TRPGについて

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

皆さんがコンピューターゲームをやっている時
「自分ならこんな行動はとらない」
「もっと違う選択肢があればいいのに」
そんな風に感じたことはありませんか?

この先、高度なコンピュータを使ったり、詳細なゲーム製作を行っていけば
いつか物凄い自由度のゲームも実現するかもしれません。
しかし、それよりももっと簡単にそれを実現する方法があるとしたらどうですか?
そうです!それがTRPGなのです!

なんだよ!TRPGなんて知ってるよ!という人はこの章をすっ飛ばして次の章へ進んでください。
ここではTRPGとは何か、について説明をします。

TRPGとはコンピューターゲーム全盛の今、
まさにアナログ的に人間の会話のみで進める逆に新鮮な遊びです。
原則的にこのゲームにコンピュータ的なものは一切必要ありません。

TRPGは最低2人~最大7、8人くらいの人数で行われます。
そのうち一人がホスト役(ゲームマスター=GMなどと呼ばれる)となり その他のメンバーはプレイヤーとなります。

GMはコンピューターゲームならコンピュータが処理を担当する
モンスターや街の人、果てはダンジョンや世界の描写まで一手に引き受けます。

プレイヤーはそのGMが描写する世界に生きる存在として
一人一キャラクターを演じてゲームを進めていきます。

このホスト役=GMが人間というのがTRPG最大のミソです。
TRPGにおいてはキャラクターはプレイヤーが思いつく限りの行動をとることが出来、
GMはそれに対し、適切と思われる結果を常時返すことが可能です。
しかもTRPGにおいてはそれぞれのキャラクターがどんな人物で、何が出来るのか
世界がどんな所で、行動に対してどのように成否を決めればいいのか
しっかりとルールが存在している為、単なるごっこ遊びではなく、ちゃんと一人のキャラクターとし
世界を冒険している実感が得られるようになっています。

果てしなく広がる冒険の世界を、貴方だけの唯一無二のキャラクターで冒険する。
それを実現できるのがTRPGなのです。

これから解説するのは、そのキャラクターを作るための
そして世界を冒険する為のルールです。

最初から全てのルールを把握する必要はありません。
自分に関係のありそうなところ、興味の湧く所を中心にまず読んでみるといいでしょう。

それでは、無限の可能性を持つTRPGの世界へようこそ! 我々はあなたを歓迎します!

次>用語解説
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。