BORDER BREAK @ ウィキ

雷花 胴体

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
雷花 胴体
名称 チップ
容量
重量 装甲 ブースター SP
供給率
エリア
移動
N-DEF
耐久
条件 素材・勲章 GP
雷花 2.6 1130 C-
(1.10)
C+
(100)
C-
(x1.1)
B+
(4秒)
D-
(1750)
累計バトル時間74,000秒以上
もしくは累計スコア18,375pt以上
(3.0AB準拠)で開放
鉛板x20
ニュード卵x15
メタモチップx5
150
雷花・燕 2.2 1090 D+
(1.13)
C
(95)
B-
(x1.40)
B
(4.25秒)
E+
(1500)
雷花購入 隕鉄塊x20
ニュード融素子x1
ペンタクル回路x3
200
雷花・麗 2.1 1240 C+
(1.00)
A+
(130)
D
(x0.9)
B-
(4.5秒)
C
(2750)
雷花・燕購入 COMBO/銅x20
orユニオンレベル Lv.50
チタン鋼x15
ニュード胚x15
モノリスNSIx1
300
雷花・燐 2.5 1170 C-
(1.10)
B
(110)
D
(x0.9)
B+
(4秒)
B+
(3750)
雷花・麗購入 COMBO/銀x20
orユニオンレベル Lv.100
ウーツ重鋼x10
ニュード群体x10
高磁性アグミナx1
400

雷花

初期型のバランスモデル。
中量級としてはやや低めの装甲ながら、エンフォーサーI型やネレイド45と比べると軽め。
標準のブースター容量に標準以上のSP供給率と、性能バランスに優れる。
後出のパーツだが、ヤーデ54とは重量とエリア移動の互換。

雷花・燕

SP供給率強化モデル。
アスラ•弐と並ぶSP供給B-と、SP特化胴としては破格のブースター容量を誇る。
ブースター容量の少なさをセットボーナスで補う事も可能で、セットボーナス強化チップを利用した場合、
基準のブースターC+(100)を超えるC"(101)になる。

エリア移動以外は、シュライクV型を重量分強化したような性能。
シリーズ中最も装甲が低いとは言え、重量1100未満の胴体パーツの中では、ツェーブラ38に次いで装甲が高い。
その為、チップ容量は1.8と非常に低めに設定されている。

雷花・麗

ブースター容量強化モデル。
シリーズ中最重量となったが、装甲C+の胴体パーツの中で最も軽く、ツェーブラ39を重量分強化したような性能。
セットボーナスは長所を伸ばす形となり、チップ込みでブースターA+(130)以上のA"(131)になる。
雷花・燕よりは高いものの、チップ容量は2.0と標準の域に収まっている。

セットボーナスやブースター特化胴である事など、エンフォーサーIII型胴とは共通点が多い。
そちらと比較すると、ブースター容量では一歩劣るが、その他の性能が底上げされている。

雷花・燐

N-DEF耐久力強化型。
B-(3250)と、ヘヴィガードと同等のN-DEF耐久力を持つ。グライフとは異なり重量と装甲のバランスも良い。
ブースターはセットボーナスなしでも実用的な値であり、チップ容量も高め。
N-DEF回復に優れた頭部と一緒に使用すると長所を生かせる。
SP供給率はやや低いため、N-DEFを回復しながら特別装備を繰り返し使用するにはあまり適さない。この点もグライフと異なる。
どちらかと言えば麗と同様に前線での戦闘向け。