに水噴霧で推力を向上させ、揚力と同等の上昇力を稼ぐ。陸上での長距離移動能力に乏しいMSを運用するために開発され、MSを胴体部に3機、ドップ戦闘機を両翼にそれぞれ4機搭載可能である。

 あたかも空飛ぶ空母のごとき威容と機動兵器搭載運用能力を持つことから「攻撃空母」と呼ばれる。対地攻撃に優れ、絨毯爆撃を市街地などで展開している。南米の連邦軍総司令部ジャブローに対しては、「定期便」と呼ばれる爆撃をたびたび行っていた。また、オデッサ戦でも多数投入された。
前方にMSの発進口を設けたため、MS降下時には速度を落とさねばならず、ジャブロー強襲作戦では連邦軍の良い標的となったという。また、同作戦中のガウはドップを搭載せず、艦載機発進口のカタパルト上部に多数の空対地ミサイルランチャーを仮設。MS隊降下の露払いとしてジャブローにミサイル攻撃を仕掛けた。護衛のドップ部隊は最初からガウの周囲を飛翔している。

 特筆すべき事項として、宇宙往還機の母艦機能がある。大気圏突入カプセルコムサイの空中収容とブースターなしでの弾道飛行のための自力発進が可能。航続距離の短いコムサイを連邦軍制空圏手前で回収し、弾道軌道で味方基地近辺に送り出すことでコムサイの生存率は著しく向上したとされる。

 終戦までに40機前後が生産されている。装備の違いによりいくつかのバリエーションを持つが、最も基本的な初期型の型式番号はACA-01である。


【原作での活躍】

アニメでは第6話から登場。ガルマ・ザビ大佐が座乗する本機を旗艦としたガウ攻撃部隊を擁し、連邦軍のホワイトベース隊と二度に渡り交戦するも、ニューヤークでの戦闘でホワイトベース隊の攻撃を受け座乗していたガウは撃沈。ガルマ大佐もこの時に戦死した。
この他にも多くのガウ攻撃空母が戦線に投入され、ジャブロー攻略戦でも使用された。
一年戦争終結後もジオン残党軍により運用されており、オットー・アイヒマン大佐らの部隊が本機を運用し、インビジブル・ナイツ隊を支援していたという


【艦長説明】

ガルマ・ザビ

CV:森功至(初代)/柿原徹也(THE ORIGIN)

サイド3(ジオン公国)を支配するザビ家の末っ子。
シャア・アズナブルとは士官学校からの同期であり、「ガルマにとっては」親友でもある(シャアも彼を「いい友人」と言っていたが、それが本心かどうかは不明)。
家族であり上官でもある父デギン、兄ドズル、姉キリシアから愛され、特にドズルはいずれは自分を超える将になると評価していた。
また裏表が無く誰にでも優しい性格であり、士官や国民から高い人気があった(シャアはそれを甘さと指摘している)。
他にも自らの地位と肩書きが親の七光りであると言われるのを嫌っており、それ故に指揮官でありながら自ら戦場に出る事もあった。
シアトルでの戦闘中シャアの策略に嵌まり後ろからWBの集中砲火を浴び、最後は「ジオン公国に栄光あれ!」と叫びつつWBに特攻を仕掛けるが間一髪避けられてしまい、そのまま戦死する。
劇中ではお坊ちゃんならではの純粋さや恋に生きようとする姿も見受けられたが、死に際の特攻即断や、恋人の名では無く国の繁栄を叫んだ事から、彼も若くして誇り高い軍人であった事が伺える。
ガンダムシリーズの物語の中で、シャアの友人という立場の人物は彼と「ORIGIN」に登場する本物のシャアのみである。が、本物のシャアに対しての友情は内心ゼロである可能性もあり、そういう点で言えばシャアの友人という立場にいたのはガルマただ1人である。
シャアも彼の人柄はそれなりに評価していた様だが(評価と呼べるレベルかは不明だが)、それ以上に彼がザビ家であるという点をシャアは許せなかった。

彼の死はザビ家の面々を惜しませたが、兄ギレンだけは父デギンの反対を押し切ってまで国葬による戦意向上に利用した。それが原因でデギンは連邦との交戦意志が徐々に消えていき、一年戦争末期にはレビルと極秘に接触して和平交渉を行おうとする。

【原作名台詞】

  • 笑うなよ、兵がみている…(アニメ第6話)
  • この化け物が!落ちろ!落ちろォ!(アニメ第9話)
  • それで聞き届けてもらえねば、私も…ジオンを捨てよう(アニメ第10話)
  • シャア!謀ったな!?シャアアアアアア!!(同上)
  • 私とてザビ家の男だ!無駄死にはしない!!(同上)
  • ジオン公国に栄光あれえェェェ!!(同上)


【ゲーム内での活躍】

EXVS.FORCE

母艦として登場。艦長はガルマ。
敵母艦を一撃で沈めるフォースアタックが主砲ではなく、特攻である。

GVS

EXVSシリーズの戦艦枠ではなく、ボス機体として登場。
FORCEと異なりガルマは搭乗していない。
ボス機体としては移動速度は遅く、格闘武装も持たないため最弱のボス機体となっている。
しかし、誘導の強い連装メガ粒子砲や、後部からの爆撃攻撃といった武器も持っているので、舐めてかからないように。

【その他の活躍】

ガンダムビルドファイターズ」11話にてガンプラとして登場。
第7回ガンプラバトル選手権予選第2ピリオドにてドイツ代表のライナー・チョマーが投入した。
イタリア代表リカルド・フェリーニにある理由から恨みを持っており、同じ様にフェリーニに恨みを持つ者たちと結託しフェリーニを襲撃する。
表面にはビームコーティングを施しており、フェリーニが駆るウイングガンダムフェニーチェのバスターライフルカスタムを物ともせず、後一歩でフェニーチェを潰せるという所まで追い詰めるもガンダムX魔王のサテライトキャノンを受け撃墜された。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。