活動ログまとめ2020①

2020年

1月

+ログを見る

新春!マルチ対戦ゲーム祭り2020(20:00~29:02)


出来事




プレイしたゲーム






無の極地~最自由の旅~(20:00~28:37)

Youtube

出来事




プレイしたゲーム






修羅のポケモン百人組手!(20:00~25:58)


出来事

カシヲとファンズによるポケモンバトル&ポケモン交換会
以上の2本立てでございます。


プレイしたゲーム

  • ポケットモンスターシールド





修羅のApexふわふわ組手!(25:59~)


出来事




プレイしたゲーム

  • Apex Legends
  • PUBG

名探偵カシヲの『Her Story』(20:00~)


出来事

  • 開幕変な喋り方のカシヲ
「なんでおばちゃんみたいになってるの?」「エセ京都弁やめて」

ゲーム開始前に雑談

耳鼻咽喉科に通院しているカシヲ
高周波レーザ(鼻レーザー)のお話
カシヲ「この中で鼻にレーザー打たれた事あるよーって人いますかー」
意外にもファンズの中に体験者が多かった模様

  • カシヲのレーザーに対するイメージ
カシヲ「僕の中のレーザーのイメージは、天井にぶら下がってるなんかわっかみたいなのがあってそこの下に4つか5つくらいトゲトゲのがあってその先に電気が溜まってビビビビビビビビってなって、真ん中からレーザーが照射されるイメージやからww(早口)」
「wwwwww」「仮面ライダーのやつ」
ラピュタの雷スタイルのやつ

カシヲ「どうしよイケボになったら」
「それはない」「それはない」「ならないよ」

  • 結局ファンズの意見を聞いたカシヲはレーザーを打ちに行く事に
「おれレーザーうけたことあるよって言えるよ」
カシヲ「それ言いたいよね」
「言う人いるの?」「でも言う相手いないじゃん」

Her Story(28:18~)

PCの中にある短い動画をワード検索などを使い正しく繋げる事によって、かつて起こった事件の真相を探っていく追体験型ゲーム。

※Her Storyはストーリー性の高いゲームのため、以下、ゲームのネタバレにご注意ください※
























  • ゲーム開始して1人オセロをし始めるカシヲ
カシヲ「もしかしたら終わらせたら何かあるかもしれない」
最後までプレイしたカシヲだったが・・・
カシヲ「・・・・。」
「え?」「うん」「うん」

【殺害されたのはサイモン・スミスという男】

  • このゲームはメモ必須ということで『探偵ノート』なる物を用意したカシヲ
これは書き順警察出動不可避

サイモンピータースーザンのカップルが経営している「ザ・ロック」のというお店の常連で、あの日何杯か飲んでいた】
【たまにヘレンという娘も働いていた】
サイモンは失踪したりする人じゃない。事件の可能性がある。】

  • ザ・ロックで検索
【金曜の夜口論して出て行った。土曜の夜にサイモンエリックの手伝いをするはずだったが来なかった。】
1週間で証言している女性の雰囲気が変わっていた
ファンズ「1週間配信ないとイラつくもんね」
カシヲ「ゴメンゴメンゴメンゴメン…」

  • エリックで検索
サイモン:青いタートルネックのシャツ、ジーンズ、腕時計、ダップルコート。
エリックサイモンの上司。】
【キャバリエ(車)、上司から借りてる仕事用のバン2台とも駐車してあった。】
【現金で払うのが好きだがエリックに説得され銀のVizaカードを使っている。】
エリックサイモンの良き理解者。奥さんはダイアン。】

  • ヘレンで検索
ヘレンに口論の話をしていた。サイモンはブロンド好きで、ヘレンはブロンド】

  • ブロンドで検索
【180cm、髪はダークブロンド、髭はなし。(おそらくサイモンの情報?)】
7月の情報【ブロンドのウィッグ、猫の入り口】
【ギターで歌を歌っている映像。姉と妹の少し怖い曲】

  • ギターで検索
サイモンはギターは弾かなかった、音楽は好きだが音楽的才能はなかった。】

  • 曲で検索
サイモンは結婚をしていた。】

  • 結婚式で検索
【結婚式の夜ブライトンのホテルに泊まった。赤ちゃんはおらず、旅行が習慣に。】
【彼女は17歳で結婚。結婚式のお金はサイモンの両親が負担。ダイアナ王妃のようなドレス】
  • 証言している女性の腕に刺青がある事に気がついた時
突然カシヲにLINE電話
「あ」「金塊か?」「金塊だああああ」「これ録画じゃね?」
カシヲ「間違いだって・・・めっちゃ焦った・・・」
「「「wwwwww」」」

  • 刺青があるビデオとないビデオがある事を発見
検索の最後のビデオで新たな人物ハナが登場。
ハナと証言の女が元々一緒に暮らしていた?】

  • ハナで検索
94/6/18【証言していた女がハナ・スミス
青い服の人がハナ(指輪をしている)で別にもう1人証言している女性(指輪はしていない)がいた。
  • もう一人がイヴと言うことが判明
フローレンスという助産師が向かいに住んでいて、イヴハナは同時に生まれた時手助けして。だがイヴの首にへその緒が巻きつき助産師に死んだと言われた。が生きている。】
→助産師がイヴを連れ去った?
イヴハナの遊び場だった人形のたくさん置いてある家の屋根裏に隠された。】

  • イヴで検索
イブは男の子に人気がありハナは嫉妬していた。】
【ある日ビーチで喧嘩してイヴの顔を水の中に押し付けた。このまま窒息させて殺してしまいたいって思ってしまったがその後仲直りした。】
【若い頃誕生日の家出をして、ボブ・ディランのツアーバスに押し入ろうとしたがタクシーの運転手に怪しまれ警察署に連れて行かれた。
だが責任はイヴに全て擦り付けたためハナは両親から咎められなかった。】

  • 双子で検索
片方だけ双子だという事を知っていた?

  • 子供で検索
【地下室に使う事のなかった子供用品を入れた箱が置いてあったが、1週間前に見たとき位置がずれていた。地下にあったゴミ袋に死体が入っており警察に連絡。】
【ラプンツェルの物語を話す】

  • ラプンツェルで検索
ラピンツェル→カード(心理テスト)

  • テストで検索
【両親を欺いて入れ替わってテストを受けていた】

  • フローレンスで検索
考察:双子だったイヴハナだったが、助産婦に連れ去られ別々の親元で育ったがその後ハナがこっそりイヴを匿って屋根裏で入れ替わり生活していた

  • 入れ替わりで検索
ハナサイモンに夢中で自分だけの物にしようとしていた。ハナが意図的にルールを破り妊娠】

  • ルールで検索
【1人の人間を2人で演じるようになり、その日の出来事を日記にして2人で共有した。やっていい事とダメな事をリストにしルールを決めた。】
【半年続いたがルールが変わり屋根裏に住む自分に疑問を持ち始めた。】

  • 屋根裏で検索
【両親の部屋で寝るのに数年かかった】
カシヲ:ハナイヴと入れ替われないようにわざと刺青をしたと予想

  • タトゥーで検索
【タトゥーは入れていない。お腹からお尻にかけて傷。】
【タトゥー=自己の証明】
イヴが事件後、記念にタトゥー】
ヘレンイブ

  • 傷で検索
サイモンが自殺はありえない】
【指紋をとる。火傷】
【一方が怪我をしたらもう片方も怪我をした。】

  • 指紋で検索
  • 日記で検索
【8歳の時母親(フローレンス)が階段で滑って死亡。その時実の母親でない事を知る。】

  • 妊娠で検索
【出来婚】
【妊娠8ヶ月で流産。サイモンの両親が数ヵ月後家を出て行く。】
【妊娠していてつわりがおこる】
「え?」

  • 誕生日で検索
サイモンが誕生日を祝ってくれたが赤ちゃんの話で口論になり家を出て行った】←事件前の金曜日の話?

  • 仕事で検索
【携帯は仕事用に1つ持っているが番号は覚えていない】←証言者はイヴ
【事件後は仕事を休んでいる】
【学生の時父や母が働いた事のあるお店でバイト】←イヴが嘘をつく時だけ手が動く?

  • 夫で検索
【10年で夫婦の関係も・・・】

  • 親で検索
サイモンは学校を辞めてガラス屋の社員になった。サイモンの両親は部屋を貸してくれ赤ちゃんの為の部屋もあった。】
【流産した時期に両親も亡くなった】

  • ダイアンで検索
サイモンの時計を見て:結婚記念日に貰った。選んだのはおそらくダイアン。事件時グラクゴーにいた】
サイモンはハブに行く事が多い。サイモンは料理をする】
サイモンエリックが口論?】

  • 口論で検索
  • グラスゴーで検索
【車で遠くに行った結果グラスゴーだった】
【グラスゴーで夜を明かしその後公衆電話から電話をかけ家に戻った】
【グラスゴーでタクシーとぶつかる。妊娠していたため病院で検査】

  • 髪で検索
【歌の続き】

  • 病院で検索
【グラスゴーに行ったのはイヴ。電話した相手はハナ。しかし出なかった。サイモンよりハナの方が大事】
口論したのはハナのはずなのにゴラスゴーはイヴが行った。

  • ネコで検索
【以前両親が黒字に白模様のネコのドミノを飼っていた。ネコ用出入り口は通れなかった。】
【秘密の信号で連絡を取り合っていた。】←モールス??
ファンズ「これまでの暗号ギフトはこの日のためだったんだ!!!」
【ドミノは首に鈴をつけていてそこに手紙を入れてやり取りをしていた。1度ばれたが筆跡が同じだった為疑われなかった。】

  • もう一度別のモールスを確認
暗号がわからなくてカシヲ苦戦
カシヲ「わからないよ!!なんだこいつ!!やめろそれ!!!机トントンすんなぁ!!!」
「「「wwwww」」」

  • 免許で検索
ハナの方が運転がうまいため免許を取った。だがハナは男子に対し内気だった為アプローチはイヴの役目。イヴカールと寝てしまった為ハナは寝れなくなった。その時サイモンと出会った】

  • カールで検索
カールは地元のバンドのメンバーで性格は悪い。当時イヴは15歳、カールは17歳だった。その内カールの方が飽きて別れた。この時家族が1番大切になった。】

  • 事故で検索
【グレース・ケリー(モナコの王妃)が事故死した翌年にサイモンと出会った】

  • 屋根裏 サイモンで検索
ハナサイモンが引っ越してきてサイモンがリフォームしたがハナの主張で屋根裏には手を出さなかった】
ここで2つ同時に検索できる事が発覚
カシヲ「ちょっとまって!暗号解読は?あっおかいどく~」『暗号 買得』→該当なし
『暗号 解読』→該当なし
カシヲ「だぁ・・・むりかぁ…教えてクレー」
『暗号 意味』→該当なし
カシヲ「むりぁ・・・教えてくれよ~」

  • サイモン ハナで検索
ハナは流産後子供を産めない体になった。だがその後もハナサイモンは一緒に暮らした】
ハナが流産した後にイヴが妊娠→ルールに従い流産?

  • 地下室で検索
【地下室は物置と化してほとんど立ち入らなかった。袋はガムテープで止められていた。】
【地下室に清掃業者が来た。血がついた物は捨てられた。】
【大事なのは赤ちゃん。壊れた鏡や血に染まった服を袋に詰めて部屋を綺麗にし、地下室に運んだ。】←二人が共犯でサイモンではなく赤ちゃんを取った(流産はしていなかった)

  • ここでメッセージ
SB「どんな感じだ?終わったか?」
PC「まだ」
SB「そうか、了解。終わったら教えてくれ」
→とりあえずは犯人がわかったが完結は自分の判断

犯人はイブとハナの2人
動機はおそらく赤ちゃん
ハナが流産後妊娠できない体になった後でイヴが妊娠。
2人はサイモンより赤ちゃんを取った。

  • ここからは映像をコンプリートする流れに


カシヲは調べている主人公が2人の子供と予想

DBチェッカーでどのくらい開示してるかわかる事が判明
それを参考に検索をかけていく。

  • 新しい登場人物ダグエレノアが出てきたとき
カシヲ「(メモに)字かけないぃ」
ファンズ「レイヤーあってる?」
カシヲ「あぁ・・・。ダグ・・・レイヤーじゃないwwレイヤーに引っ張られて一人いなくなったww」
「「「wwwww」」」
ダグエレノアサイモンの両親

  • はいで検索した時
【家にはいなかったわ】
カシヲ「家にハイかもしかして。会話から引っ張れるのか」
「「wwwww」」

  • お互いで検索した時
サイモンの両親はいいと言ったがいっしょにいるのはお互い悲しいから友達の所に泊まっている】
ファンズ「ともだち・・・」「友達・・・?」「友達って何?」
ファンズの心に大ダメージ

  • のどで検索した時
ハナイヴのウィッグと服を着てサイモンにあったがハナに渡した物と同じ鏡をプレゼントされた。我を忘れたハナが鏡を破壊。言い争いになりサイモンにぶたれたハナは鏡の破片をつかみサイモンの喉を切り裂いた。】

実は実行犯はハナ
凶器はサイモンの鏡で動機はサイモンが自分ではなくイヴを選んだ事?

~~ここで一旦休憩になった~~

カシヲの書き順が独特すぎる問題

ファンズ「やっぱり書き順が違うんだよなぁ」
カシヲ「(うるせぇ!!うるせぇ!)」
→そしてミュートを解除したカシヲは唐突にドダイ理論「せ」について語り始める
なお内容は理解に苦しむ物でその後ファンズによる書き順講座に苦しめられるカシヲだった。
カシヲ「やはせ理論でしょ?」「ももせ理論じゃないの?納得いかないんだけどww

なーんてね

ゲームを再開
  • きのこは無いと思ってたがまさかのヒット
【両親はキノコが原因で死亡した?】

  • ファンズの了承を得て攻略を見ながら進めて行く事に

攻略を見ながら検索かけている途中
『“はい”』→該当4件
カシヲ「おい嘘だろこんなのないよ!!ハイだけじゃでないんだけど!!こんなのってないよ!!」
「「wwwwww」」
→なお映像は嘘発見器で『はい』と答えただけの映像
 いいえバージョンもありデーターベースが一気に埋まる
カシヲ「めっちゃうまるー」

終盤になると事件前の状況がわかる
ハナサイモンに姉妹の事を打ち明けようと提案するもイヴは否定。
しかしハナはこっそりイヴの話をするもサイモンに受け入れられず。
その後イヴハナの元に行くも喧嘩になりイヴは家を出て車でグラスゴーに向かった。
家に帰ったイヴが見たのは喉を切り裂かれ床に横たり死んでいるサイモンイヴのウィッグをかぶった放心状態のハナだった。
2人は暗黙の了解で赤ちゃんのために協力し合うこと決め凶器や証拠などを地下室に運び死体を隠した。
アリバイがあったためあえて自分たちに疑惑を向けさせた。
【彼女は消えたわ。二度と戻ってこない】【存在しない者を逮捕できる?】

全てのビデオを視聴しメッセージを送る事に
SB「やぁ、終わったかい?」
PC「ああ」
SB「そうか。それじゃあ、わかったのかね?
   きみのお母さんがなぜあんな事をしたのか?」
PC「ああ」
SB「ならよかったよ、サラ。
   外で待ってるから、ログオフして出てきてくれ。」

  • サラについての会話
ファンズ「サラは女だよ?」
カシヲ「女の人なの?髭生えてなかった?」
ファンズ「映ってたの女の子に見えたけど・・・」
カシヲ「うそっ僕髭生えてるように見えてたわー」
「え?」「え?」「え?」
→だが少年や成人男性に見えていたファンズもいたらしい
よかったなカシヲ

その後全実績解除の為に続けてしまうカシヲだった
 ・オセロを引き分けにする
無言でオセロをするカシヲだったが
「wwなにこの時間wwこわいこわいこんな時間許されるの?配信でw」
「みてるみてる」「みてるみてる」「みてるみてる」
 ・ADMIN UNLOCK

カシヲの配信において本当に珍しい全実績解除したゲームに輝いた

こうして事件は幕を下ろした。
愛とは何か
真実とは…
時にそれは嘘だっていいんだ
そこが君の居場所になるのなら
                   カシヲ ホームズ

以上エコーを無駄に使用した素晴らしいお言葉でした

プレイしたゲーム







カシヲのちょれぇ延長枠(26:00~28:04)


出来事

延長枠を取ってすぐ
ファンズ「ファンズの次枠要求は様式美みたいなもんだからプロの都合で寝ていいからね」
カシヲ「今言うんじゃねぇ!!5分前にゆって」
「「wwwww」」

  • 枠を取ったはいいものの何をするか決まらないカシヲ達
カシヲ「なんか気持ちよくなれる奴ないかなぁ。なんかぶっ飛んじゃう様なさー」
「薬か?」「薬か?」「H3!?!?!?」
カシヲ「何でそれでww気持ちよくなる、ぶっ飛ぶでH3はおかしいだろww

その流れで話題は『H3』の話に
カシヲ「やるとしたら深夜だね!
「じゃあ今じゃん」「いい時間じゃん」
カシヲ「H3皆の前でやんのはずいわ!かといって1人でやってるのバレるのももっと恥ずかしいんだけどさwww
「「wwwwww」」

仮にH3をやるときは僕オリ女子編のように男子のみで集まらないとダメらしい
ファンズ「全員おじさんだよ」
「みんなおじさんだよ」
「おじさんしかいないから大丈夫だよ」
カシヲ「逆におじさんに囲まれてエッチなゲームしたくねーよwwwまじいっちばんやだわwww
「「wwwww」」

Q.誰ならいいんだよ!
A.誰ならいいとかじゃねーんだよww

カシヲ曰く
前もって言わないともしかしたら苦手な女子(おじさん)の方がいらっしゃるかもしれないから
_人人人人人人人人人_
 清楚系おじさん 
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
カシヲ「(H3やるとき)言い訳に最初1時間くらい使っていい?頭に
「いいよ」「いいよ」「いいけど言い訳すればするほどやり辛くなるよ?
カシヲ「たしかにぃ・・・」
  • ファンズ達がおすすめのゲームをあげていきついに遊ぶゲームが決定した

Super Animal Royale

このゲームは端的に言えば『動物版PUBG』他に色々あるがそんな事はどうでもいい!
とりあえずカワイイ!!
色々カワイイ!カワイイは正義!撃ち合ってるとか関係ないよね?
このゲームの詳しい事は下記のしっかりしたまとめがあるから皆やろうぜ☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Super Animal Royale
最初に使用できるキャラ
  • スーパーフォックス
  • スーパーベアー
  • スーパースカルキャット
  • スーパータイガー
最初こそタイガーを選んだカシヲだったがネコ(スカルキャット)にしようとし、最終的にキツネ(フォックス)になった

1回戦目

結果:あと少しの所でYAGAMI LIGHTさんに負けてしまった
ファンズ「サクサク進む感じも面白いね!」
カシヲ「あとカワイイからビビらなくてすむ。(カワイイから)怖くないんだよねw

2回戦目

結果:残り25人の時に出会いがしらにkumitiさんにやられた。
『奴はウマかったなぁ~』
カシヲ「や゛っ゛で゛く゛れ゛た゛な゛!!!」
「「wwwww」」
なおこのゲームが超近接戦ゲームだという事に気がついたカシヲだった
(ゲームの性質上そうならざるおえない)

3回戦目

結果:残り18人の時、回復していた所をLunchboxさんにやられた。
『コケにされてる!!コケッコッコー!』
脱落したあとも戦いを見守り続けモフ勝は白来来さんに
勝利のダンスがカワイイ(カワイイ)

4回戦目

  • ゲームプレイ中の会話
ファンズ「クロスボウは落ちてないの?」
カシヲ「落ちてないですね。アッタラヒロッタンダケドナー」
聞いてください!!開発の方々の皆様!!ぜひともクロスボウの実装よろしくお願いします!!!
結果:残り15人の時一騎打ちの戦いに負けhori2015さんにやられる
『オオ。。。神よ!!』
カシヲ「ホリさんっか!!!」
「「wwwww」」
  • やられてすぐに次の試合を始めるカシヲ
カシヲ「今のうちにやめて(次の試合に)いこう。まだやってるから」
「ずっこ」「ずるいww」「ホリさんをさけないでwww」

5回戦目

この時初めてのモフ勝達成!!!
カシヲ「このゲームはショットガン!!!

次はチーム戦で遊ぶ事に

チーム戦1回戦目

<参加したファンズ>
  • RIFERIRUさん(キャット)
  • HORI2015さん(ベアー)
  • ICEBARさん(ベアー)
降下してすぐに死にかけたカシヲだったが仲間に助けられる
だが残り10人を切った所でリロード忘れによりChirlybbsさんにやられる
『ニャンで勝てないのかニャン?』

同じチームで2回戦目

カシヲ「僕ってスクワットとかやるといつもソロで行動しててチーム戦できてないなよね。ゴメン!!わからない!皆と一緒にゲームをやる方法が…。」
結果:この回は仲間のおかげでモフ勝することができた!!!
4匹(人)で勝利のダンス

新たなチームで3回戦目

ファンズ「ソロ専なのでお手柔らかに」
カシヲ「いや僕はソロでもスクワットでも←???
モフ勝取ったので何でもキイテクダサイ(いきり声)
うっっわぁ
<参加したファンズ>
  • HAYATE(フォックス)
  • もっちゃりかっぱ(キャット)
  • MATETYA(タイガー)
結果:残り35人の時敵と遭遇しHAYATEさん以外全員倒されてしまう。
だがこのゲームは他のゲームよりソロスクワットで生き残るのは難しいらしく、しばらくしてHAYATEさんもやられてしまう。
(なおモフ勝したのはHORI2015さん率いるファンズチームでした)
『負けるなんてクマッたもんだ!!』
カシヲ「こっちのチームくってるんじゃねーよwww

同じチームで4回戦目

カシヲ「気軽に気持ちよくなれるゲーム」
結果:残り50人切った時もっちゃりかっぱさん脱落
残り15人の時Matetyaさんが脱落
しかしHayateさんのおかげでモフ勝することが出来る
カシヲ「何もしてねぇ今回」

デイリーチャレンジを消化すべくノラスクに挑戦したカシヲだったが…
<参加したメンバー>
  • etela
  • riferiru
  • hori2015
カシヲ「僕らしかいないんじゃないか?」
マップの左下の「S.A.W.WELOME CENTER」に降りようと提案するカシヲだったが、スカンクガスが侵攻し始めると…
カシヲ「こんな端っこにおりるのはだからやだったんだ」
   「ろくに漁れないんだから!!」
「え?」「は?」「しばきまわすぞ!」
結果:途中hori2015さん脱落riferiruさんが瀕死になるも無事にモフ勝に成功!
カシヲ「 ぅおる゛ぁ!!!よしっ!あw僕じゃない…おらぁってかっこよく決めたけどキルログ僕じゃない…」
↑草


『連モフあり~』

プレイしたゲーム




2月

+ログを見る

レーザーでヘッショ貫かれたけど質問ある?(20:30~28:08)


出来事

開幕カシヲじゃない誰かが登場
ファンズ困惑
カシヲ継続できず素に戻る

鼻レーザーの話になる
結論を言うとまだ直っていないという
カシヲ「やばかったっすよ」
どうやら本格的な手術だったらしいく、そうとう怖かったそうな
カシヲ「リアル燻製されました」

話は変わり話題はtwitterの画像になる
最後のオチを寝落ちして投稿し忘れ放送中にツイート

昨日発覚した事があったとカシヲ
マウス加速を今までつけていたらしく、それを切ったからFPS上手くなると豪語
カシヲ「伸びしろがあるなぁ」
カシヲ観察日記

・Super Animal Royale

ソロ第1回戦開始時ファンズ達がカシヲによろパン(よろしくパンチ)をしに集まった時
カシヲ「人気Vtuberかと思われちゃうよ~!」


プレイしたゲーム





ハナの金曜日(21:00~27:12)

出来事

初っ端コメビュトラブルにより放送内にコメントが流れない事に…
そして話はカシヲの体調(鼻)の話へ

頭痛が1週間近く止まらなかったらしいがその原因は…
カシヲ「1日中、常に血の臭いを嗅いでいるから」
ファンズ「いつも嗅いでるでしょ?」
カシヲ「いつもは人の血じゃん。自分の血ってあんま嗅がないから」
「あ」「あ」「あ」
「アッヤベ」

「な~んてね☆ブラットジョークじゃん☆」

Apex Legends

カシヲ、本日ついていなかった話
食券タイプのラーメン屋に行ったカシヲはラーメンと追加のチャーシューを注文
半分食べた所でチャーシューが1枚だけだった事に気づく
店員に聞いたら「1枚あるじゃん」と言われ、結局聞くのを諦めたらしい

1戦目結果
残り52人(18部隊)の所で退場

もう一つは少し面白かった話
病院で昔のカシヲみたいに逃げ惑う子供を見て
将来優秀なフォワードになると思わせるくらいの攻防戦だったらしいが
それを頭痛のカシヲの真横で行われていた
そのあとのラーメン事件との事

2戦目結果
残り52人(19部隊)の所で退場
なおここまでで10分経っていない模様
ファンズ「光の柱に突っ込んだらいいってワザップに書いてありました」
カシヲ「死んだわww1回突っ込んでパーティ全滅したわww」

だが3戦目の着陸地点が…
カシヲ「やだよ!断りてーよ!」
   「観光してるの?」
光の柱を実際に見せてくれたファンズ
ありがとう!!

3戦目結果
残り?人(2部隊)の所で退場
カシヲ「この人倒せたらもしかしたらチャンピョンタン#&%$@?」
なんて?

プレイしたゲーム



西の銀大神【大神 絶景版】(20:00~24:09)


出来事


大神(20:06~)

古代日本のような世界観の3DCGアドベンチャーゲーム
※これより以下ネタバレ要素がございますのでご注意ください※


























  • ストーリー
昔々、神木村(かみきむら)という小さな村がありました。
そこでは毎年お祭りの夜に、若い娘をヤマタノオロチという怪物に捧げなければならない悲しい風習がありました。
そしてある年の祭りの夜も生贄が選ばれましたが剣士イザナギが今年こそはとオロチを退治すべくオロチの住まう十六夜の祠へ向かいました。
しかしオロチの鋼のような体に傷をつける事が出来ず苦戦。
その時村で村で白野威と呼ばれている狼が現れ不思議な力で互角に戦いました。
だがそんな白野威もオロチを力には及ばす全身に傷を負ってしまう。
最後の力を振り絞り天に遠吠えをする白野威。
すると、空の暗雲が消え去り月明かりがイザナミの剣を金色に輝かせました。
イザナミはその剣で次々とオロチの首を切り落とし、イザナミを退治する事に成功。
しかし白野威の体はオロチの毒で既に虫の息。
村に運ばれ皆に見守られる中眠るように事切れてしまいました。
村人達は感謝の意を込め村に社を建て白野威の像を祀りました。
めでたしめでたし

そして時は流れ…
100年後 十六夜の祠

カシヲ「また僕の操る主人公は100年眠っていたのか」
「「wwwww」」

イザナミが封印していた宝剣「月呼」が何者かに引き抜かれオロチは復活してしまう。
国中に呪いが広がる中、神木村の御神木コノハナ様に宿る精霊サクヤ姫の力で大神アマテラス(白野威)を復活させる。
旅絵師のイッスンと共にナカツクニの安寧を取りもどす旅に出かける。
なおイッスンはサクヤ様の懐から登場
イッスン「大したカラダでもねーのに」
大したことあるよぉ?!うらやましいな畜生!!

村の魂を果実(桃)に閉じ込め守ったサクヤ様その果実を切り落として村を蘇らせて欲しいとの事
今のままでは桃を落とせない為その力を探しに行く事に…

筆しらべ(筆技)

特定の模様を書く事により様々な力を使うことが出来る能力
本作の醍醐味
筆しらべと命名したのは旅絵師のイッスン 筆技光明を取得時に命名
全部で13もの筆神様がいるが、元々は1人の神様でその神様が死んでしまった時13の力が書物に宿り筆神様に姿を変えたと言う。

能力『画龍』:壊れた物を直す
イッスンが持っていた能力

蘇神:筆しらべを司る神々の1匹で『画龍』の神様。容姿は龍の姿をしている。
筆しらべは神々に授けてもらう事で様々な種類が使えるようになる
この時アマテラスが筆技を使用できるようになる

天の川を画龍で描いた先にあった宝箱で異袋を入手
  • 異袋:どんな食べ物でも飲み込み、満タンになると1度だけ死の淵から蘇らせてくれる不思議な袋
この時周りの壺からリンゴ、モモ、ミカンをゲットする
ファンズ「ドリアンあるかな?」
カシヲ「あるかぁww」

十六夜の祠の奥(?)まで行くとイザナギ像があったボロボロだった。
修復した所星座が現れ、断神が登場。一閃を取得。

断神:容姿は子の姿をしている筆神様の1体。
能力『一閃』:物体を切断する
線を横に引くことで使用可能

御神木の所まで戻ってきたカシヲ達は桃を一閃で切る事で神木村の復活する事に成功
灰色だった村に色が戻ったのであったが、村人は石化状態にあった。
イッスン「せめてまァるいお天道サマが照らしてくれりゃよ…」
    「空にクルリと丸を描いてお天道サマの出来上がりィ!なんて…」
    「他の筆神サマを探すか。それとも―」
    「お前自身に最初からそんな力が備わっているなら話が別だけどよォ」
カシヲ「まぁムリデショソンナンwソンナンムリデショww」
ファンズ「まっさかー」「さすがにむりだよなぁ」
アマテラス(カシヲ)が空に丸を描くとなんと!!あら不思議お天道様の出来上がりゃ!

能力『光明』:夜を昼に変える
空に丸を描くことで使用可能
イッスン「そ…そうかィお前の名前はアマテラス…!」
    「天照って言やァ太陽神の呼び名だァ」
    「太陽の筆技光明だけは失うハズがねェや」

イッスン「その力さえありゃ夜を昼に変えるのも思いのまま…」
イッスン達は村に戻ろうと話をしていると蜜柑を乗せたおじいさんに話しかけられる
その人は村の長老で名はミカン爺だという。
そのお爺さんと会話で普通の人にはアマテラスの本当の姿が見えていないと発覚する
と突然妖怪が出現!!本作の敵
ミカン爺は犠牲になったのだ

緑天邪鬼:気の澱んだ場所に潜む妖怪で持っている笛の音で相手を金縛りにする。

戦闘終了後幸玉+20を取得する
幸玉:大神様の力の源
   手に入れる事でレベルアップする事が出来る
   人間達にはその現象を神降ろしなどと呼ばれている
    自然を復活させたり、困っている人を助ける事で丹入手できる

近くの宝箱を調べると餌袋(豆)を入手
餌袋:近くの動物を餌付けすることができる
   上手く行くといいことがあるかも?

試しに近くのスズメに使用してみる事に
アマテラスとスズメの癒しの時間が約40秒流れた
はぁ~まじカワイイ!浄化された…
そして幸玉を+5もらった

村に到着するなり大根畑から盗みを働くカシヲ
なんて非道なやろうだァ!それでも神様かァ?
罵倒するファンズだったが近くにいた犬を加えたアマテラスを見て「かわいい」コメで埋め尽くされるのであった

近くにいた子供との会話で咥えていた犬がハヤブサという名だとわかる
その子供は上記の大根畑の家の子供らしく
「オイラの犬のハヤブサに勝てるか?ハヤブサは母ちゃんの攻撃をかわしながら大根を連続9本も掘り起こしたんだ!」
カシヲここで畑から大根10本掘り盗む←なんて野郎だ
無事に10本ゲットすることに成功
10本目の大根「変な形の大根」を子供に見せると幸玉+7を獲得

この後色々な民家から食べ物を盗みに盗んだカシヲは酒職人
のクシナダに会う
このゲームは同じ人物に二度三度話しかけなければならないらしく、カシヲには大変難しい使用であるようだ
ただ、まだ話しをしたい村人には頭の上に三角印が出るためしっかりと見れば大丈夫であろう

クシナダの話しによると伝説の英雄イザナギの子孫のスサノオという奴がいるらしく大きな剣を背負ったちょっと変わった人物らしい
あとボッチらしい。カシヲと一緒だね!
クシナダの家に入り物色している時の会話
カシヲ「あっ風車かけてる!」
ファンズ「風車?」「水車」「水車なんだよなぁ」
これはコアラフクロウの二の舞になるか?
水車を家の中から直せなかったので外から試みる事に…
成功!!
水車が直った事によりクシナダがお酒を造れるように
その後クシナダに話しかけると、お酒絶景神を手に入れる

家から出ると川で洗濯しているミカン婆に会う
どうやら物干し竿をどこかへ行ってしまったらしいが、筆しらべ(画龍)で出現に成功
カシヲ「無から有を生み出すとか神だなぁ←そりゃ神だからね
さらにお婆さん曰く「近くにお天道様が欲しい」
カシヲ「ちょっと神に頼むには…ちょっと我慢すればいいんじゃない?
「「wwww」」
お婆ちゃんから幸玉+7をもらい、夜になれば桜餅をくれるという

スサノオの家に到着したが、肝心の本人はいびきを掻いて寝ていた
カシヲ「あぁ切るか!OK!切るわ!
「「wwwww」」
結局スサノオを起こすことが出来ず外を探索していると困っている行商人を発見
行商人「邪魔な大岩をどかしたいんだけど肩がズッシリ重くて力が入らないよ…何かヘンな物に憑かれたのかなぁ?」
ここで妖怪赤天邪鬼との戦い
赤天邪鬼:緑天邪鬼より高位な存在で持っている琵琶で身を守る
酒好きで常に飲んでいる為、体が赤いらしい

戦闘終了後 幸玉+30を入手
なんとアマテラスの体が光り出し、神通力強化が可能になった

幸玉の使い道

強化できるのは以下の4つ
  • 太陽器:アマテラスの生命力
  • 墨ヒョウタン:筆しらべの使用回数
  • 異袋:満たされればアマテラスを死の淵より蘇らせる
  • お財布:おこづかいを貯める入れ物

カシヲは現段階ではどれにも振らなかった模様
行商人を助けたものの唯一の道が塞がれて困っている様子
スサノオなら岩をどかせるとの事でさっそくシバキ起こしに行く事に
着いたはいいが呼びかけでは起きず結局文字通り叩き起こす
  • 大剣士スサノオ:伝説の剣士イザナギの子孫
        ちなみに背中の木刀は闘片撲というらしい
(※大神 スサノオと検索すると1番上にきらいの項目が出てくる可愛そうな人)
ぐだぐだ言っているスサノオを無理やり背中に乗せ行商人の所まで連行
行商人に岩を何とかして欲しいと頼むも「鍛錬場で気を練ってから」と言い残し去ってしまった
追いかけると家の裏で寝転がり酒が切れただの鍛錬はしないだのとほざき始める
しかしアマテラスが持っていたクシナダ特製のお酒に気づき突然やる気を出し鍛錬を始めた
が、スサノオの木刀はカカシを切り倒せなかった
仕方がないので2回目の時はアマテラスの力をこっそりと貸してあげる事に
そうとも知らずカカシや小さな岩を切ったスサノオはテンションを高ぶらせたまま巨大な岩の前まで行き闘片撲を振りかざす
すると巨大な岩は真っ二つに割れ道が通れるように…
行商人「あんたなら妖怪達を倒すのも造作もないだろうなぁ」
スサノオ「よかろう…世に蔓延る不逞の輩どもを退治してくれようぞ!」
「者ども大船から飛び下りた気持ちで待っておれ!
カシヲ「まてねぇよw」
   「飛び下りたらすぐさま救助してくれ」

スサノオが去った後サクヤが登場
アマテラスの活躍を見て絶賛、イッスンはそれを聞きご褒美をおねだりするも失敗
どうやらサクヤの話によると自分の分身である塞の芽が近年、妖怪増加の影響で枯れ果てサクの力も衰退してしまったという
加えて今回の騒動で、より多くの生命が失われたという
塞の芽:人々の信仰を集めるための分け木でその信仰を糧に自然を育んできた
当面の目標は塞の芽を復活させ、ナカツクニの自然を取り戻す
イッスンもなんだかんだで同行してくれる事になった

おばあちゃんから桜餅を貰うため村で夜を待っている途中、大根畑での出来事
再び大根を盗みに入ったカシヲ(アマテラス)に母ちゃんの拳が炸裂
カシヲ「なんて奴だ!!!」
ファンズ「おまいう」
夜になり早速おばあちゃんの所に向かうのかと思いきや大根を盗み始めるカシヲ←なんて奴だ!
その後無事に桜餅をゲット
塞の芽復活の為神木村を出る
神州平原に来たカシヲ達
元々はナカツクニ一美しいといわれる大野原だったのだが呪いによりタタリ場で覆われてしまっている
この地にある塞の芽も枯れ果て今にも倒れそうな状態だった
タタリ場:呪いの妖気が立ち込め妖怪が出没しやすい場所の呼び名で人々から避けられている
     その妖気は草木を枯らしてしまう
旅絵師であるイッスンもここまででかいタタリ場は初めて見ると言う
辺りを探索していると名も無き男から情報が手に入る
なんでも、洞窟の先にある花咲谷という場所に植物をたちまち成長させる不思議な水晶玉が祀られているという
だが今はその場所は妖怪が棲み着き荒れ放題らしい
スサノオも意気揚々と向かって行ったらしいが…
カシヲ達も花咲谷に向かうことに

谷に着くと天邪鬼達が楽しく宴←カシヲは入れねーってよ
戦闘終了後神降ろしが起きたものの呪いが強すぎるためかき消されてしまった
まずはこの呪いを何とかする事に

奥まで進むと「鬼」と書かれた壁画の場所に着くと同時に妖怪黄天邪鬼との戦闘
黄天邪鬼:地面にもぐる事の出来る天邪鬼
     防御力が高く基本的に一閃が効かない
戦闘終了後壁画から「鬼」が消えた
そして特に嬉しくも無いスサノオとの再会
花咲谷に秘密の鍛錬場があるらしく隠れるには最高鍛錬をするのに最高な場所だと言うが大きな岩で塞がれてしまっている
先ほどの壁画に光明を使い太陽を描くとなんと岩が木っ端微塵になり奥に走り出すスサノオ
その後を追うと神木 滝桜に到着するもそこに姿は無かった
閉ざされた道を一閃で切り通った先にスサノオの鍛錬場を発見
玉の上で直立で寝ぼけた熊に面妖な妖怪と言い放つスサノオ
渋々手伝ってあげる事に
スサノオ「スサノオ流…四字の印契!」
    「素!狭!悩!汚!陰派 スサノオ流…滅 真空割破斬!!」

すると熊は転げ落ちスサノオ上機嫌熊は床で再び気持ちよさそうに眠る

スサノオ「剣士スサノオ罪を憎んで妖怪憎まず…」
次なる妖怪退治に向かうとその場から立ち去るスサノオ←逃げたな
※切った熊の名前はネムリ君というらしい※どうやら熊の乗っていた玉が話に聞いていた水晶玉らしく先ほどの神木の場所まで運ぶ
壁画を参考に太陽を作ると小さな新芽が大きな御神木に姿を変える
すると太陽が消えて星座が現れ、それを直すと咲ノ花神の登場
咲ノ花神:容姿は猿の姿で細長い帽子と笙(しょう)という楽器を持っている
     桜花三神の1体である
能力『桜花 花咲』:枯れ木や塞の芽に花を咲かせる
対象を丸で囲む事で使用可能
早速目の前のご神木に花を咲かせると、呪いで満ちていた花咲谷が浄化され本来の姿に戻って行った
大神降ろし:塞の芽を復活させ広範囲の呪いを浄化する事を言う
幸玉+30取得
この調子で神州平原の塞の芽も咲かせに行く
その道中再び黄天邪鬼が出現し、倒すと神降ろしで幸玉+15と猪家族が出現
その他道中の妖怪が憑いた木に花を咲かせ、芝地を浄化させたりして幸玉計17と絵巻「桜花の極意」を入手
花咲谷入り口付近まで来たカシヲ達の前に倒したはずの宴天邪鬼達がおり1度はスサノオと同じような台詞を吐くもファンズに言われたからか戦う事となった
戦闘終了後幸玉+15をゲットし
そして様々な木を桜花させ絵巻「穴掘りの極意」、幸玉計22
まわりのサルさんもこれには大喜び
全ての木々を桜花させたことにより『太陽のかけら』を手に入れる

~~ここで一旦休憩を挟む~~
休憩中昨日(2/7)の配信後の話
配信終了後あまりの眠さにその場で寝落ちし7時に起床し現在に至ると言う

休憩再開後、無事に神州平原の塞の芽も大神降ろしに成功
幸玉+30と絵巻「戦からの逃走」を入手
野原を駆け回っていると怪しげな門を発見
潜ってみると天邪鬼達との戦闘 幸玉+15を入手
イッスン曰く怪しげな門は羅城門というらしく妖怪達の住みからしい

引き続き駆け回っていたカシヲ達は道場に到着
そこの小柄流頭首の小柄 鬼斬斎と出会う
アマテラスはその鬼斬斎から「神業 かわせ身」(10000両)「鏡業 四洸」(5000両)を伝授する
道場をあとにしたカシヲ達は十六夜神社を発見する
この神社はハラミ湖中央にある十六夜の祠を訪れる人の御祓いをする為の場所
そんな神社の神主であるミカヅキがどうやら困った様子
話を聞くとどうやら十六夜の祠がいつの間にか消え去っているらしく宝剣 月呼が納められていた場所だという
いつもは祠の警備をしていた陰陽師のウシワカという人物は今は都に帰っているという
※この神主さんの妖怪手配書はおまけ要素でこれを受けると強制的に夜になる
十六夜の祠に行くべくハラミ湖に入ったカシヲ達だったがそこには祠ではなく山が佇んでおり、山の入り口は何故か妖気の壁に阻まれていた
ハラミ湖を後にし平原を散策するとアガタの森の船着場近くで絵巻「餌付けの秘訣」を入手
再び散策をしていると妖怪に取り憑かれた特急野郎 イダテンと出会う
「旅のお守り」をイダテンが欲しがっていたので(カシヲの意思に関係なく)渡してあげ、幸玉+10を入手
走り去るイダテンを見て一言

カシヲ「ええぇ…走り方気持ちわるぅ…」
その後羅城門に挑み幸玉+15を入手
石になっていた行商人と会話したあと別の羅城門に挑み幸玉+15を入手
花火屋に行く道中新妖怪の骸金魚との戦闘
骸金魚:空を飛ぶ妖怪の中では1番弱いが一閃で落とすとアマテラスに突進し自爆してくる
「怒エラい花火師 タマヤの家」
家の前にあった木に花を咲かせ幸玉+1を入手
家に入ろうとするも花火師は夜にならないと会えないらしく一旦サクヤの所に向かうことになった
(その道中で木に花を咲かせ幸玉+1、羅城門で『報復の札』を入手)
※この時村の入り口の大量の枯れ木を認識出来ていない事から既に疲れが出ていたのだろうと予想

神木村に入ると村の雰囲気がお祭りムードに
虚無僧「村にあるあと15本枯れ木に花咲かせれば奇跡が起きるに違いない!!」
カシヲ「(食い気味に)起こんない!起こんない!起こんないよ!」
枯れ木の花を咲かせている途中ミカン爺と遭遇

【►ミカン爺が花踊りを踊った】

虚無僧の所に戻る途中カシヲが宝箱を無視したとファンズが注意
現場に向かうとそこには未開封の宝箱が…
『破魔札』を入手
それを平然と取ったカシヲ氏は
カシヲ「で、皆さんが言ってた宝箱ってどれですか?(へちゃむくれ声)
「あ?」「あ?」「あ?」「ごめんなさいは?」
カシヲ「ごめんなさぁい…」
そして最後の1本を咲かせ、虚無僧に話しかけるとあとは奇跡を待つのみとの事
サクヤ会うため御神木に向かうもサクヤや出てこず

ここでカシヲの疲労がピークに来た為本日の大神はここまでとなった
既プレイファンズによるとポケモンでいうまだマサラタウンにすら出ていないという
今後が楽しみである

本日異袋に収納した食べ物

 リンゴ ×19
 モモ ×10
 ミカン ×21
 団子 ×3
 大根 ×18
 スイカ ×5
 米俵 ×8
 おにぎり ×20
 人参 ×2
 神木ミカン ×2
 桜餅 ×5

本日集めた幸玉数:270

本日覚えた筆しらべ

  画龍、一閃、光明、花咲


放送は雑談タイムに
カシヲが申し訳程度で「ボクオリ~女子編~」のアーカイブをYoutube にアップし話題はボクオリへ
カシヲ「ボクオリ女子編は修学旅行の男子の気持ちになってみてください」
「「wwwww」」
そして話題は何故かボクオリからH3の話に
H3を本当に見たいかニコニコでアンケートする事に
結果↓

カシヲ「とても参考になりましたww
「「wwwww」」

H3の話題で予想以上に盛り上がる
ファンズ「S3もやってー」
カシヲSってなんですか?
「政治色」「政治」「政治」「HとS交互がいいね」
カシヲ「HとS交互は頭おかしくなるってwww」
   「二重の意味でyoutubeからバンされそうww」

ここでEDに入るも画面の吹き出しにコメビュが映ってない事が発覚

  • take2
カシヲ「あっしまった…絶対ここは」

  • take3
カシヲ「ここはこうだもんな!絶対に」
   「テイクツーとワンとツーで掛かってるの絶対こっちの方が面白いよな」
   面白いよな…あ…ボク疲れてるのかこれはww」
カシヲは寝る決意を抱いた

カシヲ「わずか4時間で配信が終わるなんて前代未聞な不祥事」

数年前のカシヲには考えられない発言に涙が拭いきれないです

「いいよぞ」「はよ寝て」「しっかり休んでね」
カシヲ「アリガトウゴザイマスミナサン。アリガトウ。アリガトウミナサン。


プレイしたゲーム

ラブ・アンド・フリーダム(20:00~25:58)


出来事

開幕体調最悪のカシヲ
なんでも、1月末の放送で鼻レーザーを打つ事になっただったが…
「そもそも配信で気持ちよく声をお届けしたいがために手術をしたのに何故こんな苦しめられるのか!!!」
「やってらんないっすよまじで」
前回の放送の後に再び病院に行くとなんと
炎症が起こってました!!
カシヲ「最近1日薬漬けですよww」
虚弱体質のカシヲ君は虚弱すぎてそもそも直らなかった←お大事に
炎症の影響でしばらくは平日配信はないとのこと
カシヲ「皆僕の事好きやのにほんまごめんねぇ」
   「皆僕の事ほんま好きでしょほんま」
「え?」「え?」「それはない」「え?」「え?」
「おじさんプロのガチ恋勢だよ♡」
カシヲのくっそへたくそな前フリの後バレンタインのプレゼントを公開
カシヲ「一緒にいたいんやろうなって僕との時間を…愛が欲しいんちゃうかなって…」
ファンズ「今日はもう寝ないですか?」
カシヲ「なんでwwやばい?wwwこれシラフなんだけどww」

その後プレゼントを公開する事に…
カシヲ「僕からのプレゼント…受け取って…くれる?」
ファンズ「ものによる」

この時のファンズたちは「ラップなんだろうな」なんて浅はかな考えをしていた…
まさか、そのプレゼントあんな物だとは誰一人想像していなかったのだから…

       ※警告※
この先、かなりショッキングな内容を含みます
閲覧の判断は自己責任でお願いします
心臓の悪い方、持病のお持ちの方は配信時間23分まで飛ばすことをお勧めします


























↓こちらはコメントなしVerです。強靭な心を持ったファンズのみお進みください
恋するファンズ・完全版

プレゼントをもらった感想?それは皆の目で確かめてくれよな!
私には猛毒すぎたよカシヲ…

動画の途中休憩を挟んだ時のやりとり
Q.作ってて死にたくならなかったんですか?
A.作ってる時は大丈夫だったが…
カシヲ「動画に音をはめてる時に…本気でマジで頭抱えましたw2回ww」
たった2回かよ…
カシヲ「本気で2回頭抱えましたけど、乗り切りましたねぇなんとか…
乗り切っちゃったかぁ…(ノ∇`;)

動画終了後…
あまりの猛毒に苦しむファンズ達(カシヲには遅行性の毒らしい)
これにはHakaseもこれは訴訟案件
先ほどのゲームがホラーゲームか恋愛ゲームかは諸説あるらしい

悲報 放送タイトルのラブの部分が約30分で終了
Q.なんで栗選んだの??
A.皆好きだからでしょ
「栗嫌いなんですが」「僕あんまり好きじゃないです」
カシヲ「僕も普通だけど」
ファンズが文句を言っていると
カシヲ「もらって面白くてちょっと尖ってるもんって栗やろ!!!いわすなよ!!!聞くなよ!!」
「「「wwwww」」」

実は台本自体は去年一昨年くらいのもので今回それをリメイクしたらしい
その時銀狼の設定が変更前だったためにシナリオを少しいじった結果不備などがあったらしい
ファンズ「正直良くわからないのは500円だけじゃないが」
カシヲ「え?あそこ以外は全部わかるでしょ?」
「え?」「え?」「なにもわからなかった」
実は冒頭のヌードルのくだりの他に足元に無数の知恵の輪を描こうとしていたらしい←ひえっ
「やっぱりホラーゲームじゃねえかよ」「やっぱりホラーゲームじゃないか!」
「ホラーゲームじゃないよww」
ファンズ「早く次のホラゲやろう」
カシヲ「ww1本もやってないからまだ…


次するゲームを決めているとき
ファンズ「D!D!」
カシヲ「DってなんのD?
「「wwwww」」
ニコニコのアンケではなく珍しく海外サイトのアンケで決める事に
↓放送でしようしたアンケートサイト
https://www.strawpoll.me/

1回目はA~Zの中からやりたいゲームの頭文字でアンケート
結果(上位5位まで)
1位 「P」:23%(55票)
2位 「O」:23%(53票)
3位 「H」: 9%(22票)
4位 「G」: 9%(21票)
5位 「J」: 5%(11票)

2回目は人気だった「O」と「P」でアンケート
だがしかし、「O」と「P」で票が綺麗に半分に入っていくのを見て
カシヲ「若干半々にする遊びになってない?もう」
「「「wwwwww」」」
結果
「O」:49%(120票)
「P」:51%(124票)
結果的にはPになったものの割れたので両方することに
カシヲ「…で、OとPって何?w」

3回目は「O」と「P」を細分化する事に
カシヲ「おもじゃんって亡霊部隊だと思ってた」
「「wwwww」」
結果
「おもじゃん」:23%(57票)
「おえ森」:17%(42票)
「PUBG」:30%(75票)
「PIZZA(作る方)」:20%(49票)
「おもちゃ」:1%(3票)
「パズル」:10%(24票)
結果を反映してかその場の話題の流れかはともかくPUBGをする事になった

・PUBG

新マップがでたもののカスタムマッチはまだ実装されていないため久しぶりのノラソロに行くカシヲ
新マップは小さな島らしくファンズによると通常マップの半分くらいの広さらしい
そのためか降りてから間もなく銃声音が聞こえてきたのであった
カシヲ「これ雑談できないでしょ!」
1回戦目
60人スタート
出会いがしらに戦闘になり負けてしまう(しかも相手はファンズであった)
ランク:33/60 キル
カシヲ「上着が暑くてあんま動けなかった…」

2回戦目
61人スタート
着陸後他のプレイヤーと遭遇し、何を血迷ったか拳で殴るカシヲ
だが相手は銃を手に入れたため無残にも殺されてしまった
ランク:53/61 キル
カシヲ「いやでもあの人もうあと1撃で倒せた絶対」
   「あぁ全然余裕あるww」
「「wwwwww」」

3回戦目
ノラスクに行く事にした
18組が参戦
プレイ中ファンズの1人がスタバに財布を忘れたとコメント
「走って向かってw」「スタバに電話しな」
「こんな放送見てないで電話して」
カシヲ「こんな放送ぅ…それは僕が言うセリフぅ」
ファンズ「昨日プロの家で財布見つけたから交番届けといたよ」
カシヲ「おい!余計なことすんなよ!せっかくスタバで見つけたのに…ッハ!」
「あ」「あ」「あ」「あ」「草」「おまわりさーん」「いたよ犯人が」
ファンズ「プロダメだよ、中身だけとって外は捨てないと」
カシヲ「wwwwなんだよ真っ当な犯罪アドバイスは」
その後財布忘れたファンズは無事に手元に戻ったらしい←一件落着だね(^^)
その回でなんとドン勝をしたカシヲ
チームランクドン勝/18 キル3

プレイしたゲーム


ありがとうございます!(21:00~24:53~)


出来事


カシヲくんおめでとう!!!

今年で23歳になったカシヲ←自称
ファンズたちからお祝いの言葉がたくさん届くのであった

放送開始数分後にファンズが描いたイラストをスライドで紹介
しつつ雑談

新キラーが来たとの事でDBDをプレイ

Dead by Daylight

キラーで待機していたが全くマッチングぜずしばらく雑談をしていたカシヲ達
待機して13分ほど経過し、やっと1戦目
  • 1戦目
(カシヲのパック 呪術:報復、変速機、死人のスイッチ)
結果 残忍な殺人鬼
生存人数:4 吊り回数:6

1戦して満足したカシヲは、デイリーミッションの為Aをプレイ


Apex Legends

  • 1戦目
メンバー(ライフライン パスファインダー レイス)
マッチングしたも、ジャンプする前に1名が行方不明
そして着陸する前にもう1名も消失
実質ソロプレイに…

カシヲ「おい誕生日だぞ!!」←wwww

数分後、敵と遭遇し敗北
結果 12/20位(残り30人)
カシヲ「こんなんエーペックスじゃないんだよww」

  • 2戦目
メンバー(レイス レブナント ライフライン)
カシヲは特に見せ場もなく敗北←いつもの事か?
結果 13/19位(残り37人)
カシヲ「おKおK。アッタマッタネ」
いつものカシヲ戦犯(なおカシヲ氏も珍しく認めている)

  • 3戦目
メンバー(レブナント ライフライン レイス)
前の回のカシヲの行動をファンズが文句を言っていると「得意の奴」
を発動
↑誕生日でも絶好調である

出会いがしらに敵と遭遇、奮闘するも敗北
だがこの時前の試合の過ちを繰り返していた
ファンズ「一人でまた行った」
カシヲ「イマノハゴニョゴニョ…」←残り18部隊(48人)時

このあとファンズは体育会系へと変貌を遂げる
カシヲ「僕むっちゃ文科系なのに…」
その後仲間に蘇生してもらう
結果 6/20位(残り16人)

  • 4戦目
メンバー(レブナント ブラッドハウンド ジブラルタル)
無事着陸し、周囲探索中の出来事
ボディーシールドを発見したカシヲは我先にと突進、その後自分の行動を恥じる
カシヲ「」







〈放送内で流れたイラスト数:〉

プレイしたゲーム








”ゲーム”と”現実”の狭間【ICEY】(20:00~28:03)


出来事

開幕謎テンションでファンズから引かれるカシヲ氏←薬か?
カシヲ「なんでだよw日ごろテンション低いってわけではないでしょ」

今回念願のICEYをプレイすることになった。
カシヲ「マウスパッドでやらせていただきます。ベッタベタのマウスパッドです。」

~ゲーム起動後タイトル画面に対し~
ファンズ「なんで背景ぼやけてるんですか?」「ハウスダストすごい」「せき出ちゃいそう」
カシヲ「いやっハウスダストじゃないんで…おしゃれなモヤモヤなんで」
   「今日も例のごとくまめってます」
だが”まめる”の意味を理解できていなかったファンズ(中には知っていたファンズもいた)
※まめる=カシヲのマーメイド状態の事。

ICEY

中国のゲーム会社が製作した近未来SF2D横スクトールアクションゲーム。
登場キャラクターは主人公であるICEYのみ。
操作もさほど難しくはないがアクションゲームと期待して買うと…

+放送詳細
ゲームが始まりさっそく何かの機械を発見したカシヲ
それは主人公であるICEYを強化する事ができるらしい
だがその為にはお金が必要らしく、開始したばかりのカシヲにはまだ出来なかった。
カシヲ「無料アップデートちゃうんかい!」

先に進むとチュートリアルがあり、敵との戦闘方法や技の出し方などを学ぶ
敵の容姿はどれも機械で種類は様々いる
カシヲ「ボタン連打で爽快アクションって感じ」

沼地らしき所に着くと空中ダッシュを学ぶカシヲ
カシヲ「スーパーマリオワールドのクリアの方法じゃんww」
「「wwww」」

沼地を進んだ先でボス戦
無事に倒したかに思えたが…敵の攻撃をくらってしまいゲームがエラーする(仕様)
再起動が起こると別のエリアに…
先に進むとそこは建物内っぽく液晶画面がたくさん貼り付けられており
何かのロゴや人間の目が映っていた

さらに先に進んでいくと、中央の大きい液晶にこう書かれていた
『あなたは・・・・kashiwo』
『Yes』       『No』
カシヲは『Yes』を選択すると文章が変わり
『仮面を外しましたか?』
『Yes』      『No』
カシヲ「いや仮面はぁつけっぱなしです…」
『No』を選択すると
『さらに難しい道を望みますか?』
『Yes』          『No』
カシヲ「望むところよぉ!」
『HARD』
カシヲ「ハード、えっ…」
ファンズ「あっ」「草」「www」「ハードです」
カシヲ「wあっ……望むところだよ!!」

後にハードにした事を後悔しそうなカシヲくんなのであった

選択の後タイトルに戻され、再びゲームを始めると音声が流れ始めた
そのCVが下野紘さんでファンズが盛り上がったのもつかの間…
カシヲ「どうでしょうか。こんな感じでいいですか?今日の声」
ファンズ「は?」「は?」「は?」「は?」「ぶつよ」
↑さすがはうそつきミュートマン!!息を吸うように嘘が出てくるね!やったね!

最初の道中こそほぼ同じだったが、ナレーターが入るとまた雰囲気が変わり
まるでスタンリーみたいだとカシヲ
少し進むと橋の制御装置があり、ナレーターは「橋を”起動する”」よう誘導するセリフを言う
ICEYは素直に起動してから渡った。

その先に進むと沼地に到着
ナレーター「緑色の沼地を”気をつけながら渡った”」
ICEYは気をつけて沼地を渡った

[月夜の森]にたどり着いたカシヲ達だったが、崖にはナレーターの想定していた橋がかかっていなかった。
ナレーター「とりあえず、”矢印(↓)に向かって進んでくれ”」
一度は逆らい真っ直ぐに進むも、先に進めなそうと判断したカシヲは言うとおりに下に進んだ
~ナレーターの「原因はユダに違いない」のセリフにカシヲは~
カシヲ「ユダって何なんですかそもそも」
この発言により一部のファンズによる大喜利大会が始まったのである


[下水道]に降りてきたカシヲ達、下水道の先は広い空間になっていた
進むと閉じていたゲートが開き
ナレーター「”矢印(→)に従い”、開いたゲートをくぐった」
しかしカシヲはそれに逆らいその真上の道へ進んで行った
が、ナレーターは動揺せずに
「ここの下水道はやけに片付いている。まるで何かが1度この地を「掃除」したような」
カシヲはそこにあったアップグレード機で[ライトニングブレード Lv1]を購入

先に進むとボスGorger戦(20:32~)
↑カシヲ氏の攻撃を食らう時の奇声が面白いのでオヌヌメ
+...
Gorger戦は小物の敵もわんさか沸いて来るステージ
容姿は、卵に腕を生やし大きな口がついた機械
攻撃は手についた回転歯と大きな口による食いつき攻撃、そして超音波のような攻撃
歩く速度自体は早くないが、小物達の妨害やボスが大きな跳躍をするため苦戦する
最初に相手をするには苦戦する敵といえよう
だが、上記に述べた通り動き自体は早くなくボスの向きと逆の位置にいれば何とか対処できるだろう

この戦いで敵を倒すとHPを回復する事に気づく
カシヲ「一生戦えますね!!これで!」
敵の攻撃を食らう
カシヲ「ぅいや!無理かも一生は…盛りました」
「「wwww」」
そして敵のゲージがなくなり
カシヲ「おわりっ!雑魚がっ!!百年早いんじゃ…ッエチョットマッテ」
×2の文字が見えていなかった様子のカシヲ君
カシヲ「2ゲージあるのこいつっ!チョ無理だって~」
ファンズ大爆笑そしてICEYゲームオーバに


悲しみの2回戦目に突入が、飛行型の敵の攻撃を全くよけれずゲームオーバー
カシヲ「い゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛い゛い゛!!」

泣きの3回戦目、がしかし相変わらず飛行型に翻弄されゲームオーバー
カシヲ「もっ最悪~!ちょべりばぁ~!」←は?!
カシヲの発言にファンズ動揺?
中にはその意味を知らないファンズまで←歳はとりたくないねぇカシ君

悲劇の4回戦目、しかし敵の攻撃をどうもよけれないカシヲ
カシヲ「ぅ…ナレーターサンスミマシェーン;;サカラッテスミマセンデシタ;;」
「「www」」
そして安定のゲームオーバー

リトライ後すぐさまナレータールートへ戻るカシヲ←なお無言
ファンズ「さっきのボス倒したの?」
カシヲ「・・・えっ?うん・・・。殺すのは最後にしてやろうかなって思って」

下水の先には場所が変わり何処かの施設のような場所に入った
そこで沸いた敵に苦戦するカシヲだったが、その先にあった宝箱を見つけICEYのダッシュ力が強化された
ナレーターに戻るように指示されるも直後画面が固まり、1通のメールが届く
それを開くと今いる下水道の地図と思わしき物が添付してあった


カシヲ「っちょまって!結局今からあのボス行くんや!!っざっけんなよぉマジでww」
「www」「www」「www」
カシヲ達はボスに向かう前に地図に乗っているトロフィーのマークの所に向かうことになった

ナレーター「ICEYは隠し部屋を見つけた」←ちょっと声が焦っていた
カシヲが目のまえの宝箱を開けると
ナレーター「宝箱を開くと”矢印(→)に従い”元の道に戻った」
が、カシヲは逆らいそのまま先に進む
ナレーター「待て待て、何故そっちへ行くんだ。この先に進んでも何もない部屋があるだけだ」
が、カシヲは無視をして進む
ナレーター「なぁ?言った通りだろ?ここには何もないぞ。いったい君は何がしたいんだ?」
無視をして先に進もうとするICEYに対し
「私の声が聞こえていないのかな?」といい、音量をあげ叫ぶナレーター、そして軽い説教へ

ナレーターの話を要約すると
「この世界は君にしか救えないのに真面目にやってくれないから激オコぷんぷんまるだぞ!」
って感じです。
ここの部分はぜひ自分の目で確認しよう!(ナレーターの面白い説教 20:50~)

そして放置をしていると何故かトロフィーを獲得←地図のトロフィーはこの事だった?
ナレーターさんもこれには呆れ声
ナレーター「まさか君は伝説のトロコンマスターなのか?試してみよう…」
そういうと奥の台座に銅トロフィーが設置される
カシヲは迷わず取ると、今度は銀トロフィーが出てきてそれも迷わず入手
ナレーター「トロフィーが目的か。君はこれからの物語に興味がないと…。」
カシヲ「そんなことないっすよ」
ナレーター「君が欲しいのはトロフィー、トロフィー、そしてトロフィー!それだけだ!」
そしてここからナレーターがグチグチ文句を言い始める
ナレーター「トロフィーをコンンプリートするためだけに製作者が血と汗で作り上げたゲームを適当にプレイする…そうなんだろう!?」
カシヲ「じゃあ製作者がトロフィー設定すんなや!!」
↑いやこのやりとり草

だらだらと文句を言っていたナレーターはゲームに手を加える
ゲーム製作の大変さを訴えると言うナレーター
#黄衣の王 #永遠の命
そしてステージ選択画面に戻された
カシヲ「ちょふざけんなよwwさすなよww」
「「wwww」」

お金が貯まったカシヲは[リカバリー Lv2]を購入した
そして再びGorger戦

5回戦目
カシヲ「僕は進化したっ!」←ほんと?
敵の攻撃を受け
カシヲ「アブゥゥゥタスケテェェ…」
カシヲの必殺技:高速手のひら返し が炸裂したのであった
飛行型の敵に苦戦しつつもこの回で撃破に成功する

無事に暴食を倒したカシヲ達は下水道の出口へと辿り着く
かしを達はとある街に辿り着いたが、ナレーターが言うには人が見当たらないらしい
ナレーター「建物の周りを探索したが誰もいない。原因はユダに違いないだろう。」

先に進むと分かれ道になっていた
ナレーター「街の中心を探索すべく、”矢印(↑)に従って奥に進んだ”」
だが、カシヲは無視し右へ進んだ
ナレーター「ICEYは矢印の方向を進もうとせず、あらぬ方向へ向かって進んだ。」
その直後元の道へ戻るよう矢印(←)が表示される
さらに無視し進むカシヲ
イラついたのかネタバレ発言をし始めるナレーター
その先にはゲートがあり、無常にも目の前でしまってしまう
ナレーター「彼女はただただ、時間を浪費したようだ。”矢印(←)に従い戻るしかないだろう”」
どうする事も出来ずICEYは元の道へと戻った
(その途中、[サイクロン Lv2]を購入した)

先ほどの分かれ道まで戻るとナレーターは、はよ行けと言わんばかりに主張する
ICEYは指示通り奥の道を進むと、再び分かれ道になっていた
ナレーター「途中の倉庫を無視し、そのまま前(→)へ進んだ」
カシヲ「それ行けゆうてますやん逆に」←www
倉庫に向かったカシヲだったが、何もないとナレーター
が、しかし2階に怪しい穴があり、中に入ると・・・


ナレーター「またか、またなのか!?君は矢印が見えないのか!」
ここからナレーターさんの言い訳が始まる
カシヲ「wwなげぇwトロフィーよこせよ!」
ゲーム製作は大変だという証拠を見せるといい、別の部屋に転送されたICEY
[歴史の間]に連れてこられたカシヲ達はこのゲームが完成するまでの過程を長々と説明させられた
製作期間は気がつくと10年経っていたというが、それでもミスは修正できなかった
最終的にはこのゲームをもう1つ買ってくれとの事だった
#記憶をデータ化 #ICEY誕生
そしてステージ選択画面まで戻された

ICEYは倉庫を無視して進むと1つの家があった
中に入ると既に敵が待機していた
地下への入り口らしき所に進むとボスThor戦(21:22~)
+...
容姿は人型、大きさが約ICEY3つ分で手には大きなハンマーを持っている機械
攻撃はハンマーを叩きつけた時の衝撃波とミサイル攻撃
Gorger戦とは違い小物の敵が沸かず、動きも遅くトリッキーな動きがないため
パターンで倒すことが可能である。
衝撃波の攻撃は範囲自体はでかいが、発動時空中で攻撃する事ができるのでかなり楽である
が、しかし今回はこまめに回復が出来ないためダメージの受けすぎに注意!
(1つめのゲージを削りきると少しだけ回復可能)
カシヲなんと痛恨のゲームオーバー
カシヲ「うわっなめたーぁ」

まさかの2回戦目、自分で攻略法を思いついたのにそれを忘れまたゲームオーバー
カシヲ「ちょっずぅーるっ!!」

ずるずると連呼し衝撃の3回戦目
ファンズ「プロってトン出られるの忘れてます?」
カシヲ「ワスレテマス」←wwww
その後何とか無事倒すことができ、ゲートもこれで開いたらしい
ナレーター「矢印に従って進めば、”「永遠に」迷うことは無い”」

ゲートまで戻って来たカシヲ達、その先の[コスモシティ]に足を踏み入れた
ナレーター「街を死に追いやったのは、ユダに違いないだろう」
カシヲ「ほんまかいな。ユダのことわからんからなぁ」
カシヲ達は道の途中の路地に入り込む

[UNKNOWN]
ここはどうやらDLCのタイムアタックが出来るらしくカシヲは1戦だけ挑んで終わった

[地下鉄入り口]に着いたカシヲ達は、中に入り探索を始める
中はあちこちが崩壊していた
改札の前に大きな穴があいており、その下には道が続いていた
道は左右に分かれており中央には宝箱が置いてあった
開けてみるとICEYの能力が強化され、柵をすり抜けられるようになった
そしてなんと偶然両方の道が柵で塞がれていた
ナレーター「矢印(←)に従い”左に進んだ”」
カシヲは”右の道”へ進んだ
ナレーター「ICEYは”矢印を無視した”」
カシヲ「ごめんて」
謝るも好奇心に勝てず先に進んだカシヲ達にナレーターは警告をしてきた
が、なお進もうとするもダメージを受けすぎて倒れてしまう
「おぉカシヲよ。死んでしまうとは情けない」

復活後再びナレーターに背き右の道へ進んで行く
先に進むとホームに辿り着いたものの、行き止まりだったため来た道を戻る事に
すると別の道へ行く分かれ道があり、そっちに進むと
初めに来た液晶画面がたくさんある部屋に転送される(元の道に戻る事が出来ない)
ナレーター「君に学習能力はないのか?」
カシヲ「よく言われますww」
好奇心に勝てなかったカシヲはさらに進んでいく
するとある部屋に到着する
そこにはICEYによく似た何かがある部屋だった
散々言うことを逆らってきたカシヲに対し今見るべき「真実」を提示するとナレーター
そして再び場面が変わる
そこにはICEYではなくUCEYという今まで出てきた敵のような外見をしたキャラがいた
場所はこのゲームの最初の、ICEYが出発した地点だった
ナレーター「UCEYは幸せだ」
それからナレーターはUCEYの気持ちを代弁したかのようなセリフを言っていく
ナレーター「UCEYは一人ぼっちで、寂しい…と」
ファンズ「あ」「あ」「プロか」「プロじゃん」
だが”プロとは違い”すぐに友達ができるUCEY
友情をしり、もう彼女は寂しくない。そのはずだったのに…
突如現れたのはICEY
そして…
きっと彼女は…幸せだった
#自我の認識 #ユダの提案 #黄衣の王の真意 #神子計画
[地下鉄入口]にリスポーンしたカシヲは[ファントムブレード Lv2]を購入した
もう一度右の道へ進んだが、特に何もなかった
その後戻る最中に[スカルシェイカー Lv1][クイックブレード(空中) Lv1]
[クイックブレード Lv1][マグネシーカー Lv1]を購入した
そしてUCEYは矢印(←)にしたがって進んだ

ボスPuck戦(21:56~)
+...
容姿は蜘蛛の形でUCEYの一回り大きいくらいの機械
ジャンプする距離が大きいため立ち回りには注意が必要
また、小さな蜘蛛の敵が何体も沸いて来るが倒しても回復はしない
しかし、そこまで体力はないので面倒だが倒して置くのが得策だろう
ボスの攻撃は足による攻撃、ジャンプ攻撃で遠距離攻撃はない(確認できなかった)
やばそうな時は一旦空中に避難するのもよいかもしれない
カシヲ氏1回戦目は敗北する

2回戦目
今度はボスしか見ない戦法で戦法で挑むカシヲ
何とか2つ目のゲージ半分まで削るも敗北

3回戦目
ここでファンズの1人がボスの小蜘蛛召還時の無防備時間に気づく
カシヲ「ナレーターよりそれっぽいヒント…。ナレーターそういう所やぞ!」
   「見習えコメントを!」
↑wwww
そしてナレーターを援護するファンズ

ファンズのアドバイスとほぼごり押しのおかげで体力が結構残った状態で勝つことができた
矢印(←)に従い進もうとしたUCEYだったが、何故か行き止まりになっていた
これにはナレーターも困惑
カシヲ「カシ試しかよ!ぐだってんな!」←自虐ww事実だが
そして…

転送された先はどうやら[地下鉄]のようだ
矢印は真上を指していてその先に道が続いていた
UCEYは矢印に従い先に進んだ
地雷の部屋等を越えた先は洞窟のような空洞の道になっていた
ナレーター「UCEYは続けて”矢印(→)にしたがって進んだ”。」
     「ユダを見つける事が”最優先”だと、彼女は理解している」
しかしその下には網で塞がれた道のような穴が開いていた
そしてカシヲは迷わず穴に落ちた
が、ナレーターに強制的に戻されムキになったのか何度も落ちるカシヲ
とうとうナレーターが観念し、下の道に行く事が出来たが其処には水溜りしかなかった
しかしカシヲは無謀にも飛び込む、そして激オコナレーター
ナレーター「こんな汚い水に飛び込んで…おかしくなっちゃったのか?」
決められたルートに従わないカシヲに対しさらに
ナレーター「まさか…実はアクションゲームが嫌いとか?」
     「それとも、このゲームに興味がなくなっちゃった?」
カシヲ「ちょっとりあえずここから上がってから話しません?」
そして案の定場面が切り替わり…

[ストレージルーム]に連れてこられたカシヲ達
ナレーター「他のゲームをプレイさせてあげよう」
カシヲ「やったああ(食い気味)」
そして大きな液晶画面に映像が流れ始める

鯉-KOI
雰囲気ゲー
まさかのカシヲがもらったゲームであった

ナレーター「ん?つまらないって?」
カシヲ「そうは言わない!絶対にそうは言わない!」
そして「これはいいぞ!」と強制プレイさせられたのは


ナレーターはこのゲームをヤシの木が生い茂る島で見つけたそうだが真相は定かである
このゲーム意外に難しく、沢山落ちるとナレーターが煽りまくってくるので注意
ナレーター「(●´艸`)プププw」

いい所まで行ったものの結局クリアする事は出来なかった
続きは製品版で

[地下鉄]に戻って来たカシヲは
[ハリケーン Lv1][シャドウダンス Lv1][シャドウスライス Lv1][装甲 Lv2]を購入
先ほどの分岐点に戻ったUCEYは矢印(→)に従い先に進んだ

↑長いです。ご了承を。

プレイしたゲーム






これは金曜日平日の配信です。繰り返す、これは金曜日平日の配信です。(23:30~25:51)


出来事

いつもの開幕ミュートからの謝罪

体調は悪くないが開始時刻が遅かったため、大神放送はやめたとの事
そして話題は本ココの話題へ
→カシヲの本ココ企画を知らないファンズはこちら
~本ココをやめた理由~
カシヲ「本ココマジ辛かった。」
最寄の何店舗ものファミマをめぐりココアを収集
毎日飲んでいるうちにある日我に返り辛くなってやめてしまったカシヲ
カシヲ「5日目は狂っていた。平日配信してないから、せめてこれはやろうと思ってw」
何事もほどほどが一番である
もしかしたら今後皆が忘れた頃に別のレビューが来るかもしれない…

と、ここでコメビュちゃんの不調、そしてタイミングを見計らったかの様な荒らしの様なコメ
これには思わずファンズ達に草がまみれた
カシヲ「草じゃねーよww」

話題は次の日の放送内容に

プレイ理由はせっかく毎日ファミマに通ったかららしい。
その関係で次の日はホラゲナイを開催する事になった←やったね☆
これにはファンズ大歓喜
カシヲ「これで何とか平日に配信しなかった事は。チョッ許して頂いて。エヘヘ…スイヤセン…スイヤセン…」
中には許さないファンズもいたが、ほとんどが上手く丸め込まれてしまった
そして流れるようにエーペックスへ

Apex Legends

カシヲ「僕、来週から学校休みだからなぁ僕。」←は?
「は?」「え?」「あ?」「は?」
カシヲ「皆学校休みなんですよ。だからうちの高校も休みですよ」←へ?
「は?」「はったおすぞ」「教員だったの?」
カシヲ「なんで先生の方なんだよw」

-1戦目
1戦目
(パスファインダー、レイス、ワットソン)カシヲがジャンプマスター
ホラゲナイは嫌だけどそれ以外に許しをこう方法を思いつかなかったカシヲ
苦悩の末の決断のようだった

結果
物資を集めていたが敵と鉢合わせ敗北
カシヲ「あははぁ~んもうだめw」
ゲームが何故か重かった模様
カシヲ「今腕が筋肉痛で、今日ずっと川をせき止めてたんで、腕で」←は?

-2戦目
2戦目
(ワットソン、バンガロール、パスファインダー)
ファンズ「あのせき止めてた人カシヲさんだったのか。」
カシヲ「僕3m250kgあるんで」←こわっ
結果
今回も数分で敵と遭遇、敗北
18/20部隊
カシヲ「はぁ?絶対あたってるでしょ。うふぃひひひひぃぃぃ!」
「「wwww」」
ファンズ「今日調子悪い?」
カシヲ「今日ちょっと調子悪いっすね。いつもだったらもうバシバシなんすけど。」
が、ファンズに軽くあしらわれるカシヲ
そしてワットソンに嫌われるカシヲ

-3戦目
3戦目
(オクタン、ワットソン)
まさかのはじめから1欠けスタート
そして安定の1人行動
ファンズ「プロくんっていつもひとりで遊んでるね」
カシヲ「得意なんだ。独りで遊ぶの」
ファンズ「さみしいね」
カシヲ「さみしくないよ」
おじさんファンズ「おじさんと遊ばない?」
カシヲ「めっちゃこえぇ」
↑wwww
そして話題は時事ネタに(567関係)
からのココア→ファミマのイントネーション
結果
すごく惜しい所までいたものの誤って殴るモーションを取ってしまい敗北
2/20部隊
1回再起動してフレンドと出発

-4戦目
4戦目
(コースティック、クリプト、レヴナント)カシヲがジャンプマスター
話題はFFの人気投票の話に
Q、カシヲの好きなヒロインは?
A、好きなキャラはあるけど、ヒロインは考えた事がない
ファンズ「どうせ金髪」「シドでしょどうせ」
カシヲ「リュックでしょハッ…金髪…」
「あ」「あ」「あ」「あ」
カシヲ「イヤイヤ正体あらわしたなみたいな言い方ww」
そしてポケモン人気投票[2020年ポケモン人気投票URL表示]の話へ
結果
敵と交戦するも敗北
7/20部隊

-5戦目
5戦目
(コースティック、クリプト、ブラッドハウンド)カシヲがジャンプマスター
話題はあつ森からパッケージ派DL派の話
結果
敵と交戦、狙撃され1度は仲間に蘇生してもらうも再び撃たれ最後はガスにより敗北
8/20部隊

-6戦目
6戦目
(レイス、クリプト、パスファインダー)カシヲがジャンプマスター
結果
敵と一緒の場所に着陸、武器を取り交戦するも敗北
16/20部隊

-7戦目
7戦目
(オクタン、クリプト、パスファインダー)カシヲがジャンプマスター
結果
出会い頭で交戦、敗北
9/20部隊

-8戦目
8戦目
(クリプト、パスファインダー、ジブラルタル)
集まったファンズが偶然2人とも名前に「OMJ」が入っており沸くファンズ
カシヲ「チームOMJがそろったね」
ファンズ「プロはOMJつけないの?」「なんでプロはOMJじゃないの?」
カシヲ「OMJじゃないからだよ」
ファンズ「OMJに挟まれたらプロもOMJにならないと」
カシヲ「オセロシステム採用して無いんですうち。」
「なんで?」「なんで?」
カシヲ「純粋無垢な疑問やめてくれます?」
ファンズ「せっかくOMJつけやすい名前してるんだから…」
カシヲ「読みづらいでしょ、読みづらいでしょ(くい気味」
ファンズ「kashiOMJいいじゃん」
カシヲ「よくねーよ(食い気味」
↑この流れ草

カシヲ「kashiOMJにするぐらいなら最後の文字変えます。eにします」
kashiwe[kashiweWIKI項目URL表示]
カシヲ1人だけ脱落
カシヲの遺言「YOU冷静に当ててくんじゃねぇ。ハェェ…ウマイヨォ…ウマイィィ↑」
その後復活を遂げたカシヲ
カシヲ「アリガトー。アリガトー。」
が、まさかの復帰後着地地点が溶岩で死にそうになるカシヲ氏←笑いの神に愛されてますわー
復活したばかりだがカシヲ1ミリも待つ様子がないOMJファンズチーム
カシヲ「なんでだよっ!」
そして曲が突然流れ始め…
FOOOOOOOOOOOOOO!!
結果
5/20部隊
しかしファンズはイチゴ大福の話で盛り上がっているのであった

-9戦目
9戦目
(ジブラルタル、パスファインダー、クリプト)
ファンズがケーキの話で盛り上がっている中、カシヲは仲間から溶岩に叩き落されるのであった
カシヲ「い゛や゛た゛ぁ゛ぁ゛!!おい何で僕だけ落としたおい!」←草
カシヲを陥れる為に全力を尽くすファンズすこすこ
再び大福の話に戻るファンズ達
そして次にするレビューを何にするかのお話
結果
5/20部隊

-10戦目
10戦目
(クリプト、パスファインダー、ワットソン)カシヲがジャンプマスター
パスファインダー使いのファンズがクリスマススキン
話題:新日本プロレス→暖冬→花粉症→鼻レーザー
結果
9/20部隊

まだ1戦しかしていないのに解散にしてしまったカシヲ
-11戦目
11戦目
(ワットソン、パスファインダー、レヴナント)カシヲがジャンプマスター
カシヲ「ついに真の持ちキャラレヴナントを使うときが来たな。バキ↑ィィン☆」
1度解散させられた事に腹を立てたのか、ここに着地しろとアピールファンズ
カシヲ「うるせぇうるせぇ。何だこいつら」←www

レブナントを使っているとついモノマネをしてしまうカシヲ
カシヲ「無意識でやっちゃうんだよなぁ」
ファンズと物資で争うカシヲ。いい物をつのさとうさんに取られ
ファンズ「卑しい人ですね(カシヲに向けて)」
カシヲ「そういう嫌らしさも含めて僕はつのさとうさんのそういう所認めて行きたいです」
ファンズ「は?」「プロのことだよ」「お前じゃい!」「おめーのことだよ」
カシヲ「いいすぎちゃうか…」
ファンズ「謝れ」
カシヲ「や゛た゛!僕悪くないもん」
ファンズ「そんなんだから潰れた大福で嘘つきで人付き合いができないんだよね」
カシヲ「いいすぎだろ!悪口一個までだろ一回に。悪口の詰め合わせセットいきなり提出すなよ」
「「wwww」」
すらすらと悪口のハッピーセットが出た事に対し
カシヲ「よくもまぁ咄嗟に出てくるなぁ。おかしいだろ!スラスラ人の悪口言ってるんだよ」
ファンズ「何階かに分けられて言われるよりマシなのでは」
カシヲ「wwマシじゃねーよwオーバーキルだよw」
   「格ゲーと違って補正とかないからw全部そのままのダメージで入ってくるから」
プロが愛されているなぁ

エリア外にいて瀕死になるも1度は自己蘇生、その後再び瀕死になるも仲間に救われて一命を取りとめる
カシヲ「やっぱ俺たちなまかだな」
ファンズ「?」「なまはんか?」「うるせーにわか」「なまこ?」
そしてさらっと”なかま”に言い換えるカシヲにツッコミを入れるファンズ
カシヲ「笑えばいいと思うよ(生意気な声で)」
結果
8/20部隊

カシヲ「皆に”拾われた”命だったけど最高の試合が出来たアリガトウホントニサンキュー。ナカマニカンシャ」
ファンズ「みんなに”嫌われた”命?」「最後まで足を引っ張りましたね」
カシヲ「イイスギダロ…」

そろそろやめようとするカシヲを引き止めるファンズ
話題は次の日のホラゲナイ

放送が終わると思いきやカジュアルエイム練習が始まった(02:14~)
カシヲはAPEXのエイム練習を好きな曲を聴きながら毎日10分くらいしているらしい
ファンズ「3番[レモンの項目あれば追加]歌いながらやってください」
カシヲ「手元が震えるんで、アレ歌うと」
そして何故か恋するファンズの話になり…
カシヲ「(恋するファンズ無加工無ボイス版を)サブスクしてくれている人向けの得点にしようか」
ファンズの評価はあまりよくなかった
カシヲ「アロエの一枚絵とかを缶バッジにします」←言質。いらないけど


-Steamギフト紹介タイム


プレイしたゲーム

Apex Legends(23:41~)



ホラゲナイ(20:00~)


出来事


ホラゲナイっだぁぁぁぁぁあああああ!!

1つ目
-[「夜勤事件」]
[とあるコンビニで夜勤する女子大生が主人公の短編ホラーゲーム。
エンディングは全部で2つらしい。

開始直後主人公のボイスにさっそくビビるカシヲ
お家が既に怖い案件でファンズもガクブル
やっと出勤の為家を出るも電柱があるはずなのにやけに暗く人っ子一人歩いていなかった
その様子に思わずカシヲが一言
カシヲ「こんな町の夜中にコンビニ誰もこねぇだろww」
夜勤に行くだけなのに武器を求めるカシヲにファンズ驚愕
カシヲ「懐中電灯よりバットだろ常恒」←おまわりさんこの人です

道中配信画面があまりにも暗すぎたので、明るくしていたのだが
その結果到着したコンビニが発光でもしているかの様に明るくなってしまった
ファンズ「あっかる」「まぶしっ」「明るwww」「うお眩し」
店内に入るなり同じ店員の男(便宜上Aさんとする)に物騒な話を聞か
される
なんでも最近、主人公の通勤ルートにある橋で男が自殺したらしくそ
の姿は見るも無残だったという
A「君も気を付けた方がいいよ。」
カシオ「何を?何をきぃつけんの?」
A「全部嘘だけどね。」
カシヲ「あ゛?なんだお前。」
Aさんとのシフト被りを恐れたカシヲだったが、入れ違いのためセーフ
出勤するため控え室に入り物色している中で防犯カメラ映像を見つける
カシヲ「ピザ屋じゃん!まじでやだよぉww」←やwっwたwねwカwシwヲww

出勤後1人目のお客さんはサラリーマンぽい男性
購入品:不明(何を買ったかグラではわからんかった)
その直後防犯カメラ映像で外を見た時、車の挙動に驚くカシヲ
カシヲ「wwすごい機動性wすごい機動性の車」

マネージャから頼まれた在庫管理をしている時、誰もいないはずの自動ドアが開閉し…
カシヲ「いやもう…無理ですぅ」
廃棄商品を持ち、捨てる場所が外かもしれん情報を知り
カシヲ「いやだぁ!最後シフトあがるときに捨てに行くんでオカセテクダサイ…」
が、嫌々捨てに行くカシヲ
だがまだ廃棄商品がたくさんある事に対して
カシヲ「いっぺんにやれや!何だこいつマジで」←wwww

2人目の来店はお客ではなく宅配のおじさん
だが何故かあて先が主人公になっていた←不思議だねぇ
受け取るとシーンが変わり帰宅していた
そして突然起動し始める電子レンジ
宅配物の中身はビデオで、内容はどこかの立ち入り禁止のテープが張られた場所の映像だった
時計を見るとどうやら次の日だったらしく、また出勤をしなくてはならなかった

-「第一夜」
[出勤するとさっそくAに話しかけられる
昨夜自動ドアが勝手に開閉したのは、どうやらセンサーが壊れていたらしいのだが
A「ポルターガイストかと思ったんか?幽霊なんか存在しないって」
カシヲ「なんやこいつ」
控え室にマネージャーの伝言でねずみ駆除を頼むと書かれていた
カシヲ「おまえ(Aさん)も呼んだはずだよなっもう帰ってるwwはえ
ぇ…」←wwww

1人目のお客さんは歩行器をつけたおばあちゃん
夜中という事もあり、話しかけてみるも反応なしと思いきやお手洗いに一直線のおばあちゃん
その間にねずみ駆除をしようとすると

2人目の中年っぽい男性が来店
しかし薬剤を置く方法がわからず苦戦するもファンズに教えてもらい接客に戻る
購入品:ビール5本 たばこ
そしてすごい機動性の車

気がつくとおばあちゃんはお手洗いを済ませていた
おばあちゃん「あれ?ケンくんは?私の可愛いケンくんはどこへ行ったの?」
ケンちゃん=Aと思ったカシヲだが話を聞いていると
おばあちゃん「この場所は私の娘のいえじゃ。どうしてくれたんじゃ!娘の家を返せ!!」
あまりの恐怖にバックステップを踏むカシヲ
カシヲ「スプレー持って来るか…」
が、そのままお店を出るおばあちゃんであった

ネズミの駆除に戻ったカシヲ、再び自動ドアが壊れるもそのまま続行
駆除を終え、店内に戻るも自動ドア直らず
カシヲ「何このコンビニwあらゆる扉が開いてるww」

3人目は配達のおじさん←ファンズからはクロちゃんと呼ばれていた
宅配のおじさんの「また会いましたね」のセリフに恐怖するカシヲ
本日は宅配物の受け取りだったようだ。
カシヲ「平和なゲームだな。今ん所自宅が一番怖いw」←www

ファンズ「世の中色々興奮する事あるけど、一番興奮するの深夜のコンビニアルバイトだよね」
カシヲ「絶対違うよ。漫才の入りか。」
「「wwww」」

-「第二夜」
[外は雨らしく自宅にいるうちから傘をさしはじめる主人公
カシヲ「さすなw絶対にまださすなよww」
出かけようとすると宅配物が届いていた
中身は同じくビデオで、内容は何処かを撮影した映像だがよくわからなかった
カシヲ「幽霊さんちょっと情報が小出しかなぁ。ちょっと小出しすぎるなぁ」
幽霊 ディアゴスティーニ で検索?

出勤するとAはおらず、そのまま控え室に向かうと…
[バンッ(大文字)]
ロッカーから突如現れるA
カシヲ「わっっ!!コロすぞ!!」
「「wwwww」」
調子に乗るAだったが、主人公に怒られたのか反省した様だ
マネージャーのお願い:在庫補充よろしく
カシヲ「(Aの方に向きながら)読んだよな?wwなんやその顔」
そして主人公が出勤するや否や帰宅するA
カシヲ「こいつすぐ帰るやんw」
Aが何処に向かうかついて行くとAは車に乗り込む
そして安定のすごい機動性の車

商品補充をしていると自動ドアの音が聞こえるもお客の姿あらず
1人目のお客さんはエアコンの業者のハマダさんだった
防犯カメラを回しているとコンビニの裏手の所に人の足みたいなのが映りこむ
恐怖するカシヲ、足を見逃すファンズ

2人目のお客様は若い女性
そして仕事を終え無言で帰るハマダさん
購入品:飲み物 お菓子(?)2つ
購入後話しかけられ、何故かお守りを渡された
カシヲ「あれでしょ?自殺した幽霊の奴が近所のコンビニにな、橋に憑けや!」
「「wwww」」
カシヲ「納得いかねーよww」

商品陳列の続きをする為店内に出ると、トイレがパカパカし始める
面白がるファンズに対し見なかった事にしたカシヲ
だが進展がない為トイレに向かうカシヲ、どうする事も出来なかった

が突如トイレ停止
店内に戻ると窓側の商品が棚から落とされていた
そして謎のPCのタイプ音
控え室に行くも誰も居らず、防犯カメラ映像を見てみると…
[防犯カメラ幽霊映像 画像表示]
カシヲ「あーもー後ろ振り向けませーん」
が、進展しないのでしぶしぶ店内に行くと、何かが散らばっていた
それはお札の様で、集めると先ほど足が見えた場所に向かうカシヲ
そこは何かの扉(?)が立てられていて、お札をすべて貼り付けた
店内に戻ろうとする道中何故かレンチを発見し、使用できる場所も発見する
レンチを使用すると何処かの鍵を発見する
その鍵は先ほどお札を貼り付けた扉の物ではと結論付け扉を開ける事に
そこには…
主人公「マネージャー…」
カシヲ「マネージャー?!」
そこは小さな部屋になっており机とその上にブラウン管TV
床にはビデオが散乱、椅子にはマネージャーが座らされていてマネージャーはぐったりしている
すると突然謎の音が聞こえ始め、顔を上げるマネージャー、混乱するカシヲ
そして…

-「第三夜」
[カシヲ「終わり終わり、続きなんて無いよもうこのゲームに」←wwww
二夜の事は夢落ちにされてしまった
ファンズ「夢ならば?」「夢ならば」「夢ならばどれほど」
『夢ならばどれほどよかったでしょう~♪』
部屋を探索するとビデオを発見、内容は相変わらず場所がよくわからなかった

出勤するとまたAの姿が見えず警戒するもロッカーにも居らず
それどころかマネージャーのメッセージやタイムカードすら置いてなかった
店内に戻ると突然照明が切れ、商品棚はブラウン管TVに変わっていた
カシヲ「電気屋になってる…。」
よく見ると下にも何か散乱していてカシヲ氏の予想によると

  • 学校の校庭に絶対に1本は生えている大きいパイナップルみたいな木の奴
  • ビデオテープ
  • キープアウトのテープ
のどれかだと言う
おそらく3番の可能性が高いであろう

店内を探索中、防犯カメラ映像を確認すると店内を歩き回る男の子が…
しかし実際の店内には男の子はいなかった(見えなかった)
再び店内を探索するカシヲ、すると棚のTVを調べる事ができ電源がついた
が、そのままでは特に変化はなかった

色々試した結果防犯カメラの男の子が見ているTVすべての電源をつければいいのではと結論付ける
最後の1つのTVをつけると、他のTVの電源がつけられなくなった
謎の声が聞こえ始め、防犯カメラ映像も確認できなくなっていた
カシヲ「ピノキオがロバになった時と同じ声」←???
色々探索している中で、バックヤードに行くと奥の方で先ほどの男の子が泣いていた(?)
カシヲ「wwwどうしたんすかw足怪我したんすか大丈夫すかw」
話しかけようとすると背後に…

気がつくといつものコンビニに戻っていた
店内に誰かが来たようなので、向かってみるとそこには誰も居らずビデオだけが置かれていた

-「第四夜」
[先ほどのビデオを見ようとすると
「よろしいですか」  「はい」
           「いいえ」
どうせたいした事ないと高を括ったカシヲだったが、映像には主人公の部屋が映っていた
映像が終わっても動くことができない主人公
突然ピシャっと音がしたと思ったら…
ED2
クレジットが流れ、タイトル画面へ



今回はいつものルーレットとは違いアルファベットスタイルとなった
結果「N」
  • Night Cry(プレイ済み)
  • Neverenaing Nightmares
  • Nosferatu:The Wrath of Matach

2つ目
-「Neverenaing Nightmares」
[製作者の体験した悪夢を再現したとされるサイコホラーゲーム。
本作は主人公の精神世界を舞台にしており、その悪夢を克服し現実に
目覚めるのを目的とした内容となっている。
全体が白黒のゲームだが所々で赤赤色が入っているので、より恐怖が増すといえる。
登場人物は主に2人。
主人公であるトーマスと唯一この悪夢で会話が可能な女性ガビィの2名。

[登場する悪夢]
  • baby
巨大な体で見た目は赤子のような怪物。
主人公を認識するとダッシュで近寄りギュッとされる(ファンズかな?)
回避方法としては近くのタンスに身を隠すのが最適である。
(走って別の通路又は別の部屋に入り回避も可能。
だが、主人公の体力があまりないため、逃げ切れない場合もある。)

  • patoent
大きさは主人公と同じだが、目が縫い付けられており体も拘束具がついている。
この敵は聴覚が優れており、主人公が何か音を立てると高速で飛んできて食べられる。
回避方法は至ってシンプルで、音を立てずに進む事。
だが、近づきすぎたり床に落ちているガラスを踏むと気づかれるためゆっくり慎重に歩くことが必要。

  • giri
容姿は幼いのようで、目から血が流れており大きな鉈が特徴。
主人公が認識できる距離に入ったら攻撃される。
回避方法は、逃げる事。
接近する時に鉈を引きずる音や火花の演出があるため、確認しだい反対方向に逃げると大丈夫。

  • bear
名前の通りでかい熊。
ただの熊。
照らすと吠えてくるが、害はない。
つまり回避も何もナイ。
よくわからない存在だが、どうやら剥製らしい・・・?]
▲ページ上へ戻る

カシヲは体調が悪化したため終了。
プオ お大事に!

プレイしたゲーム







最終更新:2020年08月22日 16:15