数値計算・記入

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター作成の総仕上げです。
装備品として購入した武器や防具の数値計算や、まだ記入できていない数値などをチェックしていきましょう。

■限界重量と軽荷重のチェック
限界重量と軽荷重の数値を計算して記入しておきましょう。
(肉体×20+40)が限界重量値、その半分が軽荷重となります。

■武装の数値計算
持っている武装の数値計算をしておきましょう。
武器防具を持っていなくても全員、素手(近接攻撃)とロック(石を投げた場合の射撃攻撃)、
そして鎧なしの状態の数値は算出しておきましょう。

<近接武器>

命中判定値=肉体値+戦闘修正(+あれば武器、フィートなどによる修正)
ダメージ=武器ダメージ+肉体値(+あればフィートによる修正)
重量=武器の重量

<射撃武器>

命中判定値=技術値+戦闘修正(+あれば武器、フィートなどによる修正)
ダメージ=武器ダメージ+技術値(+あればフィートによる修正)
重量=武器の重量
射程=武器の射程

<鎧と回避力>

近接回避=肉体値+戦闘修正(+あればフィートによる修正)
射撃回避=技術値+戦闘修正(+あればフィートによる修正)
防御力=鎧の各DT(斬・叩・刺)に対する防御力を書き写す
重量=鎧の重量

<盾の回避力>

近接回避=鎧で出した回避+盾による修正(+あればフィートによる修正)
射撃回避=鎧で出した回避+盾による修正(+あればフィートによる修正)
防御力=鎧で出した防御力+盾による修正(+あればフィートによる修正)

■装備品のチェック
購入した装備品とその重量を記録しておくと良いでしょう。
武器防具はともかく、背負袋や袋などに荷物を入れている場合は、
その袋ごとにアイテムをまとめておくとわかりやすいでしょう。

■ゴールド(所持金)のチェック
購入した装備の金額を引いた残りのお金を計算して記入しておきましょう。

■特殊能力のチェック
種族による特殊能力が存在する場合は特殊能力に記入しておきましょう。
テキストファイルにデータを記入している場合は魔術の魔力や魔術スロット数、
神官の信仰値などもここに記載しておくとよいでしょう。
紙のキャラクターシート等を使用している場合は、魔術は魔術管理シートにデータを記入するとよいでしょう。

■言語のチェック
習得言語をチェックしておきましょう。
基本ルールでのキャラクター作成時は通常全員まず南方語を習得しています。
クラスやボーナス設定などで追加言語が存在する場合、南方語以外に、
習得可能な分だけ言語を習得していることを確認してください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。