ダークドリーム

登録日:2012/05/07(月) 22:54:47
更新日:2019/01/14 Mon 22:26:08
所要時間:約 4 分で読めます




そう……私は貴女……


映画『Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』の登場人物。



本作の敵、シャドウにより鏡の国のクリスタルの力で作りだされた闇のプリキュア、ダークプリキュア5の一角。
他のダークプリキュア5がプリキュアをコピーしたのに対し、彼女だけは変身前の夢原のぞみのコピーである。


変身前はゴスロリドレスに濃い目の化粧でコピー元よりどこかエロチックに仕上がっている。

変身後はエロチックに磨きがかかる。化粧もなくなりマジビューティ


他のダークプリキュア5より先に生み出され、ミギリンとヒダリンをプリキュア5に噛ませるなど暗躍する。


性格は天真爛漫であるのぞみとは対照的にどこか陰があり、攻撃的。
愉しそうにドリームをボコるあたり恐らくドS。

プリキュアを監視していた際に、のぞみがいつも笑っていることに疑問を抱いており、ドリームと対峙した時にはその疑問をぶつけていた。


戦闘では打撃とエネルギー弾を主に使用。特殊な出生故に疲れを知らない肉体と、倒せてないフラグとして名高い連続エネルギー弾でドリームを圧倒。
だが、一分一秒と成長していくドリームにより徐々に圧されていく。



私はシャドウ様にお前を倒せと言われたんだ!


私はそれしか知らない……楽しくて笑っちゃうとか…独りが淋しいとか…大好きな人が大切だとか…


そんなのまだ習ってないよぉっ!


と、涙ながらに訴え、ドリームに最大の技を仕掛けるもあっけなく弾かれてしまう。観覧車は犠牲になったのだ…


大丈夫だよ。きっと分かるよ。だって、あなたにもちゃんと心があるんだから

ドリームさんのこの言葉で戦意を失い、無理矢理友達けってーい!
他のプリキュアたちが自分のコピーをクリスタルに戻したのに、ドリームさんだけは友達として連れて帰るあたり流石ドリームさんと言わざるを得ない。
…どこぞの月光に冴える花さんバーローな妹も見習って欲しいものである。




最期はシャドウの攻撃からドリームを庇い、力の源たるクリスタルを砕かれ……


私達、違う形で出会ってたら良かったのに……駄目かな……私、偽物だし


本物とか偽物とか関係ない!あなたはあなたで、私の友達だもん!


私……どうしたら笑うことが出来るのか分からなかったけど……



そして最期に彼女は自らが望んだ顔で逝った。
自身に、その自覚はあったろうか。
ドリームのくれた笑顔を浮かべる事ができていた自覚は……。

天使なドリームさんは悪堕ちしても天使でした。
ダクドリさんマジヒロイン!



悲劇的結末なせいか、公開後の二次創作による救済処置は半端ではなく、大抵が「のぞみの姉妹として仲良く暮らしていたら」というのが多く、
しっかり者に見えて世間知らずで、のぞみにベッタリの甘えん坊な妹というポジが基本。

そして5年の月日を経てキュアビューティとして中の人が再登場する為、二次設定で転生説を唱えるファンもいる。



追記・修正は笑顔を浮かべながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/