ときめきメモリアル大辞典

○○の家

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
Character's house
○○の家【○○のいえ】

ここでは各キャラクターの自宅について扱う。主人公の自宅については「自分の部屋」を参照のこと。

概要

どのシリーズでも全体的に一軒家に住むキャラが多い傾向にある。
その多くは主人公と同じく、在籍校がある市内に住んでいる(『3』のヒロイン8名は全員もえぎの市在住)ようである。
伊集院家をはじめ、金持ちも多く登場するので、豪邸が登場することもしばしば。
また、GSシリーズでは親元を離れて暮らしているキャラも多い。

『1』『外伝作品』

主人公宅の隣家に藤崎詩織が住んでいる。
イベント「2人一緒の誕生日」が発生すると、藤崎家に招待されて行く事ができる。
クリスマスパーティーで行く事になる伊集院家も、ある意味「女の子の実家」と言えるだろう。

ときめきメモリアル Selection 藤崎詩織』では、「デートスペシャル」→「Winter」→「電話に出る。」を選択すると藤崎家に行くことになる。と言うか、電話に出ないとゲームが進まない。

ときめきの放課後』では、早乙女好雄早乙女優美のイベントで早乙女家に行く事になる。

『2』

女性キャラの誕生日が日曜日でデートの約束をしていない場合は、プレゼントを渡しにそのキャラの家を訪問する形になる。
デートの約束がある場合は、その帰りに一緒に家に行く事になるが、他のキャラとデートをしている場合は無視する形になるので注意。(無視されたキャラの傷心度が上がる)
デートの帰りで本人の家に同行するのは分かるが、そうでなければ、よく住所まで調べたものである。坂城匠から電話番号やスリーサイズとか以外も含めて、秘密裏に教えてもらったのだろうか。
プレゼントを渡しに行ったキャラの評価が友好以上だと、家の中に入れてくれる事があるが全員ではなく、水無月琴子一文字茜伊集院メイ辺りはギリギリ友好程度だとまず中には入れてくれない。
また、佐倉楓子に関しては、家の中に入るのは不可能な模様。
陽ノ下光姉妹は、条件を満たせばイベントが発生する。
なお、『2』の主人公は8歳まで陽ノ下家の隣に住んでいたが、7年ぶりに戻ってきた後はひびきの市内の別の場所に住んでいる。
ちなみに、麻生華澄の実家は、陽ノ下家の向かって右にある。

『3』

趣味コマンドで「散策」を行うと、女の子の家を発見することがある。
特に、渡井かずみを登場させるには、彼女の家を発見する必要がある。
ちなみに、河合理佳和泉穂多琉の家は街エリア、その他の6名の家は丘エリアにある。

『4』

主人公宅の隣家に大倉都子が住んでいるが、都子が主人公宅を訪れることは頻繁にあっても、何故かその逆は無い。
主人公が女の子の家を訪れるイベントとしては、前田一稀のバイク改造イベントで前田家作業場を訪れるものや、七河瑠依クリスマスイベントで七河家を訪れるものなどがある。

『GSシリーズ』

好感度が一定以上だと、男性キャラから自宅に誘われることがある。
ただし、年上キャラ(『GS3』の先輩2人は除く)や隠れキャラ白羽空也と同居しているので除く)の家に行くことは無く、氷室零一天之橋一鶴真咲元春に関してはドライブデートがその代わりとなる。
なお、天之橋邸には毎年あるクリスマスパーティーで行くことになる。
また、『GS3』で藍沢秋吾のシナリオを進めると、藍沢の家に行くことになる。
『GS3』『GS4』では、露出が高めの服装をすると男子の反応が変化する。

『GS2』では、主人公宅の隣家に音成遊が住んでいる。
『GS3』では、主人公が宇賀神みよと共に花椿カレンの自宅にて3人でお泊まり会をするイベントがある。
ゲーム内では未使用に終わっているが、宇賀神の部屋の背景イラストも存在したことが一部書籍の中で確認できる。
『GS4』でも同様に、花椿みちるひかる姉妹の自宅でのお泊まりイベントが発生する。

関連項目

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

目安箱バナー