用語解説

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GM

ゲームマスターの略であり、ゲームの進行役、仕切り役です。
プレイヤーが演じるPC以外の世界、他のキャラクター、状況描写を全て担当します。
また、プレイヤーが遭遇する事件や状況を考える係でもあります。
※ネットゲームなどで存在するGMとは違います!

PL

プレイヤーの略です。GM以外のゲームを遊ぶ人のことです。

PC

プレイヤーキャラクターの略です。
プレイヤーがゲーム中に操作する分身のようなものです。
プレイヤーは、このPCを通じてゲーム中の世界に関わっていきます。

NPC

ノンプレイヤーキャラクターの略です。
PC以外のGMが扱う生物、人類全てを表す用語です。

ダイス

サイコロのことです。六面、十面など、いくつかの種類が存在します。
Shared†Fantasiaではサイコロは六面体(1~6が出るサイコロ)のみ使用します。

○D+n(○とnには数字が入る)

ルール上頻繁に使われる表現に2D+1や3Dといった表現があります。
これはDがダイスの略であり、Dの前についている数字はサイコロの数を表します。
Dはdと表記される場合もあります。
つまり2Dであればダイス2個、3Dであればダイス3個を振るということを表します。
さらに後ろの+、及び-の数字はそのダイスの出目に加えたり、引いたりする修正です。
Dは場合によってはdと小文字で表現される場合もあります。
これによってゲーム上の乱数(ランダム性)を表現します。
Shared†Fantasiaでは六面ダイスのみを使用しますが、複数種類のダイスを使用する場合は1D6、2D10など、Dの後ろに面数を表記し、何面体のダイスを使用するのかを表す場合があります。
例)
2D+1であればダイス2個を振り、1を加えます。
ダイスを2個振って出目が2と5だったならば、それに1を加えて最終的な数字は8になります。
ダイスの出目が3と6だったならば、それに1を加えて最終的な数字は10になります。
このように同じ2D+1でもその時々によって違う数字になります。


シナリオ(セッション)

行うゲームの一区切りを1シナリオ(セッション)と呼びます。
1シナリオは基本的にGMがどこまでかを決めますので、一概に何時間とかどこまでというものはありません。
ただ、GMの用意する解決すべき事件や攻略すべき遺跡などが解決・攻略されるまでが
基本的に1シナリオ(セッション)となります。

L

Lはルール説明上、レベルの略号として使われます。
またクラスレベルの略称がCLとして略されたり、技能レベルを技能Lとしたり様々な略称の中でも
Lはほぼ必ずレベルの略として使用されます。

魔法

このゲーム、ゲーム中の世界においては魔術師が使う魔術、神官が起こす奇跡、
それらを総じて魔法と呼びます。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。