怪盗キッドvs最強金庫(名探偵コナン)

登録日:2019/10/16 (水) 07:02:49
更新日:2019/10/28 Mon 13:05:12
所要時間:約 13 分で読めます





予告通り

月が闇から顔を出す前に

狸の腹に入った大切なお宝を

頂きに参りましょう

怪盗キッド


『怪盗キッドvs最強金庫』とは、『名探偵コナン』のエピソードの1つ。
単行本第64巻と第65巻に収録。テレビアニメでは第537話・第534話として、2009年6月13日と20日に放送された。


※以下ネタバレが含まれますので、未読・未視聴の方はご注意ください。


【ストーリー】
打倒キッドに燃える次郎吉の屋敷にキッドからの予告状が届く。
予告状には、次郎吉邸にある大金庫「鉄狸」の中にある宝を盗むと書かれていた。
だが文面はいつもと違って古めかしいものだったので、次郎吉はあえて警察に通報せずにキッドの名を騙る偽物を自らの手で捕えようとしていた。
3日後、必ず本物が現れると踏んだ中森は機動隊を率いて鉄狸周辺の警備を堅める。
同じく本物のキッドが現れるはずと考えた園子は、コナン・蘭・小五郎を連れて次郎吉邸を訪れた。
鉄狸のある部屋にはタバコ1本の重さですら反応する重量センサーが仕掛けられており、入った瞬間に鉄格子が部屋を囲うようになっていた。
だがその後、鉄狸の部屋に新たな予告状が落ちているのが発見され、文面やイラストから本物のキッドが書いたものだと断定される。
本物が現れたと現場が色めき立つ中、次郎吉は未だに偽物だと言い張り警察の捜査に非協力的な態度をとる。
状況から次郎吉が最近雇った3人の人間の中にキッドがいると考えられたが…


【関係者】
※名前の元ネタは「盗み」に関する言葉。

  • 後藤善悟(ごとう ぜんご)
CV:楠大典
次郎吉のボディーガード。
色黒で鋭い眼光の男性。次郎吉に先日から雇われており、無口だがとても頼りになるらしい。
ずっと次郎吉の傍にいるが、次郎吉が金庫室に入る時だけ部屋の前で待機している。
運転手も兼ねており、次郎吉が鉄狸の部屋から出てきた後で彼と車で出かけていった。
名前の由来は「強盗」から。

  • 秋津益彦(あきつ ますひこ)
CV:山田義晴
次郎吉邸の使用人*1
さえない印象の眼鏡の男性。先日入った新入りだが、後藤とは違って次郎吉に「使えん奴」と言われている。
鉄狸の部屋に落としたタバコを拾おうとした時にも、ビクビクしながら床に這いつくばっていた。
小五郎にタバコを買ってきてほしいと頼まれるが、瑞紀に「旦那様が「夕食はまだか?」と言っていた」と耳打ちした後、それっきり姿を見せなくなってしまう。
名前の由来は「空き巣」から。

  • 瀬戸瑞紀(せと みずき)
CV:國府田マリ子
次郎吉邸のメイド。
茶髪で常に困ったような表情をしている女性。今日次郎吉邸に来たばかりの新人で、屋敷の勝手に慣れていない。
絵に描いたようなドジっ子で、コナンと出合い頭にぶつかったり、慌ててカートを小五郎にぶつけたり、小五郎が落とした小銭を拾おうとして水差しを倒して水をぶちまけたり等している。
小さい頃から飼っていた犬が先月死亡したらしく、次郎吉の愛犬・ルパンを捜すためにしゃがんでキョロキョロしていた。
小銭を拾い集めた後、「おっしゃってませんでした?夕食の後に「手を貸してくれ」って…」と言い、次郎吉と一緒に彼の部屋に向かっている。
名前の由来は「窃盗」から。


【レギュラー陣】

ご存知主人公。
冒頭のほうでは、前回の事件のラストで目撃した「佐藤と高木のキスシーン」を蘭にばらそうとして高木をからかっていた。
今回のキッドの予告状が縦書きかつ古めかし過ぎる文章だった事に妙な違和感を覚える。
そして最近の次郎吉の不審な行動から、予告状に隠されていたメッセージに気づく。

ご存知月下の奇術師。
今回は次郎吉に鉄狸の中にある宝を盗み出すと挑戦状を叩きつけるが、その文面はなぜか古めかしく、描かれていたイラストもいつもと違っていた。
そのため今回のキッドは偽物かもしれないと考えられたが、鉄狸の部屋に落ちていた新たな予告状は紛れなく本物が書いたものだった。
それでも次郎吉は今回のキッドは偽物だと言い張るが…?

ご存知蘭姉ちゃん。
瑞紀のドジっぷりを見て「ワザとっぽい」と感じ、キッドではないかと疑う。

ご存知迷探偵。
次郎吉の最近の行動を聞き、杖と皿を使わないと鉄狸が開かない仕組みになっていると推理する。
タバコを買いに出たっきり姿を見せない秋津がキッドではないかと怪しむ。

ご存知蘭の親友。
予告状のイラストがいつもと違う事に気づいていたが、「本物のキッドが来そうな気がする」という女の勘で、コナン達と次郎吉邸を訪れた。
次郎吉の態度がいつもより消極的なのを見て、彼がキッドじゃないかと冗談交じりで言う。
一方で次郎吉と一緒に出ていったという事で、後藤はキッド候補から外している。

  • 鈴木次郎吉
鈴木財閥相談役。
今回はキッドから挑戦状を叩きつけられるが、予告状の内容から偽物だと判断し、警察に知らせずに自分の手で捕まえ、その活躍を武勇伝に加えようとしていた。
後に本物が書いた予告状が発見されても偽物だと言い張り続け、自分が雇った人間たちへのボディーチェックも頑なに拒否していた。
最近は夕食だけ自室で取るようになっているが、なぜかその皿が毎回2枚ずつ消えている。
鉄狸の部屋に入る時には杖を携帯しており、中をチェックしている時には誰かと話をする声が外まで漏れている。
キッドが近日中に来るかもしれないという状況で新しい人間を3人も雇っており、新たな予告状が発見された時には「まずはよしとするか…」と呟く等、どこか奇妙な行動ばかりを取っている。
鉄狸に入った後は「茶木君と会食の予定があるのをすっかり忘れていた」と言い、後藤と一緒に出かけていった。

捜査二課の警部。
喫茶ポアロでコーヒーを飲んでいた時に、前回の事件で手柄を立てた高木を見て「いい気なもんだなぁ勝ちっぱなしの奴らは…」等とぼやいていた。
その直後、キッドが次郎吉に予告状を出したという事を新聞で知り、すぐさま次郎吉邸に直行。
「こんな予告状が来てんのに先に新聞にスッパ抜かれたワシら警察はちーっとも楽しかねーんだよ!」等と次郎吉に怒鳴り散らしていた。
新たな予告状を見て本物のキッドが来ると確信するが、次郎吉が非協力的だったせいで思うような警備が出来なかった。

  • 茶木神太郎
捜査二課の警視。
今回で次郎吉が同じ大学のOBである事が判明。
次郎吉から圧力がかかり、中森に撤収命令を下す。
そうやら次郎吉と会食の約束をしているようだが…

ご存知高木君。
前回の事件での活躍が新聞で取り上げられ、喫茶ポアロでその時の事をコナン達に話す。
その時に佐藤とキスをした事を思い出し、つい顔を赤くしていた。

喫茶ポアロのウエイトレス。
最初のほうに少しだけ登場する。

  • ルパン
次郎吉の愛犬。
少し前に具合が悪くなり、現在入院中らしい。


【用語】

  • 鉄狸
次郎吉邸にある大金庫。
『奇抜な屋敷の大冒険』に登場した幕末の絡繰師・三水吉右衛門が作った難攻不落の大金庫であり、次郎吉邸に押し入った名だたる盗賊達を返り討ちにしたとされている。
中の広さは奥行き4m弱の約6畳、厚さ50cmの鉄板に囲まれた鋼の小部屋であり、壁に埋まっているので金庫室のようになっている。
とても頑丈な金庫であり、戦時中に子供の頃の次郎吉が親と一緒に中に入り、空襲を凌いだほどである。
しかし中に設置された棚の上には小窓があり、扉の下には3cmほどの隙間がある。
また、外からの開け方を知っているのは次郎吉しかいないが、中からは簡単に開けられるようになっているらしい。
ちなみに開け方を間違えると…

鉄狸のある部屋には次郎吉オリジナルの仕掛けが施されている。
家具が何もないこの部屋には高感度の重量センサーが取り付けられており、少しでも床に重量がかかれば鉄格子が部屋を囲うようになっている。
なお、スイッチを入れた時の状態から重さがかかれば反応する仕組みなので、スイッチを切っている時に置かれた物には反応しない。

ちなみに中に入っているのは次郎吉の子供の頃の古いアルバムや作文、絵や通信簿等人に見られたくないような恥ずかしいものばかりで、たまに部屋に持ち帰ってこっそり見ているらしい。

  • 予告状
今回キッドが次郎吉に送り付けたとされる予告状。

観念召され
鈴木相談役
無駄な抗いは止めて
赤子が如く神妙にし
月が闇に呑まれる中
当家に伝わる大金庫を
我が凌駕するのを待て

    怪盗キッド

この内容から、キッドの今回の目的は金庫の中身ではなく金庫を開ける事だというのが分かる。
だが今回の予告状は縦書きで文面も古めかしく、キッドのイラストもいつもと違っていた

その後発見された新たな予告状は項目冒頭のような内容で横書きとなっており、イラストもいつもと同じものであった。


以下真相につき、さらなるネタバレにご注意ください
























  • 事件の真相
先日次郎吉が雇った3人の人間の中にキッドがいると考えられたが、コナンは次郎吉もキッドの可能性があると言い出す。
その根拠は、小五郎に小銭を投げ渡した時には右手を使い、後藤に車のキーを投げ渡した時には左手を使っていた事。
しかも右手で車のキーを上着から出してわざわざ左手に持ち替えたのを蘭が覚えていたので、コナン達はその事を中森に教える事にした。
だが中森は「んなワケあるか!」と取り合わず、次郎吉が部屋から出た後でボディーチェックをしても目ぼしいものは持っておらず、その後で茶木と会食に出たからキッドではあり得ないと言う。
だがそこに、次郎吉と会食をしているはずの茶木が登場。「こんな時に会食なぞしているわけがない」と茶木が言っていると瑞紀が慌てた様子で現れ、「旦那様が部屋のクローゼットで眠ったまま縛られ入れられている」と中森に言った。
クローゼット内には無数の針金が張られており、「触るな危険」と書かれていたので迂闊に手が出せない状況だった。
次郎吉はさっき出かけたばかりだったので、もしやと思い鉄狸の部屋のドアを開けてみると、鉄狸の扉に「狸の腹の中 確かに探らせて 頂きました 怪盗キッド」と張り紙がしてあった。
それを見た中森はキッドに一杯食わされたと思い怒りに震えるが、キッドが部屋の防犯装置を入れたままにしている可能性があったので迂闊に中に入れなかった。
茶木は機動隊に、クローゼットに押し込められている次郎吉の救助とキッドの追跡を指示。中森は部下を率いて逃げたキッドの後を追っていった。

鉄狸の前にいた機動隊が全員いなくなってしまった後、蘭はある事に気づく。
最初に防犯装置を切って予告状を置いたのが次郎吉に変装したキッドで、その後で小銭を拾った次郎吉が本物、最後に車のキーを放った次郎吉がキッドだったとしたら、キッドがいつ次郎吉とすり替わったのか説明がつかなくなるのである。

その頃、鉄狸の部屋にある人物が侵入しており、外に誰もいなくなったのを確認した後で鉄狸を開けようとしていた。
だがそこにコナンが登場し、鉄狸の前にいたその人物にこう言った。

好きだなオメー…

女に化けるの…


ああ…
こっちのほうが萌えるんでね…

その人物――瀬戸瑞紀は変装して次郎吉邸に潜伏していた怪盗キッドだった
コナンが瑞紀をキッドだと見抜いたきっかけは、小五郎が瑞紀にぶつかられたはずみで小銭を落としてしまった時。
慌ててカートを小五郎にぶつけるまではドジっ子の演出だったが、小五郎が小銭を落とすのは計算外の事であった。
その時に指紋がつかない細工を指にしていなかったので素手で小銭を拾うわけにはいかないものの、メイドという立場上そのままシカトすると不自然に見える恐れがあった。
そこで水差しを倒して水をぶちまけ、水で濡れた小銭をハンカチで拭きながら拾い集める事で何とか凌いだのだった。

なお、最初のやけに古めかしい予告状を書いたのは次郎吉本人である。
この予告状には暗号が隠されており、文章の一番下の文字を左から繋げて読むと「てをかしてくれ」となる。
つまりこれは、次郎吉からキッドに宛てた依頼文だったのである。

キッドは小銭を拾い終えた後で次郎吉に「手を貸してくれって…」と依頼を匂わせて来訪を明かす。
そして部屋に行った後で次郎吉に屋敷から機動隊を追い払う作戦を授け、鉄狸付近の人払いをさせた。
次郎吉に左手で車のキーを放らせたのも、すぐばれる会食のウソをつかせたのも、キッドの張り紙を鉄狸の扉に張らせたのも、次郎吉をキッドだと錯覚させ人払いさせるための作戦であった。

ちなみにクローゼットに縛られているのは、次郎吉の変装をさせた秋津である。

次郎吉がウソの予告状まで出してキッドを呼び寄せたのは、どうしても彼に鉄狸を開けてもらいたかったから。
実は鉄狸の中には次郎吉の愛犬ルパンが閉じ込められていた
金庫の扉を閉めた後でルパンがいない事に気づくが、鉄狸の開け方はルパンが巻いているバンダナの裏に書かれていたのでどうする事も出来なかった。
切羽詰まった次郎吉はやむを得ずキッドに助けを求める事にし、ウソの予告状を作ってマスコミに公表したのである。
次郎吉が毎晩夕食を部屋で取るようになったのは、ルパンのための新鮮な水を得るため。
夕食の皿が2枚ずつ無くなっていたのは、片方に水を、もう片方には餌を盛っていたため。
そして金庫室に入る度に持ち込んでいた杖は、2枚の皿を金庫の下の隙間から奥に押し込むための物であり、「もう少しの辛抱じゃ」等と愛犬に声をかけながら生きる糧を与えていた。

この事に気づいたコナンは、キッドの策だと知りつつ警察を追い払い、鉄狸の開錠に協力しようとする。
だが鉄狸には盗賊を返り討ちにするための物騒な絡繰がいくつも仕掛けられていたので、キッドはコナンに「プロに任せな!」と言って作業を続けた。

開錠の途中で矢や斧によって何度か死にかけるが、何とか開錠に成功。鉄狸の扉が開き、中からルパンが元気そうな様子で出てきた。
その頃、次郎吉に追いついた中森は彼の頬を引っ張って正体を暴こうとするが、次郎吉に「約束していたのは千秋という旧友じゃ!」と言い返されてキッドがまだ屋敷にいると気づき愕然とする。

その後、次郎吉邸に警察が戻ってきたので、すぐにキッドは退散しようとする。
その際にコナンは「しかし無茶するねぇ…一歩間違えば捕まっちまうのに…」と言うが、キッドは「最初は罠かと思ったが、潜入して理由が分かったから手を貸した」と答えた。

泥棒は誰しも「怪盗紳士」の大ファン…

ルパンをあのまま暗い檻の中に閉じ込めておくのは…

忍びなかったんでね…

そう言った後、ハンググライダーで飛び去るキッド。
そして、「コナン」と言う名前的に「ルパン」は敵であるため、コナンは自分に懐いてくるルパンに複雑そうな表情を見せていた。

  • 後藤善悟
  • 秋津益彦
怪しいところもあったがキッドとは関係なかった2人。
だが秋津はキッドの手で次郎吉に変装させられクローゼットに押し込まれるという可哀想な目に遭っている。ある意味今回の一番の被害者と言えるかもしれない。
後藤は後に劇場版『業火の向日葵』に出演。相変わらず次郎吉のボディーガードをしていたが…。


【その後】
「鉄狸にルパンが閉じ込められ、助けるためにキッドに開けてもらった」という事はごく一部の人間にしか明かされず、世間には伏せられる事となった。
これで次郎吉はキッドに大きな借りが出来たわけだが、園子の話によると今回のお礼はキッドを捕まえた時に言おうとしているという。
それを聞いた蘭は「へーそう…」と戸惑い、コナンも「だろうな…」と心の中で思っていたのだった。


【余談】
『業火の向日葵』では今回登場した鉄狸の改良版として「鉄狸改」が登場している。





追記・修正は鉄狸を開けてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/