ロック伝説(ギャグマンガ日和)

登録日:2021/01/22 (金曜日) 17:55:23
更新日:2021/02/24 Wed 18:35:40
所要時間:約 5 分で読めます





昨日のライブは最高の盛り上がったが…


所々は極端に盛り下がり…


最終的にはお通夜のようになってしまった


何でオレ達のライブはいつもこうなんだ!



ロック伝説とは「ギャグマンガ日和」第159幕のエピソードである。




【あらすじ】


とあるロックバンド、「ザ・マッドサタン」のライブはいつもお通夜みたいな盛り上がりになってしまう。
メンバーはその原因について話し合うが…



【メンバー】


声はドラマCDから


ボーカル・作詞作曲担当。バンドの顔だけあってイケメン。
取り柄はアホみたいに高音が伸びること。


  • 船越(声:前田剛)
ギター担当。金髪でピアス。妙に格好つけている。
取り柄は色々な色のピックを持っていること。果たしてそれは取り柄と言えるのだろうか


  • 桜田(声:内藤玲)
ドラム担当。天パ。若干気が弱い性格。
取り柄はどこを叩いても小太鼓のような音がすること。果たしてそれは取り柄と言えry


  • 所沢(声:矢部雅史)
ベース担当。ヒゲのワイルド系。気が短いのかことあるごとに「やるってのか!?」と突っかかってくる。
取り柄はギターより弦が太いこと。果たしてそry
そもそも本人ではなく、楽器の特徴である。



【問題点】


  • 横山の問題点

ボーカルの横山は歌い方が変だという指摘を受けた。
例えば「果てしない夢をつかむんだ」という歌詞は


ふぁてしないトゥメをつかむんだ〜♪



船越「ふぁてしないはこの際まぁいいよ、トゥメって何だよ」


横山「何だも何もないよ…感じ出して歌ったまでだよ」


更に「夢を夢で終わらせないために突き進め」という歌詞は


トゥメトゥメで終わらせないトゥメに〜♪
トゥきすトゥメー♪


船越「お前もうトゥメにとりつかれてるじゃねーか!」


更に彼の作詞にも問題があり、「翼広げて」「夢をつかめ」というベタな単語がたくさん入っており、
新曲のタイトルも「翼広げて夢をつかむぜ」と合体させただけの奴だった。
そして、次変な歌い方をしたら伊東出身の所沢の知り合いに変えると言われた。




  • 船越の問題点

彼は行動のタイミングの悪さが指摘された。


〇一曲目からいきなり歯でギターを弾く
この時横山がそれを見て「うおっ!」と言ってしまったため、「夢を掴むのは今」を「目を掴むのは今」と歌ってしまった。まぁちゃんと歌えてもトゥメを掴むのは今になってただろうが。


〇ギターソロの時にトイレに行く


〇バラードの時に頭をメチャクチャ振る。


〇打ち上げの時にギターを破壊する。


そして、次のライブでタイミング悪かったら熱川バナナワニ園で働いている所沢の友人に変えると言われた。



  • 桜田の問題点

彼は毎回ライブに家族を最前列に呼ぶのが問題だった。
呼ぶだけならいいが全く曲にノらないので非常に迷惑になっていた。
彼曰く祖父母は微妙に揺れていたらしいが、それは特有の揺れだと言われた。

更に前回のライブでは父が両腕を骨折していたので気が散ってしかたなかったという。
原因は新居に引っ越す際部屋の1つを書斎にしたいと言ったが反対された時、机を叩いたから

船越「お前の父ちゃん腕もろっ!」

次家族を呼んだら下田出身の横山の後輩に変えると言われてしまった。



  • 所沢の問題点

彼はライブの最後にクラッカーを鳴らすのが問題になっていた。
彼曰く盛り上がるからとのことだが、それは家での話で、ライブ会場で鳴らすとかえって寂しいだけだった。
しかも彼のクラッカーは2つに1つはしけってて不発で、前回のライブでは


所沢「3発いっぺんに鳴らすぜぇ!」


と意気込むも3発ともしけっていた
彼は普通の店で買っているとのことだが、懐に長時間入れているのがしける原因と言われた。
次クラッカーを鳴らしたら伊豆高原の足湯につかっている船越の知り合いに変えると言われた。


【結果】


結局メンバー全員に問題があり、それぞれ次また問題行動を起こしたらメンバー交代ということになったが…








以下、ネタバレ注意









それから一か月後…


「ボーカルの横山さんが夢をトゥメと言ったためこの度ザ・マッドサタンのボーカルになりました山岡です。伊東出身です、どうぞよろしく」


「熱川から来た横山です。昨日のライブで船越さんのギターの弦が一番盛り上がってる時に限って全部切れたので今日からこのバンドのギターになりました。よろしく」


「下田出身の田中っス。ドラムやってます。昨日のライブでドラムの桜田さんの家族が来たという理由で何故かオレが抜擢されました。頑張ります」


「伊豆高原の駅前の足湯に浸かってた関口です。昨日のライブでベースの所沢さんがついクラッカーを鳴らしたのでザ・マッドサタンのベースを任されました。以後よろしく」



何と、結局ライブで全員が問題行動を起こしてしまったため、メンバーが全員入れ替わってしまったのだった
こうなると最早ザ・マッドサタンではなくなるので、名前を変えることに。
4人は偶然全員が伊豆出身だと気付き…


伊豆…いず…





E's(いーず)!!!!



その後、E'sはそれなりに売れ、ヒット曲「悪魔の行進曲-生贄-」はオリコン25位を記録。
一方、ザ・マッドサタンのその後の行方を知る者はいなかった・・・





・・・ただし家族を除いて(実家暮らしのため)



【余談】


  • 単行本には彼らの楽曲の1つ「夢を夢で終わらせないために」の歌詞が記載されているが、
    」という単語が13個も入っている。


  • この話はサントラ「ギャグマンガ日和3 スーパーサウンド全集にドラマCDとして収録されている。「夢を夢で終わらせないために」も楽曲化されており、横山役うえだゆうじ氏によって「トゥメ」をはじめ感じ入った歌い方を見事に再現されている。

  • 念のために述べておくが、ザ・マッドサタンのボーカル・横山とE'sのギター・横山は同性の別人である。


トゥイキ・トゥーセイお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年02月24日 18:35